エイダコイン(ADA/カルダノ)とは?特徴・価格・将来性を解説

08/19/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

エイダコイン(ADA/カルダノ)とは、Cardano(カルダノ)が発行しているネイティブトークンです。

 

この記事では、エイダコイン(ADA/カルダノ)とは何か、その概要や特徴、将来性などについて解説します。

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)に興味がある方は、BTCC公式サイトを確認してみてください。

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)とは?


まずは、エイダコイン(ADA/カルダノ)とは何かについて解説します。

名称 Cardano
シンボル ADA
現在の価格(2022年8月現在) 66.56円
時価総額(2022年8月現在) ¥2,271,265,887,450(日本円)
時価総額ランキング(2022年8月現在) 8位
公式サイト https://cardano.org/

エイダコイン(ADA/カルダノ)とは、Cardano(カルダノ)が発行しているネイティブトークンです。2022年8月現在、時価総額が7位の仮想通貨です。

 

Cardano(カルダノ)は、チェンジメーカーやイノベーター、ビジョナリーのためのブロックチェーンプラットフォームです。

 

また、スマートコントラクトを備えた分散型アプリケーションのためのプラットフォームとしても開発されています。

 

Cardano(カルダノ)プラットフォームは、より多くの可能性を創造し、ポジティブなグローバルチェンジをもたらすために必要なツールと技術を備え、科学的根拠に基づいて開発されている。

 

エイダコイン(ADA)は、仮想通貨取引所であるBTCCで取引が可能です。

エイダコイン(ADA/カルダノ)に注目されている方は、BTCC公式サイトを確認してみてください。

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)の特徴


続いて、エイダコイン(ADA/カルダノ)の特徴を解説します。

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)の特徴といえば、主に以下の3つがあります。

 

1.PoSというコンセンサスアルゴリズムを用いる

2.スマートコントラクト「プルータス」を導入

3.エイダコイン(ADA/カルダノ)のステーキングが可能

 

具体的に見ていきましょう。

1.PoSというコンセンサスアルゴリズムを採用


エイダコイン(ADA/カルダノ)は「PoS(プルーフ・オブ・ステーク/Proof of Stake)」という安全性の高いコンセンサスアルゴリズムを採用しています。

コンセンサスアルゴリズムとは合意形成の方法です。取引を確定させる際に、その取引が正しいものであることの合意を取得します。

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)は、この合意形成の方法が「PoS(プルーフ・オブ・ステーク/Proof of Stake)」となります。

現在、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)のコンセンサスアルゴリズムは「PoW(プルーフ・オブ・ワーク/Proof of Work)」です。

 

「PoW(プルーフ・オブ・ワーク/Proof of Work)」は、マイナーはがブロックの構成要素の1つであるNonceと呼ばれる値を計算をし、Nonceを見つけると報酬が支払われる仕組みです。

PoWの問題点は大量の電力消費による環境破壊と言われております。

 

一方で、PoSはPoWよりも電力消費が少ないと言われております。

なぜかというと、エイダコイン(ADA)をステーキング、つまり保有する量に応じて承認する権利が得られるからです。

 

エイダコイン(ADA)を多く保有している人は、Cardano(カルダノ)を正しく運営するというモチベーションが働きます。

このモチベーションに支えられているのがPoSです。

 

イーサリアム(ETH)は、2022年の後半にPoSへ移行を予定しているようです。

 

2.スマートコントラクト「プルータス」を導入


カルダノ(Cardano)は2021年にスマートコントラクト「プルータス」が導入されました。

 

カルダノ(Cardano)上でdApps(分散型アプリ)やDeFi(分散型金融)の構築ができるようになり、機能性が大きく向上しました。

 

3.エイダコイン(ADA/カルダノ)のステーキングが可能


エイダコイン(ADA/カルダノ)の専用ウォレットを使えば、エイダコイン(ADA/カルダノ)のステーキングが可能です。

 

ステーキングとは、仮想通貨を保有することで利回りが得られる仕組みです。

 

エイダコイン(カルダノ)には、2つの専用ウォレットが用意されています。

一つ目は、ダイダロスウォレットです。

ダイダロスウォレットはセキュリティが高くてPCに対応できます。

 

二つ目は、ヨロイウォレットです。

ヨロイウォレットはシンプルで動作が軽く、PC・スマホに対応できます。

この二つのウォレットを利用すれば、エイダコイン(ADA/カルダノ)のステーキングができます。

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)の最近の価格推移


では、エイダコイン(ADA/カルダノ)の最近の価格推移について解説します。

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)は2022年4月上旬、1ADA=140〜150円程度で推移していましたが、4月中旬から下落しています。USDでも下落しているため、円安の影響では無さそうです。

 

2022年5月には、LUNA大量売却の影響もあり、仮想通貨市場全てが下落しましたが、エイダコイン(ADA/カルダノ)も例外ではなく下落トレンドになりました。

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)は2022年8月現在でも安値圏で停滞した動きが続いています。エイダコイン(ADA/カルダノ)の価格推移には今後も注目です。

 

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来性


エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来性に興味を持たれている方も多いのではないでしょうか。

では、エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来性については、下記の三つから解説します。

 

1.大手企業やプロジェクトと提携している

2.日本人に注目される可能性がある

3.着実に開発が進んでいる

 

では、一つ一つ具体的に見ていきましょう。

1.大手企業やプロジェクトと提携している


エイダコイン(ADA/カルダノ)は、幅広い分野で大手企業やプロジェクトと提携しています。

 

例えば、エイダコイン(ADA/カルダノ)はエチオピア政府と提携して教育・農業分野の技術開発を推進しています。

 

また、エイダコイン(ADA/カルダノ)は東京理科大学と提携してブロックチェーンを活用したオープンカレッジの実施を行っています。

 

さらに、「COTI」と提携してAdaPayによるエイダコインの決済が可能にしています。

 

今後、エイダコイン(ADA/カルダノ)はより多くの企業や機関との連携が予想されます。

 

2.日本人に注目される可能性がある


エイダコイン(ADA/カルダノ)は今後、日本人により注目される可能性があります。

 

理由としては、まずCardano(カルダノ)のロードマップに日本語訳サイトがあります。

多くの仮想通貨プロジェクトは米国など海外で始まり、公式サイトはほとんどが英語で書かれています。もちろん、Cardano(カルダノ)も同様です。

 

しかし、Cardano(カルダノ)のロードマップのサイトは、英語だけでなく、日本語、韓国語、中国語を選択できます。

 

これは英語が苦手な方でも、Cardanoプロジェクトを理解するための貴重な機会になるでしょう。つまり、日本人により注目される可能性のあるプロジェクトです。

 

3.着実に開発が進んでいる


Cardano(カルダノ)は現在、着実に開発が進んでいて、大型アップデートを控え将来性が高いです。

 

Cardano(カルダノ)の開発は5段階に分かれており、現在は第3~4段階に入っています。

 

第一段階「Byron」

メインネット開始、ダイダロスウォレット・ヨロイウォレットの配信

 

第二段階「Shelley」

ネットワークの分散化、ステーキングシステムの導入

 

第三段階「Goguen」

スマートコントラクトの実装

 

第四段階「Basho」

サイドチェーンの導入による処理性能の向上、他チェーンとの相互運用性の拡大

 

第五段階「Voltaire」

ガバナンスに焦点を当て、プロジェクトを分散化

 

Cardano(カルダノ)は現在着実に開発が進んでいますので、その将来性も世界から注目されています。

 

エイダコイン(ADA/カルダノ)のまとめ


今回は、エイダコイン(ADA/カルダノ)の概要や特徴、価格動向、将来性などを解説してきました。

現在、エイダコイン(ADA)はBTCC仮想通貨取引所で取り扱っています。

エイダコイン(ADA/カルダノ)に興味を持ち、今後の動向が気になる方は、BTCC仮想通貨取引所の公式サイトをチェックしてみてください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

BTCC口座開設・会員登録

BTCCアプリをダウンロード・立ち上げる【iOS】

 

 

【あわせて読みたい】

仮想通貨GSTとは?概要や特徴・買い方などを徹底解説

STEPN(GMT/GST)とは?仮想通貨GSTとGMTの違いを解説

STEPNの始め方、仮想通貨GSTの稼ぎ方を徹底解説