暗号資産Project Galaxy(GAL)とは|特徴や今後の見通しを解説

06/21/2022著者: c, dora

Project Galaxy(GAL)はWeb3.0プロジェクトの開発者向けのクレデンシャルデータネットワークです。クレデンシャルとは「ユーザーの金融情報」のことです。

今回は暗号資産(仮想通貨)Project Galaxy(GAL)の概要や特徴、今後の見通しなどを解説していきます。

今回の記事を読むことでProject Galaxy(GAL)に関する理解が深まるはずです。

なお、暗号資産Project Galaxy(GAL)は国内の暗号資産取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

Project Galaxy(GAL)

暗号資産Project Galaxy(GAL)とは?


Project Galaxy(GAL)は世界最大のWeb3.0開発者向けのクレデンシャルデータネットワークです。

クレデンシャルデータとはユーザー識別情報の総称であり、株や暗号資産の売買に関する金融取引情報なども含まれています。

通常このクレデンシャルデータは各金融機関や政府などが保有しており、開発者が活用することはできません。

 

しかし、Project Galaxy(GAL)はブロックチェーンを用いてこのクレデンシャルデータを誰もが利用できるようにします。こうすることで開発者はターゲットとなる顧客層へ向けて、適切なマーケティングを行うことが可能になります。

 

暗号資産GALのローンチ前でも100以上のプロジェクトがProject Galaxy(GAL)でキャンペーンを実施しており、注目度の高さが伺えます。なお、クレデンシャルデータの利用に際してはProject Galaxy(GAL)へ利用料を支払う必要があり、利用料金はProject Galaxy(GAL)の運営資金に充てられます。

 

暗号資産Project Galaxy(GAL)の特徴


1.DEX(分散型取引所)の成長に繋がる

Project GalaxyはクレデンシャルベースのNFTを使用して、分散型取引所(DEX)であるHashflowのアクティブユーザー数を毎週3,000人から13,000人へと成長させています。

ユーザー数を増やすためにHashflowの初期のユーザーに報酬を与える必要があったため、すべてのHashflowユーザーが獲得できるHashbotGenesisと呼ばれるNFT(非代替性トークン)を作成します。

HashbotGenesisは通算で20,000を超えるNFTが作成され、このNFTの効果によりHashflowの月間取引量はわずか数か月で2,000万ドル未満から6億ドルへと急増しています。

 

2.クレデンシャルデータをキュレーション

クレデンシャルデータは単体では使いにくいため、Project Galaxy(GAL)が使いやすいようにキュレーションしています。

例えるならWeb3におけるGoogle広告やFacebook広告のような感じでProject Galaxy(GAL)がブロックチェーン上のクレデンシャルデータを取得し、キュレーション済のデータを提供します。

これにより開発者は最適なターゲット層へのマーケティングが可能になります。

 

3.NFTを用いた適切なキャンペーンが可能

Web3ではコミュニティの活性化が最も重視されます。

その際にもProject Galaxy(GAL)を活用すればNFTを用いたコミュニティ活性化のための適切なキャンペーンが可能になります。

プロジェクトやDAO(分散型自律組織)はアプリケーションによって提供されたオンチェーンのクレデンシャルデータとNFTを組み合わせて活用し、コミュニティ・エンゲージメントをさらに上へ引き上げることができます。

既に300以上のプロジェクトやDAOがProject Galaxyのクレデンシャルデータとアプリケーションを通じてコミュニティの活性化に成功した。

Project Galaxyは合計で2300以上のキャンペーンをを実施しており、毎月50万個以上のクレデンシャルベースのNFTが作成されています。

 

4.ソラナと提携

Project Galaxyはソラナと提携し、「2022 is gonna be SOL Cool」というキャンペーンを実施しています。このキャンペーンにより27のプロジェクトやDAOがマーケティングの目標を達成できるよう支援しています。

キャンペーンには合計33,400人の新規ユーザーが集まり、Solanaで平均5つのプロトコルに新規登録しています。これは、マーケティングキャンペーンの対象となるユーザーのチェーン上のアクティビティを記録したクレデンシャルベースのNFTを付与することで達成されました。

 

暗号資産Project Galaxy(GAL)の見通し・将来性


1.NFTを使ったキャンペーンが増加

近年NFTの資産価値が上昇し投資家の間でもNFTを保有する人が増えているため、今後各種キャンペーンにおいてNFTを活用するケースが増加すると考えられます。

適切なキャンペーン実施のために、Project Galaxy(GAL)のクレデンシャルデータを用いたNFT発行を選択するケースが多くなると予想されます。

実際にProject Galaxy(GAL)のオンチェーンデータを活用したNFT発行により、コミュニティの成長に成功しているプロジェクトが複数あるため効果は実証されています。

 

2.クレデンシャルデータを扱う唯一のプロジェクト

Project Galaxy(GAL)はクレデンシャルデータを扱う唯一のプロジェクトであり、先行者優位に立っています。

実際に多数のプロジェクトでデータを活用されており、BINANCE等の大手取引所とも提携していることからも実用性については一定の評価を得ていると言えます。

さらにSNS等のフォロワーも順調に伸びています。プロジェクトの認知度向上によりユーザー数が増加する可能性が高いでしょう。

 

3.エアドロップを行う

Project Galaxy(GAL)はエアドロップを実施しています。

一定のウォレットデータの履歴などの状況を満たした場合にNFTやGALトークンなどが付与されます。

エアドロップで付与されたNFTやトークンの価値が高騰する例も多々あるので、こうしたエアドロップを目当てにProject Galaxy(GAL)を活用するユーザーが増えそうです。

 

ちなみに、海外取引所でProject Galaxy(GAL)を購入するという場合には日本円を直接入金することができません。

そのため、まず国内取引所で暗号資産を購入して、その暗号資産を海外取引所へ送金して購入するという手順になります。

 

BTCC暗号資産取引所は、レバレッジ付きのビットコイン(BTC)先物やイーサリアム(ETH)先物取引サービスを提供しておりますので、ご興味ありましたら下記のサイトへご確認ください。

関連:BTCCでビットコイン(BTC)先物取引のやり方【初心者向け】

関連:BTCCでイーサリアム(ETH)先物取引のやり方【初心者向け】

 

【他の記事】

米コインベース、ザ・サンドボックス(SAND)を上場予定

コインベース、仮想通貨不況で約18%の人員削減を発表

エルサルバドル、21年9月以来ビットコイン保有価値は半減

【渋谷開催】7月11日 「Non Fungible Tokyo 2022」開催

「NFTokyo 2022 EVE POKER PARTY」、7月10日東京で開催

世界最大規模のNFTイベント「NFT.NYC」がNYで開幕へ