【仮想通貨】ASTAR(アスター/ASTR)とは?特徴や今後予想・将来性を解説

2022/11/30著者: c, dora

Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)は2022年1月17日に日本で誕生したパブリックブロックチェーンであり、「ASTR」はその仮想通貨です。

 

最近、仮想通貨ASTRの上場を記念して日経新聞に広告を掲載し、Astar(アスター)の想いに共感した総勢329の国内のWeb3関連プロジェクトや企業のロゴも掲載したことで国内で幅広く注目されています。

関連:渡辺創太氏、Astar Networkの上場記念で日経新聞に広告を掲載

 

アスターネットワーク(Aster Network)は、異なるブロックチェーン間の相互運用性の実現を目指すプロジェクト「ポルカドット(Polkadot)」のパラチェーンとして2021年12月に接続され、1月17日にメインネットワーク上でローンチしたブロックチェーンです。

 

Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)は2022年1月17日にメインネットで立ち上げられたばかりですが、その仮想通貨「ASTR」はすでにバイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、OKX(オーケーエックス)、Gate.io(ゲート)、クラーケングローバル(Kraken Global)、クーコイン(KuCoin)、バイナンスUS、クリプトドットコム(Crypto.com)などの海外仮想通貨取引所に上場され、また国内ではビットバンク(bitbank)で取り扱われています。

今回この記事は、Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)の特徴や、今後の予想・将来性などを初心者でもわかりやすく解説していきます。

 

仮想通貨ASTAR(アスター/ASTR)に興味を持つ方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

目次

1.Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)とは

2.ASTAR(アスター/ASTR)の特徴

3.アスター(ASTAR)基盤のDEX「ArthSwap(アーススワップ)」

4.ASTAR(アスター/ASTR)のチャート

5.ASTAR(アスター/ASTR)の今後の見通し・将来性

6.ASTAR(アスター/ASTR)の最新ニュース・関連情報

7.ASTAR(アスター/ASTR):まとめ

Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)とは


まずは、Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)とは何かについて簡単に説明します。

 

Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)とは、日本発のパブリックブロックチェーンであり、ポルカドット(Polkadot)とパラチェーン接続のために開発されたプロジェクトです。

 

ポルカドット(Polkadot)は、中央の機能を持つ「リレーチェーン」と、リレーチェーンに接続された別のブロックチェーンである「パラチェーン」で構成されています。ポルカドットのリレーチェーンはスマートコントラクトに対応していないため、アスターはポルカドットにEVM(イーサリアム・バーチャル・マシン)とWASM(ウェブ・アッセンブリ)を提供し、複数のブロックチェーンに対応します。マルチチェーンのスマートコントラクトのハブの役割を担っています。

 

アスターネットワーク(Astar Network)は2021年12月に、世界で3番目にポルカドットのパラチェーンと接続を完了させ、本格的に稼働を開始し、2022年1月17日にメインネットを立ち上げました。

 

なおアスターネットワークは、シンガポール拠点のステイクテクノロジーズ(Stake Technologies)が開発を主導しており、同社のCEOも渡辺創太氏が務めています。

 

また、アスターネットワーク(Astar Network)は、開発者を支援するための「ビルド・トゥ・アーニング(Build to Earn)」の仕組みであるdAppステーキングを備えています。開発者やユーザーは、アスターネットワークのdAppやインフラストラクチャと統合することで、ネットワークのネイティブトークン(仮想通貨)であるASTRをステーキングすることで報酬を得ることができます。ユーザーはdAppステーキングを通じてdAppにASTRをステーキングし、開発者を支援しながら報酬を受け取ることができます。

 

Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)の仮想通貨Astar(アスター/ASTR)は現在(2022年11月)、すでにバイナンス(Binance)やフォビグローバル(Huobi Global)、OKX(オーケーエックス)、Gate.io(ゲート)、クラーケングローバル(Kraken Global)、クーコイン(KuCoin)、バイナンスUS、クリプトドットコム(Crypto.com)などの海外仮想通貨取引所に上場され、また国内ではビットバンク(bitbank)で取り扱われています。

 

仮想通貨ASTRの上場を記念して渡辺創太氏が日経新聞に広告を掲載し、Astar(アスター)の想いに共感した総勢329の国内のWeb3関連プロジェクトや企業のロゴも掲載したことで話題となっています。

関連:渡辺創太氏、Astar Networkの上場記念で日経新聞に広告を掲載

 

仮想通貨ASTAR(アスター/ASTR)に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

ASTAR(アスター/ASTR)の特徴


ASTAR(アスター/ASTR)の特徴といえば、主に下記の3点です。

ASTAR(アスター/ASTR)の特徴
1.フレームワーク「Substrate」を用いる

2.ポルカドット(Polkadot)とパラチェーンに接続しやすい

3.日経に広告を掲載Web3ビジョンを発表

 

1.フレームワーク「Substrate」を用いる


Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)は、ブロックチェーン構築のためのフレームワークである「Substrate」を用いて開発されました。

 

「Substrate」は、テンプレートシステムを組み込むことで、独自のブロックチェーンを簡単に作成することができるカスタムブロックチェーン開発キットです。

 

Astar Networkは「Substrate」を使って開発されたため、ブロックチェーンの拡張やアップグレートが容易になります。

 

また、Substrateを使って開発されたブロックチェーンは、相互に接続しやすいです。そのため、Astar NetworkはSubstrateを使って開発されたポルカドット(Polkadot)と簡単にパラチェーンに接続することができます。

 

2.ポルカドット(Polkadot)とパラチェーンに接続しやすい


アスターネットワーク(Astar Network)は、ポルカドットのパラレルチェーン100のうちの1つを獲得し、世界で3番目のパラチェーン接続を確立しました。 その結果、Astar Networkのセキュリティは大幅に強化されました。

 

ポルカドット(Polkadot)に接続することで、Astar Networkはお互いに情報を共有し、ノード数の増加やデータ改ざんの耐性の向上もできます。

 

データを共有するノードが多ければ多いほど、データの改ざんが難しくなるため、Astar Networkは高い安全性を実現しています。

さらに、Astar Networkをポルカドット(Polkadot)に接続することで、ビットコインやイーサリアムなどポルカドット(Polkadot)に直接接続されていないブロックチェーンへの接続も可能になります。

 

3.日経に広告を掲載Web3ビジョンを発表


Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)は最近、ASTRの上場を記念して日経新聞に広告を掲載し、Astar(アスター)の想いに共感した総勢329の国内のWeb3関連プロジェクトや企業のロゴも掲載したことで国内で幅広く注目されています。

関連:渡辺創太氏、Astar Networkの上場記念で日経新聞に広告を掲載

 

アスターは、329社のロゴが一つの広告で掲載されるのはギネス記録となる量と説明し、国内の上場大手では三菱UFJやアクセンチュア、ベネッセなども賛同企業として参画しました。

 

DMM.comやGMOグループ、コインチェック、bitbank、国内の仮想通貨メディアではCoinPostや幻冬社傘下のあたらしい経済、またCoin Desk Japanなども名を連ねています。

 

また、アスターは日経新聞にWeb3ビジョンを公表しました。

ASTAR(アスター/ASTR)に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

アスター(ASTAR)基盤のDEX「ArthSwap(アーススワップ)」


ArthSwap(アーススワップ)は、アスターネットワーク上に構築されたネイティブDEX(分散型取引所)で、トークンのステーキングやスワップ、流動性マイニングを提供します。

ArthSwap(アーススワップ)は、アスターネットワーク上のDeFi空間をリードする最初のdAppsであり、最大のTVL(Total Value Locked)を誇る分散型取引所です。

 

現在、アーススワップが分散型取引所として提供している主な機能は、トークンスワップ、ステーキング、流動性マイニングの3種類です。シンプルなUIと高いAPY(年利)が特徴です。

 

ArthSwap(アーススワップ)は将来的にアスターエコシステム内の全トークンを上場することを目指しています。

 

ASTAR(アスター/ASTR)に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

ASTAR(アスター/ASTR)のチャート


続いて、ASTAR(アスター/ASTR)の2022年の価格チャートは下記の通りです。(更新時点:2022年11月10日)

引用:coinmarketcap

ASTAR(アスター/ASTR)に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

ASTAR(アスター/ASTR)の今後の見通し・将来性


続いて、ASTAR(アスター/ASTR)の今後の見通し・将来性をチェックしましょう。

 

アスターネットワーク(Astar Network)は、多くのファンドや投資家に支えられており、今後の発展が期待できます。

 

また、コミュニティ支援やイベント開催との提携も予定されており、日本での大きな盛り上がりが期待されます。

 

マイクロソフトもAstar Networkのサポートを発表し、システム開発だけでなく、マーケティングもサポートすることを表明しています。

 

また、ポルカドット(Polkadot)に接続するチェーンが増えれば、Astar Networkの注目度も上がると思われます。

 

もちろん海外からの支援もありますが、国内企業も仮想通貨産業の振興に協力的な姿勢を示してくれているので、今後に期待したいですね。

 

ASTAR(アスター/ASTR)に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

ASTAR(アスター/ASTR)の最新ニュース・関連情報


これから、ASTAR(アスター/ASTR)の最新ニュースや関連情報を一緒にチェックしましょう。

 

  • 国内仮想通貨取引所ビットバンクで上場

仮想通貨ASTRは2022年9月26日に仮想通貨取引所ビットバンク(bitbank)で国内初の上場を開始しました。

また、ASTAR(アスター/ASTR)とビットバンクは、EVM(イーサリアムバーチャルマシーン)や、アスター上のERC-20規格のトークンなどへの取扱いについて協議を行っています。

 

ASTAR(アスター/ASTR)は日本で誕生したプロジェクトなので、今後は他の国内仮想通貨取引所での上場も予想されます。

 

  • JPYCがAstar Network(アスター)に対応

前払式支払手段の日本円連動ステーブルコイン「JPYC」を取り扱うJPYC株式会社は、2022年4月18日にAstar Network(アスターネットワーク)のチェーンに対応したことを発表しました。


Astar Networkに対応したことを記念として、ASTRトークン(仮想通貨)のプレゼントキャンペーンも開始することとなりました。

JPYCでは現在、イーサリアム(ETH)、ポリゴン(Polygon)、Shiden Network、Gnosis、アバランチ(AVAX)で利用可能ですが、より決済手段としての利便性を高めるためには対応ネットワークの拡張が必要不可欠です。

 

なので、JPYCをアスターネットワーク(ASTR)上のエコシステムで発行・流通を実現させることにより、更なる決済手段としての価値の向上に寄与するとともに、対応ネットワークの拡張による利便性も高めてまいります。

 

ASTAR(アスター/ASTR)に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

ASTAR(アスター/ASTR):まとめ


今回は、ASTAR(アスター/ASTR)の特徴や今後の見通し・将来性などを解説してきました。

 

仮想通貨ASTAR(アスター/ASTR)やほかの仮想通貨銘柄に関してもっと知りたい方は、、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

渡辺創太氏、Astar Networkの上場記念で日経新聞に広告を掲載

【仮想通貨】Acala(ACA/aUSD)とは?概要・特徴などを解説

【仮想通貨】スパーク(Spark/FLR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?無料で仮想通貨がもらえる

【仮想通貨】Chain of Legends(CLEG)とは?稼ぎ方を解説

【仮想通貨】WingStep(WST)とは?概要・特徴・将来性を解説

【仮想通貨】RunBlox(ランブロックス/RUX)の始め方・稼ぎ方を解説

【仮想通貨】CAW (A Hunters Dream)とは?概要・特徴・将来性を解説

【仮想通貨】GSTとは?概要や特徴・買い方などを徹底解説

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード