メタバースとは?その概要をわかりやすく解説

04/11/2022著者: c, dora

メタバースとは

インターネットは、私たちに別世界での生活を想像させることを可能にしました。インターネットが誕生して以来、相互に接続されたネットワークの中で別の現実を生きることを詳細に描いた小説、映画、ビデオゲームが数多く発表されている。1984年に出版された『ニューロマンサー』では、サイバースペースのカウボーイである主人公が「マトリックス」の中に入っていく。この仮想世界は、「意識的な幻覚」と説明されている。映画『マトリックス』では、仮想世界にジャックされた大多数の人間が、別の現実を生きている様子が描かれました。

 

これがメタバースと呼ばれるものです。メタ(Meta)は「向こう側」を意味する接頭語、バース(verse)は「宇宙」から来ており、「メタバース」という言葉になりました。「メタバース」は世界にとって何を意味し、暗号資産(仮想通貨)NFT(非代替性トークン)にどんな影響を与えるのでしょうか。

 

 

メタバースとは?


メタバースとは、簡単に言うと、人間が共有する仮想世界に参加できる空間のことです。ニール・スティーブンソンの小説『スノウ・クラッシュ』から生まれた言葉で、3D空間の中で人間同士がアバターとして相互作用します。最近では、映画「レディ・プレイヤー・ワン」で、メタバースの中に入り、その中で3Dの存在(アバター)になることができる人々が描かれました。プレイヤーは、現実の世界ではできないようなこと、例えば、極限の肉体労働をしたり、技術的に高度な乗り物を運転したりすることを経験します。

 

今のところ、メタバースが社会の終末をもたらすことはないですが。とはいえ、メタバースのおかげで、私たちはオンライン上のコミュニティと関わることができるようになりました。ゲーマーなら、「ワールド・オブ・ウォークラフト」のようなMMO(多人数同時参加型オンラインゲーム)の世界がこれにあたります。そこでは、人々は友人とチャットしたり、ダンジョンに突入してクリーチャーを破壊して戦利品を手に入れたりします。アバターは、戦士、魔術師、泥棒、ヒーラーなど、超自然的な力を持つ存在で、ゲームのキャラクターを構成しています。

メタバース

メタバースとは、人間がアバターとなる単一の仮想現実が存在するという考え方です。この共有された仮想空間で、人々は互いにコミュニケーションをして、たむろして、ゲームをして、映画を見て、ウェブをブラウズすることもできます。これは新しいインターネットです。メタバースは、人々が毎日サーフィンをしている平面的なワールドワイドウェブではなく、質感、立体感、色彩を持つようになります。人々は、同じメタバース内で出会い、ショーやバーチャル博物館を訪れ、バーチャルパークに行き、ウェブサイトを見るようになります。

 

このようなすべてを網羅するメタバースが実現するとしたら、それはブロックチェーンによって動かされる可能性が高まっています。NFTは、デジタル資産の完全な所有権を可能にしました。

 

もし、本格的なメタバースが、3D、さらにはバーチャルリアリティのインターネットであり、瞬時に飛び込むことができ、ウェブサイトが別世界の浮遊空間であるとしたら、それには何らかの形で所有権が伴うはずです。ブロックチェーン技術を使えば、デジタル資産を所有することができ、暗号資産トークンによって、アート作品、ゲーム内アイテム、デジタル資産などが間違いなく自分のものになります。また、ユーザーの資産は、政府や銀行のような中央集権的な権威に左右されない、分散型かつピアツーピアのものです。

 

この技術で人々は新しいインターネットをサーフィンするだけではありません。NFT技術が新しいインターネットに導入されれば、人々はデジタル資産を所有するようになるでしょう。三次元の質感、色彩、膨大なインタラクティビティを持つだけでなく。メタバースは、これまで不可能だった非中央集権的なピアツーピアの所有権によって、人々がユニークな資産を売買する場所にもなるのです。

 

NFTについての解説は下記の記事をご覧ください。

【初心者向け】NFTとは?その買い方から保管方法まで分かりやすく解説!

 

 

メタバーズとなる分散型アプリケーション


NFTが主流になればなるほど、異世界に存在するNFTはますます普及することになるでしょう。すべてを包含するメタバースが実現すれば、DecentralandやUplandのように、現在出ている個々のメタバースのような機能性を持つかもしれません。これらのメタバースは、飛び込んでデジタル財産を所有し始めることができるものです。世界中の誰もが飛び込んで、映画を見たり、ウェブサイトを見たり、3Dインターネットのように街を探検できる巨大なメタバースにはまだ及びませんが、これらの分散型アプリケーションは、将来のメタバース(大文字でM)がどのように見えるかの基礎となるものです。

 

今、NFTの世界では、DecentralandのVRの世界がメタバースの代表例でしょう。ここでは、ブロックチェーンの土地を自由に購入し、創造するライセンスを持っています。人型のアバターも操作でき、一緒にメタバースを旅することができます。

 

 

Decentralandについて


すでにメタバースの世界で土地を反転させて収入を得ている人たちがいるため、Decentralandはデジタル不動産の主要な行き先となっているのです。Decentralandの空間は、広場や道路を除いて、すべて買うことができます。マーケットプレイスで検索すれば、数千ドルで売れる土地を見つけることができます。ある土地は、301,000MANAで落札されています。これは、現実世界のいくつかの土地よりも価値があります。

 

どうしてそんなことが可能なのでしょうか。まず、購入する物件は、インフルエンサーの土地の近くや、アタリのようなセンチメンタルな価値を持つ企業の土地の近くなど、うらやましいような場所の近くである可能性があるのです。また、カジノ、音楽会場、アートギャラリーなど、数え切れないほどのものを作り、何千人ものユーザーに自社をアピールできる一等地となる可能性もあります。

Decentraland

Decentralandは、この種のものとしては唯一のものではありません。Somnium spaceも同様の機能を備えています。両者の主な違いは、Decentralandの区画はグリッド状に均等に分割されているのに対し、Somnium spaceは不均等に分割されており、区画の広さが異なる点です。ビルダーも付属しており、アバターとしてVRの世界を行き来することができます。

 

 

Uplandについて


Uplandもメタバースでは非常に面白いプロジェクトです。 この世界は、現実の住所にマッピングされた、私たち自身の鏡のような世界です。ですから、もしあなたが、自分の住んでいるところや、現実の世界で価値のあるところにデジタル資産を持ちたいと思ったことがあるのなら、そのチャンスはあります。

 

このように、メタバースではすでにクリエイティブな人々が集まって土地を購入し、ブロックチェーン上で素晴らしいデジタル建築を作り上げているのです。 おそらく、「レディ・プレイヤー・ワン」のような、完全に実現された没入感のあるメタバースが、今見ているブロックチェーンのメタバースの上に構築されるのだろう。

 

【関連記事】

メタバースがもたらす教育方法のメリット・デメリット