仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?始め方やメリット・デメリット・おすすめ取引所

2023/03/23著者: c, dora

「仮想通貨FXを始めたいけど、自分に合った取引所が分からない。」

 

「仮想通貨FXで稼ぐコツが知りたい。」

 

「そもそも仮想通貨FXって何?」

 

こんな風に思っている方は多いと思います。

 

でも、せっかく始めるなら、自分に合った仮想通貨取引所を選びたいし、失敗せずに仮想通貨FXを始めたいですよね。

 

そこでこの記事では、仮想通貨FXについて分かりやすく解説するとともに、おすすめの取引所や稼ぐコツ、よくある質問とその答えなどを網羅的に紹介していきます。

 

✔︎この記事で分かること

・仮想通貨FX(ビットコインFX)の概要や現物取引と外国為替FXとの違い

・仮想通貨FXのメリット・デメリット

・仮想通貨FX対応のおすすめ仮想通貨取引所

・仮想通貨FXで稼ぐコツ

・仮想通貨FXに関するQ&A

 

この記事をしっかり読めば、スムーズに仮想通貨FXを始められることは間違いありません。ぜひ最後までご覧ください。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

目次
1.仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?仕組みを詳しく解説
 ・FXとは?
 ・仮想通貨FXと現物取引との違い
 ・仮想通貨FXと外国為替FXとの違いは?2.仮想通貨FX(ビットコインFX)のメリット
 ・大きなリターンが狙える
 ・下落相場でも利益が得られる
 ・24時間365日取引できる
 ・少額から始められる
 ・資金を効率的に使える3.仮想通貨FX(ビットコインFX)のデメリット
 ・大きく損をするリスクがある
 ・ロスカットされる可能性
 ・長期保有には向いていない
 ・追証になる可能性

4.仮想通貨FX取引におけるおすすめ仮想通貨

 ・ビットコイン(BTC)
 ・イーサリアム(ETH)
 ・リップル(XRP)

4.仮想通貨FXの始め方・やり方
 ・仮想通貨取引所の口座開設
 ・仮想通貨取引所の口座に入金
 ・仮想通貨FX取引(レバレッジ)を行う

5.仮想通貨FXで儲けるコツ・市場から退場しないためのポイント
 ・リスクマネジメントの徹底
 ・取引ルールを徹底する
 ・チャート&テクニカル分析を行う

6.国内の仮想通貨FX(レバレッジ取引)対応のおすすめ取引所
 ・国内のおすすめ仮想通貨取引所①:bitFlyer(ビットフライヤー)
 ・国内のおすすめ仮想通貨取引所②:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
 ・国内のおすすめ仮想通貨取引所③:GMOコイン
 ・国内のおすすめ仮想通貨取引所④:Zaif
 ・国内のおすすめ仮想通貨取引所⑤:SBI VCトレード

7.海外の仮想通貨FX(レバレッジ取引)対応のおすすめ取引所
 ・海外のおすすめ仮想通貨取引所①:Binance(バイナンス)
 ・海外のおすすめ仮想通貨取引所②:Bybit(バイビット)
 ・海外のおすすめ仮想通貨取引所③:KuCoin(クーコイン)
 ・海外のおすすめ仮想通貨取引所④:OKX
 ・海外のおすすめ仮想通貨取引所⑤:BTCC

8.仮想通貨FXに関するよくある質問【Q&A】
 ・仮想通貨FXにかかる税金は?
 ・仮想通貨FXはいくらから始められる?
 ・仮想通貨FXは国内取引所と海外取引所のどちらがおすすめ?
 ・仮想通貨FXの空売り(売りから入る)とは?
 ・ポジションとは?
 ・信用取引とは?
 ・ロスカットとは?
 ・短期売買と長期保有のどちらがおすすめ?
 ・デイトレードと仮想通貨FXの違いは?

9.仮想通貨FX(ビットコインFX)まとめ

10.関連記事

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?仕組みを詳しく解説


仮想通貨FXとは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を対象とした「証拠金取引」のこと。別の言い方をすると、仮想通貨版のレバレッジ取引のこと。なお、仮想通貨FXは暗号資産FXとも呼ばれますが、本記事では仮想通貨FXと記載します。

 

✔︎レバレッジ取引とは?

証拠金を担保に倍以上の金額で取引を行う手法。手元に1万円しかなかったとしても、証拠金を担保に2万円、20万円など、倍以上の金額を取引できる。なお、レバレッジはFXで使う倍率を意味する。

 

仮想通貨FXについて理解するためには、通常のFXの理解が必須ですので、詳しく解説していきます。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・FXとは?

FX(Foreign Exchange)=外国為替証拠金取引のこと。具体的には、ある国の通貨を別の国の通貨に交換することで発生する価格変動を利用して利益を得る取引のことを言います。

 

例えば、1$/100円の時に、1万円を100$に両替してアメリカに旅行した場合を考えてみます。その後、帰国時に1$/120円に変動すると仮定。両替した100$を全く使用せず、再び日本円に両替すると、100$×120円=1万2千円になり、2千円の利益が得られます。これがFXの仕組み。

 

なお、投資の基本は安値で購入して価格が上昇したら売る、というものですが、FXの場合は、実際には売買してるわけではなく、自分の資金を担保に価格の上昇や下落を予想しているだけなので、価格が下落した際にも利益を得ることが可能です。

 

例えば、1$/100円の時に、この後日本円が下がると思って売りから入るとします。その後予想が的中し、1$/80円になったら、差額の20円が利益になるということ。

 

要するにFXは、今後の価格変動を予想するゲームのようなものです。なお、FXでは、これから価格が上がる方にかけることをロング(ロングポジションを取る)、反対にこれから下がるほうにかけることをショート(ショートポジションを取る)すると言います。

 

さらに、FXでは証拠金と呼ばれる資金を担保に、ロングまたはショートのポジションを取りますが、その際にはレバレッジをかけて取引できるのも大きな特徴。

 

レバレッジをかけて取引を行うことで、自己資金が1万円だとしても、数倍から数十倍の利益を得られる可能性があります。

 

なお本記事では、これ以降は外国為替による通常のFXを「外国為替FX」と記載します。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・仮想通貨FXと現物取引との違い

現物取引 仮想通貨FX
投資対象 仮想通貨の現物 仮想通貨の価格差
レバレッジ 無し 有り
手数料 取引所毎に異なる 取引所毎に異なる
利益 値上がりした額だけ利益が得られる。 ロングの場合は値上がり、ショートの場合は値下がりした際に利益が得られる。

 

現物取引は、モノを買うのと同様に、実際にビットコインを購入する取引方法です。ビットコインなどの仮想通貨は、デジタルデータなので目には見えませんが、購入した分だけ自身の取引所の口座に反映されます。

 

一方で仮想通貨FXは、仮想通貨そのものを購入する現物取引とは異なり、仮想通貨の価格変動を予測するゲームのようなもの。具体的には、証拠金と呼ばれる資金を担保にレバレッジをかけ、仮想通貨の価格変動を予測し、その差額によって利益を得る投資方法。

 

また、現物取引では、相場の下落局面で利益を狙う方法がないものの、仮想通貨FXの場合は、ショートポジションを取ることで、相場の下落局面においても利益を得ることが可能です。

 

なお、仮想通貨を実際に保有して送金や決済に利用したい場合は、現物取引で仮想通貨を購入する必要があるのでご注意ください。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・仮想通貨FXと外国為替FXとの違いは?

外国為替FX 仮想通貨FX
価格差を予測する投資対象 外貨(米ドルや日本円) 仮想通貨(BTC、ETH等)
最大レバレッジ(国内取引所) 25倍 2倍(海外取引所は2倍から100倍)
強制ロスカット 有り 有り
税金 「先物取引に係る雑所得等」として申告分離課税 「雑所得」として総合課税
取引時間 24時間/週5日(平日) 24時間/年365日

 

外国為替FXは、円やドルなどの法定通貨の為替変動を予測して、ロング(価格の上昇)またはショート(価格の下落)のポジションを取り、価格変動の差額によって利益を得るものです。一方で仮想通貨FXは、仮想通貨の価格変動を予測するもの。

 

また、仮想通貨FXは、外国為替FXと異なり、24時間365日取引が可能なため、レバレッジ倍率は低いものの銘柄によっては大きなリターンが得られる可能性もあります。

 

なお、国内の取引所において、仮想通貨FXの最大レバレッジ倍率が外国為替FXと比べて低いのは、仮想通貨の方が法定通貨の為替変動よりも圧倒的に価格変動が大きいためです。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

仮想通貨FX(ビットコインFX)のメリット


仮想通貨FXのメリットは以下の5つです。

 

✔︎仮想通貨FXのメリット

・大きなリターンが狙える

・下落相場でも利益が得られる

・24時間365日取引できる

・少額から始められる

・資金を効率的に使える

 

順番に見ていきましょう。

 

・大きなリターンが狙える

仮想通貨FXはレバレッジをかけて取引ができるため、現物取引と比べて大きなリターンが狙えます。

 

また、仮想通貨は値動きが激しいため、外貨の為替変動によって利益を得る外国為替FXと比べても、大きなリターンが得られる可能性が高いのが特徴的。

 

実際に、外国為替FXと比較すると、仮想通貨FXの方が圧倒的に稼げる可能性が高いと言えます。

 

例えば、外国為替のドル/円の場合、短期間に2円〜3円も動いたら大騒ぎになってしまいます。仮に1ドルが100円だとすると、2〜3円はわずか2〜3%の値動き。

 

2018年から2023年の5年間の値動きを見ると、ドル/円の最安値は106円、最高値は131円なので、安値から見てわずか23%の幅でしか動いていません。

 

一方仮想通貨FXの場合、比較的値動きが安定していると言われるビットコインでも、数ヶ月の間に価格が倍(100%値上がり)になったり、半分(50%値下がり)になったりと、非常に大きな値動きをすることがあります。

 

このように、少ない自己資金でも「レバレッジ+大幅な価格変動」によって大きな利益を狙えることが、仮想通貨FXの最大の魅力と言ってよいでしょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・下落相場でも利益が得られる

仮想通貨FXは、仮想通貨市場が下落相場だったとしても、ショートポジションを取ることで利益を得ることができます。現物取引では、下落相場で利益を上げることは不可能に近いため、上昇の時までひたすら待つしかありません。

 

一方で仮想通貨FXは、下落、高騰のどちらの相場でも利益を出すことができますし、ロング(買い)とショート(売り)の両方でポジションを持てば、予測と逆の値動きがあったとしても、損失を最小限に抑えることが可能です。

 

どんな相場状況でも、安定的に利益を上げられる可能性がある仮想通貨FXは、投資家にとって魅力的な投資方法だと言えるでしょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・24時間365日取引できる

仮想通貨FXは、24時間365日取引可能です。

 

外国為替FXの場合は平日しか取引できないので、取引できる時間が40%も増えるということですね。

 

取引可能な時間が増えるので、利益を上げられる可能性もアップしますし、平日は仕事が忙しい方でも問題なく取引できます。

 

自分の好きなタイミングで取引できるのは、様々なライフスタイルが存在する現代において大きなメリットだと言えるでしょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・少額から始められる

仮想通貨FXは、少額から始められるため、初心者の方にもおすすめの取引方法だと言えます。

 

また、仮想通貨FXは、国内取引所の場合は2倍のレバレッジがかけられるため、実際には最小注文単位の2分の1の額で取引可能。

 

多くの国内取引所では、最小取引数量が0.001BTCから0.01BTCなので、2倍のレバレッジをかければ2万円以内で始められますよ。

 

取引所名 最小注文単位(BTC)
bitFlyer 0.01BTC
DMM Bitcoin 0.01BTC
GMOコイン 0.01BTC
Zaif 0.01BTC
SBI VCトレード 0.001BTC

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・資金を効率的に使える

仮想通貨FXでは、レバレッジをかけられるため投資資金を効率的に運用可能です。

 

例えば、投資資金の上限が100万円だとしたら、現物取引の場合は100万円分しか投資できないため、大きな利益を得ることは極めて難しいでしょう。

 

しかし、レバレッジをかけることで、倍以上の利益を得られる可能性が生まれます。

 

特に海外取引所の場合、10倍以上の倍率も珍しくないため、現物取引と比べて圧倒的に資金を効率的に使えると言っていいでしょう。

 

資金を効率的に運用し、短期間で大きく資産を増やすことができる仮想通貨FXは、多くの投資家にとって魅力的な選択肢になるはずです。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

仮想通貨FX(ビットコインFX)のデメリット4つ


仮想通貨FXのデメリットは以下4つです。

 

✔︎仮想通貨FXのデメリット

・大きく損をするリスクがある

・ロスカットされる可能性

・長期保有には向いていない

・追証になる可能性

 

順番に見ていきましょう。

 

・大きく損をするリスクがある

少ない証拠金でもレバレッジをかけて取引ができる仮想通貨FXは、大きな利益を狙える一方で、一歩間違えれば大きな損失につながってしまう可能性も。

 

特に海外取引所の場合、10倍以上のレバレッジも珍しくないため、一発逆転を狙って大きなリターンを狙う際には注意が必要です。

 

自分のリスク許容度に見合った、適切な投資資金の範囲で取引を行うようにしましょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・ロスカットされる可能性

仮想通貨FX取引を行う際、多くの取引所ではロスカットの仕組みが搭載されています。

 

✔︎ロスカットとは?

損失が一定まで拡大した場合に、保有しているポジションが強制的に決済される仕組みのこと。仮想通貨FXでは、大幅な価格変動によって含み損が拡大しすぎると、証拠金の不足によって損失を補いきれなくなってしまう。そのような事態を防ぐため、証拠金が無くなる前に損失を確定させることをロスカットという。

 

ロスカットがあることで、証拠金以上に損失が拡大することは防げますが、頻繁にロスカットされていては、投資資金が急速に減少してしまいます。

 

そのため、可能であればロスカットされる前に自身で損切りするのがベストだと言えるでしょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・長期保有には向いていない

仮想通貨FXは、現物の仮想通貨と異なり、長期保有によって利益を上げることを目的としていません。

 

そのため、仮想通貨をコツコツ購入して後は放置。数年後に資産が大きく増えることを期待するような投資スタイルの方には向いていません。

 

また、長期保有に不向きな理由は、仮想通貨FXの仕組みから見ても明らか。

 

仮想通貨FXでは、日をまたいでポジションを保有すると、手数料が発生してしまいます。また、相場の状況によっては、長期保有を前提に放置していると、ロスカットされてしまう可能性も。

 

そのため、仮想通貨FXを始める際は、短期売買が基本であることを忘れないようにしましょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・追証になる可能性

追証(おいしょう)とは、追加証拠金の略で、損失が一定以上まで膨らんでしまった場合に、口座に証拠金を追加入金することを言います。

 

証拠金以上の損失が発生すると、仮想通貨取引所から追証の連絡が届き、一定期限内に追加の証拠金を入金しなければなりません。

 

追証に応じない場合は、仮想通貨取引所が強制的にポジションを決済する可能性もあります。

 

とはいえ、多くの仮想通貨取引所では、追証の発生前にロスカットの仕組みによって損失が強制的に確定させられるため、入金した証拠金以上に損失が膨らむことはほとんどありません。

 

しかし、相場の急落によってロスカットが追いつかず、追証になる可能性も考えられるため、自身のリスク許容度にあった金額で取引するようにしましょう。

 

また、海外取引所では、レバレッジを高倍率に設定できるものの、基本的に追証が無しになっているため、取引所選びの選択肢に入れることをおすすめします。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

仮想通貨FX取引におけるおすすめ仮想通貨


ここからは、仮想通貨のレバレッジ取引を行うにあたって、おすすめの仮想通貨を紹介していきます。

 

・ビットコイン(BTC)

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

 

・ビットコイン(BTC)

名称 ビットコイン
ティッカーシンボル BTC
価格 3,223,270円
時価総額ランキング 1位

ビットコインは、2009年にサトシ・ナカモトによって提唱され、その思想に賛同した人々によって開発された世界最古の仮想通貨。

 

発行枚数には上限があり、2,100万枚に達すると発行は停止します。

 

ビットコインは、決済手段や送金手段として利用される他、投資対象としても高い人気を誇っている仮想通貨の王様。

 

実際に、多くの世界的な有名企業や投資家がビットコインに投資しており、将来的な値上がりが期待されています。

 

また、最近では、ビットコインを法定通貨として採用する国も現れています。例えば、中米のエルサルバドルや中央アフリカ共和国など。

 

ビットコインが法定通貨として認められることで、世界中でのビットコインの普及が進むことが期待されています。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・イーサリアム(ETH)

名称 イーサリアム
ティッカーシンボル ETE
価格 222,667円
時価総額ランキング 2位

イーサリアムは、ビットコインなどの仮想通貨と同様に、投資対象として取引される一方で、ブロックチェーン技術を基盤とした分散型アプリ(DApps)の開発に最適化されたプラットフォームの機能を有しています。

 

DAppsは、ブロックチェーン技術を用いた分散型アプリケーションであり、従来の中央集権型のアプリケーションとは異なり、ユーザーが直接相手とデータのやりとりを行い、信頼性とセキュリティ性に優れた環境で実行されるものです。

 

ゲームや投票システム、コミュニティ運営など、様々な分野で利用されており、イーサリアムはそのようなDAppsの開発や運営に必要不可欠な存在になっていると言えるでしょう。

 

また、DeFi(分散型金融)と呼ばれる金融サービスの分野でも、イーサリアムを基盤としたDAppsが注目されています。

 

このように、イーサリアムはビットコインとは異なる分野での活用が進んでおり、時価総額も第2位と、将来性の高い仮想通貨だと言えます。

 

イーサリアムFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・リップル(XRP)

名称 リップル
ティッカーシンボル XRP
価格 53円
時価総額ランキング 6位

リップルは、国境を越えた決済のためのブリッジ通貨としての利用を目的に開発された仮想通貨。

 

リップルの大きな特徴としては、決済の速さと効率性が挙げられます。わずか数秒で決済されるため、ビットコインなどの他の仮想通貨と比べても、圧倒的に速いスピードだと言えるでしょう。

 

そのため、高速かつ低コストの国際決済を必要とする企業や個人にとって、魅力的な選択肢となっています。

 

リップルFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

仮想通貨FXの始め方・やり方


仮想通貨FXの始め方は以下の3ステップ。

 

✔︎仮想通貨FXの始め方(3ステップ)

・仮想通貨取引所の口座開設

・仮想通貨取引所の口座に入金

・仮想通貨FX取引を行う

 

順番に見ていきましょう。

 

・仮想通貨取引所の口座開設

まずは仮想通貨取引所の口座開設です。今回紹介したおすすめ取引所の中から、取引したい銘柄の有無やレバレッジ倍率、手数料の安さなどを考慮した上で口座開設する取引所を選びましょう。

 

また、国内取引所と海外取引所では、口座開設にかかる時間や手間が大きく異なります。

 

基本的に、海外取引所の方が簡単に口座開設できるため、すぐに取引したい場合は海外取引所がおすすめです。

 

なお、口座開設に必要なものは以下のとおり。

・メールアドレスや電話番号

・本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・仮想通貨取引所の口座に入金

仮想通貨取引所の口座開設が完了したら、続いては取引に必要な資金を入金しましょう。

 

なお、国内と海外取引所では入金方法が異なりますので、注意が必要です。

 

国内取引所では、銀行振込やインターネットバンキングなどで直接日本円を入金できますが、多くの海外取引所では、国内取引所からビットコインなどの仮想通貨を送金する必要があります。

 

ただし、おすすめ取引所の中で紹介したBTCCに関しては、唯一、日本円を銀行振込&クレジットカードで入金可能。

 

そのため、高いレバレッジ倍率で取引したいけど、海外取引所に送金するのが面倒に感じる方は、BTCCの利用がおすすめですよ。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・仮想通貨FX(レバレッジ)取引を行う

日本円や仮想通貨の入金が完了したら、後は実際に取引するのみです。

 

仮想通貨FXは、ロング(買い注文)またはショート(売り注文)のポジションを取ることで、簡単に始めることができます。

 

また、基本的に24時間365日取引可能なので、好きなタイミングで取引を行いましょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

仮想通貨FXで儲けるコツ・市場から退場しないためのポイント


仮想通貨FXで儲けるコツと市場から退場しないためのポイントは以下のとおり。

✔︎仮想通貨FXで儲けるコツ

リスクマネジメントの徹底

取引ルールを徹底する

チャート&テクニカル分析を行う

 

順番に見ていきましょう。

 

・リスクマネジメントの徹底

リスクマネジメントとは、想定または対面するリスクに対して適切な対策を講じることで、損失や被害を最小限に抑えることを目的とした取組みのこと。

 

仮想通貨FXにおいて考えられるリスクは、相場の急騰や急落、または仮想通貨取引所の破綻などが挙げられます。

 

上記に対して考えられる適切な対策としては、過去のチャートを分析し、今後の値動きを感情ではなく、論理的に予測することや、1つの通貨ペアに偏らず複数の通貨ペアに投資することなどが考えられます。

 

また、仮想通貨取引所の破綻など万が一の場合に備えて、複数の取引所で分散して取引を行うことも大切です。

 

リスクに対して適切に対応できるよう、自身のできることを徹底し、万全を期すことを心がけましょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・取引ルールを徹底する

仮想通貨FXで勝つためには、取引ルールの徹底が大切です。なぜなら、感情に流されてその場の雰囲気で取引してしまうと、大きな損失を被る可能性が高いから。

 

どんな投資にも言えることですが、ルール通りに淡々と取引することが、失敗せずに稼ぐコツです。

 

自分で決めたルールは何があっても絶対に守るようにすれば、大きく負けることは無くなりますし、徐々に資産を増やすことができるでしょう。

 

仮想通貨FXのレバレッジ取引だとしても、ギャンブルのように一発逆転を狙うのではなく、自分で決めたルール通りに取引することが大切です。

 

投資資金を失って市場から退場することになってしまっては、せっかく稼げるチャンスがあったとしても、指をくわえて見ることになってしまいます。

 

そういったことにならないよう、取引ルールを徹底して淡々と取引を行っていきましょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

・チャート&テクニカル分析を行う

仮想通貨FXで勝ち続けるためには、チャートのパターンを理解することが必要です。

 

ビットコインなどの仮想通貨のチャートは、不特定多数の人間の売買によって値動きが決まります。それは自然科学におけるような法則とは異なり、全く同じ形はこの世に2つとありません。

 

しかし、仮想通貨FXの価格は人間の心理状態の影響を必ず受けています。過去の多くの相場の経験から蓄積されてきた群集心理のパターンが反映されて、チャートのパターンが作られているのです。

 

そして、チャートを見ているトレーダーの多くが、チャートのパターンに基づいて売買し、それによって相場は上下しているのが実情。

 

つまり、特定のチャートパターンになっていることを認識した多くのトレーダーが、その形から同じような意味を読み取って売買することで、その後の値動きが実現していくことになります。

 

そのため、基本的なチャートパターンを理解し、テクニカル分析を行うことで、仮想通貨FXで勝ち続けることができると言えるでしょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

国内の仮想通貨FX(レバレッジ取引)対応のおすすめ取引所


ここからは、仮想通貨FX(レバレッジ取引)に対応しているおすすめの国内取引所を5つ紹介していきます。

 

✔︎国内のおすすめ仮想通貨FX(レバレッジ取引)取引所

・国内のおすすめ仮想通貨取引所①:bitFlyer(ビットフライヤー)

・国内のおすすめ仮想通貨取引所②:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

・国内のおすすめ仮想通貨取引所③:GMOコイン

・国内のおすすめ仮想通貨取引所④:Zaif

・国内のおすすめ仮想通貨取引所⑤:SBI VCトレード

 

順番に見ていきましょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

国内のおすすめ仮想通貨取引所①:bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

名称 bitFlyer(ビットフライヤー)
取引種類 現物取引(販売所・取引所)

レバレッジ取引(取引所)

取扱銘柄数 15種類(現物)

6種類(レバレッジ)

最小取引数量

(現物)

現物取引(販売所):0.00000001BTC

現物取引(取引所):0.001BTC

レバレッジ取引(取引所):0.01 BTC

最大レバレッジ倍率 2倍
ロスカット 追証が発生した翌当社営業日(土日祝日を含む)の午後 4 時 59 分(追証解消期限)までに追証が解消されず、同午後 5 時 00 分に至った場合、ロスカットルールが適用される。
追加証拠金 当社毎営業日(土日祝日を含みます)午後 6 時 00 分時点で証拠金維持率が 100% を下回っていた場合、100% に不足する額の追加証拠金が発生。
取引手数料

(BTC)

現物取引(販売所):無料、スプレッドあり

現物取引(取引所):約定数量×0.01~0.15%

レバレッジ取引(取引所):無料

レバレッジ手数料 建玉金額×0.04%/日

※ポジションをロールオーバーした際に発生

仮想通貨の送金手数料 銘柄ごとで異なる
公式サイト https://bitflyer.com/ja-jp/

 

bitFlyerは、国内で唯一1円から仮想通貨を購入できる取引所。日本国内での知名度はトップクラスで、ビットコイン取引量が6年連続No.1を誇る人気の取引所です。

 

また、ビットコインが貯まるクレジットカード「bitFlyerクレカ」を発行しており、日常のお買い物でビットコインを貯めることが可能。

 

なお、レバレッジ取引(FX)に関しては、bitFlyer Lightningというツールを用いることで、利用することができます。

 

国内のおすすめ仮想通貨取引所②:DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin

名称 DMM Bitcoin
取引種類 現物取引(販売所・BitMatch注文)

レバレッジ取引(販売所・BitMatch注文)

取扱銘柄数 18種類(現物)

25種類(レバレッジ)

最小取引数量(BTC) 現物取引(販売所):0.0001BTC

現物取引(BitMatch注文):0.001BTC

レバレッジ取引(販売所):0.001BTC

レバレッジ取引(BitMatch注文):0.01BTC

最大レバレッジ倍率 2倍
ロスカット 証拠金維持率が50%以下になった場合にロスカットルールが発動し、全ての未約定注文の取消及び保有する全ての暗号資産を売却、並びに全ての未決済ポジションを事前に通知することなくロスカットする。
追加証拠金 毎営業日の午前6:59時点で証拠金維持率判定を行い、当該時点において、証拠金維持率が100%を下回っていた場合には、翌営業日の午前7:00時点で追加証拠金が発生。
取引手数料

(BTC)

現物取引(販売所):無料、スプレッドあり

現物取引(BitMatch注文):0.001BTCあたり37円

レバレッジ取引(販売所):無料、スプレッドあり

レバレッジ取引(BitMatch注文):0.01BTCあたり36円

レバレッジ手数料 建玉金額×0.04%/日

※ポジションをロールオーバーした際に発生

公式サイト https://bitcoin.dmm.com/

 

DMM bitcoinは、DMM.comグループに属する株式会社DMM Bitcoinが運営している仮想通貨取引所で、2018年1月にサービスが開始されました。

 

現在では、レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が25種類と日本最多であり、レバレッジ取引に力を入れている取引所だと言えるでしょう。

 

また、国内で唯一、販売所と取引所のハイブリッド形式である「BitMatch注文」を採用しており、スプレッドを抑えることに成功しています。

 

国内のおすすめ仮想通貨取引所③:GMOコイン

GMOコイン

名称 GMOコイン
取引種類 現物取引(販売所・取引所)

レバレッジ取引(販売所・取引所)

取扱銘柄数 22種類(現物)

10種類(レバレッジ)

最小取引数量

(BTC)

現物取引(販売所):0.00001BTC

現物取引(取引所):0.0001BTC

レバレッジ取引:0.01 BTC(販売所)

レバレッジ取引:0.01 BTC(取引所)

最大レバレッジ倍率 2倍
ロスカット 証拠金維持率が75%を下回った場合
追加証拠金 毎営業日(土日祝日を含む)の6:30時点に証拠金維持率が100%を下回った場合
取引手数料

(BTC)

現物取引(販売所):無料、スプレッドあり

現物取引(取引所):Maker -0.01%、Taker 0.05%

レバレッジ取引(販売所):無料、スプレッドあり

レバレッジ取引(取引所):無料

レバレッジ手数料 建玉金額×0.04%/日

※ポジションをロールオーバーした際に発生

公式サイト https://coin.z.com/jp/

 

GMOコインは、GMOインターネット(東証プライム上場)グループで培われた金融サービスのノウハウを活かしたセキュリティと管理体制のもと、安全に仮想通貨取引ができる取引所です。

 

オリコン顧客満足度No.1を2年連続で受賞しており、ユーザーからの高い人気を集めています。

 

なお、GMOコインの最大の魅力は各種手数料が無料、または格安なこと。日本円、仮想通貨問わず、入出金手数料が無料なので、海外取引所を利用する方やNFT購入のためにメタマスクなどのウォレットに送金する方にとっては、大きなメリットだと言えるでしょう。

 

なお、GMOコインでは、レバレッジ取引ができるサービスとして、以下の2種類を提供しています。

 

取引所(レバレッジ取引) 暗号資産FX
特徴 現物取引の取引所と同様に、ユーザー同士の買い注文または売り注文に対等する注文がある場合、取引が成立するサービス。 現物取引の販売所と同様に、GMOコインを相手に取引ができるサービス。数量に関係なく提示されている価格で取引が成立する。

 

国内のおすすめ仮想通貨取引所④:Zaif

名称 Zaif(ザイフ)
取引種類 現物取引(販売所・取引所)

レバレッジ取引

取扱銘柄数 15種類(現物)

2種類(レバレッジ)

最小取引数量(現物) 販売所:0.0001BTC

レバレッジ取引:0.01BTC

最大レバレッジ倍率 2倍
ロスカット 証拠金維持率が100%を下回った時点でロスカット取引の対象

証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100(%)

追加証拠金 なし
取引手数料

(BTC)

現物取引(販売所):無料、スプレッドあり

現物取引(取引所):Maker 0.00%、Taker 0.1%~0.3%

レバレッジ手数料 建玉金額×0.04%/日

※ポジションをロールオーバーした際に発生

公式サイト https://zaif.jp/

Zaifは、2014年に設立された「etwings」を前身とする仮想通貨取引所。

 

国内取引所の中ではあまり取扱いのない珍しい銘柄を取り揃えているのが大きな特徴。

 

また、2022年6月にリリースされたサービス「自動売買おてがるトレード」では、購入条件と売却条件などを指定するだけで、条件を満たした場合に仮想通貨を自動売買してくれるため、忙しい方でも投資機会を逃さずにすみます。

 

なお、レバレッジ取引においては、追加証拠金が無いため、安心して取引できると言えるでしょう。

 

国内のおすすめ仮想通貨取引所⑤:SBI VCトレード

名称 SBI VCトレード
取引種類 現物取引(販売所・取引所)

レバレッジ取引

取扱銘柄数 14種類(現物)

7種類(レバレッジ)

最小取引数量

(BTC)

現物取引(販売所):0.0001BTC

現物取引(取引所):0.000001BTC

レバレッジ取引:0.001BTC

最大レバレッジ倍率 2倍
ロスカット 証拠金維持率が80%以下になるとロスカット
追加証拠金 毎取引日の午前7時00分に、午前6時59分時点(前取引日の終了時)の証拠金維持率をもとに「追加証拠金」の要否を判定。その時点で証拠金維持率が100%を下回っている場合、証拠金の不足額分を入金。
取引手数料

(BTC)

現物取引(販売所):無料、スプレッドあり 

現物取引(取引所):Maker -0.01%、Taker 0.05% 

レバレッジ取引:無料、スプレッドあり

レバレッジ手数料 建玉金額×0.004%/日

※ポジションをロールオーバーした際に発生

公式サイト https://www.sbivc.co.jp/

SBI VCトレードは、日本の大手金融企業SBIホールディングスのグループ会社が運営する仮想通貨取引所。

 

日本円の入出金手数料や仮想通貨の送金手数料など、各種手数料が無料で利用できるため、お財布に優しい取引所だと言えます。

 

また、ポジションをロールオーバーした際に発生するレバレッジ手数料は0.004%と、他の取引所と比べて低いのも大きな魅力です。

 

さらに、仮想通貨の自動積立やステーキング、レンディングなど、様々なサービスを提供しており、ユーザーの選択肢が多いのも特徴的。

 

なお、レバレッジ取引のロングポジションの一部の銘柄では、マイナス手数料を導入しているため、手数料を収益として受け取り可能です。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

海外の仮想通貨FX(レバレッジ取引)対応のおすすめ取引所


ここからは、仮想通貨FX(レバレッジ取引)に対応しているおすすめの海外取引所を5つ紹介していきます。

 

✔︎国外のおすすめ仮想通貨FX(レバレッジ取引)取引所

・海外のおすすめ仮想通貨取引所①:Binance(バイナンス)

・海外のおすすめ仮想通貨取引所②:Bybit(バイビット)

・海外のおすすめ仮想通貨取引所③:KuCoin(クーコイン)

・海外のおすすめ仮想通貨取引所④:OKX

・海外のおすすめ仮想通貨取引所⑤:BTCC

 

順番に見ていきましょう。

 

海外の仮想通貨FXおすすめ取引所①:Binance(バイナンス)

名称 Binance(バイナンス)
所在地 ケイマン諸島
取扱銘柄数 350種類以上
取引手数料 ~0.1%
日本語対応 ×
最大レバレッジ倍率 20倍
セキュリティ 出金ホワイトリスト/コールドウォレット/マルチシグ/指紋認証/パターン認証/2段階認証
公式サイト https://www.binance.com/en

Binanceは、2017年に中国の香港で設立された世界最大の仮想通貨取引所。

 

ユーザー数、取引高ともに世界一を誇っており、Binanceが発行する独自の仮想通貨「BNB」は、取引所が発行する仮想通貨としては圧倒的な人気と知名度を誇っています。

 

また、Binanceはセキュリティに非常に重点を置いており、ユーザーの資金を保護するために最善を尽くしています。

 

知名度や実績はもちろんのこと、世界中のユーザーから信頼性を集めるBinanceは、正に世界No.1の仮想通貨取引所だと言えるでしょう。

 

海外の仮想通貨FXおすすめ取引所②:Bybit(バイビット)

名称 Bybit(バイビット)
所在地 シンガポール
取扱銘柄数 300種類以上
取引手数料 Maker : -0.025% / Taker : 0.075%
日本語対応
最大レバレッジ 100倍
セキュリティ SSL通信/2段階認証/マルチシグネイチャ/ログイン通知/コールドウォレット/ハッカー潜入検査セキュリティシステム
公式サイト https://www.bybit.com/ja-JP/

Bybitは、2018年に設立された取引所で、世界130ヵ国以上のユーザーが利用しており、特に日本人から高い人気を集めています。

 

ユーザーフレンドリーなインターフェース、高速な取引実行、低い手数料などが評価され、多くのトレーダーの間で人気を集めています。

 

なお、公式サイトは日本語対応なので、安心して利用できることも大きなメリットだと言えるでしょう。

 

また、Bybitはキャンペーンが豊富なことでも有名な取引所。常に複数のキャンペーンが開催されているので、お得に取引を始めたい方におすすめです。

 

海外の仮想通貨FXおすすめ取引所③:KuCoin(クーコイン)

名称 KuCoin
所在地 セーシェル
取扱銘柄数 700種類以上
取引手数料 ~0.1%
日本語対応
最大レバレッジ 10倍
セキュリティ Google認証(2段階認証)/取引パスワード/フィッシング対策の安全フレーズ
公式サイト https://www.kucoin.com/ja

Kucoinは、2017年にJohnny Lyuによってシンガポールで設立された仮想通貨取引所。現在は、東アフリカに位置する「セーシェル」を拠点としています。

 

Kucoinの特徴は、700銘柄を超える豊富な取扱銘柄や独自トークン「KCS」の保有によって得られるお得な特典があること。

 

KCSは、保有することで取引手数料の割引が受けられたり、配当金がもらえるなど、ユーザーのメリットが多数あり、今後も期待できる仮想通貨だと言えます。

 

海外の仮想通貨FXおすすめ取引所④:OKX(オーケーエックス)

名称 OKX
所在地 マルタ島
取扱通貨数 400種類以上
取引手数料 Taker:~0.15%

Maker:~0.1%

日本語対応 ×
最大レバレッジ 100倍
セキュリティ 2段階認証、Fund passwordの設定、24時間の引出制限
公式サイト https://www.okx.com/

OKXは、2017年に設立された中国のOKグループが運営する中国三大取引所の一つ。

 

仮想通貨取引所ランキングではTOP10の常連で、世界的に有名な取引所だと言えます。

 

独自の仮想通貨「OKB」を発行しており、その時価総額ランキングは数千ある仮想通貨の中でもTOP30に入るほど人気を集めています。

 

また、独自仮想通貨OKBの保有によって取引手数料が割引になるため、お得に取引できるのも特徴的。

 

なお、日本語には対応していないため、注意が必要です。

 

海外の仮想通貨FXおすすめ取引所⑤:BTCC

名称 BTCC
設立年月 2011年6月
取扱通貨数 50種類以上
取引手数料 0.03%~0.06%
日本語対応
最大レバレッジ 150倍
セキュリティ 二段階認証/コールドウォレット資産の/1対1管理/マネーロンダリング防止(AML/CTF)
公式サイト https://www.btcc.com/ja-JP

BTCCは、2012年に設立された世界で最古の仮想通貨取引所の1つであり、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

セキュリティと信頼性に関して評判があり、過去にハッキングされたことがありません。「誰もが安心して仮想通貨取引を利用できる環境を作ること」というビジョンを体現していると言えるでしょう。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場の相場が急騰・急落したとしても、瞬間的に注文が可能なシステムを構築しています。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にもおすすめな取引所です。

 

なお、数ある仮想通貨取引所の中でも、高いレバレッジ倍率を誇っているのも特徴的。少ない資金でも、効率的な取引が可能です。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

仮想通貨FXに関するよくある質問【Q&A】


仮想通貨FXに関するよくある質問は以下のとおり。

 

✔︎仮想通貨FXに関するよくある質問

・仮想通貨FXにかかる税金は?

・仮想通貨FXはいくらから始められる?

・仮想通貨FXは国内取引所と海外取引所のどちらがおすすめ?

・仮想通貨FXの空売り(売りから入る)とは?

・ポジションとは?

・信用取引とは?

・ロスカットとは?

・短期売買と長期保有のどちらがおすすめ?

・デイトレードと仮想通貨FXの違いは?

 

順番に解説していきます。

 

仮想通貨FXにかかる税金は?

仮想通貨FXで得た利益に対してかかる税金は「雑所得(ざつしょとく)」に分類され、給与所得などの所得と合算した金額に対して課税されます。

 

なお、利益の大きさによって税率が高くなる「累進課税」が適用されるため、仮想通貨で大きく儲けた場合には注意が必要。

 

仮想通貨の税金は複雑なため、不明点があれば最寄りの税務署や税理士に相談しましょう。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

仮想通貨FXはいくらから始められる?

仮想通貨FXは数千円~数万円から始められます。

 

取引所によって最小注文数量が異なるため、仮想通貨FXを始める際は事前に確認するようにしましょう。

 

仮想通貨FXは国内取引所と海外取引所のどちらがおすすめ?

国内取引所の場合、レバレッジ倍率が最大2倍のため、レバレッジのメリットを最大限に活かすことができません。

 

そのため、少ない資金で効率的に稼ぎたい方は、海外の仮想通貨取引所がおすすめです。

 

とはいえ、高いレバレッジ倍率をかける際は、自身のリスク許容度に見合った適切な範囲で取引するようにしましょう。

 

なお、海外取引所では、レバレッジを高倍率に設定できるものの、基本的に追証が無しになっているため、証拠金以上の損失を回避できます。海外取引所の利用を敬遠する方もいるかもしれませんが、多くのメリットがあるため、取引所選びの際にはぜひ検討してみてください。

 

仮想通貨FXやビットコインFXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

仮想通貨FXの空売り(売りから入る)とは?

仮想通貨FXの空売りとは、仮想通貨の価格が下落することを見込んで、その仮想通貨を売却し、価格が下がった時に買い戻すことで利益を得る取引方法のこと。

 

例えば、1BTC=100万円の時に、1BTC=100万円で売却して、後で価格が下落した時に1BTC=90万円で買い戻すことで、10万円の利益を得ることができます。

 

なお、空売りは、「売りから入る」と同じ意味です。

 

ポジションとは?

ポジションとは、仮想通貨FXでロング(買い注文)やショート(売り注文)した時に使われる言葉で、ポジションを持ったと言います。要するに、その相場に参加していて、どちらかに予想している状態のことを指します。一方で何もしていないとき、相場に参加していないときは、ノーポジ(ノーポジション)と言います。

 

信用取引とは?

信用取引とは、ユーザーが仮想通貨取引所や証券会社などに一定以上の担保を預け、売買に必要な現金や株式を仮想通貨取引所や証券会社から借りて行う取引のこと。つまり、証拠金を拠出せずとも、レバレッジをかけて大きな金額を取引できる方法のことを言います。

 

信用取引を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

ロスカットとは?

ロスカットとは、ロング(買い)またはショート(売り)ポジションを持っている場合、予想外の相場変動によって損失が拡大し、一定の損失額を超えると、仮想通貨取引所が自動的にそのポジションを決済するという意味です。

 

つまりロスカットは、投資家が多額の損失を被らないようにするためのセーフティーネットのようなものです。別の言い方とすると、強制的な損切りとも言えますね。

 

短期売買と長期保有のどちらがおすすめ?

仮想通貨FXは、短期売買がおすすめです。なぜなら、長期保有によって手数料が取られてしまうから。

 

仮想通貨FXでは、日をまたいでポジションを保有すると、レバレッジ手数料が発生するため、相場に変動がない場合、徐々に証拠金が減少してしまうことになります。そのため、基本的に長期保有を前提とした取引方法ではありません。

 

また、仮想通貨FXは、外国為替FXとは異なり相場の変動が大きいため、長期保有していると、損失が拡大してロスカットまたは追証が発生する危険性もあります。

 

基本的に、短期売買を前提として取引を行うようにしましょう。

 

仮想通貨FXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

デイトレードと仮想通貨FXの違いは?

デイトレードとは、株式や仮想通貨等の金融商品を、1日あるいは数時間以内に売買して利益を得る取引手法のことを言います。デイトレーダーは、チャートを基にテクニカル分析と呼ばれる手法で市場の動向を予測して、短期的な値動きに注目して取引を行います。

 

一方で仮想通貨FXは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を対象とした「証拠金取引」のこと。別の言い方をすると、仮想通貨版のレバレッジ取引を指し、短期売買を前提としていますが、デイトレードのように一日あるいは数時間以内に売買するとは限りません。

 

とはいえ、仮想通貨FX取引でもデイトレードを行う方は存在するため、場合によっては、仮想通貨FXという取引手法の中の、さらに狭義の取引手法だと言えるでしょう。

 

仮想通貨FXを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

仮想通貨FX(ビットコインFX)まとめ


今回の記事では、仮想通貨FXについて分かりやすく解説するとともに、おすすめの取引所や稼ぐコツ、よくある質問とその答えなどを網羅的に紹介しました。

 

仮想通貨銘柄に関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティや、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む50種類以上の仮想通貨銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

関連記事


▶ 仮想通貨取引所関連

2023年国内・海外おすすめ仮想通貨取引所10選!選び方や手数料・レバレッジ比較も!

仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング!口座開設方法や選び方を解説

エイダコイン(カルダノ/ADA)を購入できる取引所まとめ!手数料の比較や買い方を解説

ビットコイン/仮想通貨投資の危険性とは?リスク対策や注意点を解説

リップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所5選!選び方や手数料比較!

仮想通貨ビットコインFXの海外取引所の選び方やおすすめランキング5選!手数料やレバレッジ比較

仮想通貨取引所おすすめ10選!ビットコイン手数料比較ランキングも解説

 

 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨の始め方や投資のやり方は?超初心者にビットコインの儲け方を徹底解説

エンジンコイン(ENJ)とは?今後の将来性や価格推移を徹底解説

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは?初心者向けに徹底解説

仮想通貨トロン(TRON)の将来性は?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨ダッシュ(DASH)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

STEPN(GMT/GST)とは?今後の将来性や買い方【仮想通貨】

仮想通貨1inch Network(1INCH)の将来性は?今後の価格予想や買い方を徹底解説

【2023年最新】イーサリアム(ETH)の今後は?将来性や価格予想を解説

仮想通貨EOS(イオス)とは?今後の将来性や価格予想を解説

エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来性は?今後の価格予想や買い方を解説

仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)の今後の将来性は?取引所や買い方も解説!

仮想通貨FLOWとは?今後の将来性や価格予想・買い方を徹底解説

JASMY(ジャスミー/JMY)とは?ジャスミーコインの将来性や特徴を解説

仮想通貨Galxe(GAL/旧Project Galaxy)とは?将来性や今後の見通しを解説

仮想通貨MANA/Decentralandの将来性は?今後の価格予想や買い方、取引所を解説

仮想通貨チェーンリンク(LINK)とは?将来性や今後の価格予想・買い方を解説

仮想通貨SOL(ソラナ/Solana)の今後はどうなる?将来性や買い方、取引所を解説

仮想通貨アバランチ(AVAX)とは?将来性や今後価格予想・買い方

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)の買い方を徹底解説

【仮想通貨】Cosmos(コスモス/ATOM)とは?特徴や将来性を解説

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴や今後の見通しを解説

Aptos(アプトス/APT)とは?特徴や今後の見通しを解説

仮想通貨/ビットコインは儲かる?ビットコインの稼ぎ方や始め方・注意点を徹底解説

ビットコインを換金する方法は?現金化タイミングや注意点、おすすめ取引所

【仮想通貨】ASTAR(アスター/ASTR)とは?特徴や今後予想・将来性を解説

Pi Network(パイネットワーク)とは?仕組みや特徴、マイニングを解説

パレットトークン(PLT)とは?特徴や価格動向、将来性を解説

ディープコイン(DEP)とは?今後の将来性や価格推移を徹底解説

スウェットコイン(Sweatcoin)の将来性は?価格予想や始め方・取引所

仮想通貨ガラ(GALA)とは?将来性や今後の価格予想、買い方を徹底解説

Pi Network(パイネットワーク)の今後の見通し・価格予想を徹底解説

イーサリアムの10年後の価格は?今後の価格動向や見通しを徹底解説

ドージコイン(DOGE)の今後はどうなる?将来性や価格予想を徹底解説

リップル(XRP)の今後は?価格予想や将来性・リップル裁判を解説

柴犬コイン(SHIBA INU/SHIB)とは?特徴や買い方・将来性を解説

仮想通貨Blur(ブラー)とは?上場取引所や特徴・価格推移まで徹底解説

SSV Network(SSV)とは?特徴や将来性・今後の見通しを徹底解説

仮想通貨・ビットコインは今後どうなる?将来性や暴落予想を徹底解説【2022年最新】

仮想通貨ネム(XEM/NEM)の将来性は?爆上げ原因や今後の価格予想を解説

ライトコイン(LTC)の将来性は?今後の価格予想や買い方など徹底解説

仮想通貨/ビットコインFX・先物取引とは?やり方やメリット・デメリットを解説

Cocos-BCX(COCOS/ココス)の将来性は?今後予想や価格動向、取引所を解説

コスプレトークン(COT)とは?将来性や買い方、価格チャートを解説

仮想通貨アバランチ(AVAX)とは?将来性や今後価格予想・買い方

ゲインズネットワーク (GNS)とは?仮想通貨GNSはバイナンスに上場

仮想通貨ワールドコイン(Worldcoin)とは?買い方や将来性を徹底解説

仮想通貨SOL(ソラナ/Solana)の今後はどうなる?将来性や買い方、取引所を解説

ポルカドット(DOT)の将来性や今後の価格予想、取引所を徹底解説

【仮想通貨】STEPN(GST)とは?特徴や買い方・将来性を解説

仮想通貨シンボル(XYM)とは?将来性や今後の価格予想を解説

仮想通貨Dusk Network(DUSK)とは?将来性や今後の価格予想・買い方を解説

仮想通貨Core DAO (CORE)とは?エアドロップや将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨BONKとは?将来性や今後の価格予想・リスクを徹底解説

【仮想通貨】Canto(カント)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

Oasys(オアシス/OAS)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

スピンドル(SPINDLE/SPD)とは?特徴や今後の見通しを解説

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

ビットコイン(BTC)は無料でもらえる?ビットコインをもらう方法5選!

イーサリアムの買い方は?おすすめの取引所や注意点・タイミングを解説

ビットコインの使い方は?資産運用方法やリスク・活用方法

【仮想通貨】UXD(UXD Protocol)とは?将来性や特徴を徹底解説

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)とは?特徴や将来性を解説

FTXトークン(FTT)とは?特徴や将来性を解説【仮想通貨】

仮想通貨ロン(RON)とは?将来性やRONウォレットを徹底解説

GMXとは?分散型取引所GMXの特徴や使い方を徹底解説【仮想通貨】

Pi Network(パイネットワーク)はポンジスキーム?リスクを解説

元素騎士ONLINEとは?特徴や今後の見通しを徹底解説

仮想通貨/ビットコインは儲かる?ビットコインの稼ぎ方や注意点・取引所を徹底解説

ビットコインの使い方は?資産運用方法やリスク・活用方法

TwitFi(ツイートファイ)とは?始め方や稼ぎ方・注意点を解説

仮想通貨TWTとは?将来性や分散型ウォレットTrust Walletを解説

STEPN(ステップン)とは?将来性や始め方・稼ぎ方を解説

【仮想通貨】SHANTI(SHN)とは?将来性や買い方・特徴を解説

【仮想通貨】BinaryX(BNX)とは?将来性や取引所・買い方を解説

仮想通貨Serum(セラム/SRM)とは?特徴や買い方を徹底解説

【STEPNアップデート】APEレルムとは?概要・影響・将来性

 

▶ BTCC仮想通貨先物取引

BTCCのトークン化先物株式・コモディティとは?取引銘柄や始め方、キャンペーンを解説

BTCC取引所での仮想通貨の買い方【JCBカード】

BTCC仮想通貨取引所の入金方法・始め方を徹底解説【完全ガイド】

BTCCでレバレッジ取引のやり方【無料デモ口座】

BTCC口座開設&本人確認【3分で完了】|BTCC初心者ガイド

BTCCの入金方法は?手順から手数料まで徹底解説

 

▶ メタバース・NFTAI

ChatGPTとは?始め方やアカウント登録・使い方を解説

ChatGPT搭載のマイクロソフト「Bing」とは?AIで検索エンジンを強化

AIチャットくんの始め方や使い方は?LINEでChatGPTが使えるAIチャット

ChatGPTとはどんなもの?今話題のチャットボットAIを解説

喧嘩道(ケンカメタバース)とは?ケンカコインの買い方を解説

Damus(ダムス)とは?分散型SNSアプリのメリットや登録方法・やり方

ボンディー(Bondee)とは?メタバースSNSアプリの遊び方や使い方を解説

江戸バース(エドバース/Edoverse)とは?概要や買い方を解説

ハイストリート(Highstreet/HIGH)とは?バイナンス主導のメタバースを解説

PROJECT XENOとは?ゲームの特徴や仮想通貨GXEの買い方を徹底解説

NFTデリバティブとは?メリットやリスク・選び方を解説 

メタバースとは?その概要をわかりやすく解説

メタバースでお金を稼ぐって本当?今さら聞けないメタバース!

XANA(ザナ)とは?木梨憲武がXANAでメタバースに進出へ

メタバースの種類は?ユースケースや具体例などを徹底解説

 

▶ 為替・株式・金融商品

ドル円今後はどうなる?円安ドル高はいつまで?最新予想や見通し

2023年の株式市場はいつから?東京株式市場・米国株式市場2023年価格予想

 

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード