ChatGPTとは?始め方やアカウント登録・使い方を解説

2023/02/08著者: c, dora

OpenAIのAIチャットボット「ChatGPT」は、より人間に近い形でユーザーと対話でき、コードを書いたりアドバイスをしたりと多機能なロボットであるため、最近ネット上で話題になっています。

 

ChatGPTはまだ研究プレビューの段階であり、ユーザーは無料で試すことができます。

この記事では、ChatGPTとは何か、その始め方や使い方、アカウントの作成と登録方法、ChatGPTを使う時のリスクなどを詳しく解説していきます。

 

目次
1.ChatGPTとは

2.ChatGPTはGoogleに取って代われるか?

3.ChatGPTの開発元「OpenAI」について

4.ChatGPTの将来性:ChatGPTの今後はどうなる?

5.ChatGPTがサイバー犯罪の未来に与える影響

6.ChatGPTと人間の違い

7.ChatGPTのリスク

8.ChatGPTのユースケース

9.ChatGPTの使い方

10.ChatGPTの始め方:登録方法・アカウント作成

11.ChatGPT登録番号の取得方法:sms-activate

12.ChatGPTを使う時の注意点

13.ChatGPTの関連ニュース・最新情報

14.ChatGPT:まとめ

15.関連記事

 

ChatGPTとは


ChatGPTとは、OpenAIによって開発された、人間の発話をシミュレートしてユーザーと自然なやり取りをするチャットボットのモデルです。 その名前は、第3世代の生成言語モデルであるGPT-3アーキテクチャに由来している。

 

ChatGPTは、OpenAIのGPT-3.5モデルを採用し、AI設計チームが強化学習(RLHF)を用いて学習させ、中国語、英語、日本語、スペイン語など複数の言語を認識し、人間らしく応答するようにしたものです。

 

ChatGPTは現在、無料登録の段階なので、誰でも簡単に登録し、無料体験を始めることができます。

 

ChatGPTは2021年までのデータで学習しているため、2022年以降がどうなるかはわからないです。まだ間違いがあったり、合理的な答えが無茶な答えになったりすることがあるため、ユーザーはロボットの答えを信用することができません。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ChatGPTはGoogleに取って代われるか?


ChatGPTは、ユーザーが質問を入力するとすぐに答えてくれるので、Googleにキーワードを送り込んで欲しい答えを得る必要はないということでしょうか。

 

現時点では、そのようなことはないと思われます。 現段階では、ChatGPTはまだ他のAIチャットボットと同じように、不正解や偽のメッセージで応答してしまうという問題を抱えています。

 

また、開発者は、モデルが「一見合理的だが不正解や不合理な答えを書くことがある」ことを認め、人間が訓練したために「長すぎる」可能性があると述べ、一部のユーザーからは、代数学に対する詳細だが不正解な答えや、血や犯罪、人種差別に関する制限のある質問に対する答えが得られるというフィードバックが寄せられているという。

 

ワシントン大学の言語学教授であるエミリー・ベンダーと、グーグルの元倫理AI責任者であるティムニット・ゲブルの昨年の共著論文では、AIの言語モデルは本質的に確率的オウム、つまり人間が理解できる世界の複雑さや抽象性からではなく、学習データの統計ルールからのみ知識を得ているという指摘がなされています。

 

したがって、結局、GPTChatはAI会話モデルであって、検索エンジンではないので、あらゆる情報を提供することはできないのです。

 

また、インターネット上にある情報は、完全に正しいとは言えず、やはり私たちは自分で情報や内容を判断しなければならないのです。そのため、ChatGPTが検索エンジンGoogleに取って代わることはないと思われます。

 

ChatGPTの開発元「OpenAI」について


「ChatGPT」などを手掛けるOpenAI(オープンエーアイ)は、営利法人OpenAI LPとその親会社である非営利法人OpenAI Inc. からなる人工知能(AI)研究所です。

 

OpenAI(オープンエーアイ)は、人類全体に利益をもたらす形で友好的なAIを普及・発展させることを目標に掲げ、AI分野の研究を行っています。

 

2015年末にサム・アルトマン(英語版)、イーロン・マスク氏らによってサンフランシスコで設立され、合わせて10億米ドルが提供されました。

 

2018年2月、マスク氏は役員を辞任しましたが、資金の提供を続けています。

 

OpenAI LPは2019年、マイクロソフトとMatthew Brown Companiesから10億ドル資金調達しました。

 

OpenAIは2023年1月31日、テキストが人間が書いたものかAIが書いたものかを判定するツールを無料公開しました。

 

ChatGPT公開以来、米国の教育機関の中には、学生による論文作成への利用やスパムメール作成などの問題からChatGPTの利用を禁止したところもあります。

 

これについて、OpenAIは、「われわれは米国の教育者と協力し、ChatGPTの機能と制限について話し合って」おり、AI関連の問題の影響を受けている教育者に対し、フィードバックを送るよう求めました。

 

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ChatGPTの将来性:ChatGPTの今後はどうなる?


今のところ、ChatGPTはまだ無料トライアルとして利用できます。

 

ChatGPTのチャットの平均コストについて、OpenAI CEOのSam Altman氏は、「会話1回あたりの平均コストはおそらく数セントで、より正確な測定値を見つけ、最適化しようとしているところだ」と述べました。

 

しかしAltman氏は、ChatGPTが永遠に無料であるわけではないと明言します。いつかは何らかの形で収益化しなければなりません。

 

GPTChatはまだ発展途上であり、ユーザーがチャットボットの無限の可能性を探り、発見することに意義があると思います。

 

ChatGPTがサイバー犯罪の未来に与える影響


ChatGPTをはじめとする人工知能技術が進化を続ける中、今後のサイバー犯罪に与える影響の可能性を検討することは重要です。 ChatGPTをはじめとするAI技術が今後どのように活用されるかを正確に予測することは困難ですが、サイバー犯罪の進化に大きな役割を果たすと思われます。

 

潜在的な影響として、サイバー犯罪における自動化の利用が進んでいることが挙げられます。 AI技術の高度化に伴い、フィッシングメールの作成、悪意のあるコードの記述など、より複雑なタスクの自動化に使用される可能性があります。これにより、サイバー犯罪者が攻撃を行うことが容易になり、個人や組織がこれらの攻撃を検知・防止することがより困難になる可能性があります。

 

また、チャットボットなどの人工知能技術をフィッシング攻撃に利用するケースが増加していることも、潜在的な影響として挙げられます。チャットボットがより洗練され、より自然な言葉で会話ができるようになると、より説得力のあるフィッシングメールやメッセージの作成に利用される可能性が高くなります。このため、個人がこうした攻撃を検知し、回避することが難しくなる可能性があります。

 

また、ChatGPTをはじめとするAI技術は、ユーザーから大量の機密データを収集するために利用される可能性があります。AI技術が高度化すると、より効率的にデータを収集・分析できるようになり、サイバー犯罪者が大量の機密情報を収集しやすくなる可能性があります。

 

全体として、ChatGPTをはじめとするAI技術が今後のサイバー犯罪に与える影響を予測することは困難です。しかし、個人や組織が潜在的な危険性を理解し、予防策を講じることは重要となります。これには、潜在的な攻撃を特定し回避する方法をユーザーに教育すること、適切なセキュリティ対策とプロトコルを導入すること、対策技術を継続的に改善し更新することが含まれます。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ChatGPTと人間の違い


ChatGPTは2022年11月のリリース以来、自然言語処理(NLP)コミュニティー含め、学術界や産業界など多くの分野で注目を集めています。一方で、論文や宿題への利用やサイバー攻撃への悪用など、悪い方に活用されるケースもあるため、ChatGPTを懸念している方も少なくありません。

 

そこで最近、中国の上海財経大学などに所属する研究者らがChatGPTと人間の専門家が答える内容のそれぞれの特徴や違いを調査し、「How Close is ChatGPT to Human Experts? Comparison Corpus, Evaluation, and Detection」という論文を発表しました。

 

分析するに当たって、約4万件の質問とそれに対応する人間/ChatGPTの回答(英語と中国語)を収集し、幅広いドメイン(コンピュータサイエンス、金融、医学、法律、心理学など)をカバーしており、HC3(Human ChatGPT Comparison Corpus)データセットと名付けました。

 

調査結果としては、人間とChatGPTの主な相違点は下記の通りです。

 

✔︎人間とChatGPTの主な相違点

ChatGPT 人間
質問に厳密に集中している 発散的で他の話題に移行しやすい
客観的な答えを出す 主観的な表現を好む
通常フォーマル より口語的
感情をあまり表現しない 強い感情を表現

 

ChatGPTのリスク


続いて、GPTChatを使う際のリスクを解説します。

 

どんな新しい技術でも、サイバー犯罪者がそれを不正に利用するリスクは常に存在します。ChatGPTの場合、攻撃の設計やランサムウェアの書き方を学ぶことも含まれます。チャットボットの膨大なデータと自然言語能力は、説得力のあるフィッシング攻撃や悪質なコードを作成できるサイバー犯罪者にとって、潜在的に魅力的なツールとなっています。

 

ChatGPTのセキュリティリスクを分類するために、下記の一般的なカテゴリーを使用することができます。

✔︎ChatGPTのリスク

・データ盗難

・フィッシング

・マルウェア

・ボットネット

 

①データ盗難

個人情報が不正に利用されること。 詐欺やなりすましなどの不正な目的のために、このデータを使用することがあります。

 

②フィッシング

信頼できる送信元を装った詐欺的なメールです。 クレジットカード番号やパスワードなどの個人情報を盗み出すことを目的としています。

 

サイバー犯罪者はしばしば、正規の送信元を装った偽のメールやメッセージを送り、ユーザーを騙して機密情報を開示させたり、マルウェアをダウンロードさせたりします。

 

③マルウェア

コンピュータへのアクセス、機密情報の窃取など、悪意のある作業を行うために使用される悪意のあるソフトウェアです。

 

これには、ソフトウェアやシステムの脆弱性を突くために使用される悪意のあるコードを作成したり、偽のソーシャルメディアプロファイルやウェブサイトを作成して無防備な犠牲者を誘い出したりすることが含まれます。

 

④ボットネット

ボットネットと呼ばれるコンピュータのネットワークを通じて行われる分散型サービス拒否攻撃(DDoS)です。 業務妨害やウェブサイトの閉鎖に利用されることもあります。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ChatGPTのユースケース


では、GPTChatのユースケース・用途について解説します。

 

✔︎ChatGPTのユースケース・用途

Google検索に代わる検索方法

バーチャル家庭教師

コーデイング

コンテンツマーケティングプランの詳細

キャンペーンの構築

クリエイティブ・ライティング

 

1.Google検索に代わる検索方法

ChatGPTは、特定のトピックに関する情報を探すのに最適なリソースです。 2021年以降の詳細は不明ですが、ChatGPTは概ね正確で偏りのない内容を提供しています。

 

さらに、広告を表示しないポリシーにより、気が散ることなく研究を進めたいユーザーにとって理想的なプラットフォームとなっています。

 

2.バーチャル家庭教師

チャットボットは、私生活で波乱を感じている人に直接、実行可能なアドバイスを提供する方法として、ますます人気が高まっています。

 

ChatGPTは、会話相手を自動的に分析し、収集したデータに基づいてオーダーメイドの応答を提供することで機能します。つまり、複雑なテーマを理解し、批判や慇懃無礼になることなく、正確でタイムリーなアドバイスを提供することができるのです。

 

ChatGPTは大量のデータを素早く分析できるため、ケースバイケースでアドバイスすることが可能です。そのため、無駄な情報に煩わされることなく、適切なアドバイスを閲覧することができます。

 

さらに、チャットボットは過去の会話を追跡することで、お客様のニーズをより的確に予測し、将来的にはよりパーソナライズされたアドバイスを提供することができます。

 

3.コーデイング

ChatGPTは、ほぼ誰でもアプリやゲーム、Webサイトの開発に利用できるチャットボット開発プラットフォームです。長くなり、技術的なこともありますが、優れたアイデアと適切なヒントが必要です。

 

ChatGPTを使えば、ボットと会話することで、しばしば面倒で時間のかかるコーディング作業を回避することができます。また、アプリやウェブサイトの開発には、専門家が役に立つヒントを提供してくれます。つまり、自分でコーディングする方法を考えるのに何時間も費やすのではなく、素晴らしいアイデアを生み出すことに集中できるのです。

 

4.コンテンツマーケティングプランの詳細

コンテンツマーケティング戦略を効果的に行うためには、まず、何を達成しようとしているのかを明確に理解する必要があります。ターゲットを特定し、彼らが何を好み、どのような行動を取るのかを知ることができれば、その後のプロセスはずっと楽になります。

 

一般的な出力であっても、より詳細に掘り下げ、各ステップを発展させ、カスタマイズすることができます。全体として、適切な質問をすると、かなり包括的な結果が得られます。

 

⑤キャンペーンの構築

ChatGPTを使えば、キャンペーン全体を迅速かつ簡単に構築することができます。

 

「learn」と入力し、既存のコピー(ランディングページ、記事など)を貼り付けると、広告、ブログ記事、メールテンプレート、ランディングページのコピーが自動的に生成されます。

 

また、ChatGPTを利用して、ソーシャルメディアの投稿/見出しを作成することもできます。

 

⑥クリエイティブ・ライティング

ChatGPTは、ライティングにおけるクリエイティビティに革命を起こしています。 書くことができます。

・詩歌

・ストーリ

・音楽と歌詞

・映画、ユーチューブ、Tiktokなどのスクリプト

・結婚の誓い

 

ChatGPTの使い方


上記のように、ChatGPTのアカウント登録が完了したら、上部の「Try it」をクリックします。

 

先ほど登録したOpenAIのアカウントでサインインするだけで、ChatGPTのチャットが開始できます!

 

もちろん、https://chat.openai.com/auth/login から直接ログインすることも可能です。

 

ページ下部の入力ボックスに質問したい内容を入力すると、ChatGPTとの対話が始まります。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ChatGPTの始め方:登録方法・アカウント作成


開発段階のGPTChatは素晴らしく、チャットボットの無限の可能性を発見するために探索する価値があります。

 

では、ChatGPTを始めるにはどうすればいいのでしょうか?ChatGPTの始め方やアカウント登録について説明します。

まず、ChatGPTのアカウントを作成し、登録を行います。

 

OpenAIは一部の国でのみ利用可能で、現在は韓国、日本、インド、シンガポール、米国で利用可能です。

 

ChatGPTの具体的な登録方法は、以下の通りです。

 

ステップ1:ChatGPTのログインページにアクセスし、登録を開始

ChatGPTのログインページ:https://chat.openai.com/auth/login

 

サインアップをクリックし、画面の指示に従ってOpenAIアカウントを作成し、メールアドレスを入力して続行します。

 

Gmailをお持ちの方は、下の「Continue with Google」ボタンをクリックして、直接Googleに登録することも可能です。

 

ステップ2:個人情報を入力

お名前を入力し、組織名を空白にして、下の「続ける」ボタンをクリックしてください。

その後、携帯電話番号の認証画面に進みますので、認証コードを受け取るための携帯電話番号をご用意ください。

 

番号を入力後、受信したコードをOpenAIのページのコード入力欄に入力すると認証が完了します。

 

ステップ3:OpenAIの登録の主目的を選択

ここでは、「個人的な機能を探求しています(I’m exploring personal feature)」を選択します。

 

これでアカウントの作成や登録が完了です。

 

ChatGPT登録番号の取得方法:sms-activate


これから、sms-activateを使ったChatGPT登録番号の取得方法を紹介します。

 

ステップ1

sms-activate.orgにアクセスし、アカウントにサインアップしてください。

 

右上の登録テキストボタンをクリックすると、認証用メールアドレスとパスワードを入力する画面が表示されます。

 

登録が完了したら、自分のアカウントにログインしてください。

 

ステップ2

右上の「残高」の金額をクリックし、「残高を上乗せ」を選択すると、上乗せが開始されます。

 

ステップ3

画面を下にスライドしてAlipayを見つけクリックし、ポップアップウィンドウにトップアップする金額を入力します。

 

ステップ4

トップアップ後、ホームページに戻り、左サイドバーの検索ボックスにopenaiと入力してOpenAIのサービスを探し、最初のIndiaを選択してカートに追加します。

 

ステップ5

ステップ3の携帯電話番号の確認画面で、携帯電話番号をコピー&ペーストし、「SMSでコードを送信」をクリックします。

 

sms-activate.orgのページはまもなくOpenAI APIから認証コードが送られてきますので、OpenAIのページにある認証コード入力ボックスに認証コードを入力して、認証を完了させてください。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ChatGPTを使う時の注意点


ChatGPTを使う時には、いくつかの注意点があります。

 

上述したように、ChatGPTはユーザーに迅速かつ正確な情報を提供したり、企業の顧客サービス業務を自動化する可能性を持っていますが、サイバー犯罪者のツールになる可能性も秘めています。

 

ChatGPTに関連するサイバー犯罪を防止するために、個人や組織ができる対策がいくつかあります。その中でも特に重要なのが「教育」です。

 

フィッシングメールや悪質なコードなど、潜在的な攻撃を特定し、回避する方法をユーザーが理解することが重要です。これには、チャットボットや自動化されたサービスとやりとりする際に注意を払うこと、機密情報やダウンロード要求の正当性を確認することが含まれます。

 

①ネットワーク検出と応答 NDR

中規模から大規模の企業では、有害な活動がないかネットワークを継続的に監視するための完全なソリューションが必要です。

 

②強力なパスワードの利用

強力なパスワードは、データ盗難に対する個人の最初の防衛線です。パスワードは複雑でユニーク、かつ推測が困難なものを選ぶように注意してください。

 

③二要素認証(2FA)の利用

2FAは、あなたのアカウントにさらなるセキュリティ層を提供します。パスワードに加えて、携帯電話や電子メールに記載されたコードの入力が必要です。

 

④ソフトウェアを最新に保つ

OSやその他のプログラムを最新バージョンに保つよう気を配ります。その結果、セキュリティ侵害からの保護がより強化されることになります。

 

⑤アンチウィルスソフトの導入

アンチウィルスソフトは、ウィルスやフィッシングメールなどのセキュリティリスクからあなたを守るのに役立ちます。

 

⑥アカウントに目を光らせる

いつもと違う行動がないか、常に警戒してください。いつもと違うことに気づいたら、すぐに銀行やカード会社に連絡してください。

 

適切なセキュリティ対策やプロトコルを導入するだけでなく、個人や組織がChatGPTがもたらすリスクを理解し、それに対する対策を講じることが重要です。

 

これには、チャットボットや自動化されたサービスとの対話に注意を払うこと、リクエストの正当性を確認すること、および適切なセキュリティ対策を実施することが含まれる場合があります。

 

ChatGPTの関連ニュース・最新情報


続いて、ChatGPTの最新情報・ニュースをお伝えします。

 

・トロン(TRON)、ChatGPTに分散型決済フレームワークを提供

トロン(TRON)ブロックチェーンの創設者であるジャスティン・サン(孫宇晨)氏は2023年2月4日、トロン(TRON)がChatGPTとOpenAIに分散型決済フレームワークを提供することを発表した。

 

これにより、トロン(TRON)の高速かつ低コストの取引機能により、開発者はAIサービスに対する支払いを簡単かつ安全に受け取ることができるようになる。

 

このフレームワークには、オンチェーン・スマートコントラクトシステム、支払い層プロトコル、基礎となる展開SDK、AI支払いゲートウェイが含まれ、スマートコントラクトシステムを使用して、ユーザーの質問とAIの結果をBitTorrentの分散ファイルストレージシステムBTFSに保存する予定だそうだ。

 

詳細については下記の記事でご覧ください。

トロン(TRON)、ChatGPTに分散型決済フレームワークを提供

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

ChatGPT:まとめ


今回は、ChatGPTとは何か、その将来性や、始め方、ユースケース、使い方、アカウントの作成と登録方法などについて解説しました。

 

ChatGPTや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCCは、イギリスのロンドンに本部を置く仮想通貨取引所です。2011年6月に設立され、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「誰もが安心して仮想通貨取引を利用できる環境を作ること」を掲げており、その証拠に創業以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティや、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む50種類以上の仮想通貨銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。発注板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、発注板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

関連記事


 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

Pi Network(パイネットワーク)とは?仕組みや特徴、マイニングを解説

仮想通貨BONKとは?将来性や今後の価格予想・リスクを徹底解説

STEPN(GMT/GST)とは?今後の将来性や買い方【仮想通貨】

仮想通貨アバランチ(AVAX)とは?将来性や今後価格予想・買い方

【仮想通貨】ASTAR(アスター/ASTR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

スウェットコイン(Sweatcoin)の将来性は?価格予想や始め方・取引所

JASMY(ジャスミー/JMY)とは?特徴や仕組み・将来性を解説

パレットトークン(PLT)とは?特徴や価格動向、将来性を解説

【仮想通貨】Canto(カント)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

Oasys(オアシス/OAS)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

スピンドル(SPINDLE/SPD)とは?特徴や今後の見通しを解説

Pi Network(パイネットワーク)の今後の見通し・価格予想を徹底解説

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)の買い方を徹底解説

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

ビットコイン(BTC)は無料でもらえる?ビットコインをもらう方法5選!

イーサリアムの買い方は?おすすめの取引所や注意点・タイミングを解説

ビットコインの使い方は?資産運用方法やリスク・活用方法

【仮想通貨】UXD(UXD Protocol)とは?将来性や特徴を徹底解説

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)とは?特徴や将来性を解説

FTXトークン(FTT)とは?特徴や将来性を解説【仮想通貨】

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴や今後の見通しを解説

仮想通貨ロン(RON)とは?将来性やRONウォレットを徹底解説

GMXとは?分散型取引所GMXの特徴や使い方を徹底解説【仮想通貨】

Pi Network(パイネットワーク)はポンジスキーム?リスクを解説

【仮想通貨】STEPN(GST)とは?特徴や買い方・将来性を解説

仮想通貨/ビットコインFX・先物取引とは?やり方やメリット・デメリットを解説

仮想通貨・ビットコインは今後どうなる?将来性や暴落予想を徹底解説【2022年最新】

元素騎士ONLINEとは?特徴や今後の見通しを徹底解説

仮想通貨/ビットコインは儲かる?ビットコインの稼ぎ方や始め方・注意点を徹底解説

エイダコイン(カルダノ/ADA)を購入できる取引所まとめ!手数料の比較や買い方を解説

仮想通貨/ビットコインは儲かる?ビットコインの稼ぎ方や注意点・取引所を徹底解説

ビットコインを換金する方法は?現金化タイミングや注意点、おすすめ取引所

ビットコインの使い方は?資産運用方法やリスク・活用方法

TwitFi(ツイートファイ)とは?始め方や稼ぎ方・注意点を解説

仮想通貨TWTとは?将来性や分散型ウォレットTrust Walletを解説

STEPN(ステップン)とは?将来性や始め方・稼ぎ方を解説

【仮想通貨】SHANTI(SHN)とは?将来性や買い方・特徴を解説

【仮想通貨】BinaryX(BNX)とは?将来性や取引所・買い方を解説

リップル(XRP)の今後は?価格予想や将来性・リップル裁判を解説

コスプレトークン(COT)とは?将来性や買い方、価格チャートを解説

喧嘩道(ケンカメタバース)とは?ケンカコインの買い方を解説

ディープコイン(DEP)とは?今後の将来性や価格推移を徹底解説

仮想通貨シンボル(XYM)とは?将来性や今後の価格予想を解説

仮想通貨Serum(セラム/SRM)とは?特徴や買い方を徹底解説

柴犬コイン(SHIBA INU/SHIB)とは?特徴や買い方・将来性を解説

【STEPNアップデート】APEレルムとは?概要・影響・将来性

 

▶ 仮想通貨取引所関連

国内・海外おすすめ仮想通貨取引所10選!選び方や手数料・レバレッジ比較も!

ビットコイン/仮想通貨投資の危険性とは?リスク対策や注意点を解説

リップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所5選!選び方や手数料比較!

仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング!口座開設方法や選び方を解説

仮想通貨ビットコインFXの海外取引所の選び方やおすすめランキング5選!手数料やレバレッジ比較

仮想通貨取引所おすすめ10選!ビットコイン手数料比較ランキングも解説

 

▶ BTCC仮想通貨先物取引

BTCCのトークン化先物株式・コモディティとは?取引銘柄や始め方、キャンペーンを解説

BTCC仮想通貨取引所の入金方法・始め方を徹底解説【完全ガイド】

BTCC取引所での仮想通貨の買い方【JCBカード】

BTCCでレバレッジ取引のやり方【無料デモ口座】

BTCC口座開設&本人確認【3分で完了】|BTCC初心者ガイド

BTCCの入金方法は?手順から手数料まで徹底解説

 

▶ メタバース・NFT

Damus(ダムス)とは?分散型SNSアプリのメリットや登録方法・やり方

ボンディー(Bondee)とは?メタバースSNSアプリの遊び方や使い方を解説

江戸バース(エドバース/Edoverse)とは?概要や買い方を解説

ハイストリート(Highstreet/HIGH)とは?バイナンス主導のメタバースを解説

PROJECT XENOとは?ゲームの特徴や仮想通貨GXEの買い方を徹底解説

喧嘩道(ケンカメタバース)とは?ケンカコインの買い方を解説

NFTデリバティブとは?メリットやリスク・選び方を解説 

メタバースとは?その概要をわかりやすく解説

メタバースでお金を稼ぐって本当?今さら聞けないメタバース!

XANA(ザナ)とは?木梨憲武がXANAでメタバースに進出へ

メタバースの種類は?ユースケースや具体例などを徹底解説

 

▶ 為替・株式・金融商品

ドル円今後はどうなる?円安ドル高はいつまで?最新予想や見通し

2023年の株式市場はいつから?東京株式市場・米国株式市場2023年価格予想

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード