仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

09/01/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)は2022年8月12日、Flare Networks(フレアネットワークス)の仮想通貨「スパーク(Spark/FLR)」の取扱いを近日中に開始することを発表しました。新たに仮想通貨FLRが上場することによって、bitbank(ビットバンク)で取引可能な仮想通貨は合計19銘柄となります。

 

Flare Network(フレアネットワーク)とは、リップル(XRP)を開発する米Ripple社の投資部門Xpringが出資を行う有望プロジェクトです。独自のコンセンサスプロトコルに基づき、安全で分散化され、かつスケーリングが可能なスマートコントラクト・ネットワークを構築します。

今回この記事は、仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは何か、その特徴や今後の見通し・将来性などについて初心者でもわかりやすく解説していきます。

 

スパーク(Spark/FLR)に興味を持つ方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは


まずは、仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは何かについて簡単に説明します。

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)はFlare Networks上でガバナンス投票やステーキング報酬として使用される仮想通貨となっています。

 

UXD(UXD Protocol)はソラナ(Solana)ブロックチェーン上で開発されました。

 

またステーブルコインとしてのUXD(UXD Protocol)は「UXD Protocol」というDeFiプロトコルより開発・運営されています。

 

リップルの分散型台帳のXRPレジャーにスマートコントラクトを実装するためのプロジェクトであるFlare Networkの実現のために開発された仮想通貨スパーク(Spark/FLR)は、総発行枚数が1,000憶FLR、開発者に250憶FLR、財団に250憶FLR、Airdropに500億FLRが割り当てられています。

 

リップル保有者を対象に仮想通貨スパーク(Spark/FLR)がエアドロップ(Airdrop)されるという発表をきっかけに、多くの人々に注目されるようになりました。

 

また、ライトコインはスパーク(Spark/FLR)と統合されると発表され、こちらでもAirdropが実施されます。

 

スパーク(Spark/FLR)に期待されている方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

スパーク(Spark/FLR)の特徴


スパーク(Spark/FLR)の特徴といえば、主に下記の三点です。

 

スパーク(Spark/FLR)の特徴
1.FBAコンセンサスプロトコルに使用している

2.イーサリアム仮想マシン(EVM)を活用

 

1.FBAコンセンサスプロトコルに使用している

スパーク(Spark/FLR)は、PoS(プルーフオブステーク)の代わりに、FBA(Federated Byzantine Agreement)というコンセンサスプロトコルに使用している。

 

FBAは、経済的仕組みに頼らず、かつスケーリングが可能なコンセンサスプロトコルであり、ビザンチン将軍問題として知られる、合意形成問題の障害を回避する仕組みの進化形です。

 

PoSは、ネイティブトークンのステーキングという形で、参加者の経済的インセンティブを利用し、ネットワークの安全性を確保します。そのため、信頼されるネットワークを維持しスケーリングしていくためには、トークンの価値が上昇する必要があります。ネットワークにロックされた価値よりも、格段に大きな時価総額を持つ資産をプラットフォームで保護することは、悪意ある攻撃の可能性を考慮すると賢明ではないでしょう。

 

また、ステーキングよりも高い利回りを得る他の手段がある場合、投資家はあえてステーキングを選択するでしょうか。資本がネットワークから流出し、セキュリティが低下することが危惧されます。

 

スパーク(Spark/FLR)はFBAを取り入れ、各ノードは「金融のインターネット」として、安全性を確保しつつ迅速なファイナリティと高スループット(処理能力)を実現したAvalancheプロトコルを、FBA設定の中で実行します。

 

2.イーサリアム仮想マシン(EVM)を活用

スパーク(Spark/FLR)を使用するFlare Network(フレアネットワーク)は、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みである「スマートコントラクト」にイーサリアム仮想マシン(EVM)を活用しています。前述したネットワーク基盤の特徴により、スマートコントラクトプラットフォームのスケーリング問題を解消する新しい手法として注目されます。

 

このプラットフォームを利用例として、Flare Network上のDeFiの構築を目指す、Flare Financeがあります。Flare公式とは関係性を保たない独立した匿名の内部メンバーから構成され、2月中旬にパブリックベータを開始しました。

 

スパーク(Spark/FLR)に期待されている方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

 

スパーク(Spark/FLR)を取扱う取引所


続いて、スパーク(Spark/FLR)を取扱う取引所をチェックしましょう。

1.bitbank:仮想通貨FLRはbitbankより国内初の上場へ

bitbank(ビットバンク)は12日に、Flare Networks(フレアネットワークス)の仮想通貨である「スパーク(Spark/FLR)」の取扱いを近日中に開始することを発表しました。

 

フレアネットワークス(Flare Networks)とは、Ripple社のの投資部門「Xpring」からの支援を受け、XRPレジャー上にスマートコントラクトを実装することを目指しているプロジェクトであり、スパーク(Spark/FLR)はFlare Networks上でガバナンス投票やステーキング報酬として使用される仮想通貨となっています。

 

Flare Networksは2020年に「リップル(XRP)保有者に対するSpark(Spark/FLR)トークンのエアドロップ」を発表しており、bitbank(ビットバンク)を含む国内仮想通貨取引所からは『仮想通貨FLRの取扱いが日本仮想通貨取引業協会と金融庁に承認された場合にFLRの配布を実施する』との発表が行われていたため、仮想通貨FLRの上場承認には注目が集まっていましたが、今回の発表ではFLRが正式に上場する予定であることが報告されています。

 

具体的な取扱開始日程の詳細については『Flare Networks上での十分な安定稼働を確認した上で別途お知らせする』と説明されており、Sparkトークンを付与するエアドロップの時期についても『決定次第、別途お知らせする』と説明されています。

 

2.bitFlyer:仮想通貨FLRを取扱開始と発表

国内仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は2022年8月18日、仮想通貨FLR(旧Sparkトークン)の取り扱い開始を発表しました。bitFlyerでは仮想通貨FLRの付与を行う方針を改めて表明し、またスパーク(Spark/FLR)の付与完了後には上場も開始するとしています。

 

なお、FLRトークンの付与日時は未定。FLRトークンの取り扱い開始も同様に未定のままです。

 

トークン付与(エアドロップ)対象者は2020年12月9日のスナップショット時点で仮想通貨リップル(XRP)をbitFlyerアカウントで保有していたユーザーのみです。

 

 

スパーク(Spark/FLR)の今後の見通し・将来性


スパーク(Spark/FLR)は、初のユーティリティフォークとなる可能性があり、オリジンネットワーク(XRP Ledger)はユーティリティの向上によって利益を得ることができます。

 

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)の保有者は、Flare上に構築されたプロトコル「FXRP」の信頼性の高い発行・償還を担保にスパーク(Spark/FLR)トークンをコミットすることで、また、Flareの時系列オラクルにデータを提供することで、仮想通貨スパーク(Spark/FLR)のリターンを得ることが可能です。これらの機能は互いに競合するものではないです。

 

現在、全体の75%にあたる仮想通貨が「非チューリング完全ブロックチェーン」上に構築されているとフレア(Flare)は指摘しています。ビットコインやライトコインなどがその一例だが、これらのチェーンではスマートコントラクトを実行できないです。

 

SDAのアプリケーションの一つとして想定されているのが、非チューリング完全資産にスマートコントラクトを実装する架け橋としての役割です。FXRPはその先駆けとなるとともに、他の資産にも応用する可能性を示すことになると考えられています。

 

2022年2月26日、XLMがFlareをF-Asset(トークン)として扱うと発表しました。XLMに対して新しくFlare Network(フレアネットワーク)上でFXLMを発行するということで、Flare Financeでも同様にF-Assetとして取り扱われているXRP、LTC、DOGEとともにサービスを利用できます。

 

さらに、Flare Network(フレアネットワーク)上でトラストレスに発行された資産は、CosmosやPolkadotのような相互運用プロトコルを介して、他のネットワークへ拡散する可能性があるとホワイトペーパーでは指摘されています。

 

 

スパーク(Spark/FLR):まとめ


今回は、想通貨スパーク(Spark/FLR)の概要や特徴、取扱う取引所、今後の見通し・将来性などを解説してきました。

 

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)やほかの仮想通貨銘柄に関してもっと知りたい方は、、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

 

【あわせて読みたい】

【仮想通貨】Acala(ACA/aUSD)とは?概要・特徴などを解説

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは?bitbankより国内初上場へ

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?無料で仮想通貨がもらえる

【仮想通貨】Chain of Legends(CLEG)とは?稼ぎ方を解説

【仮想通貨】WingStep(WST)とは?概要・特徴・将来性を解説

【仮想通貨】RunBlox(ランブロックス/RUX)の始め方・稼ぎ方を解説

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)とは?概要・特徴・将来性を解説

仮想通貨GSTとは?概要や特徴・買い方などを徹底解説

STEPN(GMT/GST)とは?仮想通貨GSTとGMTの違いを解説

STEPNの始め方、仮想通貨GSTの稼ぎ方を徹底解説

【STEPNアップデート】新機能HP(ヘルスポイント)とは?

【STEPNアップデート】ミンティングスクロール(Minting scroll)とは?