【仮想通貨】STEPN(GST)とは?特徴や買い方・将来性を解説

11/10/2022著者: c, dora

GSTは歩いたり走ったりすることで暗号資産(仮想通貨)がもらえるアプリ「STEPN」で使われるトークンです。

 

また、GSTは国内取引所では購入できず、海外取引所を使う必要があります。

 

海外取引所を利用する際にはビットコインイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)が必要になります。

 

今回この記事は、実際にSTEPNを使用中の私が、仮想通貨GSTとは何か、その特徴や買い方などについて初心者でもわかりやすく解説していきます。今回の記事を読むことでGSTに関する理解が深まるはずです。

仮想通貨GSTに興味を持つ方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

目次

1.STEPN(GST)とは

2.STEPN(GST)の特徴

3.仮想通貨GMT―ーガバナンストークン

4.STEPN(GST)今後の見通し・将来性

5.STEPN(GST):まとめ

 

STEPN(GST)とは


GSTは歩いたり走ったりして暗号資産(仮想通貨)をもらうことができるMove-to-earnゲームの「STEPN」で使われる暗号資産(仮想通貨)です。

 

仮想通貨GSTの正式名称は「Green Satoshi Token」であり、その頭文字からGSTと呼ばれています。

 

STEPNのアプリ内でNFTスニーカーを購入して歩くことで、歩いた距離や時間に応じてGSTが付与されます。スニーカーのレベルが上がると効率的にGSTが稼げるようになるため、1日数万円を稼ぐ人も現れています。

 

運動しつつ稼げることからSTEPNを始める人が急増しており、その影響でGSTの価格も高騰しています。

 

「Move to earn」の代表とも言えるSTEPNのトークンであるため、最も注目を集める暗号資産(仮想通貨)のひとつと言えるでしょう。

 

最近NEXT STEPNとして「Sweatcoin」が爆発的な人気を誇っています。無料で始められてSTEPNと併用できるのでさらに稼ぐことが可能。

関連:【仮想通貨】Sweatcoin(SWEAT)とは?特徴や仕組み・稼ぎ方を徹底解説

 

仮想通貨GSTに興味を持つ方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

STEPN(GST)の特徴


仮想通貨GSTの特徴は以下のとおりです。

 

1.STEPNのユーティリティトークン

2.ゲームに参加することで獲得できる

3.スニーカーの修理、レベルアップとMINT、GEMのアップグレードに使用

4.ステーブルコインUSDCとの交換に使用

5.チート対策がされている

 

基本的にはSTEPNのゲームに参加することで付与され、スニーカーのリペアやレベルアップなどで消費されます。

 

また、獲得したGSTはUSDCやSOLと交換することが可能です。

 

さらにSTEPNは以下のようなチート対策が施されており、不正を検知する仕組みが講じられています。

 

1.GSPによる位置情報の把握

2.スマホのモーションセンサーの利用

3.システムによるチート動作チェック

 

このようなプレイヤーのチート行為を早期に検知する仕組みを取り入れることで、不正にGSTを取得することを難しくしています。

 

仮想通貨GSTに期待されている方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

仮想通貨GMT―ーガバナンストークン


STEPNにはGMTというガバナンストークンもあります。GMTの特徴は以下のとおりです。

 

1.STEPNのガバナンストークン

2.高レベルにレベルアップする際に使用

3.USDCと交換可能(レベル30に達した場合)

 

GMTはBINANCEなどに上場しており、その将来性の高さから価格が急騰しています。

 

マスクネットワーク(MASK)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

仮想通貨STEPN(GST)の見通し・将来性


続いて、仮想通貨GSTの将来性について解説します。

1.STEPN人気による需要増加

2.バーンによる価格維持

3.様々な取引所への上場

 

①STEPN人気による需要増加


STEPNは日本のみならず、世界中で利用者が増加しています。

 

特に中国でのユーザー数増加が顕著であり、人口から考えても今後かなりのユーザーが参加してくると考えられます。

 

こうしたユーザー数の増加によりGSTの需要が増え、価格上昇の後押しになると見られます。

 

②バーンによる価格維持


GSTはSTEPNをプレイしていく上で、様々な機会で消費(バーン)されます。

 

具体的には以下のような感じで、日常的にGSTが消費される仕組みになっています。

1.スニーカーの修理

2.スニーカーのレベルアップ

3.MINTする際の費用

 

特に、ゲームの根幹であるスニーカーの初期値は低く設定されており、レベルアップをして効率的に稼ぐためGSTが消費する強いニーズが生じます。

 

こうしたGSTを消費する仕組みをうまく取り入れているため、GSTの供給量が調整され値崩れを防いでいます。

 

③様々な取引所への上場


GSTは以下の海外取引所に上場しています。

  • Huobi
  • MXC
  • CoinEX

 

GSTは人気が高いSTEPNのユーティリティトークンなので、今後も一定の価格水準を維持する可能性が高いです。

 

そのため、今後新たな取引所に上場する可能性が高く、その際は価格上昇が見込めるでしょう。

 

STEPN(GST):まとめ


今回は、STEPN(GST)の特徴や、買い方、今後の見通し・将来性などを解説してきました。

 

仮想通貨GSTやほかの仮想通貨銘柄に関してもっと知りたい方は、、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

 

【あわせて読みたい】

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?無料で仮想通貨がもらえる

【仮想通貨】WingStep(WST)とは?概要・特徴・将来性を解説

【仮想通貨】RunBlox(ランブロックス/RUX)の始め方・稼ぎ方を解説

【仮想通貨】CAW (A Hunters Dream)とは?概要・特徴・将来性を解説