仮想通貨シンボル(XYM)とは?将来性や今後の価格予想を解説

2023/02/13著者: c, dora

「シンボルっていう仮想通貨を検討している。その将来性はどうなんだろう?」

 

といった思いを抱えている人が多いのではないでしょうか。

 

シンボル(XYM)は仮想通貨のネム(XEM)をグレードアップしたブログチェックで、そのネイティブトークン(仮想通貨)は「XYM」です。

 

シンボル(XYM)は2021年3月に誕生した新しい仮想通貨であり、将来性が高く、今後も価格高騰が十分に期待されることで国内で幅広く注目されています。

 

今回この記事は、シンボル(XYM)とは何か、その将来性や今後の価格予想などを初心者でもわかりやすく解説していきます。

仮想通貨シンボル(XYM)に興味を持つ方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

目次
1.シンボル(XYM)とは

2.シンボル(XYM)の特徴

 ・シンボル(XYM)特徴①:ハイブリッドチェーンを導入

 ・シンボル(XYM)特徴②:処理速度がはやい

 ・シンボル(XYM)特徴③:DeFiやNFTに対応している

3.シンボル(XYM)の価格推移・チャート

 ・シンボル(XYM)のリアルタイムチャート

 ・シンボル(XYM)の現在の価格

 ・シンボル(XYM)のこれまでの価格推移

4.シンボル(XYM)の将来性・今後予想

 ・シンボル(XYM)の将来性①:DeFi市場に参入

 ・シンボル(XYM)の将来性②:より多くの取引所に上場

5.シンボル(XYM)の今後:まとめ

6.関連記事

 

仮想通貨シンボル(XYM)に興味を持つ方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

シンボル(XYM)とは


まずは、シンボル(XYM)とは何かについて簡単に説明します。

シンボル(XYM)とは、「次世代ブロックチェーン」とも呼ばれる仮想通貨のネム(XEM)をグレードアップしたブログチェックです。「XYM」は、シンボル・ブロックチェーンで利用される仮想通貨です。

 

シンボル(XYM)は、現在ネム(XEM)が流通しているNIS1ブロックチェーンの大型アップデートであり、セキュリティや処理能力の向上が期待されています。

 

ネム(NEM)が開発者向けのサンドボックス(外部から大きな影響を受けずに実験できる環境)として開発されたのに対し、シンボル(XYM)はエンタープライズ(企業や公的機関)のニーズに特化したブロックチェーンとして開発されました。

 

シンボル(XYM)は、ネム(NEM)以上に高い処理能力を求めるユーザーや新たなユースケースに対応することを目的としており、ネム(NEM)と比較して特に、処理速度、有用性、セキュリティおよび柔軟性が改善されると期待されています。

 

仮想通貨シンボル(XYM)に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

シンボル(XYM)の特徴


シンボル(XYM)の特徴といえば、主に下記の3点です。

シンボル(XYM)の特徴
1.ハイブリッドチェーンを導入

2.処理速度がはやい

3.DeFiやNFTに対応している

 

シンボル(XYM)特徴①:ハイブリッドチェーンを導入


シンボル(Symbol/XYM)の大きな特徴は、パブリックチェーンとプライベートチェーンの両方の機能を提供するハイブリッドチェーンとして導入されていることです。

 

パブリックチェーンとは、公開されたブロックチェーンのことであり、ネットワークには、誰でも自由に参加できます。

 

プライベートチェーンとは、公開されていないブロックチェーンのことであり、ネットワークに参加するためには、何らかの認証が必要です。

 

シンボル(XYM)に使われている技術は、この2つの利点を兼ね備えています。

 

また、シンボル(XYM)はコミュニティによって運営されるオープンソースプロジェクトのことも特徴です。

 

仮想通貨シンボル(XYM)を検討している方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

シンボル(XYM)特徴②:処理速度がはやい


シンボル(XYM)の処理速度がはやいという点も特徴です。

 

シンボル(XYM)はブロックチェーン技術を利用し、取引処理の速さで知られる仮想通貨ネム(XEM)をさらに発展させたものです。

 

そのため、シンボル(XYM)はネム(XEM)よりも高速な処理速度を実現し、スケーラビリティの問題に対応するのに有効です。

 

仮想通貨シンボル(XYM)を検討している方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

シンボル(XYM)特徴③:DeFiやNFTに対応している


シンボルのもう一つ大きな特徴は、DeFiやNFTに対応していることです。

 

シンボル(XYM)のホルダーは、NFTや署名など、あらゆるデジタル資産(アセット)を作成することができます。

 

シンボル(XYM)でNFTを売買できるマーケットプレイス「NEMBER ART」も2021年6月にスタートしました。

 

現在、NFTやメタバースの市場が盛り上がっています。今後、NFTやメタバーズをさらに発展させることで、シンボル(XYM)の知名度も高めていくことが予想されます。

 

仮想通貨シンボル(XYM)を検討している方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

シンボル(XYM)の価格推移・チャート


続いて、シンボル(XYM)の現在の価格やチャート、これまでの価格推移を紹介します。

 

・シンボル(XYM)のリアルタイムチャート

www.btcc.com

シンボル(XYM)のリアルタイムチャートは上記の通りです。

 

・シンボル(XYM)の現在の価格【2023年2月13日】

シンボル(XYM)対日本円(JPY)の現在の価格は5.51円であり、時価総額は30,777,739,841円となっています。

 

シンボル(XYM)は現在、仮想通貨時価総額ランキングの145位に付けられています。

 

・シンボル(XYM)のこれまでの価格推移

シンボル(XYM)の2022年の価格チャートは下記の通りです。

出典:coinmarketcap

 

シンボル(XYM)は2021年3月に上場し、2021年6月に最高値を記録した。

 

その後、シンボル(XYM)の価格高騰も長くは続かず、シンボルへの期待の熱が冷めたことで2021年9月に急落しました。

 

2022年入り、ウクライナ情勢やFRBよる利上げなどが原因で、シンボルは下落トレンドとなっています。

 

仮想通貨シンボル(XYM)に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

シンボル(XYM)の将来性・今後予想


続いて、シンボル(XYM)の将来性や今後の予想をチェックしましょう。

 

・シンボル(XYM)の将来性②:DeFi市場に参入

シンボル(XYM)は今後、DeFi市場に参入していくことが予想されます。

 

2021年、シンボルはグレードアップを行いました。また、ブロックチェーン開発団体「ファントム・ファウンデーション」との提携を発表しました。

 

これにより、今後ファントム財団が開発するブロックチェーン技術にこのシンボルが使用されることが期待されます。

 

シンボルがDeFiに登場すれば、大きな需要が生まれるため、投資家からも注目されています。

 

・シンボル(XYM)の将来性①:より多くの取引所に上場

シンボル(XYM)は今後、より多くの大手仮想通貨取引所に上場することが予想されます。

 

実際、仮想通貨シンボル(XYM)は2021年10月に国内の大手仮想通貨取引所であるGMOコインに上場し、2011年11月には海外の主要取引所であるバイビットに上場しています。

 

そのため、知名度が上がり、日本だけでなく海外の投資家からも注目されるようになっています。

 

シンボル(XYM)に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

シンボル(XYM)の今後:まとめ


今回は、シンボル(XYM)の特徴や、将来性、今後価格予想、購入できる取引所などを解説してきました。

 
仮想通貨シンボル(XYM)やほかの仮想通貨銘柄に関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

BTCCは、イギリスのロンドンに本部を置く仮想通貨取引所です。2011年6月に設立され、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営11年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティや、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む50種類以上の仮想通貨銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

関連記事


 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨・ビットコインは今後どうなる?将来性や暴落予想を徹底解説【2022年最新】

リップル(XRP)の今後は?価格予想や将来性・リップル裁判を解説

仮想通貨Dusk Network(DUSK)とは?将来性や今後の価格予想・買い方を解説

仮想通貨チェーンリンク(LINK)とは?将来性や今後の価格予想・買い方を解説

仮想通貨/ビットコインは儲かる?ビットコインの稼ぎ方や始め方・注意点を徹底解説

ビットコインを換金する方法は?現金化タイミングや注意点、おすすめ取引所

ディープコイン(DEP)とは?今後の将来性や価格推移を徹底解説

仮想通貨Core DAO (CORE)とは?エアドロップや将来性・買い方を徹底解説

柴犬コイン(SHIBA INU/SHIB)とは?特徴や買い方・将来性を解説

仮想通貨SOL(ソラナ/Solana)の今後はどうなる?将来性や買い方、取引所を解説

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

Pi Network(パイネットワーク)とは?仕組みや特徴、マイニングを解説

仮想通貨BONKとは?将来性や今後の価格予想・リスクを徹底解説

STEPN(GMT/GST)とは?今後の将来性や買い方【仮想通貨】

仮想通貨アバランチ(AVAX)とは?将来性や今後価格予想・買い方

【仮想通貨】ASTAR(アスター/ASTR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

スウェットコイン(Sweatcoin)の将来性は?価格予想や始め方・取引所

JASMY(ジャスミー/JMY)とは?特徴や仕組み・将来性を解説

パレットトークン(PLT)とは?特徴や価格動向、将来性を解説

【仮想通貨】Canto(カント)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

Oasys(オアシス/OAS)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

スピンドル(SPINDLE/SPD)とは?特徴や今後の見通しを解説

Pi Network(パイネットワーク)の今後の見通し・価格予想を徹底解説

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)の買い方を徹底解説

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

ビットコイン(BTC)は無料でもらえる?ビットコインをもらう方法5選!

イーサリアムの買い方は?おすすめの取引所や注意点・タイミングを解説

ビットコインの使い方は?資産運用方法やリスク・活用方法

【仮想通貨】UXD(UXD Protocol)とは?将来性や特徴を徹底解説

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)とは?特徴や将来性を解説

FTXトークン(FTT)とは?特徴や将来性を解説【仮想通貨】

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴や今後の見通しを解説

仮想通貨ロン(RON)とは?将来性やRONウォレットを徹底解説

GMXとは?分散型取引所GMXの特徴や使い方を徹底解説【仮想通貨】

Pi Network(パイネットワーク)はポンジスキーム?リスクを解説

【仮想通貨】STEPN(GST)とは?特徴や買い方・将来性を解説

仮想通貨/ビットコインFX・先物取引とは?やり方やメリット・デメリットを解説

元素騎士ONLINEとは?特徴や今後の見通しを徹底解説

エイダコイン(カルダノ/ADA)を購入できる取引所まとめ!手数料の比較や買い方を解説

仮想通貨/ビットコインは儲かる?ビットコインの稼ぎ方や注意点・取引所を徹底解説

ビットコインの使い方は?資産運用方法やリスク・活用方法

TwitFi(ツイートファイ)とは?始め方や稼ぎ方・注意点を解説

仮想通貨TWTとは?将来性や分散型ウォレットTrust Walletを解説

STEPN(ステップン)とは?将来性や始め方・稼ぎ方を解説

【仮想通貨】SHANTI(SHN)とは?将来性や買い方・特徴を解説

【仮想通貨】BinaryX(BNX)とは?将来性や取引所・買い方を解説

コスプレトークン(COT)とは?将来性や買い方、価格チャートを解説

喧嘩道(ケンカメタバース)とは?ケンカコインの買い方を解説

仮想通貨Serum(セラム/SRM)とは?特徴や買い方を徹底解説

【STEPNアップデート】APEレルムとは?概要・影響・将来性

 

▶ 仮想通貨取引所関連

国内・海外おすすめ仮想通貨取引所10選!選び方や手数料・レバレッジ比較も!

仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング!口座開設方法や選び方を解説

ビットコイン/仮想通貨投資の危険性とは?リスク対策や注意点を解説

リップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所5選!選び方や手数料比較!

仮想通貨ビットコインFXの海外取引所の選び方やおすすめランキング5選!手数料やレバレッジ比較

仮想通貨取引所おすすめ10選!ビットコイン手数料比較ランキングも解説

 

▶ BTCC仮想通貨先物取引

BTCC取引所での仮想通貨の買い方【JCBカード】

BTCCのトークン化先物株式・コモディティとは?取引銘柄や始め方、キャンペーンを解説

BTCC仮想通貨取引所の入金方法・始め方を徹底解説【完全ガイド】

BTCCでレバレッジ取引のやり方【無料デモ口座】

BTCC口座開設&本人確認【3分で完了】|BTCC初心者ガイド

BTCCの入金方法は?手順から手数料まで徹底解説

 

▶ メタバース・NFT

ChatGPTとは?始め方やアカウント登録・使い方を解説

Damus(ダムス)とは?分散型SNSアプリのメリットや登録方法・やり方

ボンディー(Bondee)とは?メタバースSNSアプリの遊び方や使い方を解説

江戸バース(エドバース/Edoverse)とは?概要や買い方を解説

ハイストリート(Highstreet/HIGH)とは?バイナンス主導のメタバースを解説

PROJECT XENOとは?ゲームの特徴や仮想通貨GXEの買い方を徹底解説

喧嘩道(ケンカメタバース)とは?ケンカコインの買い方を解説

NFTデリバティブとは?メリットやリスク・選び方を解説 

メタバースとは?その概要をわかりやすく解説

メタバースでお金を稼ぐって本当?今さら聞けないメタバース!

XANA(ザナ)とは?木梨憲武がXANAでメタバースに進出へ

メタバースの種類は?ユースケースや具体例などを徹底解説

 

▶ 為替・株式・金融商品

ドル円今後はどうなる?円安ドル高はいつまで?最新予想や見通し

2023年の株式市場はいつから?東京株式市場・米国株式市場2023年価格予想

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード