マイクロソフト株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

2024/02/18著者:

マイクロソフト(MSFT)は、米国に本社を置く多国籍コンピュータ・テクノロジー企業です。コンピュータ・ソフトウェアの開発、製造、ライセンシング、サービスを幅広く提供しています。

 

マイクロソフト(MSFT)は世界最大のコンピューター・オペレーティング・システムのソフトウェア・ベンダーであり、マイクロソフト(MSFT)製品は私たちの生活のいたるところにあります。

 

今年、ChatGPTのようなAIが生み出す人工知能のおかげで、マイクロソフト(MSFT)の株価は上昇を続け、時価総額は2兆ドルの大台に乗り、時価総額で世界第2位の企業となりました。

 

では、マイクロソフト(MSFT)株は今が買い時なのか、またマイクロソフト(MSFT)の今後はどうなるでしょう?

 

この記事では、今後マイクロソフト(MSFT)の株価予想も含めて初心者でもわかりやすく解説していきます。

 

現在BTCCは、マイクロソフト(MSFT)などの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(MSFTUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

マイクロソフト(MSFT)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

目次
1.マイクロソフト(MSFT)の株価とチャート【リアルタイム】

2.マイクロソフト(MSFT)とは

 ・マイクロソフト(MSFT)の企業情報

3.マイクロソフト(MSFT)の最新情報・関連ニュース

 ・ChatGPTのAIの波、マイクロソフト(MSFT)の株価は最高値を更新

4.マイクロソフト(MSFT)のこれまでの株価推移

 ・1999年上場~の株価動向

 ・2018年~2019年の株価動向

 ・2020年~2022年の株価動向

 ・2023年の株価動向

5.マイクロソフト(MSFT)今後の株価予想:10年後はどうなる?【2023年~2030年】

 ・2023年マイクロソフト(MSFT)の株価予想

 ・2024年マイクロソフト(MSFT)の株価予想

 ・2025年マイクロソフト(MSFT)の株価予想

 ・2030年マイクロソフト(MSFT)の株価予想

6.マイクロソフト(MSFT)の株式分割

 ・株式分割とは?

 ・株式分割のメリット

 ・株式分割のデメリット・リスク

 ・マイクロソフト(MSFT)の株式分割

7.マイクロソフト(MSFT)株は買うべきか?良い投資先か?

8.マイクロソフト(MSFT)株の買い方・購入方法

 ・BTCCでMSFT/USDT先物取引を始めよう!

 ・マイクロソフト(MSFT)の購入手順

9.マイクロソフト(MSFT)の今後まとめ

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

マイクロソフト(MSFT)の株価とチャート【リアルタイム】


マイクロソフトの株価チャート

上記はマイクロソフト(MSFT)のリアルタイムチャートです。

 

マイクロソフト株:2019年~2020年の価格動向

2019年4月、マイクロソフト(MSFT)は長い上昇トレンドの末、時価総額1兆ドルに到達した3番目の米国企業となりました。

 

新型コロナウィルスのパンデミック開始時に一時挫折したものの、マイクロソフト(MSFT)は回復し、その後2年間でアウトパフォームすることになった数多くのハイテク銘柄のひとつとなりました。

 

2020年11月に新型Xboxをリリースしたことで、マイクロソフト(MSFT)は当時実施されていた社会的規制をさらに活用することができました。

 

マイクロソフト株:2021年~2023年の価格動向

2021年6月、マイクロソフト(MSFT)はウィンドウズ11を年内にリリースすると発表しました。同日、マイクロソフト(MSFT)の時価総額が同社史上初めて2兆ドルを超えました。

 

2022年の最初の9ヶ月で30%以上下落したにもかかわらず、マイクロソフト(MSFT)の株価は過去6年間で300%以上上昇しました。

 

2023年、マイクロソフト(MSFT)の株価は再び急上昇し、時価総額は再び2兆ドルで安定しました。

 

マイクロソフト(MSFT)の株価は2023年12月の1カ月間でほぼ横ばいで推移し、12月28日にマイクロソフト(MSFT)の株価は374.07ドルです。

 

マイクロソフト株:2024年の価格動向

2024年に入り、マイクロソフト(MSFT)は上昇傾向にあります。

 

マイクロソフト(MSFT)の株価は2024年2月18日現在、404.06ドルで大引けを迎え、前日比0.61%安となっています。マイクロソフトの時価総額は3兆ドルです。

 

BTCCでは現在、マイクロソフト(MSFT)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(MSFTUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

マイクロソフト(MSFT)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

マイクロソフト(MSFT)とは?株価や株式情報


マイクロソフト(MSFT)(Microsoft、ティッカー:MSFT)は米国に本社を置く多国籍コンピュータ・テクノロジー企業です。コンピュータ・ソフトウェアの開発、製造、ライセンシング、サービスを幅広く提供しています。

 

米国ワシントン州レドモンドに本社を置く同社は、ビル・ゲイツとポール・アレンによって1975年に設立され、世界最大のテクノロジー企業のひとつに成長しました。

 

マイクロソフト(MSFT)の強力なブランド力、幅広い製品群、堅実な業績により、投資家の人気銘柄となっています。マイクロソフト(MSFT)の株価は長年にわたり安定した業績を上げており、投資家に長期的な成長と安定を提供しています。

 

堅調な収益成長、高い利益率、強固なバランスシートなど、同社の業績は印象的です。さらに、マイクロソフト(MSFT)は技術革新に力を入れており、テクノロジー業界の最先端であり続けるために研究開発に多額の投資を続けています。

 

  • マイクロソフト(MSFT)の企業情報

会社名 マイクロソフト(MSFT)
英文社名 Microsoft Corporation
ティッカー MSFT
設立年月 1975年
代表者名 ビル・ゲイツ、ポール・アレン
上場市場名 NASDAQ(ナスダック)
従業員数 221,000人
発行済株式数 7,435,487,575株 (2023/03/31)

 

マイクロソフト(MSFT)は1986年3月13日に21ドルで株式公開しました。IPO以来、マイクロソフト(MSFT)は9回の株式分割を行っており、うち2回は2対3の株式分割です。

 

つまり、マイクロソフト(MSFT)のIPO時に1株だけ購入した場合、分割後は288株を所有することになる。現在1株あたり154.53ドルとして、その株は44,505ドルの価値があります。

 

マイクロソフト(MSFT)のIPOに投資した場合、あなたはいくらになるでしょうか?1,000ドルをIPO価格21ドルでマイクロソフト(MSFT)株に投資した場合、あなたは47株を購入することになり、マイクロソフト(MSFT)の株式分割を考慮すると、2022年9月末までに3,150,000ドル以上の価値になります。

 

BTCCは現在、マイクロソフト(MSFT)などの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(MSFTUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

マイクロソフト(MSFT)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

マイクロソフト(MSFT)の株価に関する最新情報・関連ニュース


マイクロソフト(MSFT)の今後の株価を予想する場合、その最新情報や株価を影響させるニュースを知ることが必要です。

 

ChatGPTのAIの波、マイクロソフト(MSFT)の株価は最高値を更新

ChatGPTは今年、米国株とテクノロジー株の「最大の救世主」となり、マイクロソフト(MSFT)の携帯電話、テスラの電気自動車に次ぐ新世代テクノロジートレンドの主人公となりました。

 

国内外の法律家は、マイクロソフト(MSFT)はソフトウェア産業の主な受益者であり、フィデリティ、エヌビディア、TSMCなどの半導体チップメーカーとその周辺機器が最も有利だと考えています。

 

マイクロソフト(MSFT)は2022年6月に正式に2兆ドルの大台を割り込み、最悪は昨年11月5日の1.65兆ドルでしたが、11月16日現在、わずか数カ月でマイクロソフト(MSFT)の時価総額は7600億ドル以上増の2.75兆ドルに急増し、株価は2021年2月以来の最高値を更新しています。

 

マイクロソフト(MSFT)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

マイクロソフト(MSFT)の株価推移・今後の株価に影響を与えるポイント


以下では、マイクロソフト(MSFT)の今後の株価予想を行うために、マイクロソフト(MSFT)の過去の価格推移を分析する必要があります。

 

1986年上場~1987年マイクロソフト(MSFT)の株価動向

1986年マイクロソフト(MSFT)がデビュー以来、株式市場で驚くべき歴史を歩んできました。会社設立当初、報酬の一部としてストックオプションを賢く受け入れた従業員の中から、何千人もの億万長者が生まれたと伝えられています。

 

1986年、マイクロソフト(MSFT)は株式を公開し、1株あたり21ドルという比較的低い株価をつけました。グーグルファイナンスの信頼できるデータを使って、IPO成功後の9回の分割を含む株価の歴史について説明します。

 

マイクロソフト(MSFT)の株価は1986年4月1日に0.10ドルで始まり、終値は0.11ドルでした。1987年は0.17ドルで始まり、0.25ドルで終わった。その後の数年間、マイクロソフト(MSFT)の株価はあまり上昇してませんでした。

 

1988年~1990年の株価動向

1988年、マイクロソフト(MSFT)株は0.38ドルで取引を開始し、同日の終値は0.39ドルでした。

 

1989年、マイクロソフト(MSFT)は0.37ドルで取引を開始し、0.41ドルで取引を終了。

 

1990年4月16日の2:1の株式分割後、マイクロソフト(MSFT)(MSFT)株ははるかに緩やかなペースで成長した後、ついに1ドルの大台に達しました。

 

1990年4月30日、株価は0.82ドルで始まり、1.09ドルでピークに達し、最終的に1.01ドルで取引を終了。

 

1990年12月1日、株価は1.02ドルで取引を開始し、同日の終値は1.05ドルでした。

 

1991年~1995年マイクロソフト(MSFT)の株価動向

1991年6月27日、マイクロソフト(MSFT)は3:1の株式分割を実施。1991年6月27日、マイクロソフト(MSFT)は3:1の株式分割を実施。

 

1991年6月29日、株価は1.43ドルで取引を開始し、同日の終値は1.53ドルでした。1991年12月1日、マイクロソフト(MSFT)株は2.01ドルで取引開始、同日の終値は2.32ドル。

 

1992年6月15日、株式は再び3:1に分割され、マイクロソフト(MSFT)株は1992年12月1日に2.90ドルで取引開始、同日の終値は2.68ドルでした。

 

1994年4月30日、マイクロソフト(MSFT)株は2.90ドルで取引を開始し、3.36ドルの新高値を付け、同値で取引を終了。

 

1994年5月23日、MSFT株は再び2分割され、始値は3.34ドル、終値は3.23ドルとなりました。

 

マイクロソフト(MSFT)の株価は1994年から1995年にかけて急騰し、1994年12月1日、3.91ドルで取引開始、ピーク4.02ドル、終値3.82ドル、1995年6月30日、3.91ドルで取引開始、終値4.02ドル、終値3.82ドル。1995年6月30日、5.68ドルで取引開始、同日の終値は5.66ドル。

 

1998年~2018年マイクロソフト(MSFT)の株価動向

1998年3月1日、マイクロソフト(MSFT)は4.02ドルで取引を開始し、最終的に3.82ドルで取引を終了。1995年6月30日、マイクロソフト(MSFT)は5.68ドルで取引を開始し、同日の終値は5.66ドルでした。

 

マイクロソフト(MSFT)は 1998 年3月1日に 21.47 ドルで取引を開始し、1998 年 2 月 23 日に2:1 の株式分割後、 22.38 ドルで取引を終了しました。1999年3月29日の2回目の株式分割後、株価は45.63ドルで始まり、4月1日の終値は40.66ドルでした。

 

2001年1月から2002年2月まで、マイクロソフト(MSFT)は30ドル台で取引された。2002年3月、株価は20ドル台で取引され始め、2007年1月までそのレンジで推移しました。2007年2月1日には30.84ドルで取引を開始し、同日の終値は28.17ドルでした。

 

マイクロソフト(MSFT)の株価は2007年、2008年、2009年、2010年、2011年、2012年と損失を被り続けた。2013年と2014年、株価はわずかに上昇しました。

 

2014年4月には40ドル近くまで上昇しました。価格は2015年9月まで40ドル台で推移し、その後再び50ドル台まで上昇しました。

 

マイクロソフト(MSFT)の株価は12月1日の60.11ドルから終値で62.14ドルまで上昇しました。その頃から急速に拡大し始めた。マイクロソフト(MSFT)株は86.13ドルで年初を迎え、終値は95.01ドルでした。

 

2018年5月、マイクロソフト(MSFT)株は100ドルに達しました。マイクロソフト(MSFT)株は12月1日の始値113.00ドルから、同日の終値101.57ドルまで下落しました。2020年1月2日の取引終了時には、始値は158.78ドル、終日高値170.23ドルまで上昇しました。

 

2020年5月には1株当たりの株価は200ドルに達する。2020年12月1日、マイクロソフト(MSFT)の株価は214ドルで始まり、終値は222.42ドル。

 

2021年~2022年マイクロソフト(MSFT)の株価動向

マイクロソフト(MSFT)の2021年の業績は好調です。年初は222.53ドルで始まり、終値は231.96ドルでした。7月には株価は300ドルまで上昇しました。335.13ドルで取引を開始し、344.30ドルの高値まで上昇した後、336.32ドルで取引終了。

 

マイクロソフト(MSFT)の株価は2022年1月1日、335.13ドルで取引を開始し、338.00ドルでピークに達し、241.88ドルで1年を終えました。

 

マイクロソフト(MSFT)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

マイクロソフト(MSFT)今後の株価予想:10年後はどうなる?【2024年~2030年】


マイクロソフト(MSFT)今後の株価予想について、株式市場の専門家によると、マイクロソフト(MSFT)の平均株価は2025年に500ドルを上回ると予想され、2030年には最高800ドルまで高騰する可能性が高いという。

 

以下では、マイクロソフト(MSFT)の今後株価や目標株価を分析するため、信頼できる株価予想サイトからのマイクロソフト(MSFT)の株価予想をまとめてきましました。

 

2024年マイクロソフト(MSFT)の株価予想

マイクロソフト(MSFT)の株価は2024年を通じて堅調に推移すると予想されます。

 

マイクロソフト(MSFT)の株価は最終的に2024年に一株当たり400ドルに達すると予想されていますが、年中には407ドルで取引され、年末には433ドルまで上昇すると予想されます。

 

マイクロソフト(MSFT)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

2025年マイクロソフト(MSFT)の株価予想

MSFTは2025年までに500ドルに達すると予想しています。

 

その場合、マイクロソフト(MSFT)の株価は2025年半ばには461ドルになると予想されます。年末には、マイクロソフト(MSFT)の株価は506ドルまで急騰するでしょう。

 

2030年マイクロソフト(MSFT)の株価予想

他の株式や投資ビークルは、2030年がマイクロソフト(MSFT)にとって節目の年になると予想しています。マイクロソフト(MSFT)の株価は今年1株当たり800ドルに達すると予想しています。最初の半年で価格は797ドル上昇する。2030年末には、マイクロソフト(MSFT)の株価は815ドルに達する。

 

2030年のマイクロソフト(MSFT)の目標株価の中央値は805ドルで、47人のアナリストが830ドルから780ドルのレンジを提示しています。

 

マイクロソフト(MSFT)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

マイクロソフト(MSFT)の株式分割


マイクロソフト(MSFT)は1986年3月13日にIPO以来、マイクロソフト(MSFT)は9回の株式分割を行っており、うち2回は2対3の株式分割でした。

 

株式分割とは?

株式分割とは、企業が1株を複数株に分割し、株価を引き下げることです。実質的な効果は発行済み株式数の増加のみで、会社の時価総額や株主資本に変化はないとのことです。

 

株式分割のメリット

株式分割には2つのメリットがあります。

 

①株式分割の実施によって株価が下がり、投資の敷居が下がることで、より多くの投資家が会社に参加するようになり、株式の流動性が高まる。

②株式市場は、会社の将来の発展について、より楽観的な見方をする。

 

株式分割のデメリット・リスク

株式分割は株価のボラティリティを高めますが、市場の認識の混乱を招く可能性もあります。

 

企業のファンダメンタルズが良好であれば、株価は短期的な値上がりを伴って動き続け、株価にプラスの影響を与えます。

 

一方、ファンダメンタルズが良好でなければ、分割後も株式の価値は伸びず、株価はますます下落する可能性があります。

 

マイクロソフト(MSFT)の株式分割

マイクロソフト(MSFT)は9回の株式分割を実施しました。

 

マイクロソフト(MSFT)の9回の株式分割

1987年9月18日 2:1の株式分割を実施

1990年4月12日 2:1の株式分割を実施

1991年6月26日 3:2の株式分割を実施

1992年6月12日 3:2の株式分割を実施

1994年5月20日 2:1の株式分割を実施

1996年12月6日 2:1の株式分割を実施

1998年2月20日 2:1の株式分割を実施

1999年3月26日 2:1の株式分割を実施

2003年2月14日 2:1の株式分割を実施

 

マイクロソフト(MSFT)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

マイクロソフト(MSFT)株は買いか?良い投資先か?


マイクロソフト(MSFT)は投資する価値があるのか? 3つの側面から検討しましょう~

 

1.収益と株価分析

マイクロソフト(MSFT)MSFTの株価は良好な可能性を示しており、その利益実績は非常に安定しており、高水準が続いています。

 

新たに発表された2023年第1四半期の財務報告によると、マイクロソフト(MSFT)MSFTの売上高は528.6億ドルで、年間成長率は7%で、予想されていた510億ドルを上回りました。

 

また、配当金は21年連続で増加しており、安定した収益性が投資家が同社株の購入を検討する主な理由です。

 

マイクロソフト(MSFT)は過去数年間、安定した収益成長を維持しており、今後も実現するでしょう。

 

2.堅実なEPS

米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げの影響で、2022年の経済全体は昨年に比べて相対的に低迷しており、今期のマイクロソフト(MSFT)の利益は市場予想を若干下回ります。

 

今の株価は楽観的すぎるかもしれませんが、マイクロソフト(MSFT)のEPSはプラスを維持しており、収益性は依然として堅調です。

 

3.優れたビジネスモデル

マイクロソフト(MSFT)は健全なビジネスモデルを有し、リスクを効果的にコントロール・管理するために慎重な財務管理を行っています。

 

マイクロソフト(MSFT)はまた、競合他社に遅れをとることなく、クラウド技術で大きなブレークスルーを続けており、優良企業の買収を通じて主要事業の技術と流通パイプラインを拡大し続けています。

 

まとめると、マイクロソフト(MSFT)MSFTの株価は、3つの主要分析に基づき、依然として長期的な投資価値を示しています。 しかし、投資家は、いかなる投資にもリスクが伴うことを再認識し、投資前に徹底的な調査と評価を行い、同社の収益性や収益性、企業リスクに大きな変化がないかを継続的に監視し、賢明な投資判断を行う必要があります。

 

マイクロソフト(MSFT)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

マイクロソフト(MSFT)株の買い方・購入方法


現在BTCCは、マイクロソフト(MSFT)などの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(MSFTUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

BTCCでMSFT/USDT先物取引を始めよう!

MSFT/USDTはマイクロソフト(MSFT)の株価に1:1で固定されており、1MSFT=1マイクロソフト(MSFT)トークン=1マイクロソフト(MSFT)株となります。

 

ユーザーはUSDTを使って、最大50倍のレバレッジでMSFTをロング/ショートすることができます。

 

マイクロソフト(MSFT)(MSFT/USDT)の購入手順

BTCCでマイクロソフト(MSFT)(MSFT/USDT)を取引する手順は下記の通りです。

 

MSFT/USDTを取引するには、まずBTCCアプリを開けましょう。

BTCCの口座をお持ちのない方は、下記のサイトで口座開設しておきましょう~現在新規口座開設するだけで10USDTゲットを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

そして、【マーケット】ページに移動し、検索機能?をタップします。

 

検索欄で【MSFT】を入力してたらMSFTUSDTトークン化株式の無期限先物を見つけることができます。

 

 

続いて、【MSFTUSDT無期限】をタップし、取引ページへ移動します。

 

【’買い・ロング】/【売り・ショート】を選択し、取引数量とレバレッジを入力して注文確認したら完了です。

 

マイクロソフト(MSFT)株に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

マイクロソフト(MSFT)の今後まとめ


今回は、マイクロソフト(MSFT)の企業情報や、これまでの株価推移、マイクロソフト(MSFT)の最新情報・関連ニュースなどをまとめてきましました。

 

また、今後マイクロソフト(MSFT)の株価予想も行い、マイクロソフト(MSFT)の投資価値や買い方も含めて解説しました。

 

マイクロソフト(MSFT)株は将来性があるため、買うべき銘柄として今後の動きも注目する必要があります。

 

現在BTCCは、マイクロソフト(MSFT)などの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

マイクロソフト(MSFT)の値動きや最新情報などに関してもっと知りたい方は、BTCCアカデミーBTCCニュースをご覧ください。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大10,055 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 10,055USDT のボーナス獲得可能。

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

最新のキャンペーン情報はこちらから:https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

関連記事


ネットフリックス(Netflix/NFLX)株価の今後は?将来性や価格予想を徹底解説

2024年ドル円相場予想:円安が続く理由は? 今は円買いのチャンス?

トヨタ株価がおかしい?配当利回りやライズの値崩れ・今後の株価予想などを徹底解説

アルファベット(Google)株価は今後どうなる?価格予想や見通しを徹底解説

アマゾン(Amazon)株価は今後どうなる?株価予想や見通し・株式分割を解説

ソフトバンク株価は10年後どうなる?危ない?今後の見通しや配当を徹底解説

10年後の金相場予想は?金価格の推移や今後の価格予想を徹底解説

アーム(ARM)株価は今後どうなる?10年後の株価予想やIPO後見通しを徹底解説

空売りとは?株の空売りのやり方やメリット・注意点を徹底解説

2040年のドル円予想は?10年後も円安続く?ドル円の見通しを解説

エアロエッジ(AeroEdge)株価はどうなる?IPO上場の初値や今後予想、気配運用を解説

テスラ株価の今後予想や将来性を徹底解説!買い方や10年後の株価予想も

アップル株価の今後は?10年後予想や株価推移・配当を徹底解説

エヌビディア株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

ドル円の今後はどうなる?円安はいつまで?最新予想や見通し

テスラ株価の今後予想や将来性を徹底解説!買い方や10年後の株価予想も

2023年の株式市場はいつから?東京株式市場・米国株式市場2023年価格予想

仮想通貨Gitcoin (GTC)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨Metis(METIS)とは?価格動向や買い方・ユースケースを徹底解説

仮想通貨FUSD(First Digital USD)とは?取引所や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは?特徴や今後の将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨THORChain (RUNE)とは?特徴や今後の価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Casper (キャスパー/CSPR)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Livepeer (LPT)とは?メリット・デメリット・買い方など徹底解説

仮想通貨Raydium(RAY)とは?今後の将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Zetachain(ゼータチェーン/ZETA)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨DMAIL Network(DMAIL)とは?特徴や価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨Jupiter(JUP)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨WEN(WEN Token)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

GT Protocol(GTAI)とは?特徴や取引所・買い方を徹底解説

GAMEE(GMEE)とは?価格動向や取引所・買い方を徹底解説

Osmosis(OSMO)とは?特徴や今後の見通し・買い方を徹底解説

仮想通貨FAR(Farcana)とは?エアドロップのやり方・価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨SAROS(Saros Finance)とは?特徴や仕組み・買い方を徹底解説

仮想通貨RAIN(Rainmaker Games)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Ondo (ONDO)とは?価格動向や取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨WIF(Dogwifhat)とは?取引所や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨チリーズ(CHZ/Chiliz)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Duel Network(DUEL)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

【仮想通貨】エレストワールドとは?稼ぎ方や始め方を徹底解説

仮想通貨Mantle(MNT)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Magic Square(SQR)とは?特徴やロードマップ・買い方を徹底解説

仮想通貨Injective (INJ)とは?特徴や今後予想・価格動向を徹底解説

仮想通貨SAROS(Saros Finance)とは?特徴や仕組み・買い方を徹底解説

仮想通貨RAIN(Rainmaker Games)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Ondo (ONDO)とは?価格動向や取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨WIF(Dogwifhat)とは?取引所や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨チリーズ(CHZ/Chiliz)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Duel Network(DUEL)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

【仮想通貨】エレストワールドとは?稼ぎ方や始め方を徹底解説

仮想通貨Mantle(MNT)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Magic Square(SQR)とは?特徴やロードマップ・買い方を徹底解説

仮想通貨Injective (INJ)とは?特徴や今後予想・価格動向を徹底解説

WOO Network(WOO)は100円になる?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Balancer(バランサー/BAL)とは?価格動向や買い方を徹底解説

仮想通貨Band Protocol(BAND)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Bella Protocol(ベラ/BEL)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

仮想通貨Cartesi(CTSI)とは?将来性や買い方・価格動向を徹底解説

仮想通貨AGIX(SingularityNET)とは?将来性やステーキング・買い方を徹底解説

仮想通貨ARPA(アーパ)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

ステラルーメン(XLM)は10000円になる?将来性ない?今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨Zilliqa(ジリカ/ZIL)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Ravencoin(RVN)とは?将来性やマイニング・買い方を徹底解説

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)とは?仕組みや取引所・マイニングを徹底解説

仮想通貨STORJとは?特徴や使い方・買い方を徹底解説

ガクトコイン(スピンドル/SPD)は将来性ない?詐欺コイン?今後の見通しを解説

仮想通貨ワールドコイン(Worldcoin)とは?買い方や将来性を徹底解説

仮想通貨ANKR(アンカー)の将来性は?特徴や買い方も徹底解説!

仮想通貨ALPHAとは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Aave(アーベ)とは?特徴や使い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Audius (AUDIO)とは?使い方や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Akropolis (AKRO)とは?特徴や買い方・ステーキングを徹底解説

仮想通貨スタックス(Stacks/STX)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨ALGO(アルゴランド)とは?将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨CRV(Curve DAO Token)とは?将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Render(RNDR)とは?将来性や今後の見通しを徹底解説

仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)とは?今後の将来性や予想、買い方を徹底解説

エンジンコイン(ENJ)とは?今後の将来性や価格推移を徹底解説

仮想通貨CELO(セロ)とは?今後の将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Bancor(BNT)の将来性は?価格動向や取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨DODOとは?将来性やメリット・デメリットを徹底解説

ゼロエックス(0x/ZRX)の将来性は?価格動向や今後予想・注意点を徹底解説!

仮想通貨REN(レン)とは?将来性や買い方・特徴を徹底解説

仮想通貨YGG(Yield Guild Games)の今後予想や将来性を徹底解説

仮想通貨Kaspa(KAS)とは?特徴や買い方・マイニングを徹底解説

仮想通貨SML(スメルトークン)とは?香りNFT関連の仮想通貨を徹底解説

仮想通貨YGG(Yield Guild Games)とは?将来性や買い方・特徴を徹底解説

仮想通貨WOO Network(WOO)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨ゼロエックス(ZRX)とは?買い方や特徴・価格予想を徹底解説

【仮想通貨】Sweatcoin(SWEAT)とは?特徴や仕組み・稼ぎ方を徹底解説

スウェットコイン(Sweatcoin)の将来性は?価格予想や始め方・取引所

仮想通貨TWTとは?将来性や分散型ウォレットTrust Walletを解説
ステラルーメン(XLM)は10000円になる?将来性ない?今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨STORJとは?特徴や使い方・買い方を徹底解説

仮想通貨モネロ(Monero/XMR)とは?買い方やマイニング、将来性を徹底解説

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)とは?仕組みや取引所・マイニングを徹底解説

仮想通貨Ravencoin(RVN)とは?将来性やマイニング・買い方を徹底解説

仮想通貨Zilliqa(ジリカ/ZIL)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

Pi Network(パイネットワーク)の今後の見通し・価格予想を徹底解説

仮想通貨AGIX(SingularityNET)とは?将来性やステーキング・買い方を徹底解説

仮想通貨ANKR(アンカー)の将来性は?特徴や買い方も徹底解説!

仮想通貨ARPA(アーパ)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Balancer(バランサー/BAL)とは?価格動向や買い方を徹底解説

仮想通貨Band Protocol(BAND)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Bella Protocol(ベラ/BEL)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

仮想通貨Celsius(セルシウス/CEL)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Cartesi(CTSI)とは?将来性や買い方・価格動向を徹底解説

仮想通貨Vechain(VET)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

WOO Network(WOO)は100円になる?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Sei (SEI)とは?買い方や将来性・価格動向を徹底解説

仮想通貨CYBER(サイバーコネクト)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

スピンドル(SPINDLE/SPD)とは?特徴や今後の見通しを解説

テスラ株価の今後予想や将来性を徹底解説!買い方や10年後の株価予想も

アップル株価の今後は?10年後予想や株価推移・配当を徹底解説

エヌビディア株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

ドル円の今後はどうなる?円安はいつまで?最新予想や見通し

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出