仮想通貨YFIとは?今後の見通しや将来性・買い方を徹底解説

2023/11/02著者:

YFI(yearn.finance/ヤーン・ファイナンス)とは、仮想通貨投資におけるレンディングプロトコルyearn.financeのガバナンストークンとして利用されている仮想通貨のことです。

 

2023年4月現在、yearn.finance(YFI)を取り扱っている国内取引所はありません

 

yearn.finance(YFI)の将来性や今後の価格予想を気になる方はいらっしゃいますよね。

 

そこで、この記事では、そんなyearn.finance(YFI)の特徴やこれまでの価格動向、yearn.finance(YFI)の今後の見通し・将来性、yearn.finance(YFI)を購入できる取引所などについて解説していきます。

        

✔︎この記事で分かること

・yearn.finance(YFI)の概要・特徴

・yearn.finance(YFI)の価格動向・将来性

・yearn.finance(YFI)を入手できる取引所

・yearn.finance(YFI)に関するよくある質問

 

また、yearn.finance(YFI)に関するよくある質問に対する回答も網羅的にまとめているので、yearn.finance(YFI)の理解が深まることは間違いありません。

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

 

目次
1.yearn.finance(YFI)とは?

 ・yearn.finance(YFI)の概要・基本情報

 ・yearn.finance(ヤーン・ファイナンス)とは?

 ・yearn.finance(YFI)とは?

2.yearn.finance(YFI)の特徴

 ・分散型のクラウドサービスを提供している

 ・独自のプログラミング言語「Motoko」を提供している

3.yearn.finance(YFI)のチャートと現在価格

4.yearn.finance(YFI)のこれまでの価格推移

 ・上場後~2020年末のyearn.finance(YFI)価格動向

 ・2021年yearn.finance(YFI)の価格動向

 ・2022年yearn.finance(YFI)の価格動向

5.yearn.finance(YFI)の将来性・今後の見通し

 ・DeFiレンディング市場規模の拡大

6.yearn.finance(YFI)の今後の価格予想

 ・2023年yearn.finance(YFI)の価格予想

 ・2025年yearn.finance(YFI)の価格予想

 ・2030年yearn.finance(YFI)の価格予想

7.yearn.finance(YFI)を購入できるおすすめ取引所

 ・Binance(バイナンス)

 ・OKX(オーケーエックス)

 ・BTCC(ビーティシーシー)

8.yearn.finance(YFI)の今後まとめ

9.関連記事

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

yearn.finance(YFI)とは


yearn.finance(YFI)とは、仮想通貨プロトコルyearn.financeのガバナンストークンのことです。

 

yearn.finance(YFI)の概要・基本情報

通貨名 yearn.finance/ヤーン・ファイナンス
シンボル YFI
価格(2023年11月現在) 約88.6万円
時価総額(2023年11月現在) 約294億円
詳細 yearn.finance公式サイト
入手できる取引所 国内:未上場

海外:バイナンス(Binance)、OKEx、BTCCなど

 

yearn.finance(ヤーン・ファイナンス)とは?

yearn.finance(ヤーン・ファイナンス)とは、仮想通貨投資におけるレンディングサービスを提供する最適なプロトコルに資金を移動させることができるプロトコルのことです。

 

2020年初頭にローンチされたYearn.financeは、イーサリアム上に構築された分散型金融プラットフォームで、様々な金融サービスを提供しています。

 

このプラットフォームは、非技術的な投資家やプロのトレーダーよりも関与しないことを好む人々にとって、DeFiをより身近なものにすることを目的としています。

 

yearn.finance(YFI)とは?

yearn.finance(YFI)はYearn Financeプラットフォームのガバナンストークンで、ユーザーはプラットフォームの方向性に投票することができます。

 

なお、現時点(2023年4月)ではyearn.finance(YFI)はまだ国内の仮想通貨取引所に上場していません。

 

そんなyearn.finance(YFI)は、仮想通貨取引所のBTCCで取引することができます。

 

BTCCでは、最大150倍のレバレッジをかけてyearn.finance(YFI)の無期限先物取引(YFIUSDT無期限先物)ができるようになっているので、気になる方はこちらを確認してみてください。
[TRADE_PLUGIN]YFIUSDT,YFIUSDT[/TRADE_PLUGIN]

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

yearn.finance(YFI)の特徴


yearn.finance(YFI)は他の仮想通貨プロジェクトと比較して、下記のような特徴があります。

 

✔︎yearn.finance(YFI)の特徴

・分散型のクラウドサービスを提供している

・独自のプログラミング言語「Motoko」を提供している

 

順番に見ていきましょう。

 

最適なレンディングサービスを利用可能

Yearn.finance(yearn.finance(YFI))の機能的なサービスのほとんど(特にEarn、Zap、APY)は、ユーザーが仮想通貨を貸したり取引したりできるようにしようとするものです。

 

「Earn」は、ユーザーが最良のローン金利を得るための方法で、AaveCompoundなど、さまざまなローン契約を検索して最良の金利を見つけることで機能します。 ユーザーは、DAI、USDC、USDT、TUSD、sUSDをYearn.financeプラットフォームに預けることで、これらのレートを得ることができます。

 

同様に、Zapは、ユーザーがワンクリックで複数の投資を行うことができます。 例えば、ユーザーはDAIをyCRV(別のDeFi仮想通貨銘柄)と1アクションで交換できますが、yCRVとCurveのプラットフォームは3アクションです。 これにより、ユーザーは時間、機会費用、取引手数料を節約することができます。

 

APY(Annual Percentage Yieldの略)は、Earnが使用するローン契約書を検索し、所定の資本金額に対して年率換算でどれだけの利息を獲得できるかの推定値をユーザーに提供します。

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

Andre Cronje氏によって開発された

Yearn.financeは、南アフリカのフィンテック開発者であるAndre Cronje氏によって開発されました。

 

同氏は、異なるDeFiアプリケーションが異なるコロニーレートを提供することを発見したことで、Yearn.financeを開発したのです。

 

しかし、Cronje氏はYearn.financeのプロトコルによって資金を調達しておらず、Yearn.financeのローンチまで自分のためにトークンを保有していませんでした。

 

このため、Yearn.financeは、通常ベンチャーファンドから投資を募り、チームを組んでプロトコルを開発する多くのDeFiプロジェクトとは異なっています。

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

yearn.finance(YFI)のチャート・現在の価格


続いて、yearn.finance(YFI)のチャートや現在の価格などについて紹介します。

 

yearn.finance(YFI)のリアルタイムチャート

yearn.finance チャート

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

上記はyearn.finance(YFI)のリアルタイムのチャートです。

 

BTCCでは現在、yearn.finance(YFI)の無期限先物取引(YFIUSDT無期限)サービスを提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。
[TRADE_PLUGIN]YFIUSDT,YFIUSDT[/TRADE_PLUGIN]

 

yearn.finance(YFI)の現在価格

2023年11月現在、yearn.finance(YFI)の価格は1yearn.finance(YFI)=88.6万円で、時価総額は約294億円となっています。

 

yearn.finance(YFI)は現在、仮想通貨時価総額ランキングの156位に位置付けられています。

 

✔︎yearn.finance(YFI)の価格情報(通貨単位:日本円)

通貨名称 yearn.finance
シンボル YFI
価格(2023年11月2日現在) ¥886,477.28
時価総額(2023年11月2日現在) ¥29,434,814,729
時価総額ランキング(2023年11月2日現在) 156位

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

yearn.finance(YFI)のこれまでの価格推移


ここからは、yearn.finance(YFI)の価格がどのように推移していったのかを見ていきましょう。

 

上場後~2020年末のyearn.finance(YFI)価格動向

まず、yearn.finance(YFI)は2020年7月に初上場されました当時yearn.finance(YFI)の価値は約900ドルでしたが、その後急速に1,000ドルを超え、8月末には30,000ドル以上急騰しました。

 

その後、yearn.finance(YFI)の価格は上昇し続き、2020年9月12日には40,000ドル台を記録しました。

 

しかし、yearn.finance(YFI)の価格変動は激しく、11月上旬に10,000ドルを下回った後、年末には22,738.15ドルに上昇しました。

 

2021年yearn.finance(YFI)の価格動向

yearn.finance(YFI)は、2021年初頭の仮想通貨市場の高騰とともに、2月に一時的に40,000ドルを超えて急上昇し、3月には30,000ドル台~39,000ドル台で推移してきました。

 

2021年4月15日、yearn.finance(YFI)トークンは53,176.03ドルの日中高値を付け、4月19日には57,174.35ドルの高値を記録しました。5月12日、yearn.finance(YFI)の価格は過去最高の93,435.53ドルにまで高騰しました。

 

にもかかわらず、2021年5月19日の仮想通貨市場全体の暴落により市場は大きく縮小し、その月は47,020.89ドルで終了しました。

 

7月20日には、夏の間に仮想通貨市場が大きな打撃を受けたため、yearn.finance(YFI)は過去最低の24,864.90ドルまで急速に値下がりました。 8月の仮想通貨市場の好転によりyearn.finance(YFI)は3万ドル以上を反騰しました。

 

yearn.finance(YFI)は8月に40,000ドルを超えて始まったものの、好ましくない市場心理により、その価格は2021年9月21日に26,659.71ドルの安値まで下落しました。

 

仮想通貨市場は2021年10月に回復し始め、yearn.finance(YFI)は34,078.38ドルで1ヶ月の取引を終えました。30,000ドル以上で月初を迎えたものの、2021年11月8日には新型コロナ禍への懸念から相場は下落しました。

 

2021年12月15日には、yearn.finance(YFI)は1カ月半前の約半分となる18,894.03ドルの安値を更新しました。その後、yearn.finance(YFI)は再び値上がりして、32,947.72ドルで2021年を終えました。

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

2022年yearn.finance(YFI)の価格動向

2022年には、仮想通貨市場が冬相場に突入したことや大手仮想通貨取引所FTXが破綻したことなどから、大幅に価格が下落。

 

Yearn.finance(yearn.finance(YFI))は2022年1月3日に41,470.28ドルでピークを迎えましたが、市場の下落により月末に24,806.55ドルで取引を終了しました。

 

2022年2月上旬、ロシアのウクライナ侵攻による市場不安から上昇し、yearn.finance(YFI)は24日に20,000ドル前後の安値まで下落しました。

 

2022年6月18日には、yearn.finance(YFI)は4,069.14ドルの安値を記録しました。

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

yearn.finance(YFI)の今後の見通し・将来性


ここからは、yearn.finance(YFI)の今後の見通しや将来性を、以下の3つの観点から見ていきましょう。

 

DeFiレンディング市場規模の拡大

DeFiレンディングは、注目度がどんどん高くなっている新しい投資分野です。今後さらにDeFiレンディングの市場が拡大していくと予想されます。

 

yearn.financeはDeFiレンディング関連プロトコルとして注目されますが、DeFiが分散型の金融システムである点に技術的な革新性があることに加えて、今後一層注目されることがは間違いないとの思惑が支配的になっています。

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

yearn.finance(YFI)の今後の価格予想


ここからは、yearn.finance(YFI)の今後の価格予想を解説していきます。

 

過去の価格を理解した上で、yearn.finance(YFI)の最近の価格予測を検討し、潜在的な市場センチメントを評価します。

 

Yearn.finance(yearn.finance(YFI))が提供する価格予測は、投資を行う際の参考としてのみ考慮すべきであり、その極端な変動性から、暗号通貨市場に資金を投入する前に自分調べが重要です。

 

2023年yearn.finance(YFI)の価格予想

今年登場した多くの驚くべき仮想通貨の中で、Yearn.Financeは最も印象的であると考える人もいます。 2023年、yearn.finance(YFI)が下半期に力強く上昇した場合、その価格は14,295.98ドルに達する可能性があります。

 

2023年、yearn.finance(YFI)の平均価格は13,342.91ドルと予想されますが、これは野心的といえば野心的ですが、予想されるパートナーシップやイノベーションにより、近い将来実現する可能性もあります。 いずれにせよ、yearn.finance(YFI)は2023年、最低価格は11,436.78ドルと予想されます。

 

2025年yearn.finance(YFI)の価格予想

現在の成長率が2025年まで維持された場合、yearn.finance(YFI)は33,357.29ドルに達すると予想されますが、市場が下落した場合は実現できない可能性があります。

 

2025年には、yearn.finance(YFI)の平均価格は28,591.96ドルから30,498.09ドルになると予測されます。

 

2030年yearn.finance(YFI)の価格予想

2030年までに、Yearn.Financeの価格は過去最高を記録し、最低76,249.39ドルから最高81,014.98ドル、平均78,155.62ドルになると予想されています。

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

yearn.finance(YFI)が購入できるおすすめ取引所


ここからは、yearn.finance(YFI)が購入できるおすすめの仮想通貨取引所を3つ紹介していきます。

 

✔︎yearn.finance(YFI)を取扱っているおすすめ取引所

・おすすめ仮想通貨取引所①:Binance(バイナンス)

・おすすめ仮想通貨取引所②:OKX(オーケーエックス)

・おすすめ仮想通貨取引所③:BTCC(ビーティシーシー)

 

順番に見ていきましょう。

 

Binance(バイナンス)

名称 Binance(バイナンス)
運営会社 Binance Holdings Ltd.
所在地 ケイマン諸島
取扱銘柄数 350種類以上
取引手数料 ~0.1%
入金手数料 無料
出金手数料 0.0005BTC
日本語対応 ×
最大レバレッジ倍率 20倍
セキュリティ 出金ホワイトリスト/コールドウォレット/マルチシグ/指紋認証/パターン認証/2段階認証
NFTマーケットプレイス 有り
公式サイト https://www.binance.com/en

バイナンスは、2017年にChangpeng ZhaoとYi Heによって中国の香港で設立された仮想通貨取引所。

 

海外取引所の中で世界最大規模のユーザー数と月間取引高を誇る取引所。

 

CoinmarketCapによる仮想通貨の取引所ランキングでは、堂々の第1位に君臨しています。

https://coinmarketcap.com/ja/rankings/exchanges/

 

また、独自の仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」を発行しているのも特徴的。

 

2022年から日本語に対応しなくなったものの、世界No.1の実績を誇るBinanceは、多くのユーザーから高い評価を集める安心感のある取引所だと言えるでしょう。

 

✔︎Binanceのおすすめポイント

・取引高&ユーザー数が世界No.1

・豊富なサービス

・独自の仮想通貨(BNB)を発行

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

OKX(オーケーエックス)

名称 OKX(オーケーエックス)
運営会社 Okex Fintech LLC.
所在地 マルタ島
取扱通貨数 400種類以上
取引手数料 Taker:~0.15%

Maker:~0.1%

入金手数料 無料
出金手数料 無料
日本語対応 ×
最大レバレッジ 100倍
セキュリティ 2段階認証、Fund passwordの設定、24時間の引出制限
NFTマーケットプレイス 有り
公式サイト https://www.okx.com/

OKX(オーケーエックス)は、2017年に設立された中国のOKグループが運営する中国三大取引所の一つ。

 

仮想通貨取引所ランキングではTOP10の常連で、世界的に有名な取引所だと言えます。

独自の仮想通貨「OKB」を発行しており、その時価総額ランキングは数千ある仮想通貨の中でもTOP30に入るほど人気を集めています。

 

また、独自仮想通貨OKBの保有によって取引手数料が割引になるため、お得に取引できるのも特徴的。

 

なお、日本語には対応していないため、注意が必要です。

 

✔︎OKXのおすすめポイント

・OKB保有による取引手数料の割引がある

・口座開設が簡単(メールアドレスのみ)

・取引高が世界トップレベル

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC

名称 BTCC
運営会社 BTCC
設立年月 2011年6月
取扱銘柄数 60種類以上
yearn.finance(YFI)の入金手数料 −(yearn.finance(YFI)は先物のみ)
yearn.finance(YFI)の出金手数料 −(yearn.finance(YFI)は先物のみ)
yearn.finance(YFI)の最小取引数量 −(yearn.finance(YFI)は先物のみ)
日本語対応
最大レバレッジ倍率 150倍
公式サイト https://www.btcc.com/ja-JP

BTCCは、仮想通貨の先物契約取引(デリバティブ取引)に注力している取引所。

 

クレジットカード購入や国内銀行振込にも対応しているとともに、日本語に対応しているため、日本人にとって使いやすいのが特徴的。

 

また、本記事で紹介した海外取引所の中でも、最大のレバレッジ倍率(150倍)を誇っており、少ない資金でも効率的に取引できると言えるでしょう。

 

なお、BTCCは2012年に設立された世界最古の取引所ですが、設立以来一度もセキュリティ事故を起こしておらず、安心して取引できるため、海外取引所が初めての方にもおすすめです。

 

✔︎BTCCのおすすめポイント

・業界トップレベルの流動性

・高いセキュリティ

・完全日本語対応

 

yearn.finance(YFI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

yearn.finance(YFI)の買い方


BTCCでは、最大150倍のレバレッジをかけてyearn.finance(YFI)の無期限先物取引(YFIUSDT無期限先物)ができるようになっているので、気になる方はこちらを確認してみてください。

 

BTCCでyearn.finance(YFI)を購入する手順

BTCCでは現在、yearn.finance(YFI)のUSDT無期限先物(yearn.finance(YFI)/USDT)取引サービスを提供しております。最大50倍レバレッジでご利用いただけます。

 

BTCCでyearn.finance(YFI)を取引する手順は下記の通りです。

 

yearn.finance(YFI)を取引するには、まずBTCCアプリを開けましょう。

BTCCの口座をお持ちのない方は、下記のサイトで口座開設しておきましょう~現在新規口座開設するだけで10USDTゲットを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

そして、【マーケット】ページに移動し、検索機能🔍をタップします。

 

検索欄で【yearn.finance(YFI)】を入力してたらYFIUSDT無期限先物を見つけることができます。

 

 

続いて、【YFIUSDT無期限】をタップし、取引ページへ移動します。

【’買い・ロング】/【売り・ショート】を選択し、取引数量とレバレッジを入力して注文確認したら完了です。

 

仮想通貨ConstitutionDAO(yearn.finance(YFI))に期待されている方はBTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

 

yearn.finance(YFI)の今後まとめ


今回は、yearn.finance(YFI)の概要や特徴、過去の価格高騰理由、将来性まで詳しく解説してきました。

 

これからyearn.finance(YFI)の取引を考えている方の参考になれば幸いです。

 

yearn.finance(YFI)やほかの仮想通貨銘柄に関してもっと知りたい方は、BTCCアカデミーBTCCニュースをご覧ください。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大15,015 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 15,000USDT のボーナス獲得可能。

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

最新のキャンペーン情報はこちらから:https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

関連記事


▶ 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨ICPとは?今後の将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨ネム(yearn.finance(YFI)/NEM)の将来性は?爆上げ原因や今後の価格予想を解説

仮想通貨・ビットコインは今後どうなる?将来性や暴落予想を徹底解説【2023年7月最新】

エイプコイン(ApeCoin/APE)の将来性は?今後予想や買い方など徹底解説

【仮想通貨】Cosmos(コスモス/ATOM)とは?特徴や将来性を解説

仮想通貨FLOW(フロウ)とは?今後の将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨NEON(ネオン/Neon Link)とは?将来性や買い方を徹底解説

My Crypto Heroes(MCHC)とは?始め方や仮想通貨の買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Pepe 2.0(ペペコイン2.0)の買い方は?今後予想も徹底解説!

仮想通貨オーエムジー(OMG)の今後は?将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨IOST(アイオーエスティー)の将来性や100円になる可能性・買い方を徹底解説

仮想通貨アラゴン (ANT)は将来性ある?今後の価格予想や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨KLAY(クレイ)とは?BITPOINTが日本初の取扱へ

仮想通貨FLOKI(Floki Inu)とは?将来性や買い方・バーンを徹底解説

【仮想通貨】スターゲート(Stargate/STG)とは?特徴や取引所を解説

エイダコイン(ADA)は10000円になる?今後の価格予想やステーキングを徹底解説

仮想通貨MANA/Decentralandの将来性は?今後の価格予想や買い方、取引所を解説

スピンドル(SPINDLE/SPD)とは?特徴や今後の見通しを解説

アバランチ(AVAX)は10000円になる?将来価格は?今買うべき?2023年~2032年価格予想

仮想通貨ワールドコイン(Worldcoin)とは?買い方や将来性を徹底解説

Pi Network(パイネットワーク)とは?仕組みや特徴、マイニングを解説

リップル(XRP)は100万円になる?将来性ない?リップル裁判や2030年の価格予想を解説

仮想通貨JASMY(ジャスミー/JMY)とは?将来性や今後価格・取引所を解説

FTXトークン(FTT)とは?特徴や将来性を解説【仮想通貨】

エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来性は?今後の価格予想や買い方を解説

仮想通貨ASTAR(アスター/ASTR)とは?特徴や今後予想・将来性を解説

元素騎士オンラインとは?始め方や今後の見通しを徹底解説

仮想通貨SANDとSandboxの将来性は?今後予想や買い方・始め方を解説

ドージコイン(DOGE)の今後はどうなる?将来性や価格予想を徹底解説

仮想通貨MINA/Mina Protocolとは?今後の将来性や買い方・価格動向を徹底解説

仮想通貨CAKE/PancakeSwapとは?今後の将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨dYdXとは?今後の将来性や、価格動向・買い方を徹底解説!

仮想通貨IMX(Immutable)の将来性は?今後予想や買い方など徹底解説

仮想通貨Core DAO (CORE)とは?エアドロップや将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)の今後の将来性は?取引所や買い方も解説!

柴犬コイン(シバイヌ/SHIB)とは?特徴や買い方・将来性を解説

仮想通貨SOL(ソラナ/Solana)の今後はどうなる?将来性や買い方、取引所を解説

仮想通貨リスク(LSK)は終わった?今後の将来性や高騰する理由・将来価格を予想

【2023年6月】仮想通貨おすすめ銘柄ランキング5選!将来性の高い銘柄の選び方や価格推移を解説

リップル(XRP)の今後は?価格予想や将来性・リップル裁判を解説

仮想通貨ファントム(FTM)とは?今後の将来性や特徴など徹底解説

仮想通貨SUIとは?今後の将来性や買い方・使い方を徹底解説

仮想通貨PEPE(ぺぺコイン)とは?購入方法や取引所・価格動向を徹底解説

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)の買い方を徹底解説

仮想通貨LINA(Linear Finance)とは?今後の価格予想や将来性を徹底解説

仮想通貨1inch Network(1INCH)の将来性は?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨ガラ(GALA)とは?将来性や今後の価格予想、買い方を徹底解説

仮想通貨クアンタム(QTUM)の今後を予想!価格推移や将来性を解説

仮想通貨ファイルコイン(FIL)は怪しい?将来性や買い方・おすすめ取引所を徹底解説

仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?始め方やメリット・デメリット・おすすめ取引所

仮想通貨MDT(Measurable Data Token)とは?今後の将来性や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨の始め方や投資のやり方は?超初心者にビットコインの儲け方を徹底解説

仮想通貨LUNCとは?LUNAとの違いや今後の見通しなど徹底解説

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは?初心者向けに徹底解説

仮想通貨ACH(Alchemy Pay)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

イーサリアムの10年後の価格は?今後の価格動向や見通しを徹底解説

仮想通貨Conflux/コンフラックス(CFX)の買い方は?チャートや将来性を解説

ビットコインの使い方は?資産運用方法やリスク・活用方法

コスプレトークン(COT)とは?将来性や買い方、価格チャートを解説

USDコイン(USDC)とは?仕組みや特徴、将来性を解説

仮想通貨SNX(Synthetix)とは?将来性や今後の価格予想・買い方を徹底解説

Cocos-BCX(COCOS/ココス)の将来性は?今後予想や価格動向、取引所を解説

スウェットコイン(Sweatcoin)の将来性は?価格予想や始め方・取引所

パレットトークン(PLT)とは?将来性や今後の価格予想、買い方を解説

仮想通貨シンボル(XYM)とは?将来性や今後の価格予想を解説

仮想通貨AXSとは?将来性や今後の価格予想・ステーキングを徹底解説

仮想通貨NEO(ネオ)の将来性は?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨Toncoin(トンコイン)とは?今後の将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨ALGO(アルゴランド)とは?将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨LADYS(Milady Meme Coin)とは?買い方や価格予想・メリットを徹底解説

仮想通貨CRV(Curve DAO Token)とは?将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨TURBOとは?買い方や今後の価格予想・メリットを徹底解説

仮想通貨Blur(ブラー)とは?上場取引所や特徴・価格推移まで徹底解説

仮想通貨BSV(ビットコインSV)の将来性は?今後予想や買い方など徹底解説

イーサリアムクラシック(ETC)の将来性は?今後の予想や価格動向を徹底解説

エンジンコイン(ENJ)とは?今後の将来性や価格推移を徹底解説

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)とは?特徴や将来性を解説

仮想通貨ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)とは?今後の将来性や予想、買い方を徹底解説

ビットコインキャッシュ(BCH)の今後はどうなる?価格予想や買い方・半減期を徹底解説

仮想通貨CELO(セロ)とは?今後の将来性や価格動向・買い方を徹底解説

ビットコインを換金する方法は?現金化タイミングや注意点、おすすめ取引所

仮想通貨OP/Optimismの今後はどうなる?将来性や買い方など徹底解説

仮想通貨YFI(ConstitutionDAO)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴や今後の見通しを解説

仮想通貨Galxe(GAL/旧Project Galaxy)とは?将来性や今後の見通しを解説

仮想通貨ZZZ(GoSleep)とは?今後の将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Waves(ウェーブス)とは?今後の見通しや将来性、価格動向を徹底解説

仮想通貨AIDOGEとは?エアドロップのやり方も徹底解説!

仮想通貨アバランチ(AVAX)とは?将来性や今後価格予想・買い方

ビットコイン(BTC)は無料でもらえる?ビットコインをもらう方法5選!

イーサリアムの買い方は?おすすめの取引所や注意点・タイミングを解説

仮想通貨/ビットコインは儲かる?ビットコインの稼ぎ方や始め方・注意点を徹底解説

仮想通貨FLOWとは?今後の将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨/ビットコインFX・先物取引とは?やり方やメリット・デメリットを解説

仮想通貨ファントム(FTM)とは?今後の将来性や特徴など徹底解説

ビットコイン/仮想通貨投資の危険性とは?リスク対策や注意点を解説

仮想通貨MMCとは?MMCの特徴や買い方・遊び方を徹底解説

仮想通貨Galxe(GAL/旧Project Galaxy)とは?将来性や今後の見通しを解説

Aptos(アプトス/APT)とは?特徴や今後の見通しを解説

Pi Network(パイネットワーク)の今後の見通し・価格予想を徹底解説

SSV Network(SSV)とは?特徴や将来性・今後の見通しを徹底解説

ゲインズネットワーク (GNS)とは?仮想通貨GNSはバイナンスに上場

仮想通貨Dusk Network(DUSK)とは?将来性や今後の価格予想・買い方を解説

仮想通貨BONKとは?将来性や今後の価格予想・リスクを徹底解説

【仮想通貨】Canto(カント)とは?特徴や今後の将来性を徹底解説

Oasys(オアシス/OAS)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

スピンドル(SPINDLE/SPD)とは?特徴や今後の見通しを解説

ビットコインの使い方は?資産運用方法やリスク・活用方法

【仮想通貨】UXD(UXD Protocol)とは?将来性や特徴を徹底解説

仮想通貨ロン(RON)とは?将来性やRONウォレットを徹底解説

GMXとは?分散型取引所GMXの特徴や使い方を徹底解説【仮想通貨】

Pi Network(パイネットワーク)はポンジスキーム?リスクを解説

仮想通貨/ビットコインは儲かる?ビットコインの稼ぎ方や注意点・取引所を徹底解説

TwitFi(ツイートファイ)とは?始め方や稼ぎ方・注意点を解説

仮想通貨TWTとは?将来性や分散型ウォレットTrust Walletを解説

STEPN(ステップン)とは?将来性や始め方・稼ぎ方を解説

【仮想通貨】SHANTI(SHN)とは?将来性や買い方・特徴を解説

 

▶ 仮想通貨取引所関連

GMOコインの評判は?手数料やメリット・デメリットを徹底解説!

エイダコイン(カルダノ/ADA)を購入できる取引所まとめ!手数料の比較や買い方を解説

コインチェックの手数料は安い?メリット&デメリットや評判口コミまとめ

2023年国内・海外おすすめ仮想通貨取引所10選!選び方や手数料・レバレッジ比較も!

仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング!口座開設方法や選び方を解説

リップル(XRP)を購入できるおすすめ取引所5選!選び方や手数料比較!

仮想通貨ビットコインFXの海外取引所の選び方やおすすめランキング5選!手数料やレバレッジ比較

仮想通貨取引所おすすめ10選!ビットコイン手数料比較ランキングも解説

 

▶ BTCC仮想通貨先物取引

BTCC取引所での仮想通貨の買い方【JCBカード】

BTCCのトークン化先物株式・コモディティとは?取引銘柄や始め方、キャンペーンを解説

BTCC仮想通貨取引所の入金方法・始め方を徹底解説【完全ガイド】

BTCCでレバレッジ取引のやり方【無料デモ口座】

BTCC口座開設&本人確認【3分で完了】|BTCC初心者ガイド

BTCCの入金方法は?手順から手数料まで徹底解説

 

▶ メタバース・NFT・AI

江戸バース(エドバース/Edoverse)とは?概要や買い方を解説

Polkafantasy(ポルカファンタジー)とは?日本アニメ特化型NFTゲーム

【2023年最新】NFTとは?仮想通貨との違いや将来性、関連銘柄おすすめ3選も解説!

Damus(ダムス)とは?分散型SNSアプリのメリットや登録方法・やり方

ボンディー(Bondee)とは?メタバースSNSアプリの遊び方や使い方を解説

メタバースはオワコンで失敗する?投資のやり方や将来性・今後の課題を解説

ChatGPTとは?始め方やアカウント登録・使い方を解説

ChatGPT搭載のマイクロソフト「Bing」とは?AIで検索エンジンを強化

AIチャットくんの始め方や使い方は?LINEでChatGPTが使えるAIチャット

ChatGPTとはどんなもの?今話題のチャットボットAIを解説

喧嘩道(ケンカメタバース)とは?ケンカコインの買い方を解説

ハイストリート(Highstreet/HIGH)とは?バイナンス主導のメタバースを解説

NFTデリバティブとは?メリットやリスク・選び方を解説 

メタバースとは?その概要をわかりやすく解説

メタバースでお金を稼ぐって本当?今さら聞けないメタバース!

XANA(ザナ)とは?木梨憲武がXANAでメタバースに進出へ

メタバースの種類は?ユースケースや具体例などを徹底解説

 

▶ 為替・株式・金融商品

エアロエッジ(AeroEdge)株価はどうなる?IPO上場の初値や今後予想、気配運用を解説

アップル株価の今後は?10年後予想や株価推移・配当を徹底解説

エヌビディア株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

ドル円の今後はどうなる?円安はいつまで?最新予想や見通し

テスラ株価の今後予想や将来性を徹底解説!買い方や10年後の株価予想も

2023年の株式市場はいつから?東京株式市場・米国株式市場2023年価格予想

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出