アマゾン(Amazon)株価は今後どうなる?株価予想や見通し・株式分割を解説

2024/02/29著者:

・アマゾン(Amazon/AMZN)株は今後どうなるの?

・アマゾン(Amazon/AMZN)株は買った方が良い?

このようなお悩みを解決します。

 

1994年に設立されたアマゾン(Amazon/AMZN)(Amazon/AMZN)は、世界最大のインターネット・オンライン小売業者として、米国のナスダックに上場を果たしました。

 

しかし、インフレ率の上昇や金融引き締め政策、期待はずれの決算報告などにより、アマゾン(Amazon/AMZN)の時価総額は2022年から下がり続けてきました。

 

最近の株価回復にもかかわらず、本業の成長鈍化から長期的な株価を懸念する向きも多いでしょう。

 

では、アマゾン(Amazon/AMZN)株は今が買い時なのか、またアマゾン(Amazon/AMZN)株の今後はどうなるでしょう?

 

この記事では、今後アマゾン(Amazon/AMZN)株の株価予想も含めて初心者でもわかりやすく解説していきます。

 

BTCCでは現在、アマゾン(Amazon/AMZN)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(AMZNUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

目次
1.アマゾン(Amazon/AMZN)の株価とチャート【リアルタイム】

2.アマゾン(Amazon/AMZN)とは

3.アマゾン(Amazon/AMZN)の最新情報・関連ニュース

4.アマゾン(Amazon/AMZN)のこれまでの株価推移

5.アマゾン(Amazon/AMZN)今後の株価予想:10年後株価はどうなる?

6.アマゾン(Amazon/AMZN)の株式分割

7.アマゾン(Amazon/AMZN)株は買うべきか?良い投資先か?

8.アマゾン(Amazon/AMZN)株の買い方

9.アマゾン(Amazon/AMZN)に関するよくある質問

10.アマゾン(Amazon/AMZN)の今後まとめ

11.関連記事

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の株価とチャート【リアルタイム】


 

 

 

上記はアマゾン(Amazon/AMZN)のリアルタイムチャートです。

 

2024年2月29日現在、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は173.16ドルと、前日比0.22%安となりました。

 

BTCCでは現在、アマゾン(Amazon/AMZN)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(AMZNUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アマゾン(Amazon/AMZN)とは?


アマゾン(Amazon/AMZN)とは世界最大級のオンライン小売業者であり、1994年にジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)氏によりオンライン書店として設立されました。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の企業情報

会社名 アマゾン(Amazon/AMZN)
英文社名 AMAZON.COM INC
ティッカー AMZN
設立年月 1994年
代表者名 ジェフ・ベゾス(Jeff Bezos)
上場市場名 NASDAQ(ナスダック)
従業員数 1,541,000人
発行済株式数 10,260,353,688株 (2023/03/31)

 

アマゾン(Amazon/AMZN)ビジネス・業務

アマゾン(Amazon/AMZN)の主なビジネスモデルは、B2C(Business to Customer)とB2B2C(Business to Business to Customer)であり、倉庫や物流の手配で販売者を支援することを目指すほか、スマートデバイスのアレクサや電子書籍のキンドルといったブランドを所有しています。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)は、マイクロソフト、メタ、アップル、アルファベットとともに、世界のテクノロジー企業トップ5(MAMAA)のひとつとされています。

 

同時に、アマゾン(Amazon/AMZN)はクラウド・コンピューティング・プラットフォーム(アマゾン(Amazon/AMZN)・ウェブ・サービス:AWS)も提供しており、顧客はクラウド・リソースの統合、保管、運用を行うことができます。

 

近年、アマゾン(Amazon/AMZN)は、純粋に製品を販売するというコンセプトから、顧客体験を最適化するために、あらゆるサービスを開発するというコンセプトへと徐々に移行し始めています。 過去2年間の製品収益実績とサービス収益実績から、アマゾン(Amazon/AMZN)のサービス収益シェアが徐々に製品収益シェアを上回っていることがわかりました。

 

BTCCでは現在、アマゾン(Amazon/AMZN)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(AMZNUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の最新情報・関連ニュース


では、アマゾン(Amazon/AMZN)の最新情報・関連ニュースを見ていきましょう。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)史上最大の人員削減を実施

2022年、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は、市場の縮小と世界的な景気後退への懸念の高まりから50%近く下落しました。2023年、Eコマース大手アマゾン(Amazon/AMZN)は2度にわたる大幅な人員削減を実施し、2万5,000人以上の従業員を余剰人員とする計画を発表しました。

 

2023年1月、アンディ・ジャシー最高経営責任者(CEO)は、アマゾン(Amazon/AMZN)史上最大の人員削減となる18,000人以上の従業員を解雇すると発表しました。そして3月、同社はさらに9,000人を解雇すると発表しました。

 

2023年以降、アマゾン(Amazon/AMZN)は2万7000人の従業員に解雇しました。これは約154万人の従業員の約1.75%にあたります。アマゾン(Amazon/AMZN)の最初のレイオフの波は、アマゾン(Amazon/AMZN)・ストア、ピープル・エクスペリエンス・アンド・テクノロジー(PXT)を対象としており、新たに発表された削減には、PXTに加えて、Twitch、広告、同社で最も収益性の高い部門であるクラウド・コンピューティング・サービス(AWS)が含まれています。

 

また、この件に詳しい関係者によると、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価はここ1年で急落し、同社の株式報酬プランが混乱し、従業員の給与が当初の目標よりも大幅に低くなっているといいます。

 

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、この件に詳しい関係者の話を引用して、アマゾン(Amazon/AMZN)の従業員の年間給与の大部分は譲渡制限付株式で占められているため、過去一定期間の同社の株価下落が長引いた結果、2023年の支給額はアマゾン(Amazon/AMZN)の従業員に対する当初の目標より15%から50%低くなったと報じています。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アマゾン(Amazon/AMZN)のこれまでの株価推移


ここからは、アマゾン(Amazon/AMZN)のこれまでの株価推移を見ていきましょう。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)1997年上場

アマゾン(Amazon/AMZN)は1997年5月、米ナスダックに上場を果たしました。当時、アマゾン(Amazon/AMZN)株の時価総額は約1.2兆ドル、1日の平均取引高は300億ドル以上で、株価は2ドル未満でした。

 

11月16日現在、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は143.2ドル(約21,661.86日本円)です。

 

2022年コラナ禍やウクライナ戦争などによる値下がり

アマゾン(Amazon/AMZN)は2021年には株価は強気で推移し、同年7月13日には日中高値188.65ドルを記録しましたが、2022年は大きく下落しました。

 

2020年、コラナ禍に対応することを目的として世界各国の政府が封鎖措置を講じたため、市場は軒並み下落しました。

 

ウクライナ戦争、インフレの高騰、積極的な金融引き締めにより、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は年初の167.55ドルから年末には84ドルまで下落しました。

 

2023年人員削減でアマゾン(Amazon/AMZN)株価は大きな動きに

2023年1月最初の人員削減の発表後、アマゾン(Amazon/AMZN)株は強気に転じ、1月18日には日中高値99.32ドルをつけました。

 

月末には2022年11月以来初めて100ドルを突破し、2月2日には日中高値114ドルに達した。その後、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は下落に転じ、3月23日には98.71ドルで取引を終えました。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アマゾン(Amazon/AMZN)今後の株価予想:10年後株価はどうなる?


アマゾン(Amazon/AMZN)の株価が来年中に上昇すると予想している見方が多いです。 近い将来4,700ドルまで上昇すると予想するアナリストもいれば、3,800ドルまでの上昇を予想して注意を促すアナリストもいます。

 

2023年アマゾン(Amazon/AMZN)の株価予想

アマゾン(Amazon/AMZN)は多くの儲かる分野に携わっています。同社は今年さらなる成長を遂げ、いくつかの部門も大きな収益を上げています。 2023年にさらなる成功を収めることが期待されています。

 

株式市場のアナリストは一般的に、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は2023年までに120ドルに達すると予想しています。年末までにアマゾン(Amazon/AMZN)株が上昇する余地はまだあります。

 

ウォレット・インベスター(Wallet Investor )は、アマゾン(Amazon/AMZN)株は12ヶ月後、もしくは2023年までに150ドルに達すると予想しています。 Longforecastが2023年12月に株価が175ドルでピークに達すると予想していることを考えると、これは妥当な予想と言えそうです。

 

StockPriceForecastはもう少し慎重で、2023年末までにアマゾン(Amazon/AMZN)の株価は115ドル程度になると予想しています。

 

2024年アマゾン(Amazon/AMZN)の株価予想

2024年までに、アマゾン(Amazon/AMZN)は多くの事業を新たな高みへと引き上げるでしょう。 アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は、それまでに成し遂げた進歩により上昇する可能性が高いと予想されます。

 

Longforecastによると、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は2024年半ばには210ドルで取引され、年末には225ドル前後まで上昇すると予想されます。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)が成長する余地は確かにあるが、当面は控えめな業績予想にとどめたいですね。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

2025年アマゾン(Amazon/AMZN)の株価予想

アマゾン(Amazon/AMZN)の2025年目標株価を提示しているアナリスト45名の中央値は290ドル、レンジは230米ドルから310米ドルとなっています。

 

アナリストは、アマゾン(Amazon/AMZN)が2025年にすでに素晴らしい業績リストに追加されると予想しています。同様に、同社の株価も拡大を反映して上昇する可能性があります。

 

2025年までにアマゾン(Amazon/AMZN)の株価は250ドルに達すると予想されています。2025年半ばには270ドルに達すると予想されています。投資家の関心の高まりは、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価を年末までに290ドルまで押し上げるでしょう。

 

2030年アマゾン(Amazon/AMZN)の株価予想

アナリストによると、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は2030年半ばには6,865ドルになると予想されています。2030年までにアマゾン(Amazon/AMZN)の株価は530ドルに達する可能性があります。

 

10年後のアマゾン(Amazon/AMZN)の株価はどうなる?

アナリストは、10年後のアマゾン(Amazon/AMZN)の株価は4,000ドルから10,000ドルになると予想しています。

 

上記の短期的なアマゾン(Amazon/AMZN)株価予想と同様、ほとんどのアナリストは長期的には強気の姿勢を崩していませんが、長期的な見通しの多くはより投機的なものであることは注目に値します。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アマゾン(Amazon/AMZN)の株価を影響される要因・ポイント


アマゾン(Amazon/AMZN)の株価を影響される要因・ポイントを見ていきましょう。

 

景気後退、深刻なインフレ、米国の継続的な利上げにより、2022年からはアマゾン(Amazon/AMZN)を含むハイテク大手にとって厳しい年となっています。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の株価を影響される理由をいくつか挙げてみましょう。

 

①コラナ禍などによるEコマース市場衰退

インターネット・データベースの「Statista」は、2022年の世界のEコマース市場は2021年の3兆8400億ドルから3兆7400億ドルに減少すると予想しています。2年前、流行の恩恵を受け、多くの人々はほとんどすべての必需品は、国民がオンラインショッピングの習慣を持っていなかった前に、インターネット上で購入する必要がありますが、また、電子商取引サイトの環境を使用する方法を学ぶことを余儀なくされました。

 

深刻なインフレで人々の消費削減

インフレの影響により、一般的に人々の消費力は低下しました。 国家禁輸の解除に加えて、国民は再び買い物に出かけるようになり、電子商取引はより深刻な課題に直面しています。

 

景気後退、企業はクラウドサービスを削減

電子商取引(Eコマース)事業の後退だけでなく、クラウド事業も同じ問題に直面しています。

 

過去数年間、クラウド事業は多くのテクノロジー企業の成長エンジンであり、アマゾン(Amazon/AMZN)も例外ではありません。クラウド事業(AWS)はアマゾン(Amazon/AMZN)の売上高の約10%しか占めていませんが、利益の約70%に貢献しています。しかし、不況のあおりを受け、企業はクラウドを含む設備投資を削減しています。

 

Bloombergによると、クラウド・サービスは多くの場合、企業にとって経費節減のための選択肢でしたが、現在の傾向は、企業がより厳しい状況に直面しており、できる限りあらゆる面での支出を削減しなければならないことを示しています。

 

また、企業がマーケティング予算を削減していたら、その影響はクラウドやデータセンター事業にも及んでいるとの見方もあります。

 

デジタル広告の大手2社であるメタとアルファベットの最近の決算報告では、広告収入の伸びが鈍化し始めたこと、あるいはユーチューブの広告収入が情報開示以来初めて減少したことなどが示されています。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の株式分割


アマゾン(Amazon/AMZN)は2022年初めに、20:1の割合で株式を分割すると発表し、5月27日現在の株主に対して6月3日に分割を実施しました。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)は株式分割を実施する理由は?

株式分割とは、企業が株価を下げるために1株を複数株に分割することです。 実質的な効果は発行済み株式数の増加だけで、会社の時価総額や株主資本に変化はありません。

 

株式分割は、より多くの人々の投資を促し、価格のボラティリティを高める可能性があります。アマゾン(Amazon/AMZN)株を買いたい投資家にとっては、1株当たりの価格が150ドルになり、アマゾン(Amazon/AMZN)の株主になるための敷居が低くなります。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アマゾン(Amazon/AMZN)は買うべきか?良い投資先か?


アマゾン(Amazon/AMZN)は買うべきか?良い投資先か?一緒に検討しましょう。

 

過去1年間、米国の大型テクノロジー株は値下がりしましたが、同時に、米国史上最も大きく、最も成功し、最も利益を上げている企業であることに変わりはありません。これらの企業はバリュエーションが大きく下がりましたが、企業のファンダメンタルズは変わっていないという事実は、絶好な買いチャンスにしています。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の業績は予想を下回っても勝ち組

アマゾン(Amazon/AMZN)株は2022年第4四半期の決算発表後、約4.5%急落しました。

 

具体的には、売上高は予想を上回ったものの、1株当たり利益は予想を下回り、業績予想も冴えませんでした。しかし、メディアや投資家にとって最大のサプライズは、アマゾン(Amazon/AMZN)のクラウド事業の純売上高が前年同期比213億ドルに減少し、予想の217億6000万ドルを下回ったことでした。

 

しかし、注目すべきは、アマゾン(Amazon/AMZN)のクラウド売上高は依然として前年比20%増であり、前四半期比の減少幅はアルファベット・インクやアップル(NASDAQ:AAPL)と同水準であったため、アマゾン(Amazon/AMZN)・ウェブ・サービス(AWS)が市場シェアを落としたわけではないことです。クラウド・コンピューティング業界は循環的な衰退に過ぎず、経済状況が改善すればトレンドは逆転するでしょう。

 

さらに、メタ・プラットフォームズ(NASDAQ:META)とアルファベットのユーチューブが同期間の広告収入がマイナスだったのに対し、アマゾン(Amazon/AMZN)の広告事業は四半期ベースで19%の伸びを示しました。

 

最後に、アマゾン(Amazon/AMZN)の実店舗事業は順調に成長を続けています。

 

結論としては、アマゾン(Amazon/AMZN)のマージンは圧迫され、収益の伸びは鈍化していますが、これはほとんど短期的な為替レート要因によるものです。 アマゾン(Amazon/AMZN)は長期的な成長分野であるクラウド・コンピューティングのリーダーであり続け、デジタル広告のシェア争いでは勝者です。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は安値圏にある

アマゾン(Amazon/AMZN)の株価は暴落後、現在約2.2の株価収益率で取引されており、これは5年平均の約3.4より低く、2015年以降で最も低い評価となっています。 ここで重要なのは、同社のクラウド事業がまだ爆発的に成長しておらず、持続可能な収益性を達成していなかったことです。

 

株価の現在の評価水準をさらに説明するために、ハイテク大手のファンダメンタルズと成長を分析して見ましょう 今後5年間、アマゾン(Amazon/AMZN)のオンライン小売事業は年率10%、実店舗事業は年率約5%、広告事業は年率約20%で安定的に成長し、市場シェアを拡大、クラウド事業は年率約25%で成長すると予想されています。 つまり、今後5年間の売上成長率は約15%、営業利益率は10%まで拡大する見込みです。 概算ベースでは、アマゾン(Amazon/AMZN)の1株当たり利益は2027年に8ドルに達する可能性があります。

 

ダイナミックPERを20倍とすると、アマゾン(Amazon/AMZN)の2026年の目標株価は160ドル、年率10%の割引率を適用すると、2023年の目標株価は現在の108ドルから120ドル程度となります。アマゾン(Amazon/AMZN)のような企業がフェアバリューを下回ることは非常にまれであるため、下落局面が発生したら、その機会を逃さず買うことが重要です。

 

全体として、アマゾン(Amazon/AMZN)は米国株式市場の縮図です。 およそ10年に一度、投資家は不況の心理的インパクトを経験しますが、そのたびに、収益、利益、キャッシュフローが今も成長を続けている超優良銘柄は見逃されます。 思い切って不況株を買えば、後で必ず大儲けできますが、今回も例外ではありません。 2022年に暴落する優良株を今買う投資家は、2023年、2024年に大儲けする可能性が高いです。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の買い方


現在BTCCは、アマゾン(Amazon/AMZN)などの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(AMZNUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCC取引所では、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ペペコイン(PEPE)エイプコイン(APE)Jito(JTO)Ordinals(ORDI)Pyth Network(PYTH)SATS(Ordinals)Xai(XAI)Arbitrum(アービトラム/ARB)などの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、アップル(Apple)メタ(Meta)アマゾン(Amazon)マイクロソフト(Microsoft)エヌビディア(NVIDIA)などの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

レバレッジ取引のやり方は?メリットや注意点、BTCCでの始め方を徹底解説

BTCCでレバレッジ取引のやり方【無料デモ口座】

 

1) BTCCに会員登録・口座開設

今すぐBTCCに新規口座開設入金・取引して、最大10,055 USDTを手に入れましょう。 

BTCC口座開設&本人確認【3分で完了】|BTCC初心者ガイド

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

下のボタンをクリックして今すぐ口座開設できます。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

2) BTCCの入金方法

BTCCには、仮想通貨入金、法定通貨(日本円)入金コイン交換という三つの入金方法があります。

BTCCの入金方法は?仮想通貨・日本円での入金方法や入出金手数料を徹底解説

クレカでBTCC取引所に入金する方法(画像・動画付き)

BTCC取引所での仮想通貨の買い方【JCBカード】

【BTCC取引所】国内銀行振込で仮想通貨を購入する方法を徹底解説

 

BTCCでは、複数の大手仮想通貨取引所からの入金を対応しております。詳しくは下記の記事をご覧ください。

DMMビットコインからBTCCへ送金する方法を徹底解説【仮想通貨】

LINE BITMAXからBTCCに仮想通貨を送金する方法 スマホで5分だけできる!

【仮想通貨】コインチェックからBTCCへ送金する方法・手順を徹底解説

BTCCに日本円は入金できる?simplexを使ってBTCCの入金方法について徹底解説

 

BTCCは主にUSDT無期限先物とトークン化先物株式・コモディティを提供しています。 そのため、取引前にコイン交換または購入を通じてUSDTを取得する必要があります。

BTCCで無料に両替する方法は?BTC、ETH、XRP、ADA、LTCをUSDTに交換する方法

 

3) BTCCでAMZN/USDT先物取引を始めよう!

AMZN/USDTはアマゾン(Amazon/AMZN)の株価に1:1で固定されており、1AMZN=1アマゾン(Amazon/AMZN)トークン=1アマゾン(Amazon/AMZN)株となります。

 

ユーザーはUSDTを使って、最大50倍のレバレッジでAMZNをロング/ショートすることができます。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)(AMZN/USDT)の購入手順

BTCCでアマゾン(Amazon/AMZN)(AMZN/USDT)を取引する手順は下記の通りです。

 

AMZN/USDTを取引するには、まずBTCCアプリを開けましょう。

BTCCの口座をお持ちのない方は、下記のサイトで口座開設しておきましょう~現在新規口座開設するだけで10USDTゲットを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

そして、【マーケット】ページに移動し、検索機能?をタップします。

 

検索欄で【AMZN】を入力してたらAMZNUSDTトークン化株式の無期限先物を見つけることができます。

 

 

続いて、【AMZNUSDT無期限】をタップし、取引ページへ移動します。

 

【買い・ロング】/【売り・ショート】を選択し、取引数量とレバレッジを入力して注文確認したら完了です。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アマゾン(Amazon/AMZN)に関するよくある質問


アマゾン(Amazon/AMZN)株は将来性ある?買うべきか?

アマゾン(Amazon/AMZN)の第3四半期決算でアマゾン(Amazon/AMZN)自身のビジネスモデルに対する懸念が明らかになりましたが、市場では上値を試す買いは見られず、S&P500とナスダックの株価指数が史上最高値を更新しても、アマゾン(Amazon/AMZN)株は基本的に横ばいです。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)は利益率の低いEコマースへの設備投資は、経営陣が四半期ごとの考え方ではなく、会社の長期的な健全性を見据えている証拠と言えます。今後、アマゾン(Amazon/AMZN)のさらなる発展が期待できます。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の長期的な見通しは明るいと見ています。近い将来、市場全体やアマゾン(Amazon/AMZN)の株価そのものに調整があれば、喜んで買い増しのポジションを取っていいと考えています。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の今後・将来性まとめ


今回は、アマゾン(Amazon/AMZN)の株価の見通しや10年後の株価予想、アマゾン(Amazon/AMZN)の今後株価に影響される要因、アマゾン(Amazon/AMZN)の株式分割、最新情報などについて、事業や業績の概要も含めて解説しました。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)のクラウド事業や動画配信ではIT企業、エンタメ事業ではガリバーなど、競合が強すぎる企業ばかりですので、営業利益率が低く、クラウド事業への依存度が高いことから、今後10年間の業績は厳しいかもしれませんが、新型コロナの影響を受けない事業展開をしていることから、短期的には株価上昇が期待できると思います。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)株は将来性があるため、買うべき銘柄として今後の動きも注目する必要があります。

 

現在BTCCは、アマゾン(Amazon/AMZN)などの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

アマゾン(Amazon/AMZN)の値動きや最新情報などに関してもっと知りたい方は、BTCCアカデミーBTCCニュースをご覧ください。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大10,055 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 10,055USDT のボーナス獲得可能。

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

最新のキャンペーン情報はこちらから:https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

【関連記事】


▶ 為替・株式・金融商品

ネットフリックス(Netflix/NFLX)株価の今後は?将来性や価格予想を徹底解説

2024年ドル円相場予想:円安が続く理由は? 今は円買いのチャンス?

トヨタ株価がおかしい?配当利回りやライズの値崩れ・今後の株価予想などを徹底解説

アルファベット(Google)株価は今後どうなる?価格予想や見通しを徹底解説

ソフトバンク株価は10年後どうなる?危ない?今後の見通しや配当を徹底解説

10年後の金相場予想は?金価格の推移や今後の価格予想を徹底解説

マイクロソフト株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

アーム(ARM)株価は今後どうなる?10年後の株価予想やIPO後見通しを徹底解説

空売りとは?株の空売りのやり方やメリット・注意点を徹底解説

2040年のドル円予想は?10年後も円安続く?ドル円の見通しを解説

エアロエッジ(AeroEdge)株価はどうなる?IPO上場の初値や今後予想、気配運用を解説

アップル株価の今後は?10年後予想や株価推移・配当を徹底解説

アマゾン(Amazon/AMZN)株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

ドル円の今後はどうなる?円安はいつまで?最新予想や見通し

テスラ株価の今後予想や将来性を徹底解説!買い方や10年後の株価予想も

2023年の株式市場はいつから?東京株式市場・米国株式市場2023年価格予想

 

▶ 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨Gitcoin (GTC)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨Metis(METIS)とは?価格動向や買い方・ユースケースを徹底解説

仮想通貨FUSD(First Digital USD)とは?取引所や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは?特徴や今後の将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨THORChain (RUNE)とは?特徴や今後の価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Casper (キャスパー/CSPR)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Livepeer (LPT)とは?メリット・デメリット・買い方など徹底解説

仮想通貨Raydium(RAY)とは?今後の将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Zetachain(ゼータチェーン/ZETA)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨DMAIL Network(DMAIL)とは?特徴や価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨Jupiter(JUP)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨WEN(WEN Token)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

GT Protocol(GTAI)とは?特徴や取引所・買い方を徹底解説

GAMEE(GMEE)とは?価格動向や取引所・買い方を徹底解説

Osmosis(OSMO)とは?特徴や今後の見通し・買い方を徹底解説

仮想通貨FAR(Farcana)とは?エアドロップのやり方・価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨SAROS(Saros Finance)とは?特徴や仕組み・買い方を徹底解説

仮想通貨RAIN(Rainmaker Games)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Ondo (ONDO)とは?価格動向や取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨WIF(Dogwifhat)とは?取引所や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨チリーズ(CHZ/Chiliz)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Duel Network(DUEL)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

【仮想通貨】エレストワールドとは?稼ぎ方や始め方を徹底解説

TSUGT仮想通貨(ツバサガバナンストークン)とは?ビットポイントに日本初上場へ

仮想通貨GAS(NeoGas/ネオガス)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨MBL(MovieBloc)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Celestia(セレスティア/TIA)とは?TIAの特徴や買い方・価格動向を徹底解説

エイダコイン(カルダノ/ADA)は買うべき?メリットやデメリット・注意点を徹底解説

仮想通貨Ordinals(ORDI)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨STORJの今後はどうなる?STORJの価格予想を徹底解説

仮想通貨FTX Token(FTT)の今後の価格予想は?買い方も徹底解説

リップル(XRP)の今後はやばい?価格予想や将来性・今後の見通しを徹底予想

仮想通貨ATOM(コスモス)の将来性は?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨Moonbeam(GLMR)とは?将来性や今後の見通し・買い方を徹底解説

仮想通貨Kadena (KDA)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Alien Worlds(TLM)とは?始め方や将来性・買い方を徹底解説

エイダコインはやばい?仮想通貨ADA(カルダノ)の価格予想や今後の見通しを徹底解説

0x Protocol(ZRX)は100円になる?ゼロエックスの今後価格や注意点を徹底解説

ビルドアンドビルド(BNB)とは?ビットバンク(bitbank)に国内初上場

仮想通貨Dora Factory(DORA)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Gods Unchained(GODS)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨スピリットコイン(Spirit)とは?特徴や価格動向を徹底解説

仮想通貨Big Time(ビッグタイム/BIGTIME)とは?使い方や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Badger DAO (BADGER)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨UMA(Universal Market Access)とは?将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨WBTC(ラップドビットコイン)とは?特徴やメリット・価格動向を徹底解説

【2023年最新】仮想通貨ARPAの将来性は?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Ocean Protocol(OCEAN)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Rocket Pool(RPL)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Starlink(STARL)とは?将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨StormX(ストーム/STMX)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨TomoChain(TOMO)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Wall Street Memes(WSM)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨JUST(JST)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨ICON (アイコン/ICX)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Trader Joe(JOE)とは?特徴や将来性・今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨Liquity (LQTY)とは?将来性や取引所・買い方を徹底解説

StepApp(FITFI)の今後はどうなる?価格予想や将来性・メリットを徹底解説

仮想通貨ID(SPACE ID)の将来性は?今後の価格予想や使い方、注意点を徹底解説

仮想通貨Lido DAO(LDO)とは?将来性・価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨iExec RLC (RLC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Hifi Finance(HIFI)とは?将来性や取引所・メリットを徹底解説

仮想通貨Gifto(GFT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Frax Share (FXS)とは?Frax Financeの特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Open Campus(オープンキャンパス/EDU)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Civic(CVC)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Shentu(CTK)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨NIDT(日本アイドルトークン)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Biconomy(BICO)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Illuvium(ILV)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Chia(XCH)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Loopring(LRC)とは?特徴や価格動向、将来性を徹底解説

仮想通貨Creditcoin(CTC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨SLP(Smooth Love Potion)とは?将来性や稼ぎ方・買い方を徹底解説

仮想通貨Tellor (TRB)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Kusama (クサマ/KSM)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Fetch.ai (FET)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Radiant Capital(RDNT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Flamingo(FLM/フラミンゴ)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Perpetual Protocol (PERP/パーペチュアル)とは?特徴や買い方など徹底解説

仮想通貨メイカー(Maker/MKR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨ヤマイヌ(YAMAINU/山犬コイン)とは?特徴や将来性を徹底解説

仮想通貨クロノス(Cronos/CRO)とは?特徴や将来性・今後予想を徹底解説

仮想通貨CYBER(サイバーコネクト)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Celer Network(CELR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨USDT(テザー)の今後はどうなる?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Sei (SEI)とは?買い方や将来性・価格動向を徹底解説

仮想通貨Celsius(セルシウス/CEL)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

WOO Network(WOO)は100円になる?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Balancer(バランサー/BAL)とは?価格動向や買い方を徹底解説

仮想通貨Band Protocol(BAND)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Bella Protocol(ベラ/BEL)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

仮想通貨Cartesi(CTSI)とは?将来性や買い方・価格動向を徹底解説

仮想通貨AGIX(SingularityNET)とは?将来性やステーキング・買い方を徹底解説

仮想通貨ARPA(アーパ)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

ステラルーメン(XLM)は10000円になる?将来性ない?今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨Zilliqa(ジリカ/ZIL)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Ravencoin(RVN)とは?将来性やマイニング・買い方を徹底解説

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)とは?仕組みや取引所・マイニングを徹底解説

仮想通貨STORJとは?特徴や使い方・買い方を徹底解説

ガクトコイン(スピンドル/SPD)は将来性ない?詐欺コイン?今後の見通しを解説

仮想通貨ワールドコイン(Worldcoin)とは?買い方や将来性を徹底解説

仮想通貨ANKR(アンカー)の将来性は?特徴や買い方も徹底解説!

仮想通貨ALPHAとは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Aave(アーベ)とは?特徴や使い方・将来性を徹底解説

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出