メタ(META/フェイスブック)株価の今後は?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

2024/02/21著者:

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)は世界最大のソーシャル・ネットワーキング・サイトであり、その製品はフェイスブック、インスタグラム、Whatsappなど、私たちの生活に非常によく浸透しています。 2021年、フェイスブック社は突如として社名をメタ(META/メタ・プラットフォームズ)に変更し、2022年6月には株式シンボルが「FB」から「META」に正式に変更されました。

 

メタ(META)の社名変更に伴い、その事業展開は当初のソーシャルメディアとオンライン広告を中核とするものから、「メタ・ユニバース」産業アプリケーションの開発に注力するものに変わり、メタ・ユニバース・ブームの波をもたらしました。 しかし、社名変更後、メタ(META)社の業績は急降下し、株価は384.33ドルの高値から97.51ドルまで74.62ポイント下落しました。

 

メタが開発した製品は私たちの生活のいたるところにあるため、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)の株価や今後の展開は広く注目されています。

 

2023年に入り、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価は反発し始めているが、フェイスブック(facebook)の将来についてまだ混乱している人も多く、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を買う良いタイミングかどうか悩んでいます。

 

では、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価価は今後どうなる?2023年にメタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を買うべきか? この記事では、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価の過去の株価推移を分析する上で、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価の将来性や10年後の株価予想などを解説していきます。

 

現在BTCCは、メタなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(METAUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)の株価とチャート【2024年最新】


メタ(META/メタ・プラットフォームズ)の株価チャート

上記はメタ(META)株のリアルタイムチャートです。

 

現在BTCCは、メタなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(METAUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価の現在の値動き【2024年2月】

2024年2月21日現在、メタ(META)の株価は471.75ドル(日本円の場合、1META=70868.64円前後)、過去24時間比0.33%安となっています。 

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価の時価総額は現在、約1.038兆ドルとなっています。

 

現在BTCCは、メタなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(METAUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)の過去の株価動向

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価は、2012年5月18日に1株あたり38ドルでIPO(新規上場)して以来、ティッカーシンボルとして「FB」を使用してきました。 しかし、フェイスブックがメタに社名を変更すると、ティッカーシンボルも変更されました。

 

2021年9月、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価は史上最高値の382.18ドルを記録し、2021年12月31日の終値は1株あたり336.35ドルでした。

 

2022年6月、メタ(META)社は6月9日の市場開場前にティッカーシンボルを「META」に変更し、変革の第一歩を完了すると発表しました。

 

メタ(META)社は当初、昨年12月1日にティッカーシンボルを「MVRS」に変更する予定でしたが、投資会社ラウンドヒル・インベストメンツがラウンドヒル・ボール・メタバースETFのティッカーシンボルとして「META」の使用を断念したため、メタ(META)社は新社名をティッカーシンボルとして使用できるようになりました。

 

メタ(META)社によると、株主はこの証券コード変更の結果、何らかの行動を起こす必要はないという。

 

BTCCは現在、メタなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(METAUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価の最新情報・関連ニュース


まずは、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価に関する最新情報・関連ニュースを見ていきましょう。

 

メタ(META)社は2023年第2四半期の決算報告を発表

メタ(META)社は2023年7月26日、フェイスブック(facebook)の親会社であるメタ(META)社は第2四半期の決算報告を発表し、売上高は320億ドルで、アナリスト平均予想の311億ドルを上回りましたが、2021年に入ってからのメタバース部門の損失は400億米ドル(約124兆台湾ドル)を超えました。

 

しかし、メタはメタバース開発をあきらめたわけではなく、代わりにジェネレーティブAIに投資しています。 メタ(META)の株価は同日、マーク・ザッカーバーグがなぜ多額の資金を投じてこの分野への投資を続けるのかを説明した後、約7%上昇しました。

 

第2四半期に収益が増加し、次の四半期には320億ドルから345億ドルに上昇し続けると予想されていることから、市場は現在、メタ(META)の決算における昨年の伸び悩みやマイナス成長よりも、メタ(META)のAIプロジェクトやスレッドの成功に注目しています。

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)とは


メタ(META/メタ・プラットフォームズ)は、かつてフェイスブックとして知られていますが、マイクロソフト、アマゾン、アップル、アルファベットと並ぶテクノロジー企業トップ5のひとつです。

 

2003年にフェイスマッシュとして設立され、2004年にフェイスブックと改名されたこのソーシャル・ネットワーキング・サービスは、マーク・ザッカーバーグと彼の大学のルームメイトによって設立されました。 そのアイデアは、ハーバード大学の学生のためのソーシャルネットワークを作ることでした。 サービスはすぐに他の米国の大学にも拡大し、最終的には一般にも公開されました。

 

フェイスブックは設立当初から急速に成長し、2004年夏にはカリフォルニア州パロアルトにオフィスを構えて正式に法人化され、マーク・ザッカーバーグが13.6%の株式を保有しました。

 

同社は瞬く間に人気企業となり、2008年にはフェイスブック(facebook)のアクティブユーザー数が1億人を突破しました。 現在、その数は20億人に迫っています。 2022年第3四半期現在、メタ(META)社のアプリ(フェイスブック、インスタグラム、Whatsapp、メッセンジャーを含む)のデイリーアクティブユーザー数は29.3億人、月間アクティブユーザー数は37.1億人で、世界のインターネットユーザー普及率は73%です。 メタ製品は巨大な知人のソーシャルチェーンを持っているため、TikTokは強力な攻撃にはまだ太刀打ちできません。

 

フェイスブックは2014年に初の外部投資を受け、ベンチャーキャピタリストのピーター・ティールが50万ドルを出資しました。 その見返りとして彼は10%の株式を取得し、同社の取締役会に加わりました

 

2012年にフェイスブックが株式公開した際、ティールは1680万株のフェイスブック株を売却し、約6億4000万ドルの利益を得ました。ティールはIPO後も同社の株式の一部を所有しているが、彼のFB株は年々激減しています。

 

2021年10月29日、フェイスブック(facebook)のCEOマーク・ザッカーバーグは、バーチャルリアリティの未来像、つまり彼が言うところの「メタ・ユニバース」を取り入れるため、社名を「メタ」に変更すると正式に発表しました。 ザッカーバーグによれば、メタバースは今後10年で10億人に達すると予想しています。 また、メタバースは人々が交流し、仕事をし、製品やコンテンツを創造できる場所になるとし、新たなエコシステムがクリエイターのために「数百万人」の雇用を創出することを望んでいるという。

 

この動きはまた、2年にわたるメタバースブームを巻き起こし、多くの有名企業がメタバース業界に殺到し、多くの有名人がメタバース購入をソーシャルメディアで披露しました。

 

名称変更により、METAはより多くのビジネスや市場に進出し、現代のソーシャルメディアの発展をさらにリードしています。METAプラットフォームは今後もソーシャルメディアの発展に革命を起こし続け、より速く、より簡単で、より楽しいソーシャル体験をユーザーに提供していくでしょう。

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価(META)の概要・基本情報

英語名 Meta Platforms, Inc.
日本名 メタ・プラットフォーム
ティッカー META
取引所 ナスダック(Nasdaq)
設立年月 2004年2月
創業者 Mark Zuckerberg
現CEO Mark Zuckerberg
時価総額8 8,474.02億ドル(2024年1月23日現在)
発行済株式数 2,212,153,203株(2023/3/31)
株主数 3,204人(2022/12/31)

 

現在BTCCは、メタなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(METAUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価は買うべきか?


メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価に投資する前に、メタ・プラットフォームズの株式が良い投資先かどうかを判断する必要があります。 以下は、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価に投資する前に考慮すべきいくつかの要因です。

 

①メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価は儲かるか?

これまでのところ、メタ・プラットフォームズは利益を上げている企業です。 ソーシャルメディアの巨人は、2022年の純利益232億ドルを発表しました。 しかし、これは2021年に発表された純利益394億ドルから41%減少しています。 コストの上昇が主な要因です。

 

2022年、メタ(META)の総コストと経費は23%増の877億米ドルとなります。 費用の急増は、同社が事業拡大のために採用を強化したため、従業員数が20%増加したことが一因です。

 

フェイスブックを運営するメタ(META)社は、フリーキャッシュフローでもプラスであり、2022年には営業キャッシュで505億ドル、資本支出後のフリーキャッシュフローで184億ドルを生み出します。 これにより、メタはキャッシュリッチなバランスシート(現金・同等物・有価証券が407億米ドル、負債が99億米ドル)を維持しながら、自社株買い(2022年に279億米ドル)を通じて投資家にキャッシュを還元することができます。

 

メタは減益を回復するための措置を講じています。 同社は2022年末にコスト削減のためのリストラ計画を発表しました。 施設を統合し、従業員を解雇し、いくつかのデータセンター・プロジェクトを中止しています。

 

②メタ(META/メタ・プラットフォームズ)の収益

メタ・プラットフォームズの2022年の収益は1億1660万米ドルで、2021年の総収益から約1%減少しました。

 

同社には3つの収益源がある:

アプリ広告シリーズ:1億1360万米ドル、全体の97.5%

その他のアプリシリーズ:8億900万米ドル、全体の0.7%

Reality Labs(VRとメタバース):22億ドル、全体の1.9%

 

メタはまた、ツイッターに対抗するため、2023年半ばに新しいスレッドプラットフォームを立ち上げます。 現在は同社の収益の柱にはなっていないが、アナリストは、アクティブユーザーが2億人に達すると仮定した場合、2025年までに80億ドルの収益を生み出すと見積もっています。 このアプリがローンチ後すぐに1億人のユーザーを集めたことを考えれば、これは決して突飛な話ではありません。

 

③メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価の評価

2023年半ば現在、Metaは予想株価収益率(PER)の25倍で取引されています。 これに対し、スタンダード&プアーズ500指数は予想PERの19.8倍で取引されています。 一方、ナスダックは28.7倍のPERで取引されています。

 

これらのバリュエーション指標は、メタ・プラットフォーム株がより広い市場(S&P500)より割高で取引され、ハイテク主体のナスダックよりいくらか割安であることを示唆しています。

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)今後の株価予想:10年後の株価は?【2023年~2030年】


メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価の過去の歴史とその値動きを知ることで、2023年から2030年までのメタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価予想がより有意義なものになるでしょう。

 

①2023年のメタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価予想

過去1年間、フェイスブック(facebook)の株価は、競争の激化、運営コストの上昇、アップルによるユーザー・プライバシー・ポリシーの変更、投資家ユニバースの見通しが明確でなかったことなどにより、65%下落しました。 しかし、今年に入って市場心理が改善し、フェイスブックが一連の緊縮プログラムを実施したことで、メタ(META)の株価は徐々に上昇し始め、今年4月にはテスラの時価総額を上回っました。

 

ウォレット・インベスターズは、メタ(FB)の株価が2023年に278.766ドルに達すると予想しています。 史上最高値には及ばないものの、妥当な予想です。

 

もっと楽観的な株価予想を出している予想サイトもあります。 例えば、GovCapitalはメタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価のピークを2023年3月2日に576.10ドルと予想しています。

 

2024年のメタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価予想

2024年のメタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価の見通しは明るいようです。 予想では、Meta株は年末までに年間高値384.046ドルに達します。

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

2025年のメタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価予想

2024年が計画通りに行けば、2025年はフェイスブックやメタ(META)社の他のブランドにとってより良い年になるでしょう。 メタ(META)社の1月の始値は387.117ドルと予想されます。 月のフェイスブック(facebook)のピーク価格は1株当たり422.879ドルと予想しています。 12月のフェイスブック(facebook)の取引価格は436.810ドルから439.656ドルとアナリストは予想しています。 フェイスブック(facebook)の株価は年間440.78ドル前後でピークを迎えるでしょう。

 

2030年のメタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価予想

メタ(META)の株価の年間予想は2030年で終了します。 その固有の適応性により、メタは2030年までに大きく拡大すると予想され、フェイスブックやメタグループ内の他の企業のようなプラットフォームは、その後メタバースから大きな利益を得るでしょう。 メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価は、年の半ばには743ドル、年末には760ドルを下回っては売れないはずです。

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株の買い方・購入方法


現在BTCCは、メタなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(METAUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

BTCCでMETA/USDT先物取引を始めよう!

META/USDTはメタ(META)の株価に1:1で固定されており、1META=1メタトークン=1メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価となります。

 

ユーザーはUSDTを使って、最大50倍のレバレッジでMETAをロング/ショートすることができます。

メタ(META/USDT)の購入手順

BTCCでメタ(META/USDT)を取引する手順は下記の通りです。

 

META/USDTを取引するには、まずBTCCアプリを開けましょう。

BTCCの口座をお持ちのない方は、下記のサイトで口座開設しておきましょう~現在新規口座開設するだけで10USDTゲットを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

そして、【マーケット】ページに移動し、検索機能?をタップします。

 

検索欄で【META】を入力してたらMETAUSDTトークン化株式の無期限先物を見つけることができます。

 

 

続いて、【METAUSDT無期限】をタップし、取引ページへ移動します。

 

【買い・ロング】/【売り・ショート】を選択し、取引数量とレバレッジを入力して注文確認したら完了です。

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

メタ(META)の今後まとめ


今回は、メタ(META)の企業情報や、これまでの株価推移、メタ(META)の最新情報・関連ニュースなどをまとめてきましました。

 

また、今後メタ(META)の株価予想も行い、メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価の投資価値や買い方も含めて解説しましました。

 

メタ(META/メタ・プラットフォームズ)株価は将来性があるため、買うべき銘柄として今後の動きも注目する必要があります。

 

現在BTCCは、メタなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

メタ(META)の値動きや最新情報などに関してもっと知りたい方は、BTCCアカデミーBTCCニュースをご覧ください。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大10,055 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 10,055USDT のボーナス獲得可能。

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

最新のキャンペーン情報はこちらから:https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

関連記事


ネットフリックス(Netflix/NFLX)株価の今後は?将来性や価格予想を徹底解説

2024年ドル円相場予想:円安が続く理由は? 今は円買いのチャンス?

トヨタ株価がおかしい?配当利回りやライズの値崩れ・今後の株価予想などを徹底解説

アルファベット(Google)株価は今後どうなる?価格予想や見通しを徹底解説

アマゾン(Amazon)株価は今後どうなる?株価予想や見通し・株式分割を解説

ソフトバンク株価は10年後どうなる?危ない?今後の見通しや配当を徹底解説

10年後の金相場予想は?金価格の推移や今後の価格予想を徹底解説

マイクロソフト株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

アーム(ARM)株価は今後どうなる?10年後の株価予想やIPO後見通しを徹底解説

空売りとは?株の空売りのやり方やメリット・注意点を徹底解説

2040年のドル円予想は?10年後も円安続く?ドル円の見通しを解説

エアロエッジ(AeroEdge)株価はどうなる?IPO上場の初値や今後予想、気配運用を解説

テスラ株価の今後予想や将来性を徹底解説!買い方や10年後の株価予想も

アップル株価の今後は?10年後予想や株価推移・配当を徹底解説

アーム(ARM)株価は今後どうなる?10年後の株価予想やIPO後見通しを徹底解説

空売りとは?株の空売りのやり方やメリット・注意点を徹底解説

2040年のドル円予想は?10年後も円安続く?ドル円の見通しを解説

エアロエッジ(AeroEdge)株価はどうなる?IPO上場の初値や今後予想、気配運用を解説

エヌビディア株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

ドル円の今後はどうなる?円安はいつまで?最新予想や見通し

2023年の株式市場はいつから?東京株式市場・米国株式市場2023年価格予想

仮想通貨カウンターパーティー(XCP/Counterparty)とは?今後の見通し・将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Gitcoin (GTC)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨Metis(METIS)とは?価格動向や買い方・ユースケースを徹底解説

仮想通貨FUSD(First Digital USD)とは?取引所や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは?特徴や今後の将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨THORChain (RUNE)とは?特徴や今後の価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Casper (キャスパー/CSPR)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Livepeer (LPT)とは?メリット・デメリット・買い方など徹底解説

仮想通貨Raydium(RAY)とは?今後の将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Zetachain(ゼータチェーン/ZETA)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨DMAIL Network(DMAIL)とは?特徴や価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨Jupiter(JUP)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨WEN(WEN Token)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

GT Protocol(GTAI)とは?特徴や取引所・買い方を徹底解説

GAMEE(GMEE)とは?価格動向や取引所・買い方を徹底解説

Osmosis(OSMO)とは?特徴や今後の見通し・買い方を徹底解説

仮想通貨FAR(Farcana)とは?エアドロップのやり方・価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨SAROS(Saros Finance)とは?特徴や仕組み・買い方を徹底解説

仮想通貨RAIN(Rainmaker Games)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Ondo (ONDO)とは?価格動向や取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨WIF(Dogwifhat)とは?取引所や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨チリーズ(CHZ/Chiliz)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Duel Network(DUEL)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

【仮想通貨】エレストワールドとは?稼ぎ方や始め方を徹底解説

仮想通貨Mantle(MNT)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Magic Square(SQR)とは?特徴やロードマップ・買い方を徹底解説

仮想通貨Injective (INJ)とは?特徴や今後予想・価格動向を徹底解説

仮想通貨AIOZ Network(AIOZ)とは?特徴や仕組み・買い方を徹底解説

仮想通貨Xai(XAI)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨ZKFair (ZKF)とは?特徴やエアドロップ・買い方を徹底解説

仮想通貨OpenDAO(SOS)とは?特徴や価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨Badger DAO (BADGER)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨UMA(Universal Market Access)とは?将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨WBTC(ラップドビットコイン)とは?特徴やメリット・価格動向を徹底解説

【2023年最新】仮想通貨ARPAの将来性は?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Ocean Protocol(OCEAN)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Rocket Pool(RPL)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Starlink(STARL)とは?将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨StormX(ストーム/STMX)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨TomoChain(TOMO)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Wall Street Memes(WSM)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨JUST(JST)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨ICON (アイコン/ICX)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Trader Joe(JOE)とは?特徴や将来性・今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨Liquity (LQTY)とは?将来性や取引所・買い方を徹底解説

StepApp(FITFI)の今後はどうなる?価格予想や将来性・メリットを徹底解説

仮想通貨ID(SPACE ID)の将来性は?今後の価格予想や使い方、注意点を徹底解説

仮想通貨Lido DAO(LDO)とは?将来性・価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨iExec RLC (RLC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Hifi Finance(HIFI)とは?将来性や取引所・メリットを徹底解説

仮想通貨Gifto(GFT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Frax Share (FXS)とは?Frax Financeの特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Open Campus(オープンキャンパス/EDU)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Civic(CVC)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Shentu(CTK)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨NIDT(日本アイドルトークン)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Biconomy(BICO)とは?将来性や買い方を徹底解説

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出