アルファベット(グーグル/Google)株価は今後どうなる?価格予想や見通しを徹底解説

2024/02/26著者:

アルファベット(グーグル/Google)は、1998年に設立され、検索エンジンのグーグルやユーチューブで知られ、グーグルとグーグルグループの持ち株会社です。

 

グーグルは日常生活に欠かせないサービスを提供し、私たちの生活の一部となっています。

 

では、アルファベット(グーグル/Google)株は今が買い時なのか、またアルファベット(グーグル/Google)株の今後はどうなるでしょう?

 

今回は、アルファベット(グーグル/Google)株を買うべきかどうか、株価の推移や、今後の見通し、株価予想も含めて初心者でもわかりやすく解説していきます。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

 

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

 

目次
1.アルファベット(グーグル/Google)の株価とチャート

2.アルファベット(グーグル/Google)とは

3.アルファベット(グーグル/Google)の最新情報・関連ニュース

4.アルファベット(グーグル/Google)のこれまでの株価推移

5.アルファベット(グーグル/Google)今後の株価予想:10年後株価はどうなる?

6.アルファベット(グーグル/Google)の株式分割

7.アルファベット(グーグル/Google)株は買うべきか?良い投資先か?

8.アルファベット(グーグル/Google)株の買い方

9.アルファベット(グーグル/Google)に関するよくある質問

10.アルファベット(グーグル/Google)の今後まとめ

11.関連記事

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アルファベット(グーグル/Google)の株価とチャート


上記はアルファベット(グーグル/Google)のリアルタイムの株価チャートです。

 

グーグル株価の現在の値動き【2024年2月】

2024年2月26日現在、アルファベット(グーグル/Google)の株価は145.29ドル(日本円の場合、1AAPL=21861.71円前後)、前日比ほぼ横ばいで推移しています。 

 

グーグル株は2023年1月に入り、上昇トレンドに転じました。2023年1月5日の最低値である85.9ドルから10月12日の年間最高値である141.22円まで、64%以上の上げ幅を記録しました。

 

しかし、アルファベット(グーグル/Google)の株価はその後やや反落して、12月4日には一時130ドル以下と下落しました。

 

2024年に入り、アルファベット(グーグル/Google)の株価は上昇トレンドが続き、1月29日には史上最高値の155.2ドルまで上昇しました。2月26日現在、グーグルの株価はやや下落し、現在145ドル台で推移しています。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アルファベット(グーグル/Google)とは?


アルファベット(グーグル/Google)とは、アルファベット(グーグル/Google)の持ち株会社です。

 

1998年に設立されたアルファベット(グーグル/Google)は米ナスダック(NASDAQ)に上場している銘柄で、米国経済を牽引するGAFAの一つとしても知られています。

 

アルファベット(グーグル/Google)の企業情報

会社名 アルファベット
銘柄 Alphabet Inc Class A
ティッカー GOOGL
設立年月 1998年9月
代表者名 Mr. Lawrence (Larry) Page
上場市場名 NASDAQ(ナスダック)
従業員数 98,771人
事業内容 ・米国の大手インターネット関連企業

 

・検索サイト・グーグル「google.com」を運営

 

・検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウエアなどIT関連製品とサービスを提供

 

・携帯電話「アンドロイド」、ブラウザ「クローム」、インターネットテレビ「Google TV」等独自のOSを展開

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アルファベット(グーグル/Google)とは

アルファベット(グーグル/Google)はスタンフォード大学の博士課程に在籍していたラリー・ペイジ(Larry Page)氏とセルゲイ・ブリン(Sergey Brin)氏によって1998年に設立されたアルファベットの子会社です。

 

アルファベット(グーグル/Google)の設立当初は、ウェブ上の検索結果を最適化することに焦点を当てた純粋な検索エンジンでした。1999年半ばまでに、アルファベット(グーグル/Google)の検索エンジンは1日に50万件のクエリを処理するようになりました。

 

2004年の株式公開時には、評価額は230億ドルに達していた。 株式公開時には、グーグルのユーザーは1日に約2億件の検索を行なっていた。 2011年末までに、グーグルは1日あたり約30億件の検索を処理するようになった。

 

今日、グーグルは世界最大のインターネット検索エンジンであり、私たちの生活の一部となっています。

 

アルファベット(グーグル/Google)のビジネス・事業内容

アルファベット(グーグル/Google)のビジネスはもはや検索だけにとどまりません。同社の急成長は、一連の製品開発、買収、提携につながりました。 2022年現在、アルファベット(グーグル/Google)は大小さまざまな企業を100社以上買収しており、2006年のユーチューブ(Youtube)の買収が最も有名です。

 

その結果、アルファベット(グーグル/Google)のビジネスは現在、オンライン広告、オンライン検索、クラウド・コンピューティングを網羅し、多くのウェブベースの製品やサービスを提供しています。 その主な利益はオンライン広告からもたらされています。

 

アルファベット(グーグル/Google)は、クラウド・ドライブ、Gmailメール、Orkut、Google Buzz、Google+などのソーシャル・ネットワーキング・サービスなど、豊富なオンライン・ソフトウェア・サービスを提供しています。

 

また、グーグルの製品は、グーグル・クローム・ウェブ・ブラウザ、Picasa写真整理・編集ソフト、グーグル・ハングアウトなど、アプリケーションの形でユーザーのデスクトップにも提供されています。Google Chromeウェブブラウザ、Picasa画像整理・編集ソフト、Google Hangoutsインスタントメッセンジャー。 さらに、グーグルはモバイル・デバイス向けにアンドロイド・オペレーティング・システムとグーグル・クロームOSオペレーティング・システムを開発しています。

 

アンドロイド(Android)は現在もモバイル端末向けの主要OSのひとつです。グーグルのハードウェアには、ピクセル・フォンやタブレットのほか、グーグル・ピクセル・ウォッチ(Google Pixel Watch)やグーグル・ピクセル・バッド(Google Pixel Buds)などのウェアラブル・デバイスがあります。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アルファベット(グーグル/Google)の最新情報・関連ニュース


アルファベット、最新決算を発表、株価は急落へ

アルファベット(グーグル/Google)が10月26日に最新の決算を発表した後、同社のクラウド事業の業績が予想ほど良くなかったため、グーグルの株価は9%以上下落し、過去3年以上で最悪の業績となりました。

 

2022年6月期からのアルファベット業績

決算期 売上高 営業利益 経常利益 純利益
2023年9月 221,084 60,596 61,305 53,108
2023年6月 144,391 39,253 40,108 33,419
2023年3月 69,787 17,415 18,205 15,051
2022年12月 282,836 74,842 71,328 59,972
2022年9月 206,788 56,682 54,181 46,348
2022年6月 137,696 39,547 37,948 32,438

 

グーグルの株価急落はテクノロジー株への直接的な売り圧力も引き起こし、ナスダック総合指数を190ポイント近く引き下げ、アップルとアマゾンの株価はそれぞれ1.1%と3%下落しました。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アルファベット(グーグル/Google)のこれまでの株価推移


米ナスダックに上場2004年8月

アルファベット(グーグル/Google)は2004年8月19日、米ナスダックに上場を果たしました。

 

当時、アルファベット(グーグル/Google)の株価は85ドルで取引が開始されました。

 

S&P500指数に採用されたアルファベット株:2006年

2006年3月、グーグルはS&P500指数に採用されました。

 

株式分割の調整後、グーグルの株価は2007年初頭に18ドル以上上昇しました

 

不況の2008年を乗り越え、2015年まで株価上昇

しかし、大不況の2008年12月にはアルファベット(グーグル/Google)の株価は6.20ドル以下に下落。

 

2015年までにグーグルの株価は30ドルを超え、2010年代の残りの期間も株価は上昇し続けました。

 

株式分割史上最高値を更新2022年

2022年のハイテク株売りが始まる前の2022年2月、株価は分割調整後で151.55ドルと史上最高値を更新しました。

 

その後、アルファベットは2022年末に90ドルを割り込んだ後、現在は130ドル前後まで回復しています。

 

アルファベットの現在の株価動向:2023年

2023年11月21日現在、アルファベット(グーグル/Google)の株価は137.92ドルです。

 

アルファベット株の時価総額は7,896億ドルとなっています。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

 

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アルファベット(グーグル/Google)今後の株価予想:10年後株価はどうなる?


アナリストらは、2023年のアルファベット(グーグル/Google)の事業と株価について概ね楽観的な見方をしています。 

 

アルファベットの今後株価予想を行ったアナリストは、アルファベット株の2022年のEPS4.56ドルから、今年の通期調整後EPS5.65ドルを予想しています。また、EPSが今年の収益成長率の7.7%、2024年の収益成長率の11.4%を占めると予想しています。

 

以下は、2023年から2030年までのアルファベット(グーグル/Google)株価予想です。

 

2023年のアルファベット(グーグル/Google)株価予想

2023年のグーグル株価の市場専門家による平均予想は96.78ドルで、現在の水準から若干低下しています。 

 

当社の予想レンジは95.04ドルから102.36ドルで、月間変動率は7.149%となっています。

 

2024年アルファベット(グーグル/Google)株価予想

年末までに、投資家はアルファベットの株価が82.86ドルに上昇すると予想しています。 

 

市場の専門家は、アルファベット(グーグル/Google)の株価は77.93ドルから85.91ドルになると予想しています。 月平均変動確率は-9.287%ポイントであり、この期間は不利な動きを示します。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

 

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

2025年アルファベット(グーグル/Google)株価予想

2025年、アルファベット(Google)の1株当たりの株価は87.19ドルとなり、予想価格帯は81.22ドルから89.15ドルとなります。 

 

全期間の月平均ボラティリティは8.890%と予想され、良好なトレンドが継続すると予想される。

 

2030年アルファベット(グーグル/Google)株価予想

多くの業界観測筋は、グーグルが今後数年間も支配的地位を維持すると予想しています。 従って、グーグルの株価が上昇を続けることは驚くべきことではない。

 

一部の市場観測筋は、2030年までに株価が1株当たり192.04ドルに達すると予想しています。 現在の1株当たり約97.43ドルから大幅に上昇することになります。

 

グーグル株は将来の出来事の影響を受けるかもしれないが、それはどんな投資にも言えることだ。 株価はここ数年大きな伸びを示しているが、同社が革新と商業的成功の伝統を続けているため、株価はさらに上昇すると予想される。

 

全体として、同社はインターネット検索エンジン市場をほぼ独占しています。 同社のビジネスモデルが進化を続ける中、グーグル株の購入は絶好の投資機会となり得ますが、他の投資と同様、グーグル株にもリスクが伴います。

 

グーグル株のフェアバリューは1株当たり169ドルでしたが、2023年11月21日現在、グーグルの株価は136.25ドルと割安です。

 

加えて、グーグルの競合他社に対する品質スコアの優位性はまだあり、株価はまだ魅力的でしょう。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

 

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アルファベット(グーグル/Google)の株価を影響される要因・ポイント


アルファベット(グーグル/Google)の株価を影響される要因・ポイントを見ていきましょう。

 

アルファベット(グーグル/Google)は2022年、下落傾向にありました。これはいくつかの理由があると考えています。

 

広告事業の成長低下

アルファベット(グーグル/Google)の株価を影響される要因の一つは、主要広告事業の成長です。

 

アルファベットの広告事業からの収入は売上の85%を占めているため、その重要性は言うまでもないでしょう。

 

しかし、2023年コロナ禍などの原因でアルファベット(グーグル/Google)の広告収入は市場予想を下回ったため、2022年アルファベットの株価は下げ続けていました。

 

米利上げの実施

2023年、米連邦準備理事会(FRB)がインフレを対応するため、何回も利上げを実施しました。

 

これにより、アルファベット(グーグル/Google)の借入金の利息が増え、経営を圧迫しています。

 

また、アルファベットの事業も縮小していて、株価の下落要因となっています。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

 

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アルファベット(グーグル/Google)の株式分割


アルファベット(グーグル/Google)は2004年に85ドルの公開価格で新規株式上場(IPO)をしましたが、その後2回の株式分割を行っています。

 

アルファベット(グーグル/Google)株式分割のタイミング

グーグルの親会社であるアルファベット・インク(Alphabet Inc)は2022年2月1日、投資家にとってより利用しやすく流動性を高めるため、20対1の株式分割を発表しました。 投資家にとって高いコストはグーグル株を購入する際の大きな足かせとなるため、今回の株式分割が行われました。

 

分割後、アルファベット(グーグル/Google)株を保有する株主は、1株につき19株の株式配当を無償で受けられます。

 

つまり、2022年7月1日(以下「基準日」)の大引け時の株主名簿に記載された各株主は、1株につきさらに19株を受け取ることになります。アルファベット(グーグル/Google)の株価も20対1の比率で引き下げられます。

 

アルファベット(グーグル/Google)株式分割の結果

アルファベット(グーグル/Google)は株式分割を行った後、株価は20倍に下がり、投資しやすい魅力的な企業となりました。

 

市場に出回る株式数は20倍となり、投資家が保有する1株につき19株が追加されることになります。

 

通常、株式分割はより多くの投資家を引き付け、株式への投資額を増やすので、少なくとも短期的には、分割後に株価が上昇し始めるのが普通です。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

 

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アルファベット(グーグル/Google)は買うべきか?良い投資先か?


アルファベット(グーグル/Google)株は買うべきだと考えています。

 

グーグルの地位は非常に強固

世界経済におけるグーグルの地位は非常に強固です。グーグルは世界最大のインターネット検索エンジンであり、世界で最も価値のあるブランドの一つです。 

 

グーグルの事業展開の中心はインターネット広告であり、これがグーグルの成長の基盤となっています。 世界的な景気後退に直面しても、広告市場は比較的安定しています。

 

グーグルのAI技術が注目に

第二に、グーグルのAI技術に関しても、グーグルの今後の発展の重要な原動力となりつつあります。 AlphaGoがチェスの世界チャンピオン、イ・セドルを破って以来、グーグルのAI技術はますます注目され、関心を集めています。 

 

ChatGPTのようなAI技術の影響にもかかわらず、グーグルはその優位性を失わず、AI知能ロボットBardの立ち上げに成功した。したがって、グーグルのAI技術への投資は、グーグルの将来の発展に良い基盤をもたらすでしょう。

 

グーグルが変革を遂げつつある

もう一つ注目すべきことがあり、それはグーグルが変革を遂げつつあることです。 グーグルはもはや単なるインターネット検索エンジンではなく、自動運転車、スマートホームなど、多くの多角的な拡張を実施しています。 

 

現在、グーグルはスマートカー技術のリーダーになるべく努力しており、インテリジェント交通分野におけるグーグルの将来の発展を確保することは、グーグルにとって長期的に高い投資価値を維持する最善の方法の一つです。

 

総じて、世界経済の巨人であり、AI技術のパイオニアであるグーグルの未来は非常に明るく、投資家の注目と支持に値します。 もちろん、株式市場への投資にはどうしてもリスクが伴うため、投資家は慎重に見極めた上で、自分にとって最適な投資判断を下す必要がある。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

 

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アルファベット(グーグル/Google)株の買い方


現在BTCCは、アルファベット(グーグル/Google)などの米株を初めとするトークン化株式の先物商品(GOOGLUSDT)を取り扱っており、最大50倍のレバレッジ提供が可能です。

 

BTCCでGOOGL/USDT先物取引を始めよう!

GOOGL/USDTはアルファベットの株価に1:1で固定されており、1GOOGL=1アルファベットトークン=1アルファベット(グーグル/Google)株となります。

 

ユーザーはUSDTを使って、最大50倍のレバレッジでGOOGLをロング/ショートすることができます。

 

アルファベット(GOOGL/USDT)の購入手順

BTCCでアルファベット(GOOGL/USDT)を取引する手順は下記の通りです。

 

GOOGL/USDTを取引するには、まずBTCCアプリを開けましょう。

BTCCの口座をお持ちのない方は、下記のサイトで口座開設しておきましょう~現在新規口座開設するだけで10USDTゲットを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

そして、【マーケット】ページに移動し、検索機能?をタップします。

 

検索欄で【GOOGL】を入力してたらGOOGLUSDTトークン化株式の無期限先物を見つけることができます。

 

 

続いて、【GOOGLUSDT無期限】をタップし、取引ページへ移動します。

 

【買い・ロング】/【売り・ショート】を選択し、取引数量とレバレッジを入力して注文確認したら完了です。

 

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

アルファベット(グーグル/Google)に関するよくある質問


アルファベット(グーグル/Google)の注意点・課題は?

アルファベットもまた、いくつかの課題に直面しています。同社は現在、グーグルがオンライン検索の独占を確立する際に独占禁止法に違反したとして、米司法省と法廷で争っています。

 

アルファベットがハイリスク・ハイリターンのプロジェクトに投資していることは、同社全体の収益性に影響を与えるでしょう。 

 

さらにグーグルは、マイクロソフトのChatGPTを搭載したビングや、人工知能技術の分野で豊富な資金を持つ他の大手ハイテク企業との厳しい競争に直面しています。

 

BTCCでは現在、アルファベット(グーグル/Google)対USDTのトークン化株式銘柄ペア(GOOGLUSDT)を提供しております。最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

アルファベット(グーグル/Google)株の購入を検討している方は、BTCC公式サイトでチェックしてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

アルファベット(グーグル/Google)の今後・将来性まとめ


今回は、アルファベット(グーグル/Google)の今後株価に影響される要因や、アルファベット株価の見通しや株価予想、アルファベットの株式分割などを解説してきました。

 

1998年に設立されたグーグルは、世界最大のインターネット検索エンジンです。同社はインターネット検索エンジン市場をほぼ独占しています。 同社のビジネスモデルが進化を続ける中、グーグル株の購入は絶好の投資機会となり得ますが、他の投資と同様、グーグル株にもリスクが伴います。

 

グーグルの業績と価格動向を分析することで、ChatGPTのようなAI技術の影響にもかかわらず、グーグルは依然として非常に明るい未来を持っており、投資家の注目と注目に値することが分かりました。もちろん、株式市場への投資にはどうしてもリスクが伴うため、投資家は慎重に判断した上で、自分にとって最適な投資判断を下す必要があります。

 

新型コロナの影響を受けない事業展開をしていることから、短期的には株価上昇が期待できるでしょう。

 

アルファベット(グーグル/Google)株は将来性があるため、買うべき銘柄として今後の動きも注目する必要があります。

 

現在BTCCは、アルファベット(グーグル/Google)などの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

アルファベット(グーグル/Google)の値動きや最新情報などに関してもっと知りたい方は、BTCCアカデミーBTCCニュースをご覧ください。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大10,055 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 10,055USDT のボーナス獲得可能。

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

最新のキャンペーン情報はこちらから:https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

【関連記事】


▶ 為替・株式・金融商品

ネットフリックス(Netflix/NFLX)株価の今後は?将来性や価格予想を徹底解説

2024年ドル円相場予想:円安が続く理由は? 今は円買いのチャンス?

トヨタ株価がおかしい?配当利回りやライズの値崩れ・今後の株価予想などを徹底解説

アマゾン(Amazon)株価は今後どうなる?株価予想や見通し・株式分割を解説

ソフトバンク株価は10年後どうなる?危ない?今後の見通しや配当を徹底解説

10年後の金相場予想は?金価格の推移や今後の価格予想を徹底解説

マイクロソフト株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

アーム(ARM)株価は今後どうなる?10年後の株価予想やIPO後見通しを徹底解説

空売りとは?株の空売りのやり方やメリット・注意点を徹底解説

2040年のドル円予想は?10年後も円安続く?ドル円の見通しを解説

エアロエッジ(AeroEdge)株価はどうなる?IPO上場の初値や今後予想、気配運用を解説

アップル株価の今後は?10年後予想や株価推移・配当を徹底解説

アマゾン株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

ドル円の今後はどうなる?円安はいつまで?最新予想や見通し

テスラ株価の今後予想や将来性を徹底解説!買い方や10年後の株価予想も

2023年の株式市場はいつから?東京株式市場・米国株式市場2023年価格予想

 

▶ 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨MAVIA(Heroes of Mavia)とは?始め方や遊び方・買い方を徹底解説

仮想通貨カウンターパーティー(XCP/Counterparty)とは?今後の見通し・将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Gitcoin (GTC)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨Metis(METIS)とは?価格動向や買い方・ユースケースを徹底解説

仮想通貨FUSD(First Digital USD)とは?取引所や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは?特徴や今後の将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨THORChain (RUNE)とは?特徴や今後の価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Casper (キャスパー/CSPR)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Livepeer (LPT)とは?メリット・デメリット・買い方など徹底解説

TSUGT仮想通貨(ツバサガバナンストークン)とは?ビットポイントに日本初上場へ

仮想通貨GAS(NeoGas/ネオガス)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨MBL(MovieBloc)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Celestia(セレスティア/TIA)とは?TIAの特徴や買い方・価格動向を徹底解説

エイダコイン(カルダノ/ADA)は買うべき?メリットやデメリット・注意点を徹底解説

仮想通貨Ordinals(ORDI)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨STORJの今後はどうなる?STORJの価格予想を徹底解説

仮想通貨FTX Token(FTT)の今後の価格予想は?買い方も徹底解説

リップル(XRP)の今後はやばい?価格予想や将来性・今後の見通しを徹底予想

仮想通貨ATOM(コスモス)の将来性は?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨Moonbeam(GLMR)とは?将来性や今後の見通し・買い方を徹底解説

仮想通貨Kadena (KDA)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Alien Worlds(TLM)とは?始め方や将来性・買い方を徹底解説

エイダコインはやばい?仮想通貨ADA(カルダノ)の価格予想や今後の見通しを徹底解説

0x Protocol(ZRX)は100円になる?ゼロエックスの今後価格や注意点を徹底解説

ビルドアンドビルド(BNB)とは?ビットバンク(bitbank)に国内初上場

仮想通貨Dora Factory(DORA)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Gods Unchained(GODS)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨スピリットコイン(Spirit)とは?特徴や価格動向を徹底解説

仮想通貨Big Time(ビッグタイム/BIGTIME)とは?使い方や将来性・買い方を徹底解説

 

仮想通貨Badger DAO (BADGER)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨UMA(Universal Market Access)とは?将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨WBTC(ラップドビットコイン)とは?特徴やメリット・価格動向を徹底解説

【2023年最新】仮想通貨ARPAの将来性は?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Ocean Protocol(OCEAN)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Rocket Pool(RPL)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Starlink(STARL)とは?将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨StormX(ストーム/STMX)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨TomoChain(TOMO)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Wall Street Memes(WSM)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨JUST(JST)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨ICON (アイコン/ICX)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Trader Joe(JOE)とは?特徴や将来性・今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨Liquity (LQTY)とは?将来性や取引所・買い方を徹底解説

StepApp(FITFI)の今後はどうなる?価格予想や将来性・メリットを徹底解説

仮想通貨ID(SPACE ID)の将来性は?今後の価格予想や使い方、注意点を徹底解説

仮想通貨Lido DAO(LDO)とは?将来性・価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨iExec RLC (RLC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Hifi Finance(HIFI)とは?将来性や取引所・メリットを徹底解説

仮想通貨Gifto(GFT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Frax Share (FXS)とは?Frax Financeの特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Open Campus(オープンキャンパス/EDU)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Civic(CVC)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Shentu(CTK)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨NIDT(日本アイドルトークン)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Biconomy(BICO)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Illuvium(ILV)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Chia(XCH)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Loopring(LRC)とは?特徴や価格動向、将来性を徹底解説

仮想通貨Creditcoin(CTC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨SLP(Smooth Love Potion)とは?将来性や稼ぎ方・買い方を徹底解説

仮想通貨Tellor (TRB)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Kusama (クサマ/KSM)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Fetch.ai (FET)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Radiant Capital(RDNT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Flamingo(FLM/フラミンゴ)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Perpetual Protocol (PERP/パーペチュアル)とは?特徴や買い方など徹底解説

仮想通貨メイカー(Maker/MKR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨ヤマイヌ(YAMAINU/山犬コイン)とは?特徴や将来性を徹底解説

仮想通貨クロノス(Cronos/CRO)とは?特徴や将来性・今後予想を徹底解説

仮想通貨CYBER(サイバーコネクト)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Celer Network(CELR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨USDT(テザー)の今後はどうなる?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Sei (SEI)とは?買い方や将来性・価格動向を徹底解説

仮想通貨Celsius(セルシウス/CEL)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出