10年後の金相場予想は?金価格の推移や今後の価格予想を徹底解説

2024/02/29著者:

金価格は2021年、前年比約4%下落しているが、インフレの脅威は高まっているようです。

 

2022年初頭には株式市場のショックが激化し、ロシア・ウクライナの地政学的対立が米露関係に影響を及ぼす中、安全資産としての投資が中心の金買いは依然として投資家に高く評価されているようです。

 

金は比較的希少な金属であり、その希少性ゆえに埋蔵価値と投資価値の両方を持っています。 世界各国は、不測の事態を回避し、将来のリスクに備えるため、投資目的で金を大量に準備しています。

 

今回は、金価格のこれまでの価格推移を分析し、現状と合わせて、5年後や10年後の金価格はどうなるということを巡って今後の金価格予想を行いますので、一緒に見ていきましょう!

 

現在、金/ゴールド(GOLD)の無期限先物取引サービス(GOLD/USDT無期限)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

金/ゴールド(GOLD)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

金価格の2023年の価格動向


2023年10月に入り、金価格はそれまでの好調な流れを一変させ、突如として荒い下落モードに入りましました。

 

10月4日、ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物価格は、9月25日以来8営業日連続で続落し、およそ7ヶ月ぶりの安値をつけましました。 ロンドン・スポット金(XAU)価格も8連敗となりましました。

 

金相場の下落傾向は、主にドルと米国債利回りの継続的な上昇に影響されましました。 アナリストによると、10月3日に発表された米労働統計局の報告書は、再利上げの可能性を高めましたが、同時に米国経済の減速期待を低下させ、貴金属の圧迫要因となりましました。

 

一方、国債利回りの高騰は、債券を急に魅力的なものにし、金価格の短期的な見通しをさらに抑制し、金相場はさらに下落する可能性が高いです。

 

ファウンダー中期先物アナリストは、利上げの現在のサイクルの連邦準備制度理事会は終わりに近づいていますが、金融政策にはまだ大きな不確実性がありあすので、金相場の調整の余地があります。

 

しかし、調整の余地は限られており、調整の各ラウンドは、低側でより多くを行うチャンスであり、政策は金に直接プラスの影響の形成の緩和にシフトすると予想され、金を購入する主な中央銀行もプラスの影響を形成している、

 

ドル指数と米国債利回りの短期的な反発は、中長期的に持続的な低下の可能性はまだ比較的大きいと述べた。 ドル指数と米債券利回りの短期反発後も、中長期的に持続的に下落する可能性は相対的に高く、金にも短期バイアスと長期バイアスがかかります。

 

したがって、2023年の残りの期間、金価格の短期的な調整は続きますが、全体的なトレンドは振動的で強いままです。

 

現在、金/ゴールド(GOLD)の無期限先物取引サービス(GOLD/USDT無期限)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

金/ゴールド(GOLD)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

金価格の過去10年の価格推移


金価格の過去10年以上の価格推移を見てみると、金の歴史的トレンドは大きく3つに分けられる。

 

第一段階:金価格の大きな上昇

この段階では、金価格の上昇トレンドは非常に強かったのです。 1999年の253ドルから始まり、約12年間、見事な上昇相場が続きましました。 この12年間で、金相場は最安値から1,923.7ドルまで上昇しました。

 

第二段階:コンソリデーション・リトレースメント

この段階は、実際には位置の上部に金であり、それは全体のスペースが上昇を達成するために継続する方法がありませんので、市場の急速な下落の波を満たすために始めたのです。

 

下降は単なるリズム調整ですが、 調整の3年後、金の価格は最終的にボトルネックに戻りました。 これにより、今回の市場も非常に大きく、そのリトレースメント空間も900ドル以上に達しました。 このリトレースメントの段階では、実際には、より良い強さを構築するために未来を許可することです。

 

第三段階: 金相場の急騰

この段階での金相場の上昇はスムーズではなく、非常に困難な局面を経験しました。 前の高値があったため、このような動きは予想以上に難しいものでしました。 価格が2089.2ドルまで動き始めると、その後急速に後退しました。 だから、この波のパワーは特別強いわけではないが、理解することはできます。

 

現在、金/ゴールド(GOLD)の無期限先物取引サービス(GOLD/USDT無期限)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

金/ゴールド(GOLD)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

金価格の今後価格予想:金相場に影響を与える要因


金価格の今後の価格予想に影響を与える要因はいくつもあり、今後の金相場の動きを分析するためには、どのような要因が金相場に影響を与えるのかを理解することが重要です。

 

①米国の金融政策とドルインデックス

米国の金融政策とドルインデックスが金価格の今後展開に影響を与えます。

 

なぜなら、政策金利の水準は通貨の強さに影響し、金はドル建てであるため、ドルの強さは金相場に大きな影響を与えるからです。

 

ドル安は外国人バイヤーにとって金を相対的に安くし、需要を刺激するため、価格が上昇する可能性があります。 逆にドル高になると、外国人バイヤーにとって金は相対的に割高になり、需要が減退するため、価格が下落する可能性があります。

 

したがって、ドル指数の動きは、ドルと負の相関を持つ金の価格に影響を与え、ほとんどの場合、金の価格はドルの価格と逆方向に動きます。 つまり、ドルが上昇すると金相場は下落し、ドルが下落すると金相場は上昇します。

 

②金利

金価格の今後価格は金利の上下によって影響されます。

金利の上昇は、投資家が通貨から高い利回りを得るために通貨を保有し続けることを促します。 最近の金利上昇はドル高にもつながっています。 金はドル建てなので、金相場は下落します。

 

③経済データ

雇用統計、賃金データ、製造業データ、GDP成長率などの広範なデータなどの経済データは、米国連邦準備制度理事会(FRB)や主要国の金融政策決定に影響を与え、それが金相場に影響を与えます。

 

④需要と供給

需要と供給の単純な経済学も金現物価格に影響を与えます。 Metals FocusのGold Focus 2022では、金を生産するための総持続コストを1オンスあたり1,068ドルと見積もっています。

 

これは、現在の金相場の高さを考えると、生産者が利益を上げる余地がまだ十分にあることを意味しますが、新しい鉱山を一夜にして開設することはできないため、一夜にして供給を増やすことは容易ではありません。

 

⑤インフレ

インフレは金相場を押し上げる傾向があり、デフレは金を圧迫します。

 

現在、金/ゴールド(GOLD)の無期限先物取引サービス(GOLD/USDT無期限)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

金/ゴールド(GOLD)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

金相場予想:金価格は今後どうなる?


ここからは、今後の金相場予想についていくつかの観点を紹介します。

 

今後の金価格予想:キャピタル・エコノミクス

キャピタル・エコノミクスは最新の展望レポートでは、米連邦準備制度理事会(FRB)のタカ派的スタンスが最近後退しているにもかかわらず、金相場は来年上昇すると主張しています。

 

キャピタル・エコノミクスのマクロ商品エコノミスト、エドワード・ガードナー氏によると、金と銀の価格は、現在の1オンスあたり1,630ドルと18ドルから、2023年末には1オンスあたり1,700ドルと19.50ドルに上昇すると予測しています。

 

FRBパウエル議長は講演で、最終金利は予想より高くなり、利上げ休止の話は「時期尚早」であると繰り返し述べています。 しかし、FRBはその政策がより広い経済に与える影響を考慮すると述べ、政策変更を否定しなかりました。

 

これに対し、ガードナー氏が「パウエル議長のタカ派的な発言を受けて金と銀の価格が下落していることから、FRBのタカ派的なスタンスは長続きしないと考えている」と述べた。 しかし、市場が期待するほど金利が上昇するとは考えておらず、金・銀価格は来年上昇するはずです。 さらに、FRBが75ベーシスポイント利上げした後、金・銀価格が当初上昇したことは、投資家の判断がハト派的であることを示唆しています。

 

また、ドル高が金相場の重しとなっているが、ドルの上昇は来年にはピークを迎え下落に転じると予想され、金相場の反発を後押しします。 「ドル高になると、米国外でドル建ての金や銀を買うには割高になる。 しかし、世界的な成長の鈍化が続けば、リスク選好の変化によりドル安が進み、金相場の上昇につながるだろう」とガードナー氏。 とガードナーは語りました。

 

メルク・インベストメンツの社長兼最高投資責任者であるアクセル・メルク氏も以前、金利に対する市場の期待が変化し続けるため、金相場は当面不安定な状態が続くとコメントしています。 しかし、長期的には、金はポートフォリオを保護し、価値を維持し続けるでしょう。

 

現在、金/ゴールド(GOLD)の無期限先物取引サービス(GOLD/USDT無期限)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

金/ゴールド(GOLD)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

金価格予想は10年後どうなる?金相場が今後2,000ドルに上昇できる?


最近、国際的な投資機関やアナリストは、10年後の金相場が3,000ドルに達する可能性があると呼びかけており、投資専門家の中には、金相場が4,000ドルに達する可能性があると考える人さえいます。

 

この点に関して、金の王子である楊天利氏は、金相場が3,000ドルや4,000ドルになるのは高すぎてあり得ませんが、金相場が1オンスあたり2,000ドルに上昇する可能性はあると考えています。

 

楊天利氏によると、金相場は一定期間1オンスあたり1800ドルで固まり、1960~1970ドルに挑戦するチャンスを待つと予想され、2000ドルを超えるためには、ある出来事が起こらなければなりません。 金相場が2000ドルの大台に乗ると、経済は明らかに後退し、株式市場は大幅な調整に直面する可能性があり、ドルは大きな下落に直面すると懸念されています。

 

「今後の金価格のトレンドは、すべてリスクと繋がっています。 1つ目は地政学的波及効果で、ロシア・ウクライナ戦争のその後の展開、米中対立の影響、中東の地政学的問題など、2つ目は世界的なインフレで、現在も非常に深刻で、今後どのように推移するかも注目点、3つ目は景気と雇用の問題で、緩やかな景気後退になるのか、深刻な景気後退になるのか、「今後どうなるかは本当に分からないので、戦いに臨むしかない」としました。

 

現在、金/ゴールド(GOLD)の無期限先物取引サービス(GOLD/USDT無期限)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

金/ゴールド(GOLD)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

金相場/金価格予想をまとめ


今回は金相場の今までの推移や、今後金価格の上昇・下落する理由、10年後の金相場予想などを紹介しましました。

 

新型コロナウイルスが収束すれば、経済回復に向けて世界中が動き出すことが予想され、金相場が一時下落する可能性はあると予想していますが、長期的な観点から見ると金価格は上昇し続けるでしょう。

 

BTCCのホームページでは、今後も金価格の最新動きや法整備に関する注目情報、仮想通貨相場全体の動向などをお届けしていきます。今後も参考にしていただければ幸いです。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大10,055 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 10,055USDT のボーナス獲得可能。

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

最新のキャンペーン情報はこちらから:https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

関連記事


▶ 為替・株式・金融商品

台湾積体電路製造(TSMC)株価の今後は?10年後の株価予想や将来性を解説

ネットフリックス(Netflix/NFLX)株価の今後は?将来性や価格予想を徹底解説

2024年ドル円相場予想:円安が続く理由は? 今は円買いのチャンス?

トヨタ株価がおかしい?配当利回りやライズの値崩れ・今後の株価予想などを徹底解説

アルファベット(Google)株価は今後どうなる?価格予想や見通しを徹底解説

アマゾン(Amazon)株価は今後どうなる?株価予想や見通し・株式分割を解説

ソフトバンク株価は10年後どうなる?危ない?今後の見通しや配当を徹底解説

10年後の金価格予想は?金相場の推移や今後の価格予想を徹底解説

マイクロソフト株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

アーム(ARM)株価は今後どうなる?10年後の株価予想やIPO後見通しを徹底解説

空売りとは?株の空売りのやり方やメリット・注意点を徹底解説

2040年のドル円予想は?10年後も円安続く?ドル円の見通しを解説

エアロエッジ(AeroEdge)株価はどうなる?IPO上場の初値や今後予想、気配運用を解説

アップル株価の今後は?10年後予想や株価推移・配当を徹底解説

エヌビディア株価は今後どうなる?10年後の株価予想や見通し・買い方を解説

ドル円の今後はどうなる?円安はいつまで?最新予想や見通し

テスラ株価の今後予想や将来性を徹底解説!買い方や10年後の株価予想も

2023年の株式市場はいつから?東京株式市場・米国株式市場2023年価格予想

 

▶ 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨ARKM (Arkham/アークハム)とは?価格動向や将来性を徹底解説

仮想通貨SPELL(スペルトークン)とは?メリットやデメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨MAVIA(Heroes of Mavia)とは?始め方や遊び方・買い方を徹底解説

仮想通貨カウンターパーティー(XCP/Counterparty)とは?今後の見通し・将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Gitcoin (GTC)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨Metis(METIS)とは?価格動向や買い方・ユースケースを徹底解説

仮想通貨FUSD(First Digital USD)とは?取引所や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Status(ステータス/SNT)とは?特徴や今後の将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨THORChain (RUNE)とは?特徴や今後の価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Casper (キャスパー/CSPR)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Livepeer (LPT)とは?メリット・デメリット・買い方など徹底解説

仮想通貨Raydium(RAY)とは?今後の将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Zetachain(ゼータチェーン/ZETA)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨DMAIL Network(DMAIL)とは?特徴や価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨Jupiter(JUP)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨WEN(WEN Token)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

GT Protocol(GTAI)とは?特徴や取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨Magic Square(SQR)とは?特徴やロードマップ・買い方を徹底解説

仮想通貨Injective (INJ)とは?特徴や今後予想・価格動向を徹底解説

仮想通貨AIOZ Network(AIOZ)とは?特徴や仕組み・買い方を徹底解説

仮想通貨Xai(XAI)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨ZKFair (ZKF)とは?特徴やエアドロップ・買い方を徹底解説

仮想通貨OpenDAO(SOS)とは?特徴や価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨Powerledger(POWR)のエアドロップのやり方を徹底解説

仮想通貨FEGとは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨NFPrompt(NFP)とは?特徴や価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨Moonriver(MOVR)とは?特徴や今後の価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Silly Dragon(SILLY)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Grape Finance(GRAPE)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨NINJA(CryptoNinja/クリプトニンジャ)とは?ビットコインNFTへ進出?!

仮想通貨COQ Inu(COQ)のエアドロップとは?やり方も徹底解説

【仮想通貨】BRC-20トークンとは?2024年稼げるBRC-20トークン6選

仮想通貨Fusionist(ACE)とは?特徴や取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨Myria (ミリア)とは?特徴や将来性・価格予想を徹底解説

仮想通貨Steem(STEEM)とは?特徴や将来性・価格予想を徹底解説

仮想通貨SATS (Ordinals)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Jito(JTO)とは?特徴や買い方・エアドロップを徹底解説

仮想通貨Inspect (INSP)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨Steem(STEEM)とは?特徴や将来性・価格予想を徹底解説

仮想通貨SATS (Ordinals)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Jito(JTO)とは?特徴や買い方・エアドロップを徹底解説

仮想通貨Inspect (INSP)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨Pyth Network (PYTH)とは?特徴や将来性・エアドロップを徹底解説

仮想通貨Anchored Coins EUR(AEUR)とは?バイナンス上場のステーブルコインを解説

仮想通貨Flamingo(FLM/フラミンゴ)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Perpetual Protocol (PERP/パーペチュアル)とは?特徴や買い方など徹底解説

仮想通貨メイカー(Maker/MKR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Badger DAO (BADGER)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨UMA(Universal Market Access)とは?将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨WBTC(ラップドビットコイン)とは?特徴やメリット・価格動向を徹底解説

【2023年最新】仮想通貨ARPAの将来性は?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Ocean Protocol(OCEAN)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Rocket Pool(RPL)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Starlink(STARL)とは?将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨StormX(ストーム/STMX)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨TomoChain(TOMO)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Wall Street Memes(WSM)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨JUST(JST)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨ICON (アイコン/ICX)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Trader Joe(JOE)とは?特徴や将来性・今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨Liquity (LQTY)とは?将来性や取引所・買い方を徹底解説

StepApp(FITFI)の今後はどうなる?価格予想や将来性・メリットを徹底解説

仮想通貨ID(SPACE ID)の将来性は?今後の価格予想や使い方、注意点を徹底解説

仮想通貨Lido DAO(LDO)とは?将来性・価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨iExec RLC (RLC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Hifi Finance(HIFI)とは?将来性や取引所・メリットを徹底解説

仮想通貨Gifto(GFT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Frax Share (FXS)とは?Frax Financeの特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Open Campus(オープンキャンパス/EDU)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Civic(CVC)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Shentu(CTK)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨NIDT(日本アイドルトークン)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出