仮想通貨Biconomy(BICO)とは?将来性や買い方を徹底解説

2023/09/13著者:

この記事を読んでいるあなたは、

  • Biconomy(BICO)とはどんな仮想通貨?その特徴を知りたい
  • Biconomy(BICO)の価格は?その価格動向を知りたい
  • Biconomy(BICO)の買い方は?BICOの取扱い仮想通貨取引所を知りたい

上記のような悩みを持っているかもしれません。

 

Biconomy(BICO)は、イーサリアム上に構築されたマルチチェーン中継ネットワークです。仮想通貨BICOは、Biconomy上で利用されているネイティブトークンです。

 

Biconomy(BICO)は、DAppユーザーが取引や価値移転を実行する際に生じるガス料金の支払いや、ネットワークの変更など、ブロックチェーンの複雑さを回避するために設計されたものです。

 

基本的に、Biconomyは、現在私たちのオンライン決済を扱っているPayPalやStripeのように、仮想通貨の取引の決済ゲートウェイとしての役割を果たすことを目指しています。

 

本記事では、Biconomy(BICO)とは何か、その特徴や将来性、買い方などを徹底解説していきます。

 

BTCCでは現在、Biconomy(BICO)の無期限先物取引サービス(BICOUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

仮想通貨Biconomy(BICO)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

Biconomy(BICO)のチャートと現在の価格動向


まずは、Biconomy(BICO)の現在の価格動向やリアルタイムチャートを見ていきましょう。

 

2023年9月13日現在、Biconomy(BICO)の価格は30円未満で推移していて、過去24時間比1.22%高で推移しています。

 

時価総額は約193億円となっています。

 

Biconomy(BICO)は現在、仮想通貨時価総額ランキングの162位に位置付けられています。

 

Biconomy(BICO)の価格情報

通貨名称 Biconomy
シンボル BICO
価格(2023年9月13日時点) 29.32円
時価総額(2023年9月13日時点) 192.8億円
時価総額ランキング(2023年9月13日時点) 162位

 

  Biconomy(BICO)チャート

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

BTCCでは現在、仮想通貨Biconomy(BICO)の無期限先物取引サービス(BICOUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

Biconomy(BICO)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

Biconomy(BICO)とは


Biconomy(BICO) とは、イーサリアム・ブロックチェーン上に構築されたマルチチェーン中継ネットワークです。

 

ブロックチェーンの適応性や可用性といった避けられない固定観念といった問題に対して、Biconomy(BICO) は最も包括的かつ広範囲なソリューションを提供します。トランザクション管理、ガス決済、Web3.0アプリケーションを処理するためのブリッジとして機能します。

 

Biconomyは非保護型であるため、ユーザーは取引を行う際にネットワークの切り替えを心配する必要がないことを意味します。多くのWeb 3.0アプリケーションはイーサ上で構築され続けています。

 

しかし、こうしたトラフィックはすべてイーサのブロックチェーンを詰まらせ、ガスの価格を大幅に上昇させ、開発者はアプリケーションのために代替チェーン(Solana、Polkadot、Cardano、Binance Smart Chainなど)を探すことを余儀なくされています。 Web3がマルチチェーンの現実になることは明らかであり、ユーザーがチェーン間で資金を移動させるためには、安全なブリッジングソリューションが必要です。

 

従来のアプリケーション開発では、SDK(Software Development Kits)とAPI(Application Programming Interfaces)がアプリケーションの機能を開発するために使用される2つの主要なツールです。SDKは特定のプラットフォーム向けにアプリケーションを構築するためのツールを提供し、APIは2つのプラットフォーム間の通信を容易にし、アプリケーション間の効率的な統合を可能にします。

 

2019年、Biconomyが設立された。Biconomyのスタッフはプログラマー、暗号愛好家、デザイナーで構成されています。BiconomyのCEOと共同設立者はAniket Jindal、Sachin Tomar、Ahmed Al-Balaghiで、プラットフォームはBinance、Coinbaseからも支援を受けています。このプラットフォームは、Binance、Coinbase、Venturesなどからも支援を受けています。

 

Biconomyは、開発者にパワフルで使いやすいSDK/APIを提供し、エンドユーザーがブロックチェーンの複雑さに対処する必要がないように、カスタマイズされた取引プロセスを持つ分散型アプリケーション(DApps)を構築することを可能にします。 これにより、開発者はユーザーとDAppsの間でシームレスなインタラクションを実現できます。

 

Biconomyの目標は、取引体験を簡素化することで、Web3製品を従来のWeb2製品と同様に直感的で使いやすいものにすることです。 仮想通貨トランザクション層における主要なペインポイントに対処することで、BiconomyはWeb3体験を簡素化し、分散型プロジェクトの大量採用を促進することを期待しています。

 

仮想通貨BICOとは?用途も解説

仮想通貨BICOはBiconomyのネイティブトークンで、ガバナンストークンとユーティリティトークンとしてりようされています。 その用途は主に以下の通りです。

 

BICOはネットワーク手数料として機能し、すべてのステークホルダーにネットワークを保護・維持するモチベーションを与え、ネットワークガバナンスに参加することで、ネットワークの分散化に重要な役割を果たします。

Biconomy上でサポートされるすべてのチェーン上のすべての取引は、Biconomyブロックチェーンによって決済され、検証されます。 チェーンに情報を追加するには、ノード運営者(執行者と検証者)は取引手数料をBICOで支払わなければなりません。 また、ネットワーク作業量に応じてBICOを受け取ります。

さらに、仮想通貨BICOの保有者は、Biconomyプロトコルに関連する決定を提案し、投票することができます。これらの決定には、コードの変更、国庫の支払いなどが含まれます。

 

BTCCでは現在、仮想通貨BICOの無期限先物取引サービス(BICOUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。
[TRADE_PLUGIN]BICOUSDT,BICOUSDT[/TRADE_PLUGIN]

 

仮想通貨Biconomy(BICO)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

Biconomy(BICO)の特徴


Biconomy(BICO)は他の仮想通貨プロジェクトと比較して、下記のような特徴があります。

 

①メタ取引

BiconomyのHyphenは、ユーザーがGas手数料を支払うことなく、また仮想通貨ウォレットの複雑さを通過することなく、メタ取引を行うことを可能にします。

 

Decentraland、SandBox、Animoca brand、dYdXなど多くの有名な仮想通貨プロジェクトがBiconomyをプロジェクトに統合しています。

 

②ブリッジングソリューション

このプラットフォームは、既存のプロジェクトにユニークなブロックチェーンブリッジングソリューションを提供しています。BiconomyにdAppsを追加し、ブリッジを作成したいブロックチェーンを選択するだけで、真のマルチリンクになります。

 

このソリューションにより、開発者は多くの時間とコストを節約できます。 現在、BiconomyはEther、Polygon、Avalanche、Arbitrium、Optimism、Coin Smart Chain、Fantomの接続をサポートしています。

 

③多目的トークン

Biconomyの仮想通貨であるBICOは、インターネット上での取引や、ネットワーク参加者がネットワークガバナンスに積極的に参加する機会を提供するために利用されます。

 

仮想通貨Biconomy(BICO)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

Biconomy(BICO)は将来性ある?


Biconomy(BICO)は、Web3アプリケーションの人気の高まりを利用したプロジェクトはバイコノミーだけではありません。

 

2021年第4四半期にスタートしたBICOの価格は、12月上旬に史上最高値の21.87ドルまで急上昇しました。しかし、その上昇基調は続かず、当初の誇大宣伝が一段落した後、BICOの価格は下落しました。

 

BICOは当初CoinListに上場されましたが、その後Coinbaseを含む多くの大手取引所に上場を果たしました。

 

現在安く取引されているので、投資するには良いタイミングであり、Biconomyは2022年にマルチチェーンリレープロトコルの開始、ガスフリー機能の改善、Solana、Fantom、NEONを含む新しいチェーンの統合など、多くの改善を計画しています。Biconomy(BICO)や仮想通貨BICOの今後の将来性は期待できるでしょう。

 

Biconomy(BICO)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

Biconomy(BICO)の買い方


ここからは、当ブログ運営元であり、Biconomy(BICO)を取り扱うリバティブ取引所はBTCCでの購入方法を紹介していきます。

 

Biconomy(BICO)は、BTCCにて以下の4ステップで購入できます。

 

BICO購入までの4ステップ】

  1. BTCCにてアカウントを作成
  2. 本人確認を完了させ新規口座を開設
  3. 取引口座に日本円を入金しUSTDを保有
  4. 仮想通貨交換でUSTDとBICOを交換

 

BTCCでは現在、仮想通貨BICOのUSDT無期限先物(BICO/USDT)取引サービスを提供しています。最大50倍レバレッジでご利用いただけます。

 

BTCCで仮想通貨BICOを取引する手順は下記の通りです。

 

仮想通貨BICOを取引するには、まずBTCCアプリを開けましょう。

BTCCの口座をお持ちのない方は、下記のサイトで口座開設しておきましょう~現在新規口座開設するだけで10USDTゲットを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

そして、【マーケット】ページに移動し、検索機能🔍をタップします。

 

検索欄で【BICO】を入力してたらBICOUSDT無期限先物を見つけることができます。

 

 

続いて、【BICOUSDT無期限】をタップし、取引ページへ移動します。

 

【買い・ロング】/【売り・ショート】を選択し、取引数量とレバレッジを入力して注文確認したら完了です。

 

仮想通貨BICOを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

Biconomy(BICO)の今後・将来性まとめ


以上はBiconomy(BICO)の特徴やチャート、将来性、取引所、買い方などを徹底解説していきます。

 

BTCCのホームページでは、今後もBiconomy(BICO)の価格に影響を与える最新ニュースや法整備に関する注目情報、仮想通貨相場全体の動向などをお届けしていきます。今後も参考にしていただければ幸いです。

 

Biconomy(BICO)などの仮想通貨ニュースや相場に関してもっと知りたい方は、BTCCアカデミーBTCCニュースをご覧ください。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大10,055 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 10,055USDT のボーナス獲得可能。

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

最新のキャンペーン情報はこちらから:https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

関連記事


▶ 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨Flamingo(FLM/フラミンゴ)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Perpetual Protocol (PERP/パーペチュアル)とは?特徴や買い方など徹底解説

仮想通貨メイカー(Maker/MKR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨ヤマイヌ(YAMAINU/山犬コイン)とは?特徴や将来性を徹底解説

仮想通貨クロノス(Cronos/CRO)とは?特徴や将来性・今後予想を徹底解説

仮想通貨CYBER(サイバーコネクト)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Cartesi(CTSI)とは?将来性や買い方・価格動向を徹底解説

WOO Network(WOO)は100円になる?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Chia(XCH)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Loopring(LRC)とは?特徴や価格動向、将来性を徹底解説

仮想通貨Creditcoin(CTC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨SLP(Smooth Love Potion)とは?将来性や稼ぎ方・買い方を徹底解説

仮想通貨Tellor (TRB)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Kusama (クサマ/KSM)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Fetch.ai (FET)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Radiant Capital(RDNT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

Pi Network(パイネットワーク)とは?仕組みや特徴、マイニングを解説

仮想通貨JASMY(ジャスミー/JMY)とは?将来性や今後価格・取引所を解説

FTXトークン(FTT)とは?特徴や将来性を解説【仮想通貨】

仮想通貨ASTAR(アスター/ASTR)とは?特徴や今後予想・将来性を解説

元素騎士オンラインとは?始め方や今後の見通しを徹底解説

仮想通貨SANDとSandboxの将来性は?今後予想や買い方・始め方を解説

仮想通貨MINA/Mina Protocolとは?今後の将来性や買い方・価格動向を徹底解説

仮想通貨CAKE/PancakeSwapとは?今後の将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨dYdXとは?今後の将来性や、価格動向・買い方を徹底解説!

仮想通貨IMX(Immutable)の将来性は?今後予想や買い方など徹底解説

仮想通貨Core DAO (CORE)とは?エアドロップや将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)の今後の将来性は?取引所や買い方も解説!

柴犬コイン(シバイヌ/SHIB)とは?特徴や買い方・将来性を解説

仮想通貨SOL(ソラナ/Solana)の今後はどうなる?将来性や買い方、取引所を解説

仮想通貨リスク(LSK)は終わった?今後の将来性や高騰する理由・将来価格を予想

【2023年6月】仮想通貨おすすめ銘柄ランキング5選!将来性の高い銘柄の選び方や価格推移を解説

リップル(XRP)の今後は?価格予想や将来性・リップル裁判を解説

仮想通貨ファントム(FTM)とは?今後の将来性や特徴など徹底解説

仮想通貨SUIとは?今後の将来性や買い方・使い方を徹底解説

仮想通貨PEPE(ぺぺコイン)とは?購入方法や取引所・価格動向を徹底解説

仮想通貨CAW (A Hunters Dream)の買い方を徹底解説

仮想通貨LINA(Linear Finance)とは?今後の価格予想や将来性を徹底解説

仮想通貨1inch Network(1INCH)の将来性は?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨ガラ(GALA)とは?将来性や今後の価格予想、買い方を徹底解説

仮想通貨クアンタム(QTUM)の今後を予想!価格推移や将来性を解説

仮想通貨ファイルコイン(FIL)は怪しい?将来性や買い方・おすすめ取引所を徹底解説

スウェットコイン(Sweatcoin)の将来性は?価格予想や始め方・取引所

仮想通貨TWTとは?将来性や分散型ウォレットTrust Walletを解説

仮想通貨LooksRare(LOOKS)とは?買い方や将来性・Openseaとの比較を徹底解説

仮想通貨トロン(TRON)の将来性は?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨Core DAO (CORE)とは?エアドロップや将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Vechain(VET)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Compound (コンパウンド/COMP)とは?将来性や今後の価格予想・買い方を徹底解説

リップル(XRP)は100万円になる?将来性ない?リップル裁判や2030年の価格予想を解説

Aptos(アプトス/APT)とは?特徴や今後の見通しを解説

ポルカドット(DOT)の将来性や今後の価格予想、取引所を徹底解説

仮想通貨Blur(ブラー)とは?上場取引所や特徴・価格推移まで徹底解説

マスクネットワーク(MASK)とは?特徴や今後の見通しを解説

エンジンコイン(ENJ)は10000円になる?10年後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨ダッシュ(DASH)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨EOS(イオス)とは?今後の将来性や価格予想を解説

イーサリアムの10年後の価格は?今後の価格動向や見通しを徹底解説

【2023年最新】イーサリアム(ETH)の今後は?将来性や価格予想を解説

仮想通貨MultiversX(EGLD)とは?今後の将来性や買い方・取引所を徹底解説

ドージコイン(DOGE)の今後はどうなる?将来性や価格予想を徹底解説

エイダコイン(ADA)は10000円になる?今後の価格予想やステーキングを徹底解説

エイダコイン(ADA/カルダノ)の将来性は?今後の価格予想や買い方を解説

ライトコイン(LTC)の将来性は?今後の価格予想や買い方など徹底解説

仮想通貨YFIとは?今後の見通しや将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨ICPとは?今後の将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨ネム(XEM/NEM)の将来性は?爆上げ原因や今後の価格予想を解説

仮想通貨・ビットコインは今後どうなる?将来性や暴落予想を徹底解説【2023年7月最新】

エイプコイン(ApeCoin/APE)の将来性は?今後予想や買い方など徹底解説

【仮想通貨】Cosmos(コスモス/ATOM)とは?特徴や将来性を解説

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出