【仮想通貨】Reserve Rights(RSR/リザーブライツ) とは?特徴や今後の見通し・将来性を解説

10/03/2022著者: c, dora

Reserve Rights(RSR/リザーブライツ) はHuobi Primeプラットフォームでの新規取引所公開(IEO)に成功した後、2019年5月にローンチされた2つのトークンの1つで、ステーブルコインプラットフォームです。

 

ビットコインが誕生した後、後続の仮想通貨やブロックチェーンプロトコルが登場しましたが、仮想通貨業界はまだスケーリングの問題に悩まされており、市場が広く普及するのを妨げているのが現状です。

 

そのため、Reserve Rights(RSR)はグローバルに利用できることを目的として開発され、業界拡大を目指しています。

今回この記事は、Reserve Rights(RSR/リザーブライツ) とは何か、その特徴や今後の見通し・将来性などについて初心者でもわかりやすく解説していきます。

 

Reserve Rights(RSR/) に興味を持つ方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

目次

1.Reserve Rights(RSR) とは

2.Reserve Rights(RSR) の特徴

3.Reserve Rights(RSR) の仕組み

4.Reserve Rights(RSR) の今後の見通し・将来性

5.Reserve Rights(RSR/リザーブライツ) :まとめ

Reserve Rights(RSR) とは


まずは、Reserve Rights(RSR/リザーブライツ) とは何かについて簡単に説明します。

Reserve Rights(RSR/リザーブライツ) とは、Huobi Primeプラットフォームでの新規取引所公開(IEO)に成功した後、2019年5月にローンチされた2つのトークンの1つで、ステーブルコインプラットフォームです。

 

Reserve Rights(RSR)はNevin Freeman氏及びMatt Elder氏によって共同創設されました。ReserveプロトコルはReserve Rights(RSR)とステーブルコインReserve Stablecoin(RSV)という2つのトークンあり、2019年5月にローンチされました。

 

Reserve Rights(RSR)のホワイトペーパーによると、「既存の仮想通貨のボラティリティは、その有用性を著しく低下させるが、ステーブルコインは価値の保存、交換媒体、繰延支払の標準となる」としてより広く利用されるようになるという。

 

Reserve Rights(RSR) に期待されている方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

Reserve Rights(RSR) の特徴


Reserve Rights(RSR/リザーブライツ) の特徴といえば、主に下記の3点です。

Reserve Rights(RSR) の特徴
1.RSRトークンとRSVトークンから構成

2.仮想通貨を裏付けとしたステーブルコイン

3.イーサリアムブロックチェーン上に構築される

 

1.RSRトークンとRSVトークンから構成

Reserveプロトコルでは、Reserveステーブルコイン(RSV)、Reserve Rights(RSR)から構成されている。

 

Reserveプロトコルによれば、Reserveスマートコントラクタが保有する他の資産で、Reserveトークンであるステーブルコインの価値を裏付けることができるようにするものです。

 

  • RSVトークン:ステーブルコイン

ReserveのステーブルコインRSVは2019年に発売され、トークン化された資産のバスケットによって支えられています。米ドルとの平価を維持し、1RSV=1ドルを意味します。 RSVは、発展途上国に信頼性の高い強固なエコシステムを提供し、送金の低コスト化を支援するために設計されています。 スマートコントラクトプラットフォームを表すReserve vaultがRSVを保有しています。

 

  • Reserve Rights(RSR)トークン

Reserve Rights(RSR)は、保有者がガバナンス提案に投票できるユーティリティトークンです。RSVと異なり、RSRは変動が激しいため、RSVを1ドルで安定させるために使用されます。

 

つまり、RSRトークンを販売することによって生成された資金が、RSV担保プールを補充するために使用され、RSVが1ドルを超える場合、追加担保は流通市場からRSRを購入し焼却するのに使われ、供給を抑制しているのです。

 

2.仮想通貨を裏付けとしたステーブルコイン

Reserveプロトコルのステーブルコインの裏付けが複数の仮想通貨であり、スマートコントラクトによって管理されていることが特徴です。

 

ステーブルコインに裏打ちされた仮想通貨には、イーサリアム、USDコイン(USDC)、True USD(TUSD)、Paxos Standard(PAX)などがあります。しかし、今後は担保となるトークンの数を増やし、フィアット通貨や証券など、より多様な種類を用意する予定です。

 

3.イーサリアムブロックチェーン上に構築される

Reserve Rights(RSR)はイーサリアムブロックチェーン上に構築されたERC-20プロジェクトです。そのステーブルコインRSVはで、剛性の高い過担保の伝統的なステーブルコインと、予測不能な中央集権的な既存のアルゴリズムステーブルコイン間のギャップを埋めることを目的としています。

そのため、Reserve Rights(RSR)現在はPoW(Proof of Work)コンセンサスアルゴリズムによって安全が確保されています。

 

しかし、PoWは時間がかかり、エネルギー効率が悪いため、イーサリアムはより安価で高速な取引をネットワークにもたらすためにProof of Stake(PoS)へ移行し、つい最近PoSへの移行に成功しました。 マイナーのネットワークに依存し、数学的問題を解いて取引を処理し報酬を受け取るPoWとは異なり、PoSは取引ブロックを獲得するノードを選ぶコンセンサスアルゴリズムに依存しています。

 

Reserve Rights(RSR) に期待されている方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

Reserve Rights(RSR) の仕組み


では、Reserve Rights(RSR) の仕組みを解説していきます。

 

Reserve Rights(RSR)プロトコルはイーサリアム(ETH)ブロックチェーン上で誕生し、ユーザーがステーブルコインの価値を維持するための革新的な方法を実装することを目的としました。そのステーブルコインRSVは米ドルにペッグされているため、1ドルの価値を維持する必要があります。

 

RSVトークンが1ドルを下回ると、Reserveプロトコルは取引所でトークンの価格を1ドルに戻すためにRSVを買い増します。目標値が1ドルを超えた場合、プロトコルは新たに鋳造されたRSVや余ったRSVをトークン化された資産やRSRと交換して販売し、ステーブルコインの価格を1ドルまで下げます。

 

仮想通貨RSRの役割は、Reserveプロトコルで保有する資産が減少し、RSVの存在が保証されなくなった場合に、市場を再資本化するです。その結果、RSVトークンの供給が増加すると、RSRトークンの数が減少することになります。

 

仮想通貨Reserve Rights(RSR) を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

Reserve Rights(RSR) の今後の見通し・将来性


続いて、Reserve Rights(RSR) の今後の見通し・将来性をチェックしましょう。

 

Reserveのウェブサイトによると、Reserve Rights(RSR) の初期生産は中央集権的に機能するとのことです。開発チームは、ネットワークが成長するにつれて、設立チームによるコントロールが解放されるにつれて、プロトコルの一部がオンチェーンに移行すると記しています。最終的には、ネットワークは完全に非中央集権化される予定です。

 

これを実現するために、3つの段階が計画されています。それらは以下の通りです。

 

  • 中央集権フェーズ

この段階では、Reserve Rights(RSR) は少数の担保トークンによって支えられており、各トークンはトークン化された米ドルです。

 

  • 非中央集権的フェーズ

Reserve Rights(RSR) は、分散化された方法で資産のバスケットを移動させることによって安定化しますが、それでも米ドルとの価格平価は維持されます。

 

  • 独立フェーズ

3つのフェーズの最終段階で、RSVトークンはもはや米ドルに固定されておらず、米ドルの価値の変動に関係なく安定した状態を維持します。

 

 

Reserve Rights(RSR) :まとめ


今回は、Reserve Rights(RSR) の特徴や仕組み、稼ぎ方などを解説してきました。

 

仮想通貨Reserve Rights(RSR) やほかの仮想通貨銘柄に関してもっと知りたい方は、、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

 

【あわせて読みたい】

【仮想通貨】Acala(ACA/aUSD)とは?概要・特徴などを解説

【仮想通貨】スパーク(Spark/FLR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?無料で仮想通貨がもらえる

【仮想通貨】Chain of Legends(CLEG)とは?稼ぎ方を解説

【仮想通貨】WingStep(WST)とは?概要・特徴・将来性を解説

【仮想通貨】RunBlox(ランブロックス/RUX)の始め方・稼ぎ方を解説

【仮想通貨】CAW (A Hunters Dream)とは?概要・特徴・将来性を解説

【仮想通貨】GSTとは?概要や特徴・買い方などを徹底解説