仮想通貨フレア(FLR)のエアドロップが間もなく実施へ

2022/12/02著者: c, dora

暗号資産(仮想通貨)リップル(XRP)のホルダーに配布が予定されている「フレア(Flare/FLR):旧スパーク(FLR)」のエアドロップの予定日が迫ってきた。

 

【関連記事】

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?無料で仮想通貨がもらえる

BTCCでリップル(XRP)先物取引のやり方【初心者向け】

フレア(FLR)に興味を持つ方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

 

フレア(FLR)のエアドロップが間もなく実施


リップル(XRP)の分散型台帳「XRPレジャー」上にスマートコントラクト機能の導入を目指すプロジェクト「フレアネットワーク(Flare Networks)」は12月1日、フレア(FLR)のエアドロップの開始日を2023年1月9日とし、開始後2週間以内にFLRトークンを発行する仮想通貨取引所のリストを公表した。

 

配布されるFLRトークンの量は、12月12日(権利確定日)のリップル現物保有量のスナップショットに基づき、「1:1」の割合で決定される。

 

フレアネットワーク(FLR)は、仮想通貨取引所と積極的に連携しており、FLRスナップショットに参加するためには、エアドロップに対応した取引所、またはエアドロップに対応したウォレットで保有することが必要だ。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード

FLRトークンを配布する仮想通貨取引所


フレアネットワークによると、2023年1月9日から2週間以内に仮想通貨FLRを顧客に配布することに合意した主要取引所はバイナンスや、クリプトドットコム、クラーケン(Kraken)、OKX、Bitfinex、Bitrue、BitStamp、Bithumb、Okcoinなど25社だ。

 

その中に日本企業は入っていない。また、クラーケン(Kraken)のみが取引サービスやステーキングをリリースしている。

関連:仮想通貨のステーキングとは?仕組み・特徴を解説!|用語集

 


フレア(FLR)や仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

仮想通貨スパーク(Spark/FLR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?無料で仮想通貨がもらえる

仮想通貨のステーキングとは?仕組み・特徴を解説!|用語集

仮想通貨シンボル(XYM)とは?将来性や今後の価格予想を解説

【仮想通貨】ASTAR(アスター/ASTR)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨取引所おすすめ比較ランキング!口座開設方法や選び方を解説

仮想通貨・ビットコインは今後どうなる?将来性や暴落予想を徹底解説【2022年最新】

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード