リップル(XRP)とは?リップルの基本をわかりやすく解説

04/13/2022著者: c, dora

リップル(XRP)とは何かご存知でしょうか?リップルの定義や特徴、価格についてなど、いまさら聞けないリップルの基本について簡単に解説します!

リップル(XRP)とは?リップルの基本をわかりやすく解説

リップル(XRP)とは


リップル(XRP)は、カリフォルニア州に拠点を置くスタートアップ企業Ripple Labsのネイティブトークンで、時価総額でトップ3に入る暗号資産(仮想通貨)です。同社は、ブロックチェーン技術を利用し、銀行が国境を越えた取引を改善することを目的としており、トークンは同社のサービスの一部を利用するために必要です。

 

リップル社のプラットフォームは、2012年にクリス・ラーセンとジェド・マッカレブによって開発され、デジタル取引、決済、金融資産の交換に用いられるグローバルなインフラに革命を起こすことを目的としています。

 

従来の金融機関は、リップルプロジェクトへの支持を表明しています。現在、スタンダード・チャータード銀行やアメリカン・エキスプレスなど、数十の機関や銀行、その他の金融サービスプロバイダーが、リップル社の3製品のいずれかを使用しています。

 

 

リップル(XRP)の特徴


リップルのプラットフォームは、わずか4秒で決済が完了するため、現在最も高速なものの一つです。さらに、1秒間に最大1,500件のトランザクション(TPS)を処理することが可能です。この決済速度は、顧客満足度の向上につながるため、銀行にとってはメリットとなる要素です。さらに、リップルのトランザクション(TPS)の値は、多くのユーザーをサポートできるプラットフォームであることを意味し、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの多くの仮想通貨がこれほど効果的に機能し、提供できないのです。

 

銀行間の送金は、銀行が多額の手数料を生じるため、決して安いものではありません。リップル社のプラットフォームを利用することで、ネイティブな仮想通貨であるリップル(XRP)を利用し、こうした取引に関わるコストを削減することができます。さらに、リップル社のプラットフォームはクロスカレンシー決済をサポートしており、スピードと費用対効果を維持したまま、取引内で通貨を変更することが可能です。

 

 

リップル(XRP)の価格


他の仮想通貨とともに、リップル価格は2018年に急激な下落を経験しました。リップルの時価総額は、2018年1月に過去最高の1220億ドルを記録したのに対し、2018年9月には100億米ドルに達しています。

 

したがって、投資家はリップル(XRP)の価格を警戒し、リップル関連のニュースだけでなく、クリプトオーバーの一般的な動向、規制のニュースもフォローする必要があります。

 

ビットコインやイーサリアム、その他多くの暗号資産とは対照的に、リップルはマイニング(採掘)できないため、BTCCやBitfinex、Kraken、Bitstampなどの暗号資産取引所が最も簡単に購入できる方法となります。

 

リップルのネイティブ暗号トークンXRPの作成時に、1000億ユニットが作成されました。このユニットの一部は個人や機関に配布されましたが、現在、リップル社はユニット供給総数の50%以上を所有し、管理しています。この事実により、同社は中央集権化という非難を浴びることになりました。同社が支配する量が多いため、理論的にはトークンの価格を操作することができ、コミュニティ内の投資家にとっては好ましくない結果となっています。

 

これを受け、2017年12月、同社は今後55カ月間にわたって10億XRPを月単位で市場に放出することに合意しました。

 

【関連記事】

4ステップでビットコインの買い方をわかりやすい解説

アルトコインとは?おすすめ10選をわかりやすく解説

ステーブルコインとは?特徴から種類までわかりやすく解説

ドージコイン(DOGE)とは?ゼロから仮想通貨入門

DeFi (分散型金融)とは?分かりやすく解説

NFTとは?その買い方から保管方法まで分かりやすく解説

メタバースとは?その概要をわかりやすく解説

ダイ(DAI)とは?概要からユースケースまで徹底解説

ダイ(DAI)の仕組みは?発行から価格維持までの仕組みを解説

イーサリアム先物やオプションでNFTをヘッジする方法

仮想通貨業界の歴史と未来