仮想通貨ID(SPACE ID)の将来性は?今後の価格予想や使い方、注意点を徹底解説

2023/10/05著者:

SPACE IDプロジェクトでは、英数字の羅列で人には覚えにくいウォレットアドレスに好きな名前をつけ登録したり、IDをNFTとして売買したりできます。

 

「〇〇.com」や「〇〇.co.jp」などのサイトドメインのように、Web3.0上で独自のドメイン名を持てるイメージですね。

 

Web3.0対応のドメインネームサービスは他にもありますが、SPACE IDは複数のブロックチェーンで使うドメインを一元管理できる点で優れています。

 

前回はSPACE ID(ID)の特徴やこれまでの価格推移、将来的な可能性、買い方を解説してきましたが、興味のある方は下記の記事をご覧ください。

関連:仮想通貨SPACE ID(ID)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

 

この記事では、SPACE IDの活用方法や将来性、今後の価格予想、リスクまで詳しくかみ砕いて解説していきます。

 

【この記事でわかること】

SPACE IDとENSの違い

SPACE IDの使い方や活用事例

SPACE IDの将来性

SPACE IDの今後の価格予想

SPACE IDのリスクや注意点

 

SPACE IDプロジェクトは長期的な成長が見込める?仮想通貨SPACE ID(ID)の今後の価格予想は?など、これからの投資に検討している方におすすめの内容です。

 

是非最後まで読んで、参考にしていただければ幸いです。

 

BTCCでは現在、仮想通貨SPACE ID(ID)の無期限先物取引サービス(IDUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

仮想通貨SPACE ID(ID)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)の使い方・活用事例


仮想通貨SPACE ID(ID)は、SPACE IDのエコシステムでサービス利用料の支払いに使うことができます。ガバナンストークンとしても機能し、DAO(分散型自律組織)の意思決定を民主的に行う投票券にもなります。

 

もちろん、仮想通貨であるIDを投資対象として保有し、売買益を狙う活用方法もあります。それ以上に、SPACE IDはプロジェクトの有用性そのものが高く、NFTドメインの取引でも利益を生み出すことが可能です。

 

デジタルアセット管理における効率アップや、ユーザーがWeb3.0上で行うあらゆる活動を1つのドメインで管理することができます。革新的なサービスを生み出すポテンシャルに期待できるSPACE IDの具体的な使い方や活用事例を見ていきましょう。

 

SPACE IDの使い道①NFTドメインに投資する

2017年に設立したENS(イーサリアムチェーンのNFTドメインサービス)は、NFTドメイン投資のトレンドを生み出しました。NFTとして売買されるENSネームを投資対象とし、人気が出そうな名前を購入しておいて利益が出るタイミングで売却するという使い方です。

 

2021年8月にはバドワイザー社が「beer.eth」を約30ETH(約1,100万円)で購入したことで話題になりました。アルファベットよりもバリエーションの少ない数字3桁のドメインは、非常に希少性が高く、特に高額取引されています。

 

中でも「000.eth」というドメインは、2019年11月、52ドルで取引がスタートし、2022年7月には約300ETHで売却されたことで、注目を集めました。SPACE IDはマルチチェーンで1つのドメインを管理できることから、ドメイン投資を目的としたユーザーにとっても魅力的なサービスとなるでしょう。

 

BTCCでは現在、仮想通貨SPACE ID(ID)の無期限先物取引サービス(IDUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

仮想通貨SPACE ID(ID)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

 

SPACE IDの使い道②NFT取引の管理を効率化

SPACE IDを使えば、複数の異なるブロックチェーン上にあるアドレスで行われた活動を1か所で管理することができます。この特性を最大限活用する方法として思いつくのは、NFT取引の管理です。

 

これまでは、NFTマーケットプレイスごとに出品・購入の取引履歴を管理する必要がありました。

 

しかし、SPACE IDを導入すれば、複数のマーケットプレイスで行った取引の履歴を簡単に確認できます。

 

どのアドレスでどのNFTを保有しているのか、SPACE IDで一元管理することで、所有しているNFTの管理の手間を大幅に省くことが可能です。

 

SPACE IDの使い道③ステーキング

仮想通貨SPACE ID(ID)はステーキングにも対応しています。

 

ステーキングは、保有している仮想通貨を貸し出して報酬を得る仕組みですが、IDのステーキングでは、ドメインのマーケットプレイスで支払う取引手数料や新規登録手数料の割引特典を受けることができます。

 

BTCCでは現在、仮想通貨SPACE ID(ID)の無期限先物取引サービス(IDUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

仮想通貨SPACE ID(ID)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)は将来性あると言われる理由


SPACE IDの今後のロードマップ

SPACE IDの今後の開発予定やロードマップについても解説していきます。

 

プロジェクトがロードマップ通りに進行しているかどうかは、投資対象としての将来性に大きく影響します。

 

【SPACE IDのロードマップ】

2022年第4四半期

・BNBチェーンの主要DAppsおよびウォレットとの統合

・ソフトウェア開発キット(SDK)の開発

 

2023年第1四半期

・複数のブロックチェーンに対応したトップレベルドメイン(TLD)の提供

・メイン名紹介プログラムのリリース

 

2023年第2四半期

・ドメイン保有者向けグッズストア

・独自ドメインによるローンチパッドの立ち上げ

 

2023年第3四半期

・ユニバーサル識別子によるマルチチェーン対応のIDリリース

 

2023年第4四半期

・SPACE ID DAOの正式リリース、

・分散型ガバナンスの実装

 

SPACE IDは、今後の開発が順調に進むことで、NFTドメイン分野でのリーダーシップを発揮することが期待されるプロジェクトです。

 

仮想通貨SPACE ID(ID)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

 

Web2.0やDAppと統合予定

SPACE IDは、NFTやメタバースなど多くのDAppで活用される計画があり、将来性に期待できると考えられています。

 

加えて、既存のWeb2.0アカウントや、X(旧Twitter)とも統合でき、仮想通貨界隈に限らず、一般的なネットインフラの地位を築く可能性もあります。

 

Web3.0の普及に伴ってドメイン系プロジェクトの実用性が高まることが成功のカギになりそうですね。

 

BTCCでは現在、仮想通貨SPACE ID(ID)の無期限先物取引サービス(IDUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

仮想通貨SPACE ID(ID)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

 

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)は今、買うべき?


仮想通貨取引はリスクの高い投資であり、本記事も読者へのアドバイスとしてみなされるべきではありません。



と、但し書きした上で、筆者の見解をお話しすると、価格が下がっているうちに保有しておくべき銘柄です。

今後はステーキングが開始される予定ですから、保有しているトークンを貸し出すだけで一定の利益が入ってくる優良銘柄になる可能性もあります。

特に、長期保有で将来的に利益を出したいという方におすすめの銘柄になりそうです。

SPACE IDのプロジェクトの特性上、今買うべきはトークンよりドメイン!というご意見もあるでしょう。

 

ドメイントレードは先行者利益の大きな投資です。

数字3文字のドメインは、既に高額なので手の届く存在ではありませんが、日本語で意味のある文字数多めのドメインであれば登録や購入が叶うかも知れません。

将来のデジタルアイデンティに先行投資できるチャンスは限られていますから、早めの行動が大きな収穫に繋がるとも考えられますね。

 

BTCCでは現在、仮想通貨SPACE ID(ID)の無期限先物取引サービス(IDUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

仮想通貨SPACE ID(ID)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)今後の価格に影響を与えるポイント


仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)の価格を左右する要因について解説していきます。

①仮想通貨相場全体の動き

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)は他の多くのアルトコインと同じように、ビットコインを軸とした仮想通貨相場全体の動きに大きく影響を受けます。

 

現在の相場は低迷していますが、ブロックチェーン技術に対する国の政策や有名企業の舵取り一つで状況が一変する可能性もあります。

それと同時に、取引所の破綻やハッキング被害、詐欺行為、国の規制などをきっかけとした暴落のリスクも存在しています。

これはプロジェクトの進行状況とは関係なく、値動きに影響を与えるポイントです。

 

②Web3.0の普及

 2つ目はプロジェクトの成長度合いに応じて生じる影響です。



SPACE IDが将来有望であることは確かですが、プロジェクトを支える仕組みそのものが社会に必要とされなければ、せっかく作ったドメインを使う場がなく、利用する人も増えません。

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)の価値を上げるにはSPACE IDプロジェクトの成長が必要であり、それにはNFTドメインの需要拡大が不可欠です。

 

NFTドメインの需要拡大に絶対必要な条件はWeb3.0の普及。

つまりWeb3.0の普及は、仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)の価格に大きく影響します。

 

Web3.0が普及すれば、既に行われているドメイントレードや、NFT取引の管理そのものが増えるだけでなく、分散型WebでのWebサイトが公開され、ブロックチェーン技術がより身近になる未来が予想されます。

このような汎用性の高い用途において、NFTドメインの需要が爆発的に拡大すると考えられます。

③ドメイントレードブーム

1990年代後半に起きたインターネットドメインのトレードブームに似た動きがNFTドメインでも起きています。


ドットコムバブルと呼ばれるこのムーブメントは、インターネットの普及拡大に合わせ「.com」ドメインが高額取引されるようになり、現在でも人気ドメインは高値でやり取りされています。

 

イーサリアムチェーンのドメインネームサービスENSでは、ドメインを所有するオンラインソーシャルクラブ「999 Club」や「10k Club」が出現し、2022年にはNFTドメインの買い占め現象も起きました。

このような動きによりSPACE IDに注目が集まることは、良くも悪くも価格に影響を与えるポイントです。

 

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)今後の価格予想【著名人とAI】


SPACE IDは将来的に価値を上げる可能性を十分に持った仮想通貨銘柄であると分かりました。

具体的にどの程度の時間・ボリュームで値動きしていくのか、著名人やAIによる予想を見てみましょう。

今回は、2023年、2025年、2030年の価格をPricePrediction.NetのAI予測および複数のプロトレーダーの予測を参考にまとめました。

 

仮想通貨投資は価格急落により損失を出すリスクがあると理解した上で参考にしていただくようお願いします。

 

今回チェックした価格予想には

  1. 2030年まで右肩上がりで最高値を更新していく
  2. 2025年まで値を上げた後、下落し、2030年頃再び急騰する

2つのパターンを見つけました。


2023年のID(SPACE ID)の価格予想

SPACE IDの2023年の価格予想では、現在の$0.19から、最終的に$0.25~$0.31に達すると予想されています。

 

2025年のID(SPACE ID)の価格予想

2025年の価格予想には差があり、右肩上がりの予想では最大$0.71程、2025年に大きな価格上昇が起きる予想では最大で$1.72に到達するとされています。


2030年のID(SPACE ID)の価格予想

2030年になると、2つの予想にさらに大きな差が出ます。

右肩上がりで価格が上昇していった場合には、4ドルに到達すると考えられています。

 

一方、2025年から下落し、2030年頃再び上昇に転じた場合には、$0.4〜$1.48になるという予想です。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)の注意点・リスク


SPACE IDは将来的な実用性が高く、分散型Webの普及で需要を伸ばし、価格上昇が見込まれますが、当然リスクや注意点があります。

 

①将来性が不透明

NFTドメインはブロックチェーン上のウォレットアカウントに紐づいていますが、将来的な活用事例の中には可能性で語られている部分もあります。

 

分散型Webの公開など、実際に運用が始まるまでNFTドメイン本来の価値は不透明であり、SPACE IDに取って代わる競合サービスが誕生しないとも言い切れません。

 

このようなリスクを理解した上でNFTドメインや仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)への投資を行うようにしましょう。


②商標権などの法的問題

NFTドメインの所有権や管理に関する法的な枠組みは現時点ではっきりと定まっていません。

 

特に商標権については、トレードする側の認識が甘いと法的な問題に発展する恐れがあるため注意が必要です。

 

SPACE IDの購入や登録の前に商標権に関する調査を行い、法的な知識を持つことや専門家のアドバイスを受けることも重要です。

 

③ウォレットのセキュリティ

NFTドメインはウォレットに紐づいているので、ウォレットそのもののパスワードやプライベートキーを紛失した場合は当然利用できなくなります。

 

ハッキング被害のリスクなど、セキュリティ面での対処法にもしっかりと注意した上でサービスを利用することが重要です。

 

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)に関するよくある質問


SPACE ID関するよくある質問にQ&A形式で答えていきます。

 

SPACE ID関するよくある質問①インターネットのドメインとの違いは?

インターネット上でウェブサイトを表示する際に利用する識別子が、現在、一般的なドメインです。

 

NFTドメインはブロックチェーン上のウォレットアドレス(英数字の羅列)に名前を付けることができます。

 

インターネットドメイン→ウェブサイトのアドレス

NFTドメイン→ブロックチェーン上にある資産のアーカイブ

 

と考えると分かりやすいでしょう。

 

SPACE IDとENSとの違いは?

ENS(Ethereum Name Service)がイーサリアムのブロックチェーンを基盤としているのに対して、SPACE IDはBNBチェーンを基盤としています。

関連:仮想通貨ENS(イーサリアムリアム・ネーム・サービス)とは?今後の将来性を解説

 

加えてENSではできないマルチチェーンの一元管理が可能で、イーサリアムよりも登録や取引にかかるガス代が安い点が特徴です。

 

③ドメイン登録料はどのくらい?

2023年3月に行われたエアドロップで登録した方のレポートによれば、1年間の登録料+ガス代で$7程度の費用がかかったということです。

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

仮想通貨SPACE ID(ID)(SPACE ID)の今後・将来性まとめ


ここまでSPACE IDの使い方や将来性、価格に影響するポイント、価格予想、注意点まで詳しく解説してきました。

SPACE IDがマルチチェーンを統合するプラットフォームの構築を進めていけば、この分野で市場を独占するサービスになる可能性もあります。

 

【SPACE IDまとめ】

  • 0上のIDを一元管理するツール
  • バイナンスローンチパッド
  • BNBチェーンを基盤にマルチチェーンに対応
  • 2023年3月23日バイナンスに上場
  • NFTやWeb2.0、DAppと統合予定
  • ステーキングできる
  • 0の普及が今後の成長のカギ

 

NFTドメインが個人や企業のデジタルアイデンティとして定着するには、Web3.0市場が拡大し、ブロックチェーン技術が一般化する必要があるでしょう。

 

既存の活用事例とは異なる新たなサービスの提供が始まれば、よりダイナミックな価格の上昇が期待できます。
 

SPACE IDの今後の展開が気になる!という方は、【NFTドメイン】をキーワードに、界隈のニュースを追っていくことをおすすめします。

 

現時点では、仮想通貨SPACE ID(ID)はまだ国内の仮想通貨取引所に上場していないですが、今後より多くの取引所にローンチすることで、仮想通貨SPACE ID(ID)の値上がりも期待されています。

 

BTCCのホームページでは、今後も仮想通貨SPACE ID(ID)の価格に影響を与える最新ニュースや法整備に関する注目情報、仮想通貨相場全体の動向などをお届けしていきます。今後も参考にしていただければ幸いです。

 

仮想通貨SPACE ID(ID)などの仮想通貨ニュースや相場に関してもっと知りたい方は、BTCCアカデミーBTCCニュースをご覧ください。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大10,055 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 10,055USDT のボーナス獲得可能。

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

最新のキャンペーン情報はこちらから:https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

関連記事


▶ 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨Lido DAO(LDO)とは?将来性・価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨iExec RLC (RLC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Hifi Finance(HIFI)とは?将来性や取引所・メリットを徹底解説

仮想通貨Gifto(GFT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Frax Share (FXS)とは?Frax Financeの特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Open Campus(オープンキャンパス/EDU)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Civic(CVC)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Shentu(CTK)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨NIDT(日本アイドルトークン)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Biconomy(BICO)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Illuvium(ILV)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Chia(XCH)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Loopring(LRC)とは?特徴や価格動向、将来性を徹底解説

仮想通貨Creditcoin(CTC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨SLP(Smooth Love Potion)とは?将来性や稼ぎ方・買い方を徹底解説

仮想通貨Tellor (TRB)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Kusama (クサマ/KSM)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Fetch.ai (FET)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Radiant Capital(RDNT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Flamingo(FLM/フラミンゴ)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Perpetual Protocol (PERP/パーペチュアル)とは?特徴や買い方など徹底解説

仮想通貨メイカー(Maker/MKR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨ヤマイヌ(YAMAINU/山犬コイン)とは?特徴や将来性を徹底解説

仮想通貨クロノス(Cronos/CRO)とは?特徴や将来性・今後予想を徹底解説

仮想通貨CYBER(サイバーコネクト)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Cartesi(CTSI)とは?将来性や買い方・価格動向を徹底解説

WOO Network(WOO)は100円になる?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Balancer(バランサー/BAL)とは?価格動向や買い方を徹底解説

仮想通貨Band Protocol(BAND)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Bella Protocol(ベラ/BEL)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

仮想通貨Cartesi(CTSI)とは?将来性や買い方・価格動向を徹底解説

仮想通貨ANKR(アンカー)の将来性は?特徴や買い方も徹底解説!

仮想通貨ALPHAとは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Aave(アーベ)とは?特徴や使い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Audius (AUDIO)とは?使い方や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Akropolis (AKRO)とは?特徴や買い方・ステーキングを徹底解説

仮想通貨スタックス(Stacks/STX)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨ALGO(アルゴランド)とは?将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨CRV(Curve DAO Token)とは?将来性や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Render(RNDR)とは?将来性や今後の見通しを徹底解説

仮想通貨ヘデラ(Hedera/HBAR)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨ENS(イーサリアムリアム・ネーム・サービス)とは?今後の将来性

 

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出