仮想通貨Hifi Finance(HIFI)とは?将来性や取引所・メリットを徹底解説

2023/11/10著者:

この記事を読んでいるあなたは、

  • HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)とはどんな仮想通貨?その特徴を知りたい
  • HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の価格は?その価格動向を知りたい
  • HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の将来性は?今後の価格予想を知りたい

上記のように思っているかもしれません。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)はイーサリアム(ETH)上ブロックチェーン上に構築された融資プロトコルです。

 

仮想通貨HIFIはHifi Finance(ハイファイ・ファイナンス)のユーティリティトークンで、提案の投票、ステーキング、インセンティブの配布に利用されています。

 

Hifi Finance(ハイファイ・ファイナンス)は、以前はMainframeとして知られていましたが、仮想通貨MFTは当時のユーティリティトークンです

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の価格は、2023年9月2日に52円台の安値から9月17日の380円台まで630%以上急上昇し、過去1週間で大暴騰していることで注目されています。

 

本記事では、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)とは何か、その特徴や将来性、買い方などを徹底解説していきます。

 

BTCCでは現在、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の無期限先物取引サービス(HIFIUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

仮想通貨HIFI(ハイファイ)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)のチャートと現在の価格動向


まずは、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の現在の価格動向やリアルタイムチャートを見ていきましょう。

 

  HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)チャート

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

2023年11月10日現在、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の価格は179円台で推移していて、過去24時間比61.88%上昇し、過去7日比91.59%、過去1ヶ月比92.32%近くの急騰を記録しました。

 

時価総額は約170億円となっています。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)は現在、仮想通貨時価総額ランキングの275位に位置付けられています。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の価格情報【2023年11月最新】

通貨名称 Hifi Finance
シンボル HIFI
価格(2023年11月10日時点) 179.41円
時価総額(2023年11月10日時点) 170.2億円
時価総額ランキング(2023年11月10日時点) 275位

 

BTCCでは現在、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の無期限先物取引サービス(HIFIUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)とはどんな仮想通貨?


HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)とは、以前はMainframeとして知られていたイーサリアム上に構築された融資プロトコルです。仮想通貨HIFIはそのネイティブトークンです。

 

Hifi Financeを通じて、顧客は銀行を介した場合と同様の方法で、物理的な介入なしに資産の貸し借りを行うことができます。

 

Hifi Finance(ハイファイ・ファイナンス)は2017年にテック起業家で投資家のミック・ヘイゲン(Mick Hagen)氏によって設立されました。

 

当初は金融問題とは無関係で、他の分散型ソリューションを扱っていましたが、2019年にDefiへの方針転換が行われました。その後、2021年2月にメインフレームはHifiに社名を変更しました。

現在、同社はNFTや新しいインフラの展開など、エコシステムの構築を計画していますが、貸出契約が中心に残リます。

 

仮想通貨HIFIとは

仮想通貨HIFI(旧MFT)とは、Hifi Finance(旧Mainframe)のユーティリティ・トークンであり、提案の投票、ステーキング、インセンティブの分配に利用されます。

 

BTCCでは現在、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の無期限先物取引サービス(HIFIUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

仮想通貨HIFI(ハイファイ)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の特徴・仕組み


HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)は、他の仮想通貨プロジェクトと比較して、下記のような特徴があります。

 

仮想通貨を担保として資産を借りる

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を通じて、自分のウォレットを分散型アプリケーションに接続し、担保(例:パッケージ化されたビットコイン)を預け、USDCを借りることができます。

 

金利を得るために資産を貸す

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の目標は、普通預金口座から資金を引き出し、融資を行い、金利差を保持する従来の銀行システムに代わる、より良い選択肢を提供することです。

 

システムに貢献することで報酬を得る

流動性プロバイダーとして行動し、取引手数料を通じてシステムに貢献することで報酬を得ます。

Hifi Finance(ハイファイ・ファイナンス)の場合、貸し手は借り手の負債をトークン化したものを割引価格で購入し、それを全額現金化します。

 

銀行を方程式から排除することで、Hifi Finance(ハイファイ・ファイナンス)はローン金利をより手頃なものにし、貸し手の利益を増やそうとしています。

 

仮想通貨HIFI(ハイファイ)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)のメリットとデメリット


ここからは、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)のメリットとデメリットを紹介します。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)のメリット

①HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)は、ブロックチェーン技術を利用して、従来の銀行システムに代わるものを作ろうとしています。


②人々は、より手頃な金利で融資を受け、より大きな利益で貸し出す機会があります。


③また、トークンを担保に追加報酬を得る機会もあります。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)のデメリット

本稿執筆時点では、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の借入の担保にできる仮想通貨は2種類(WETHとWBTC)のみで、選択肢は非常に限られています。また、借入(APY 2.57%)と資産貸出(APY 2.32%)の両方のオプションが1つだけあります。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の将来性が期待できる?今後の価格予想【AI】


CoinCodexによるHIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の価格予想

まず、CoinCodexのHifiファイナンス価格予想によると、仮想通貨HIFIは9月22日までに0.8463ドルまで下落し、その後10月17日までに0.9547ドルまで上昇するという。

CoinCodexのテクニカル分析は弱気で、15個のインジケータが落胆のシグナルを送り、13個のインジケータが強気のシグナルを出しました。

 

2023年のHIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の価格予想

DigitalCoinPriceは、HIFIが2023年1.63ドルに達すると予想し、Bitnationは1.29ドルと主張しました。

一方、CoinCodexは、HIFIトークンは今年1.70ドルに達する可能性があると述べました。

 

2025年のHIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の価格予想

DigitalCoinPriceはHIFIが2025年に2.92ドルで取引されると予想しています。

CoinCodexによると、2025年HIFIが1.48ドルから5.17ドルの間で取引されると予想。

BitnationのHifi Finance(ハイファイ・ファイナンス)の価格予想では、2025年にHIFIが3.01ドルに達すると予想されています。

 

2030年のHIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の価格予想

より長期的なHifi Finance(ハイファイ・ファイナンス)の価格予想を見ると、DigitalCoinPriceは2030年に8.80ドルに達すると述べています。

Bitnationは2030年に7.32ドルになると予想しています。

CoinCodexは、HIFIは次の10年の開始時に3.65ドルから4.62ドルの価値があると述べ、ややヘッジをかけました。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)が購入できるおすすめ仮想通貨取引所


HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)は現在、複数の海外仮想通貨取引所に上場されましたが、現時点ではまだ国外の仮想通貨取引所に上場していません。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を取扱う仮想通貨取引所

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を取り扱っている取引所は下記の通り:

①Binance(バイナンス)

KuCoin(クーコイン)

Gate.io(ゲート)

④BTCC

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の取扱いおすすめ取引所①:Binance(バイナンス)

名称 Binance(バイナンス)
運営会社 Binance Holdings Ltd.
所在地 ケイマン諸島
取扱銘柄数 350種類以上
取引手数料 ~0.1%
入金手数料 無料
出金手数料 0.0005BTC
日本語対応 ×
最大レバレッジ倍率 20倍
セキュリティ 出金ホワイトリスト/コールドウォレット/マルチシグ/指紋認証/パターン認証/2段階認証
NFTマーケットプレイス 有り
公式サイト https://www.binance.com/en

バイナンスは、2017年にChangpeng ZhaoとYi Heによって中国の香港で設立された仮想通貨取引所。

 

CoinmarketCapによる仮想通貨の取引所ランキングでは、堂々の第1位に君臨している世界最大の取引所です。

https://coinmarketcap.com/ja/rankings/exchanges/

 

バイナンスはビットコイン(BTC)、Hifi Finance(HIFI)含む350種類以上を取り扱う海外の仮想通貨取引所です。

 

また、バイナンスはバイナンスコイン(BNB)という独自の仮想通貨を発行しており、取引所が発行する仮想通貨としては特出した人気を誇っています。(2023年3月時点で仮想通貨時価総額第4位)

https://coinmarketcap.com/ja/

 

✔︎Binanceのおすすめポイント

・取引高&ユーザー数が世界No.1

・豊富なサービス

・独自の仮想通貨(BNB)を発行

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の取扱いおすすめ取引所②:KuCoin(クーコイン)

名称 KuCoin(クーコイン)
運営会社 Kucoin Co.,Limited
所在地 セーシェル
取扱銘柄数 700種類以上
取引手数料 ~0.1%
入金手数料 無料
出金手数料 0.0005BTC
日本語対応
最大レバレッジ 10倍
セキュリティ Google認証(2段階認証)/取引パスワード/フィッシング対策の安全フレーズ
NFTマーケットプレイス 無し
公式サイト https://www.kucoin.com/ja

Kucoin(クーコイン)は、2017年にJohnny Lyuによってシンガポールで設立された仮想通貨取引所。現在は、東アフリカに位置する「セーシェル」に拠点を移しています。

 

クーコインは現在、ビットコイン(BTC)やHifi Finance(HIFI)を含む700種類以上の仮想通貨銘柄を取り扱っています。

 

2020年9月、Kucoinは、約2億7,900万ドルの仮想通貨が流出するハッキング被害に遭っていますが、その事件以降、セキュリティを大幅に強化しました。

 

なお、被害を受けたユーザーの仮想通貨は全額補償されており、ユーザーからの信頼が非常に高い取引所だと言えるでしょう。

 

また、Kucoinは、Binance同様に独自の仮想通貨「KCS(Kucoinトークン)」を発行しているのが特徴的。

 

KCSは、保有することで取引手数料の割引が受けられたり、配当金がもらえるなど、ユーザーのメリットが大きい仮想通貨です。

 

✔︎KuCoinのおすすめポイント

・手数料が最大0.1%

・KCSの保有による特典

・強固なセキュリティ

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の取扱いおすすめ取引所③:Gate.io(ゲート)

名称 gate.io
運営会社 Gate Technology.inc
所在地 ケイマン諸島
取扱通貨数 1,500種類以上
取引手数料 標準 ~0.2%/GT支払い ~0.15%
入金手数料 無料
出金手数料 無料
日本語対応
最大レバレッジ ×
セキュリティ 二段階認証/コールドウォレット/マルチシング/SSLリンク
NFTマーケットプレイス 有り
公式サイト https://www.gate.io/ja

Gate.io(ゲート)は、2013年に設立された中華系の取引所。

 

日本人からの知名度は高くないものの、取引量は世界トップ10にランクイン、224以上の国と地域で利用されている人気の取引所です。

 

最大の特徴はなんといっても取扱銘柄数の豊富さ。ビットコイン(BTC)、Hifi Finance(HIFI)含む1,500種類以上の仮想通貨を取り扱っており、その数は世界No.1です。

 

また、2013年から運営されている古参の取引所なので、セキュリティが強固なことも特徴的。

 

なお、海外取引所としては珍しくレバレッジ取引に対応していないのでご注意ください。

 

✔︎Gate.ioのおすすめポイント

・豊富な取扱銘柄(1500種類以上)

・取引量による手数料の割引

・口座開設が簡単(メールアドレスのみ)

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の取扱いおすすめ取引所③:BTCC

名称 BTCC(ビーティシーシー)
運営会社 BTCC
設立年月 2011年6月
取扱通貨数 200種類以上
取引手数料 0.03%~0.06%
入金手数料 無料
出金手数料 0.0004BTC(通貨によって異なる)
日本語対応
最大レバレッジ 150倍
セキュリティ 二段階認証/コールドウォレット資産の/1対1管理/マネーロンダリング防止(AML/CTF)
NFTマーケットプレイス 無し
公式サイト https://www.btcc.com/ja-JP

 

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「誰もが安心して仮想通貨取引を利用できる環境を作ること」を掲げており、その証拠に創業以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。

 

BTCCは現在、ビットコイン(BTC)、Hifi Finance(HIFI)含む200種類以上の仮想通貨銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。

 

BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCでは現在、仮想通貨Hifi Finance(HIFI)の無期限先物取引サービス(HIFIUSDT無期限先物)を提供しており、詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

✔︎BTCCのおすすめポイント

・業界トップレベルの流動性

・高いセキュリティ

・完全日本語対応

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

仮想通貨HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の買い方


2023年11月10日現在、仮想通貨HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)はまだ国内の仮想通貨取引所に上場していません。今後上場したら情報追加いたします。

 

そこで、今回はHIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の一般的な買い方を紹介していきます。

 

✔︎仮想通貨HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の購入方法・買い方

・仮想通貨取引所の口座開設 

・仮想通貨取引所の口座に入金

・仮想通貨HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を買う

 

順番に見ていきましょう。

 

仮想通貨取引所の口座開設

まずは仮想通貨取引所の口座開設です。今後仮想通貨HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を取扱う取引所の中から、レバレッジ倍率や手数料の安さなどを考慮した上で口座開設する取引所を選びましょう。

 

また、国内取引所と海外取引所では、口座開設にかかる時間や手間が大きく異なります。

 

基本的に、海外取引所の方が簡単に口座開設できるため、すぐに取引したい場合は海外取引所がおすすめです。

 

なお、口座開設に必要なものは以下のとおり。

・メールアドレスや電話番号

・本人確認書類(運転免許証やマイナンバーカード)

 

仮想通貨取引所の口座に入金

仮想通貨取引所の口座開設が完了したら、続いては取引に必要な資金を入金しましょう。

 

なお、国内と海外取引所では入金方法が異なりますので、注意が必要です。

 

国内取引所では、銀行振込やインターネットバンキングなどで直接日本円を入金できますが、多くの海外取引所では、国内取引所からビットコインなどの仮想通貨を送金する必要があります。

 

BTCCは、唯一日本円を銀行振込&クレジットカードで入金可能の仮想通貨取引所です。

 

そのため、高いレバレッジ倍率で取引したいけど、海外取引所に送金するのが面倒に感じる方は、BTCCの利用がおすすめですよ。

 

仮想通貨HIFIを買う

日本円や仮想通貨の入金が完了したら、後は実際に仮想通貨HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を購入するのみです。

 

仮想通貨HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)を取引するには、ロング(買い注文)またはショート(売り注文)のポジションを取ることで簡単に始めることができます。

 

また、基本的に24時間365日取引可能なので、好きなタイミングで取引を行いましょう。

 

仮想通貨HIFIを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

BTCCでのHIFI(ハイファイ)の購入方法


ここからは、当ブログ運営元であり、仮想通貨HIFI(ハイファイ)を取り扱うリバティブ取引所はBTCCでの購入方法を紹介していきます。

 

仮想通貨HIFI(ハイファイ)は、BTCCにて以下の4ステップで購入できます。

 

HIFI購入までの4ステップ】

  1. BTCCにてアカウントを作成
  2. 本人確認を完了させ新規口座を開設
  3. 取引口座に日本円を入金しUSTDを保有
  4. 仮想通貨交換でUSTDとHIFIを交換

 

BTCCでは現在、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の無期限先物取引サービス(HIFIUSDT無期限先物)を提供しており、最大50倍レバレッジでご利用いただけます。詳しくはBTCCの公式サイトでチェックしましょう。

 

BTCCで仮想通貨HIFIを取引する手順は下記の通りです。

 

仮想通貨HIFIを取引するには、まずBTCCアプリを開けましょう。

BTCCの口座をお持ちのない方は、下記のサイトで口座開設しておきましょう~現在新規口座開設するだけで10USDTゲットを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

そして、【マーケット】ページに移動し、検索機能🔍をタップします。

 

検索欄で【HIFI】を入力してたらHIFIUSDT無期限先物を見つけることができます。

 

 

続いて、【HIFIUSDT無期限】をタップし、取引ページへ移動します。

【買い・ロング】/【売り・ショート】を選択し、取引数量とレバレッジを入力して注文確認したら完了です。

 

仮想通貨HIFIを検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の今後まとめ


以上はHIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の特徴やチャート、将来性、取引所、買い方などを徹底解説していきます。

 

現時点では、HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)はまだ国内の仮想通貨取引所に上場していないですが、今後より多くの取引所にローンチすることで、仮想通貨HIFIの値上がりも期待されています。

 

BTCCのホームページでは、今後もHIFI(ハイファイ/Hifi Finance)の価格に影響を与える最新ニュースや法整備に関する注目情報、仮想通貨相場全体の動向などをお届けしていきます。今後も参考にしていただければ幸いです。

 

HIFI(ハイファイ/Hifi Finance)などの仮想通貨ニュースや相場に関してもっと知りたい方は、BTCCアカデミーBTCCニュースをご覧ください。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大10,055 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 10,055USDT のボーナス獲得可能。

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

最新のキャンペーン情報はこちらから:https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

 

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

関連記事


▶ 仮想通貨の将来性・買い方など

仮想通貨Gifto(GFT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Frax Share (FXS)とは?Frax Financeの特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Open Campus(オープンキャンパス/EDU)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Civic(CVC)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Shentu(CTK)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨NIDT(日本アイドルトークン)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Biconomy(BICO)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Illuvium(ILV)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Chia(XCH)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Loopring(LRC)とは?特徴や価格動向、将来性を徹底解説

仮想通貨Creditcoin(CTC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨SLP(Smooth Love Potion)とは?将来性や稼ぎ方・買い方を徹底解説

仮想通貨Tellor (TRB)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Kusama (クサマ/KSM)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Fetch.ai (FET)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Radiant Capital(RDNT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Flamingo(FLM/フラミンゴ)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Perpetual Protocol (PERP/パーペチュアル)とは?特徴や買い方など徹底解説

仮想通貨メイカー(Maker/MKR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨ヤマイヌ(YAMAINU/山犬コイン)とは?特徴や将来性を徹底解説

仮想通貨クロノス(Cronos/CRO)とは?特徴や将来性・今後予想を徹底解説

仮想通貨HIFI(サイバーコネクト)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Cartesi(CTSI)とは?将来性や買い方・価格動向を徹底解説

WOO Network(WOO)は100円になる?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Balancer(バランサー/BAL)とは?価格動向や買い方を徹底解説

仮想通貨Band Protocol(BAND)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Bella Protocol(ベラ/BEL)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

仮想通貨Cartesi(CTSI)とは?将来性や買い方・価格動向を徹底解説

仮想通貨AGIX(SingularityNET)とは?将来性やステーキング・買い方を徹底解説

仮想通貨ARPA(アーパ)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

ステラルーメン(XLM)は10000円になる?将来性ない?今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨Zilliqa(ジリカ/ZIL)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Ravencoin(RVN)とは?将来性やマイニング・買い方を徹底解説

仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ/ZEC)とは?仕組みや取引所・マイニングを徹底解説

仮想通貨STORJとは?特徴や使い方・買い方を徹底解説

ガクトコイン(スピンドル/SPD)は将来性ない?詐欺コイン?今後の見通しを解説

仮想通貨ワールドコイン(Worldcoin)とは?買い方や将来性を徹底解説

仮想通貨ASTAR(アスター/ASTR)とは?特徴や今後予想・将来性を解説

元素騎士オンラインとは?始め方や今後の見通しを徹底解説

仮想通貨SANDとSandboxの将来性は?今後予想や買い方・始め方を解説

仮想通貨MINA/Mina Protocolとは?今後の将来性や買い方・価格動向を徹底解説

仮想通貨CAKE/PancakeSwapとは?今後の将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨dYdXとは?今後の将来性や、価格動向・買い方を徹底解説!

仮想通貨IMX(Immutable)の将来性は?今後予想や買い方など徹底解説

仮想通貨Core DAO (CORE)とは?エアドロップや将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨バイナンスコイン(BNB)とは?今後の将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Polygon(ポリゴン/MATIC)の今後の将来性は?取引所や買い方も解説!

柴犬コイン(シバイヌ/SHIB)とは?特徴や買い方・将来性を解説

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出