【仮想通貨】BRC-20トークンとは?2024年稼げるBRC-20銘柄6選

2024/05/08著者:

最近、ビットコインに関連した仮想通貨銘柄が大きく上昇し、特にBRC-20銘柄(トークン)である仮想通貨ORDI(ORDI)は1カ月で500%以上も急騰しました。

 

しかし、誰もが安く買って高く売ることで大きな利益を上げられるわけではありません。

 

この記事では、仮想通貨ORDI(ORDI)のように、2024年お金を稼ぐ可能性のあるBRC-20銘柄(トークン)を6つ紹介して行きます。

 

ビットコインが半減期を迎える前に、これらの仮想通貨銘柄に投資すべきでしょうか?この記事を詳しく見て行きましょう。

 

BRC-20銘柄(トークン)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

ビットコイン・オーディナルとは?


BRC-20銘柄(トークン)とは何かを理解する前に、ビットコイン・オーディナルを理解する必要があります。

 

オーディナルとは?

まずはオーディナルについて簡単に説明しましょう。

 

オーディナルとは、序数論と呼ばれる論理的順序付けシステムを通じて各サトシに一意の番号を割り当てることで、ビットコイン上の個々のサトシにデータを入れるのに役立つことを指します。

 

これが完了すると、写真や、ビデオ、オーディオ、テキスト、あるいはアプリケーション全体など、あらゆる種類のデータを各Satoshi(サトシ)に追加できます。

 

Satoshi(サトシ)とは?

Satoshi(サトシ)は世界初の仮想通貨であるビットコイン(BTC)の最小単位です。

 

Satoshis(サトシ)からビットコインへの換算は、1Satoshis(サトシ)=0.00000001BTCに相当し、これはBTCの単位であると同時に、ビットコインの匿名創設者であり生みの親であるサトシ・ナカモト氏へのオマージュでもあります。

 

BRC-20銘柄(トークン)の文脈では、トークンは基本的に、特定の種類のテキストが埋め込まれた順序付き碑文です。このテキストは、トークンを作成および管理するための一連のルールと仕様を提供します。

 

ビットコインNFTの作成を可能に

ビットコインNFT(非代替性トークン)は、ビットコインにテキストを埋め込むという初期の用途が一般的でしたが、技術が発展するにつれて、新たな使用方法が登場する可能性があります。

 

オーディナルは、ビットコインに完全にネイティブなNFTの作成を可能にします。これらのNFTはビットコインのプロトコルに追加のソリューションや変更を必要とせず、既存のネットワークと互換性があります。

 

序数碑文の使用は、ビットコインのブロックチェーン上に変更不可能な情報を保存する迅速かつ効果的な方法を提供するため、人気を博しました。

 

BRC-20銘柄(トークン)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

BRC-20銘柄(トークン)とは?


BRC20トークンとは、ビットコインネットワーク上で直接交換可能なトークンを作るユニークな方法です。

 

スマートコントラクトを使用したブロックチェーン上の一般的なトークン標準とは異なり、BRC-20銘柄(トークン)はスマートコントラクトに依存していません。その代わりに、ユーザーはビットコイン上にスクリプトファイルを保存し、トークンを特定のサトシにリンクさせることができます。

 

BRC-20銘柄(トークン)はJSONデータを含む順序付きタグを使用するため、ユーザーはトークンを簡単に作成、生成、移動できます。

 

BRC-20銘柄(トークン)とは?

BRC-20銘柄(トークン)とは、2023年3月に@domodataというX(旧ツイッター)のユーザーによって考案された、ビットコインの新しいトークン作成方法です。

 

このトークン標準では、JSONデータに順序付けられたタグを使用するため、トークンコントラクトの作成、新しいトークンの作成、トークンの移動が簡単に行えます。

 

BRC-20銘柄(トークン)は、取引が簡単で安全であるなどのメリットがあり、ビットコインのシステムとうまく機能します。

 

ビットコイン半減期からもたらすBRC-20銘柄(トークン)の影響

ビットコインの半減期は、およそ4年ごとに起こる予定された出来事で、新しいビットコインが作られるスピードが低下します。このイベントは一貫してビットコインの価格と全体的な動きに影響を与えてきました。

 

BRC-20銘柄(トークン)は、トークン化、流動性、ビットコインのエコシステム内の革新のための新しい可能性をもたらすことによって、ビットコインの半減の肯定的な結果を構築することを確保しています。

 

BRC-20銘柄(トークン)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BRC-20銘柄(トークン)6選:2024年稼げるBRC-20銘柄は?


最近、BRC-20銘柄(トークン)をテーマとした仮想通貨銘柄は急上昇して、ordinals(ORDI)は1カ月で500%以上急騰し、仮想通貨SATS(1000SATS)も1カ月で320%以上の急騰を記録しました。

 

さて、これからは2024年稼げるBRC-20銘柄(トークン)を6つ紹介していきます。

 

2024年稼げるBRC-20銘柄(トークン)6選

①仮想通貨SATS(1000SATS)

②仮想通貨rats (Ordinals)

③仮想通貨Multibit (MUBI)

④仮想通貨Dovi(ordinals)  

⑤仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)

⑥仮想通貨ORDI(ORDI)

 

では、順番に見ていきましょう。

 

BRC-20銘柄(トークン)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

仮想通貨SATS(1000SATS)


仮想通貨SATS(1000SATS)とは?

仮想通貨SATS(1000SATS)とはビットコインの最小単位であるサトシを中心に展開されるミームコインで、人気のBRC-20銘柄(トークン)の一つです。SATSはビットコインのポジティブな見通しと密接に結びついています。

関連:仮想通貨SATS(1000SATS)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

 

ビットコインの価格が上昇すると、SATSを含む多くのBRC-20銘柄(トークン)関連トークンも上昇する傾向があります。SATSはビットコインの実際の価値と比較するとほんのわずかですが、それでも素晴らしいリターンの大きな可能性を秘めています。

 

仮想通貨SATS(1000SATS)はスマートコントラクトを用いない柔軟な運用により、SATSは決済システムからゲーム業界まで幅広いアプリケーションをカバーし、仮想通貨やデジタル資産の移転と創造に新たな可能性を開きます。

 

このプロジェクトは36,000人以上のSATSホルダーを誇り、公式サイトに記載されているように、有望なベンチャー企業となっています。

 

仮想通貨SATS(1000SATS)の価格と発行上限

2024年5月8日現在、仮想通貨SATS(1000SATS)の価格は0.04077円です。過去24時間で、仮想通貨SATS(1000SATS)の価格は2.46%下落しました。

 

仮想通貨SATS(1000SATS)の最高値は2023年12月26日に記録され、史上最高値は0.1232円です。

 

BTCCでは現在、仮想通貨SATS(1000SATS)のUSDT無期限先物(1000SATS/USDT)取引サービスを提供しています。最大50倍レバレッジでご利用いただけます。

仮想通貨SATS(1000SATS)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

仮想通貨rats (Ordinals)


仮想通貨rats (Ordinals)とは?

仮想通貨rats (Ordinals)とは、BRC-20銘柄(トークン)標準に従ったビットコインネットワーク上のユニークな動物をテーマにしたミームトークンです。

 

ordinalsプロトコルは、2023年3月11日と2023年11月5日にRATSトークンを効率的に展開し、完全に作成し、その急速な発展を実証しました。さらに、RATSを支えるBRC-20銘柄(トークン)標準は、このミームコインに希少性と独自性をもたらします。

 

一般的なトークンとは異なり、RATSはビットコインを使用して製造、移動、保管されるため、希少性が高まり、長期的な価値が見込まれます。

 

仮想通貨rats (Ordinals)の価格と発行上限

現在、仮想通貨rats (Ordinals)2024年5月8日現在の価格は0.01799円です。過去一日比5.23%安となっています。

 

CoinMarketCapでの現在の時価総額ランキングは2,504位で、RATSの発行上限は1兆RATSに設定されています。

 

BTCCでは現在、仮想通貨rats (Ordinals)のUSDT無期限先物(RATS/USDT)取引サービスを提供しています。最大50倍レバレッジでご利用いただけます。

仮想通貨rats (Ordinals)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

仮想通貨Multibit (MUBI)


仮想通貨Multibit (MUBI)とは?

仮想通貨Multibit (MUBI)は、BRC-20銘柄(トークン)とERC-20トークン間の容易な送金を促進し、異なるブロックチェーン間のギャップを埋めるために作成された先駆的なデュアルサイドブリッジです。

 

これらのトークンの流動性を高めることで、仮想通貨Multibit (MUBI)はクロスチェーンの相互運用性を促進します。主な使命は、安全でユーザーフレンドリーな方法でBRCとERCトークンの流動性とアクセシビリティを高めることです。

 

MultiBit(MUBI)はBRC-20銘柄(トークン)ブリッジプラットフォームとして機能し、ユーザーがビットコインブロックチェーンと様々なイーサリアム仮想マシン(EVM)ネットワーク間でトークンをスムーズに移動できるようにします。

 

この機能により、異なるブロックチェーンエコシステム間でのトークンのシームレスな移動と相互運用性が促進されます。

 

仮想通貨Multibit (MUBI)の価格と発行上限

現在、仮想通貨Multibit (MUBI)の2024年5月8日現在の価格は16.95円です。

 

仮想通貨Multibit (MUBI)は過去24時間で6.46%安となっています。CoinMarketCapでは現在、仮想通貨Multibit (MUBI)は時価総額ランキングの405位に位置付けられています。

 

仮想通貨Multibit (MUBI)の発行上限は1,000,000,000 MUBIと設定されています。

 

BTCCでは現在、仮想通貨Multibit (MUBI)のUSDT無期限先物(MUBI/USDT)取引サービスを提供しています。最大50倍レバレッジでご利用いただけます。

仮想通貨Multibit (MUBI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

仮想通貨Dovi(ordinals)


仮想通貨Dovi(ordinals)とは?

仮想通貨Dovi(ordinals) とは、EVM互換のスマートコントラクトプラットフォームとして機能する、コミュニティ主導のビットコインレイヤー2ソリューションです。

 

この革新的なプラットフォームは、スケーラビリティの向上、手数料の最小化、より安全で分散化された金融エコシステムの育成に重点を置き、ブロックチェーン分野における主要な課題に対処するために戦略的に開発されています。

 

Doviは、効率的な取引処理、ネットワーク手数料の大幅な削減、より安全なコンセンサスメカニズムの実装、スケーラブルな第2層ネットワークの確立など、いくつかのメリットをもたらします。

 

これらの特徴を組み合わせることで、Doviはブロックチェーン技術の継続的な進化に貢献し、コミュニティ内のユーザーにとってよりアクセスしやすく、効率的で安全なものにすることを目指しています。

 

仮想通貨Dovi(ordinals)の価格と発行上限

仮想通貨Dovi(ordinals)の2024年5月8日現在の価格は33.58円で、過去24時間で7.18%上昇しました。CoinMarketCapのデータによると、仮想通貨Dovi(ordinals)の時価総額ランキングは2,747位にランクされています。

 

仮想通貨Dovi(ordinals)の発行上限は10,055,000 DOVIです。

 

仮想通貨Dovi(ordinals)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)


仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)とは?

仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)とは、仮想通貨XENの創設者であるジャック・レヴィン(Jack Levin)氏によって作成されたBRC-20銘柄(トークン)です。2023年5月7日に上場されました。

 

仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)の特徴は、ジャック・レヴィン氏の「第一原則」に従っていることで、事前に採掘(マイニング)されておらず、創設者は特別な割り当てを受けておらず、コードは変更できないということです。

 

この特徴により、VMPXは他のBRC-20銘柄(トークン)と競合する潜在的な投資アセットとして位置づけられます。序列に関連する予想される高騰は、VMPXの価値上昇に貢献する可能性があります。

 

さらに、仮想通貨分野におけるジャック・レヴィン氏の有名な評判は、VMPXに強力なブランド・アイデンティティを加えます。

 

仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)の価格と発行上限

仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)の2024年5月8日現在の価格は4.91円で、過去24時間で1.31%下落しています。VMPX (ordinals)はCoinMarketCapの時価総額ランキングでは2,684位に位置付けられています。

 

仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)の発行上限は108,624,000 VMPXです。

 

仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

仮想通貨ORDI(ORDI)


ORDIとは?

ORDIはサトシの体系的な番号付けシステムとして機能し、ビットコインの個々の単位を追跡して移動する方法を提供します。ordinalsとして知られるこれらの数値ラベルは、サトシが採掘され、先入れ先出しの原則に従ってトランザクションの入力から出力に移動する順序に基づいて割り当てられます。

関連:ordinals(ORDI)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

 

「ordinals」という用語は、番号付けと移動の両プロセスにおいて順序を維持することに重点を置いていることに由来します。重要なのは、NFT、セキュリティトークン、口座、ステイブルコインなどの様々な資産を、序数を使ってサトシと関連付けることができ、信頼できる識別子として機能することです。

 

仮想通貨ORDI(ORDI)の現在価格と発行上限

仮想通貨ORDI(ORDI)の2024年5月8日現在の価格は6,195.60円で、過去24時間に10.95%の上昇を見せました。

 

仮想通貨ORDI(ORDI)は現在、CoinMarketCapでの時価総額ランキングの96位に位置付けられており、発行上限は21,000,000 ORDIに設定されています。

 

BTCCでは現在、仮想通貨ORDI(ORDI)のUSDT無期限先物(ORDIUSDT)取引サービスを提供しています。最大50倍レバレッジでご利用いただけます。

仮想通貨ORDI(ORDI)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

BRC-20銘柄(トークン)の買い方


BTCCでは現在、SATS(1000SATS)やrats (Ordinals)、Multibit (MUBI)、仮想通貨ORDI(ORDI)といったBRC-20銘柄(トークン)のUSDT無期限先物(1000SATS/USDTRATS/USDTMUBI/USDTORDIUSDT)取引サービスを提供しています。最大50倍レバレッジでご利用いただけます。BRC-20銘柄(トークン)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

また、BTCC取引所では、BTCETHPEPEAPEJTOPYTHXAIARBなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、AppleMetaAmazonMicrosoftNVIDIAなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

BTCCのレバレッジ取引:レバレッジ取引のやり方は?メリットや注意点、BTCCでの始め方を徹底解説

 

BTCCでのBRC-20銘柄(トークン)の買い方【スマホアプリ】

BTCCのスマホアプリでBRC-20銘柄(トークン)を取引する手順は下記の通りです。ここでも、仮想通貨ORDI(ORDI)を例にします。

 

仮想通貨ORDI(ORDI)を取引するには、まずBTCCアプリを開けましょう。

BTCCの口座をお持ちのない方は、下記のサイトで口座開設しておきましょう~現在新規口座開設するだけで10USDTゲットを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

そして、【マーケット】ページに移動し、検索機能🔍をタップします。

 

検索欄で【ORDI】を入力してたらORDIUSDT無期限先物を見つけることができます。

 

 

続いて、【ORDIUSDT無期限】をタップし、取引ページへ移動します。

【買い・ロング】/【売り・ショート】を選択し、取引数量とレバレッジを入力して注文確認したら完了です。

 

BRC-20銘柄(トークン)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

/🎁BTCC会員登録だけで10USDTゲット!\

 

BTCCでのBRC-20銘柄(トークン)の買い方【PC/ブラウザ】

ここでは、仮想通貨ORDI(ORDI)(ORDIUSDT)を例にして、BTCCでBRC-20銘柄(トークン)の買い方を紹介していきます。

 

①BTCCで会員登録・口座開設

BTCCでORDIを取引するには、まずBTCCの口座が必要です。口座を持っている方は、ORDIUSDTや下記のボタンをクリックして直接にログインすることができます。

口座を持っていない方は、下記のボタンを押して簡単に会員登録することができます。現在新規口座開設するだけで10USDTゲットを獲得できますので、ぜひ試してみてください。

/🎁BTCC会員登録だけで10USDTゲット!\

 

②BTCC本ページで「ORDIUSDT」を探す

会員登録後、BTCCの本ページから【マーケット】→【先物】→検索欄🔍をタップして、「ORDI」を入力してください。

 

すると、ORDIUSDT無期限先物を見つけることができます。その後、「ORDIUSDT」の【取引】ボタンを押して取引ページへ移動します。

 

「ORDIUSDT」取引を行う

「ORDIUSDT」の取引ページへ移動したら、右側の取引欄が見えます。

【レバレッジの倍率】→【注文種類(成行/指値/損切)】→【価格】→【数量】→【損切り/利確を設定する】→【ロング】/【ショート】で順番に設定/選択します。

 

注文内容や証拠金をもう一度確認し、問題なければ【注文内容の確認】をタップしたら注文完了です。

※証拠金不足の場合、【フィアット入金(visa/MasterCardなどのクレカ入金/国内銀行振込)】/【コイン預入】/【コイン交換】という三つ方法から入金できます。

 

BRC-20銘柄(トークン)を検討している方は、BTCC公式サイトをチェックしてみてください。

/🎁BTCC会員登録だけで10USDTゲット!\

 

2024年稼げるBRC-20銘柄(トークン)6選まとめ


今回はBRC-20銘柄(トークン)やBRC-20銘柄(トークン)とは何かを解説し、2024年稼げるBRC-20銘柄(トークン)を6つ紹介しました。

 

現時点では、ORDInals (SATS)や、仮想通貨rats (Ordinals)、仮想通貨Multibit (MUBI)、仮想通貨Dovi(ordinals) 、仮想通貨VMPX ordinals (VMPX)、仮想通貨ORDI(ORDI)というBRC-20銘柄(トークン)はまだ国内の仮想通貨取引所に上場していないですが、今後より多くの取引所にローンチすることで、BRC-20銘柄(トークン)の値上がりも期待されています。

 

現時点では、仮想通貨SATS(1000SATS)はまだ国内の仮想通貨取引所に上場していないですが、今後より多くの取引所にローンチすることで、仮想通貨SATSの値上がりも期待されています。

 

BTCCのホームページでは、今後もBRC-20銘柄(トークン)の価格に影響を与える最新ニュースや法整備に関する注目情報、仮想通貨相場全体の動向などをお届けしていきます。今後も参考にしていただければ幸いです。

 

BRC-20銘柄(トークン)などの仮想通貨ニュースや相場に関してもっと知りたい方は、BTCCアカデミーBTCCニュースをご覧ください。

 

【BTCC新規口座開設キャンペーン】

口座開設 & 入金で最大10,055 USDTをゲット!

BTCC新規口座開設だけで 10USDT ボーナス獲得!

本人確認完了でさらに 5USDT をゲット!

口座開設後入金&取引で最大 10,055USDT のボーナス獲得可能。

最新のキャンペーン情報https://www.btcc.com/ja-JP/promotions

BTCCの口座開設/会員登録:BTCC口座開設&本人確認【3分で完了】|BTCC初心者ガイド

※キャンペーンを参加するには、申し込みが必要ですので、詳しくはBTCC新規口座開設キャンペーンでチェックしてください。

新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

【BTCCの入金方法】 

BTCCには、仮想通貨入金、法定通貨(日本円)入金コイン交換という三つの入金方法があります。

BTCCの入金方法:BTCCの入金方法は?手順から手数料まで徹底解説

 

BTCCでは複数の大手仮想通貨取引所からの入金を対応しております。詳しくは下記の記事をご覧ください。

取引所からBTCCへ送金する方法:【仮想通貨】コインチェックからBTCCへ送金する方法・手順を徹底解説

 

BTCCは主にUSDT無期限先物とトークン化先物株式・コモディティを提供しています。 そのため、取引前にコイン交換または購入を通じてUSDTを取得する必要があります。

BTCCのコイン交換:BTCCで無料に両替する方法は?BTC、ETH、XRP、ADA、LTCをUSDTに交換する方法

新規口座開設だけで10USDTゲット!/

【BTCCについて】

BTCCは、2011年6月に設立された仮想通貨取引所です。現在、世界110以上の国と地域でサービスを提供しています。

 

ビジョンとして、「信頼ができる仮想通貨取引を誰もが簡単に利用できること」を掲げており、運営12年以来一度もセキュリティ事件を起こしていません。世界で最も長い歴史と安心のセキュリティを備えるBTCCは、信頼できる取引所だと言えるでしょう。

 

BTCCは現在、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や、ゴールド・シルバーなどの人気コモディティ、Apple、Meta、Microsoftなどの米株を初めとするトークン化株式の先物商品を含む200種類以上の銘柄を取り扱っており、最大150倍のレバレッジ提供が可能です。

 

また、BTCCは高い流動性を誇っているため、仮想通貨市場において急騰・急落の相場が訪れたときにも一瞬で注文が通り、わずか1秒で300BTCの注文が可能なシステムを構築しています。

 

極端な相場になった時でもすぐに注文が通るほど取引板が厚くて、取引板では「Bid 1(売値)」と「Ask 1(買値)」は最大200BTCの注文、取引板の注文を合わせて最大1000BTCの注文が可能です。

 

さらに、スマホアプリ、Webサイトともに完全日本語対応のため、日本人にも使いやすいのが特徴です。BTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またウェブサイトやSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

\新規口座開設だけで10USDTゲット!/

 

BTCC APP DOWNLOAD

Google Playで手に入れよう App Storeからダウンロード
日本ユーザー様限定特典(10,055USDTギフトパック) <<<<

関連記事


▶ 仮想通貨の将来性・買い方など

2024年アルトコインおすすめランキング10選!仮想通貨の価格動向も徹底解説

仮想通貨Aelf(ELF)とは?今後の見通し・価格予想を徹底解説

仮想通貨KCS(クーコイン/Kucoin)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)とは?特徴や今後の見通し・買い方を徹底解説

仮想通貨DOGEVERSE(ドージバース)の今後の見通し・価格予想を徹底解説

ヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)の今後の価格予想【2024年・2025年・2030年】

仮想通貨BounceBit(BB)とは?特徴やユースケース・買い方など徹底解説

仮想通貨Renzo (レンゾ/REZ)とは?特徴や今後の見通し・価格予想を徹底解説

仮想通貨AKT(Akash Network)とは?今後の価格予想や買い方など徹底解説

仮想通貨オントロジー(Ontology/ONT) とは?特徴や今後の見通し・価格予想を徹底解説

2024年アルトコインおすすめ銘柄ランキング!買うべき銘柄10選!

仮想通貨のレンディングとは?メリットやデメリットも徹底解説

仮想通貨MERL(Merlin Chain/マーリンチェーン)とは?特徴や取引所・買い方を徹底解説

ビットコイン半減期に当たる仮想通貨おすすめ銘柄3選!

仮想通貨OMNI(オムニ)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

ビットコインの半減期とは?今後の影響とビットコインの価格予想

仮想通貨Bittensor(TAO)とは?特徴や今後の見通し、買い方を徹底解説

仮想通貨Saga(SAGA)とは?特徴や今後の見通し・買い方を徹底解説

仮想通貨CKB (Nervos Network)とは?今後の見通し・将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨MEW (Cat in a Dog World)とは?将来性や今後の価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨BTT(BitTorrent)とは?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨クアント(Quant/QNT)とは?特徴や今後の価格予想・買い方を徹底解説

ミームコインとは?仮想通貨のミームコインおすすめランキングも徹底解説

仮想通貨DAO Maker(DAO)とは?特徴や今後の価格予想、買い方を徹底解説

仮想通貨SUI(スイ)は10000円になる?今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨PRIME (Echelon Prime) とは?特徴や価格動向、稼ぎ方を徹底解説

仮想通貨SMOG(スモッグ)とは?今後の価格予想・取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨PENGとは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨WEMIXとは?特徴や今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨BOME(BOOK OF MEME)とは?特徴やプレセール、価格動向を徹底解説

仮想通貨AMP(アンプ)とは?今後の見通しあや価格予想を徹底解説

仮想通貨Vanar Chain (VANRY)とは?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨Scallop(SCA)とは?エアドロップのやり方も徹底解説

仮想通貨Pixels(PIXEL)とは?将来性や始め方、価格動向を徹底解説

仮想通貨AI銘柄おすすめランキング|2024年稼げる注目のAI関連銘柄を紹介

柴犬コイン(SHIB)は今後1 円になる?2024年-2030年の価格予想を徹底解説

仮想通貨MBOX (Mobox/モボックス)とは?価格動向や将来性を徹底解説

仮想通貨ARKM (Arkham/アークハム)とは?価格動向や将来性を徹底解説

仮想通貨SPELL(スペルトークン)とは?メリットやデメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨MAVIA(Heroes of Mavia)とは?始め方や遊び方・買い方を徹底解説

仮想通貨カウンターパーティー(XCP/Counterparty)とは?今後の見通し・将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Gitcoin (GTC)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

仮想通貨Metis(METIS)とは?価格動向や買い方・ユースケースを徹底解説

仮想通貨FUSD(First Digital USD)とは?取引所や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨ORDI(ORDI)とは?特徴や今後の将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨THORChain (RUNE)とは?特徴や今後の価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Casper (キャスパー/CSPR)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Livepeer (LPT)とは?メリット・デメリット・買い方など徹底解説

仮想通貨Raydium(RAY)とは?今後の将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Zetachain(ゼータチェーン/ZETA)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨RAIN(Rainmaker Games)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Ondo (ONDO)とは?価格動向や取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨WIF(Dogwifhat)とは?取引所や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨チリーズ(CHZ/Chiliz)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Duel Network(DUEL)とは?特徴や価格予想・買い方を徹底解説

【仮想通貨】エレストワールドとは?稼ぎ方や始め方を徹底解説

仮想通貨Mantle(MNT)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Magic Square(SQR)とは?特徴やロードマップ・買い方を徹底解説

仮想通貨Injective (INJ)とは?特徴や今後予想・価格動向を徹底解説

仮想通貨AIOZ Network(AIOZ)とは?特徴や仕組み・買い方を徹底解説

仮想通貨Xai(XAI)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨ZKFair (ZKF)とは?特徴やエアドロップ・買い方を徹底解説

仮想通貨OpenDAO(SOS)とは?特徴や価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨Powerledger(POWR)のエアドロップのやり方を徹底解説

仮想通貨FEGとは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨NFPrompt(NFP)とは?特徴や価格動向・取引所を徹底解説

仮想通貨Moonriver(MOVR)とは?特徴や今後の価格予想・買い方を徹底解説

仮想通貨Silly Dragon(SILLY)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Grape Finance(GRAPE)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨NINJA(CryptoNinja/クリプトニンジャ)とは?ビットコインNFTへ進出?!

仮想通貨COQ Inu(COQ)のエアドロップとは?やり方も徹底解説

仮想通貨Fusionist(ACE)とは?特徴や取引所・買い方を徹底解説

仮想通貨Myria (ミリア)とは?特徴や将来性・価格予想を徹底解説

仮想通貨Steem(STEEM)とは?特徴や将来性・価格予想を徹底解説

仮想通貨SATS(1000SATS)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Jito(JTO)とは?特徴や買い方・エアドロップを徹底解説

仮想通貨Inspect (INSP)とは?特徴やメリット・買い方を徹底解説

仮想通貨Pyth Network (PYTH)とは?特徴や将来性・エアドロップを徹底解説

仮想通貨Anchored Coins EUR(AEUR)とは?バイナンス上場のステーブルコインを解説

仮想通貨Dechat(ディーチャット/CHAT)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Legion Network(LGX)とは?特徴や使い方・取引所を徹底解説

ドージコインはどうして柴犬の画像?今さら聞けないDOGEの最新情報を紹介

地球に優しい仮想通貨5選!今さら聞けない環境優しい仮想通貨を徹底解説

仮想通貨Project Quantum(QBIT)とは?価格動向や買い方・取引所について徹底解説

TSUGT仮想通貨(ツバサガバナンストークン)とは?ビットポイントに日本初上場へ

仮想通貨GAS(NeoGas/ネオガス)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨MBL(MovieBloc)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Celestia(セレスティア/TIA)とは?TIAの特徴や買い方・価格動向を徹底解説

エイダコイン(カルダノ/ADA)は買うべき?メリットやデメリット・注意点を徹底解説

ordinals(ORDI)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨STORJの今後はどうなる?STORJの価格予想を徹底解説

仮想通貨FTX Token(FTT)の今後の価格予想は?買い方も徹底解説

リップル(XRP)の今後はやばい?価格予想や将来性・今後の見通しを徹底予想

仮想通貨ATOM(コスモス)の将来性は?今後の価格予想や買い方を徹底解説

仮想通貨Moonbeam(GLMR)とは?将来性や今後の見通し・買い方を徹底解説

仮想通貨Kadena (KDA)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Alien Worlds(TLM)とは?始め方や将来性・買い方を徹底解説

エイダコインはやばい?仮想通貨ADA(カルダノ)の価格予想や今後の見通しを徹底解説

0x Protocol(ZRX)は100円になる?ゼロエックスの今後価格や注意点を徹底解説

ビルドアンドビルド(BNB)とは?ビットバンク(bitbank)に国内初上場

仮想通貨Dora Factory(DORA)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Gods Unchained(GODS)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨スピリットコイン(Spirit)とは?特徴や価格動向を徹底解説

仮想通貨Big Time(ビッグタイム/BIGTIME)とは?使い方や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Badger DAO (BADGER)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨UMA(Universal Market Access)とは?将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨WBTC(ラップドビットコイン)とは?特徴やメリット・価格動向を徹底解説

【2023年最新】仮想通貨ARPAの将来性は?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Ocean Protocol(OCEAN)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Rocket Pool(RPL)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Starlink(STARL)とは?将来性や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨StormX(ストーム/STMX)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨TomoChain(TOMO)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Wall Street Memes(WSM)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨JUST(JST)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨ICON (アイコン/ICX)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Trader Joe(JOE)とは?特徴や将来性・今後の価格予想を徹底解説

仮想通貨Liquity (LQTY)とは?将来性や取引所・買い方を徹底解説

StepApp(FITFI)の今後はどうなる?価格予想や将来性・メリットを徹底解説

仮想通貨ID(SPACE ID)の将来性は?今後の価格予想や使い方、注意点を徹底解説

仮想通貨Lido DAO(LDO)とは?将来性・価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨iExec RLC (RLC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Hifi Finance(HIFI)とは?将来性や取引所・メリットを徹底解説

仮想通貨Gifto(GFT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Frax Share (FXS)とは?Frax Financeの特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Open Campus(オープンキャンパス/EDU)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Civic(CVC)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Shentu(CTK)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨NIDT(日本アイドルトークン)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Biconomy(BICO)とは?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Illuvium(ILV)とは?将来性や特徴・買い方を徹底解説

仮想通貨Chia(XCH)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Loopring(LRC)とは?特徴や価格動向、将来性を徹底解説

仮想通貨Creditcoin(CTC)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨SLP(Smooth Love Potion)とは?将来性や稼ぎ方・買い方を徹底解説

仮想通貨Tellor (TRB)とは?特徴や将来性・購入方法を徹底解説

仮想通貨Kusama (クサマ/KSM)とは?特徴や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨Fetch.ai (FET)とは?特徴や価格動向・買い方を徹底解説

仮想通貨Radiant Capital(RDNT)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Flamingo(FLM/フラミンゴ)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Perpetual Protocol (PERP/パーペチュアル)とは?特徴や買い方など徹底解説

仮想通貨メイカー(Maker/MKR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨ヤマイヌ(YAMAINU/山犬コイン)とは?特徴や将来性を徹底解説

仮想通貨クロノス(Cronos/CRO)とは?特徴や将来性・今後予想を徹底解説

仮想通貨CYBER(サイバーコネクト)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨Celer Network(CELR)とは?特徴や将来性・買い方を徹底解説

仮想通貨USDT(テザー)の今後はどうなる?将来性や買い方を徹底解説

仮想通貨Sei (SEI)とは?買い方や将来性・価格動向を徹底解説

仮想通貨Celsius(セルシウス/CEL)とは?将来性や買い方・取引所を徹底解説

WOO Network(WOO)は100円になる?今後の価格予想や注意点を徹底解説

仮想通貨Balancer(バランサー/BAL)とは?価格動向や買い方を徹底解説

仮想通貨Band Protocol(BAND)とは?特徴や買い方・取引所を徹底解説

仮想通貨Bella Protocol(ベラ/BEL)とは?特徴や将来性、買い方を徹底解説

仮想通貨Cartesi(CTSI)とは?将来性や買い方・価格動向を徹底解説

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード

コメント

詳しく見る

コメントする

メールアドレスは公開されません。*は必須項目です。

コメント内容*

お名前*

メールアドレス*

提出