暗号資産UST(テラUSD)とは?仕組みと特徴を解説|用語集

05/20/2022著者: c, dora

UST(テラUSD)は、幅広い機能を持ち、現在注目を集めているステーブルコインです。2022年5月には歴史的暴落をした事でさらに大きな話題を生んでいます。UST(テラUSD)は韓国企業のTerraform Labsが発行している、アメリカドルに連動した値動きをするステーブルコインとして発行されている暗号資産(仮想通貨)です。発行元であるTerraform Labsは、複数のステーブルコインを取り扱うプラットホームであり、USTはその中の一つです。今回は、UST(テラUSD)の仕組みや、特徴等について詳しく解説していきます。

暗号資産UST(テラUSD)とは?仕組みと特徴を解説

暗号資産USTとは


UST(テラUSD)は韓国企業のTerraform Labsが発行している、アメリカドルの価格にペッグ(暗号資産とアメリカドルの為替レートを一定に保つ固定相場制)したステーブルコインです。

ステーブルコインは「ブロックチェーン上にお金は置いておきたいけれどもボラティリティの高さを軽減したい」、という投資家に需要があります。ビットコインイーサリアムよりははるかにボラティリティが小さいので、相場が下向きになりそうな時に価値の保存手段として大きな需要が生まれます。

また、送金の面においても価格がほぼ固定されているというのは送り手にとっても受け取り手にとっても都合が良いことが多いのです。そのため、暗号資産の発展にはステーブルコインが非常に重要となっています。

しかし、2022年5月現在は発行元となるLUNA価格の大暴落に連動して、USTも暴落している状況です。2022年5月17日時点では、1USTが約16円台にまで落ち込むなど、大きな混乱を招いています。

 

暗号資産USTの仕組み


TerraformはUSTの他にLUNAというトークンを発行しています。USTを発行するには、同じ価値のLUNAをバーン(発行済みの暗号資産を使えない状態にして、実質消滅させること)します。USTの需要が多い場合は、価格を一定に保つためにUSTをバーンし、LUNAを発行します。逆に、LUNAが多い場合は、LUNAをバーンしUSTを発行します。

これにより、USTは無担保型ステーブルコインの中では1位の発行量と取引高を誇っていました。

TerraformはUSTと同じ仕組みで、韓国ウォンに連動するTerraKRW(KRT)・モンゴルトゥグルグに連動しているTerra MNT(MNT)も発行しています。しかし、提供元となるテラ(LUNA)の暴落を受けてUSTも下落したことから、2022年5月現在は無担保型のステーブルコインとして不信感が生まれている状況です。

 

暗号資産USTの特徴


  • 1.無担保型のステーブルコイン

ステーブルコインは、価格を担保する方法で種類が分かれています。法定通貨担保型・仮想通貨担保型・無担保型の3種類があります。

USTは3番目の「無担保型」に該当します。無担保型は独自のアルゴリズムを使用し価格を安定させる、価格の安定性を保つ担保の無いステーブルコインです。
価格の安定性を保つためトークンを別途用意し、トークンの市場への供給量を調整し価格の安定性を保ちます。

 

  • 2.ブリッジ機能で色々なブロックチェーンで使える

テラのブロックチェーンは、コスモスネットワーク(テラのブロックチェーンを開発したキット)以外のブロックチェーンとも送金を行えるようにするために「ブリッジ」という機能が利用できるようになっています。

「Terra Bridge」というブリッジは、イーサリアム・バイナンススマートチェーン・Osmosis(OSMO)・Harmony(ONE)・Terraのブロックチェーンに対応したシステムです。別のDapps「Wormhole」は、イーサリアム(ETH)・アバランチ(AVAX)・ポリゴン(MATIC)・BSC・ソラナ(SOL)・テラ ・Oasis(ROSE)に対応しています。

ユーザーはブリッジ機能に対応したブロックチェーン上の資産を他のブロックチェーン上に移動できるようになります。これにより、チェーンを跨いでDeFi(分散型ウェブ)の運用をしやすくなり、ユーザーにとって大きなメリットになります。

この中で名前の上がったイーサリアムはBTCC暗号資産取引所でも簡単に取引することができます。興味が湧いたら下記のサイトから確認してみると良いでしょう。

BTCCでイーサリアム(ETH)先物取引のやり方【初心者向け】

 

  • 3.法的リスクが比較的に小さい

法定通貨担保型USDTは、ステーブルコインの中では時価総額が1番多い暗号資産です。アメリカドルに連動したステーブルコインであり、ドルとの等価交換を保証していることが大前提です。

過去には、発行されているUSDTの26%は裏付け資産がないと報じられ、市場の懸念材料になっています。2021年3月には、監査企業であるMoore Caymanが「テザー社とグループ企業が保有する資産は、発行したUSDTを償還するために必要な金額を上回っている」と証明しました。

USTでは、暗号資産のLUNAを使用して価格を安定させています。LUNAはUSTと同じTerraform Labs社が発行している暗号資産です。これまで法定通貨をペッグすることが一般的だったステーブルコインですが、自社発行の暗号資産を使い、供給量を調節して1ドルに保つというのはTerraform Labs社が取り入れた革新的な取り組みです。

これまでは、LUNAの流動性からUSTの価値も安定していましたが、2022年5月にはLUNAの担保不足による懸念から大量の売却が生じ、USTも連動して暴落をしています。

LUNAとUSTの暴落や暴落からもたらす影響について興味を持つ方は下記のサイトへご確認ください。

テラ(LUNA)・UST暴落からもたらす影響を解説 

 

暗号資産USTへの規制


ステーブルコインはアメリカを始め、各国が規制の動きを見せています。

ウォール・ストリートジャーナルの記事によると、アメリカのバイデン政権下では「ステーブルコインの発行元に対して、銀行と同等の制限を設ける」と検討しています。G20やIMF(国際通貨基金)でも同じように議論が行われ、USTを含むステーブルコインへの評価は厳しいという見方が濃厚です。

関連:米FRB、報告書で「ステーブルコインの構造的な脆弱性」を警告

しかし、どのような形であってもステーブルコインというジャンルのニーズがなくなることはないと思われるので今後も規制当局との話し合いは重要そうです。ただし、USTのような無担保型のステーブルコインに対しての風当たりは強くなるものと考えられています。

 

【他の記事】

ビットコインを無料でもらう方法5選!|暗号資産の稼ぐ方

DApps(分散型アプリ)プラットフォームを6つ紹介!

DAppsとは?分散型アプリの定義と活用事例を解説|用語集

ビットコインのショート(空売り)とは?取引所もご紹介!|用語集

暗号資産のデモトレードとは?メリットと注意点を解説|用語集