CoinTradeステーキングサービス始動!

07/04/2022著者: c, dora

株式会社マーキュリー(以下「当社」)が提供するサービス「CoinTrade」(コイントレード)アプリにおいて、新たなステーキングサービスである「CoinTradeStake」(コイントレードステーク)を2022年7月14日に開始することをお知らせいたします。

当社はCoinTradeStake(コイントレードステーク)を「次世代の資産運用」と位置付け、今後も対象銘柄の拡大や、利便性の追求などサービス拡大に努めてまいります。到来するWeb3.0時代のインフラストラクチャーとなるブロックチェーン維持への貢献(=ステーキングを行うことで誰でも身近にWeb3.0へ参加が可能となるサービスのリリースを予定しております。

 

また、「次世代の資産運用」としても高いAPR※1に着目し、暗号資産(仮想通貨)を使った新しい資産運用として、皆様にご利用いただけると考えております。
サービスURL:https://coin-trade.cc/services/stake/

 

なお、サービスに不具合が発生したなどやむを得ない理由により、サービス開始日時を延期または中止する場合がございますので、あらかじめご了承ください。

 

■CoinTradeStake(コイントレードステーク)対応予定の仮想通貨

①「パレットトークン(PLT)」

通貨単位:PLT
想定APR:10.0% ~ 30.0%

 

②「アイオーエスティー(IOST)」

通貨単位:IOST
想定APR:5.0% ~ 12.0%

 

③「エイダコイン(ADA)

通貨単位:ADA
想定APR:3.0% ~ 7.0%

 

④「ポルカドット(DOT)

通貨単位:ADA
想定APR:3.0% ~ 7.0%

 

■CoinTradeStake(コイントレードステーク)利用イメージ

当社は2021年2月17日に正式に暗号資産交換業者の登録を完了し、2021年3月15日に「CoinTrade」(コイントレード)のサービスを開始いたしました。「CoinTrade」(コイントレード)はシンプルなトレードビュー、直感的なインターフェース、東証プライム市場上場企業グループが提供する世界最高水準セキュリティを持つ安心で快適なトレードが可能な暗号資産販売所サービスです。

 

【マーキュリー会社概要】

会社名:株式会社マーキュリー

所在地:東京都世田谷区用賀4-10-5 世田谷ビジネススクエア ヒルズ4 5階

代表者:代表取締役社長 都木 聡

登録番号:暗号資産交換業者(登録番号 関東財務局長 第00025号)

設立年月:2017年9月

資本金:2.5億円(2022年5月末現在)

加入協会:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)

一般社団法人ブロックチェーン推進協会(BCCC)

一般社団法人日本ブロックチェーン協会(JBA)

ホームページ:https://coin-trade.cc/

※このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 

<リスク情報について>

CoinTrade(コイントレード)で取り扱っている商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります。なお、本プレスリリースは投資の勧誘や仮想通貨の売買を推奨するものではありません。

 

【他の記事】

NFTゲーム「Decentraland」がメタバースLAND取扱い開始

【相場分析】ビットコインはもみ合いで推移、上値重いが続くか

ロシア財務省、ビットコインマイニングをサポートする準備へ

欧州議会、暗号資産の自己管理型ウォレットを監視対象に

米BNYメロン、ステーブルコインUSDCの裏付け資産を保管

日本JPX、ブロックチェーン技術に関する中期経営計画を発表