米BNYメロン、ステーブルコインUSDCの裏付け資産を保管

04/01/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

米銀行BNYメロン、米ドルステーブルコインUSDCの裏付け資産を保管

BNYメロン、ステーブルコインUSDCの裏付け資産を保管


31日、米大手信託銀行であるBNYメロンは、米ドルステーブルコインUSDCの発行に取り組んでいる企業Circle社と提携し、USDCの米ドルなどの準備資産を保管していることをCircle社より発表した。

 

世界最大手の信託銀行として、BNYメロンは約4,200兆円の運用資産を持っている。この連携を通し、BNYメロン銀行はCircle社の「プライマリー・カストディアン」になった。

 

ステーブルコインの時価総額ランキングでは、USDCが二位に位置を付けている。流通しているUSDCが約6.3兆円。昨年7月に公開された書類によると、USDCの準備資産には、現金・現金同等物、譲渡性預金、米国債などがある。

 

USDCの安全性と透明性を強化するため、Circle社はBNYメロン銀行と連携し、裏付け資産をBNYメロン銀行に預ける。

 

BNYメロン、仮想通貨業界へ進出


BNYメロンのアセットサービシングCEO(最高責任経営者)Roman Regelman氏は以下のように述べている。

 

「私たちは、USDCの準備資産のカストディアンとして、より広い市場を支援し、お客様に価値をもたらすことが我々の役割だ」

 

BNYメロンは現在、暗号資産(仮想通貨)業界へ進出している。2月に、大手暗号資産カストディ企業Fireblocksと提携し、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)の保管サービスを機関投資家に提供する予定。