グッチ、一部店舗でビットコインの取り扱いを開始

05/05/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

グッチ、一部店舗でビットコインの取り扱いを開始

グッチ、一部店舗でビットコインの取り扱いを開始


高級ファッションブランドのグッチは、限られた店舗で暗号資産(仮想通貨)決済の受け入れを開始することが分かった。

 

このニュースを最初に報じたVogue Businessによると、今月末に暗号資産決済を米国の数店舗で試験的に開始し、最終的には今年の夏に北米の全店舗に拡大する予定だという。

 

受け入れられる暗号資産は、ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)、ラップドビットコイン(WBTC)、ライトコイン(LTC)ドージコイン(DOGE)柴犬コイン(SHIB)、米ドルにペッグされた5種類のステーブルコインとなる予定だ。グッチの暗号資産決済は、電子メールで顧客に送られるQRコードを通じて行われ、顧客は自分のウォレットを添付して支払うことができるようになる。

 

グッチはすでに、暗号資産とブロックチェーンゲーミングの分野に進出するための重要なステップを踏んでいる。同社はWeb3.0に特化した取り組みを行う特定のチームを持ち、同社のRobloxゲーム「Gucci Garden」には1900万人の訪問者があった。また、同社は「どうぶつの森」や「ポケモンGO」などのゲームでアバターの見た目を変える「スキン」を制作している。

 

グッチのチーフ・マーケティング・オフィサーであるロバート・トリファス氏は先月のインタビューで、「自分を表現できる『第2の世界』は増えているが、メタバースの製品で、メタバースのペルソナを通じて自分を表現したい個人に対して、おそらく価値が低く見積もられている」と述べた。

 

同ブランドは、ブロックチェーンに支えられた仮想不動産プラットフォーム「The Sandbox」でデジタル不動産を購入したこともある。昨年夏には、グッチがRobloxのマーケットプレイスで販売した仮想財布が、現実世界の同等品の価格を上回る4,000ドル超で落札され、ネット上で注目を集めた。

 

多くの高級小売店やブランドが、暗号資産決済を取扱う


今回の動きは、多くの高級小売店やブランドが暗号資産決済を取り入れる中で生まれたものとなる。今週初め、高級フィットネス・ヘルスクラブ「Equinox」がニューヨークのクラブで暗号資産を受け入れることを発表した。数ヶ月前、ファッションブランドのオフホワイトは、パリ、ロンドン、ミラノで暗号資産決済の受け入れを開始した。

 

トリファス氏は、「私たちは、人々がNFT(非代替性トークン)やデジタルコレクション、そしてメタバースでの第二の人生のために高いお金を支払うことを望んでいることを知っています。つまり、収益の可能性は絶対にあるのです。現実世界と同じように、体験をどのようにキュレーションするかを理解し、その体験が、顧客がそれぞれのブランドに期待するものを提供していることを確認する必要があります」と、マッキンゼーのインタビューで指摘した。