ドージコイン(DOGE)とは?基本事項をわかりやすく解説

04/01/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

ドージコイン(DOGE)とは?ゼロから仮想通貨入門

ドージコイン(DOGE)は2013年末から存在し、当初は冗談のようなものでした。この暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)への皮肉なトリビュートとしてデザインされました。ドージコイン(DOGE)はジョークコインとメモコイン以外の目的を果たすつもりはないです。ただし、価値の移転に使用することは可能です。

 

ドージコイン(DOGE)の興味深い事実


ここでは、ドージコイン(DOGE)の興味深い事実を紹介します。

ドージコイン(DOGE)はもともと2013年11月にJackson PalmerとBilly Marcusによって作られたジョークでした。Marcusは最近、2015年にすべてのドージコインを売却したと主張しています。現時点では、128,264,356,384枚のドージコイン(DOGE)が流通しており、ビットコインは1,850万枚です。

ドージコイン(DOGE)は仮想通貨の中で最も大きな領域の一つです。

2014年、ドージコイン(DOGE)コミュニティはNASCARドライバーのJosh wiseをスポンサーするために55,000ドルを集め、ドージコイン(DOGE)とredditのエイリアンの写真で彼の車を完全にカバーしました。

ドージコイン(DOGE)のロゴに描かれているのがどの犬か知りたいなら – それは薪の犬、狩猟犬です。

 

ドージコイン(DOGE)マイニング


ドージコイン(DOGE)のブロックチェーンは、他の主要なブロックチェーンと同じように機能します。ブロックはハッシュアルゴリズムを使って連鎖され、その出力は使用することができます。つまり、ユーザーはドージコインアドレスにトランザクションを送信することでドージェコインを使うことができます。次に、ノードを実行しているマイナーがトランザクションを受信し検証します。無効なトランザクションは拒否されます。もちろん、有効な取引はブロックに追加され、さらにブロックチェーンに追加されます。さらに、ドージコイン(DOGE)はビットコインのPOW(proof of work)アルゴリズムを使用しています。それを活用する。最近のコンピューターであれば、ハッシュ値を素早く計算することができます。新しいハッシュ値を計算するのに1秒もかからないので、これは難しいことではありません。

 

新しいブロックのマイニングの難易度を上げるために、ドージコイン(DOGE)ブロックチェーンはビットコインブロックチェーンのように「難易度」属性を導入しています。生成されるハッシュ値は、難易度属性に基づく特定のパターンに一致しなければならなくなりました。言い換えれば、難易度が高いほど、一致するハッシュ値が少なくなる可能性があります。したがって、この特定の難易度にマッチするハッシュ値を生成するためには、より長い時間がかかります。このため、このアルゴリズムはプルーフ・オブ・ワーク(POW)と呼ばれています。ビットコインは10分ごとに1つの新しいブロックを採掘しますが、ドージェコインネットワークの場合、採掘者は平均して1分ごとに新しいブロックを生成しています。

 

ドージコイン(DOGE)のインフレデザイン


ビットコインでは、ノードオペレータが採掘できるビットコインの総数にハード的な上限が課せられており、2100万ビットコインに設定されています。これまで、1850万枚以上のビットコインが掘り起こされています。2100万枚に達すると、誰もそれ以上ビットコインを掘ることができなくなります。それ以降、ビットコインの採掘者は、一致するハッシュ値を見つけた場合にのみ取引手数料を受け取ることになります。ドージコイン(DOGE)は、その経済設計にさまざまなアプローチをとっています。この通貨はインフレーションの設計を選択しました。この設計は、ドージコイン(DOGE)が無制限に供給されることを意味します。前述したように、採掘者は1ブロックをマイニングするごとに10000ドージェコインを受け取ることができます。したがって、現在のレートでは、毎日1440万ドージェコインが採掘されています。

 

ドージコイン(DOGE)は失われたコインを交換するために、インフレデザインを選択しました。よく財布をなくしたという話を見かけますよね。ある例では、7002ビットコインの入ったビットコインウォレットにアクセスできなくなった人がいます。

 

しかし、インフレ(ドギコイン)とデフレ(ビットコイン)のデザインについては、いろいろと議論があるようです。注目すべきは、マネーサプライの増大が必ずしもインフレにつながらないという点です。

 

“経済における財やサービスの価値が等しく増加するのであれば、マネーサプライの増加は必ずしもインフレにつながらないです。むしろ、生産的で成長する経済には、それを支えるマネーサプライの増加が必要であると言えるでしょう。

 

当初、ドージコイン(DOGE)の目標は、安定点として1,000億枚のDOGEの安定供給を達成することでした。しかし、その供給量はこの数字を超え、今も増え続けています。つまり、使用量とインフレ率の適切なバランスを見つけることは簡単ではないのです。