ビットコインキャッシュ(BCH)の機能を分かりやすく解説

03/28/2022著者: c, dora

ビットコインキャッシュ(BCH)の機能を分かりやすく解説

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?


ビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインよりも安価で高速に使用できるプルーフ・オブ・ワーク(proof-of-work)型のブロックチェーン・ネットワークと暗号資産です。世界初の暗号資産であるビットコインは、爆発的に成長しているものの、スケーラビリティの問題や処理時間の長さに悩まされています。そこで登場したのがビットコインキャッシュです。ビットコインキャッシュのアイデアは、ビットコインの長年の問題を解決する方法として、取引を高速化するために2017年に提起されました。一方で、このような解決策は、ついに暗号資産コミュニティでブレークを引き起こしました。この2つの暗号資産は簡単に共存できるとしても、どちらが将来の資産になるかを巡って多くの論争が起きています。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)はどのように機能するか?


技術的からいうと、ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインと全く同じように機能します。どちらも総発行枚数は2100万枚、取引の確認にはノードを使用し、コンセンサスアルゴリズムにはPoWを採用しています。PoWとは、採掘者がコンピュータのパワーを利用して取引を確認し、その貢献に対してビットコインキャッシュで報酬が与えられることを意味します。

 

しかし、ビットコインキャッシュはブロックサイズが大きいため、前よりも動作が速く、取引手数料も低くなっています。暗号資産でコーラを1本買うといった小規模な取引に、より適しているのです。さらに、ビットコインキャッシュはスマートコントラクトとCashFusionやCashShuffleなどのアプリをサポートしています。

 

CashFusionは、他の取引と混ぜるのではなく、あなたのBCHを他のCashFusionユーザーでいっぱいの一つの大きな取引に入れます。ただし、あなたの取引は他の多くの取引と混ざり合い、結合されているため、(理想的には)誰もあなたの保有物を追跡することはできません。特定のウォレットを使用しているビットコインキャッシュのホルダーは、キャッシュシャッフルを利用できます。これは、取引の前にビットコインキャッシュを他のホルダーとシャッフルするコイン混合プロセスです。その結果、あなたの取引は非公開となり、ビットコインキャッシュが公開台帳であることを考えると、追跡がはるかに困難になります。

 

しかし、コインミキシングは必ずしも信頼できるものではありません。まず、ユーザーが第三者のサービスを信頼する必要があります。暗号資産は自律的または偽名であることが前提なので、これはいささか皮肉なことです。ミキシングには手数料がかかることもあり、頻繁に取引をする人にとっては理想的とはいえないです。多くの規制当局は、このようなプラットフォームに入る資金は通常、違法に入手されたものであると主張し、暗号通貨ミキサーを標的にしています。

 

これらは、ビットコインキャッシュのエコシステム内で普及している2つのアプリケーションですが、氷山の一角に過ぎません。ビットコインキャッシュは、技術を拡張し、すべての人がよりアクセスしやすくするために、何十ものプロトコルや他のプロジェクトにインスピレーションを与えてきました。