GMO NIKKO、「GMOメタバース ラボ」を発足

07/27/2022著者: c, dora

総合インターネット広告代理事業を展開するGMO NIKKO株式会社は27日、メタバース空間・デジタルツインを活用しビジネス課題を解決すべく、企業や自治体におけるメタバースでの事業拡大や新しい体験の提供をサポートする「GMOメタバース ラボ」を発足すると発表した。

今後「GMOメタバース ラボ」では、Web3時代における新たなマーケティング課題やビジネス課題の解決に向け、メタバース技術やブロックチェーン技術を活用したNFT等の各種Web3サービスに関する調査・分析を行うとともに、メタバース空間を活用した様々なビジネスの立ち上げをサポートする多様なサービスを展開している。

 

※デジタルツインとは、現実世界に存在するモノや環境などの様々なデータを、デジタル空間上に再現する技術。

 

「GMOメタバース ラボ」発足の背景


2022年6月に日本政府がWeb3活用を成長戦略の柱に据えるなど、Web3技術の普及・活用に向けた動きは国内でも加速しており、中でもメタバース空間上での商取引やNFT(非代替性トークン)の活用に注目が集まっている。

 

メタバースにおけるビジネスやNFTを活用することで、ユーザーはこれまでにない仮想空間での様々な体験が可能になるのに加え、距離や時間の制約から解放される。そのため、店舗ビジネスを展開する企業や自治体などで、次世代の顧客接点や販売手法として活用する例が出始めてきている。

 

GMO NIKKOは、これまでデジタルマーケティングを主とするインターネット広告事業を展開しており、また、2021年よりNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」の認定代理店を務め、様々なクリエイターや企業のWeb3分野へのビジネス進出・マーケティング活動に対する支援を継続して行なっている。これら各事業の知見・ノウハウを組み合わせることで、メタバースという新たな空間において企業・消費者への新たな価値を提供すべく、この度「GMOメタバース ラボ」を発足することとした。

「GMOメタバース ラボ」について


メタバース技術やブロックチェーン技術を活用した各種Web3サービスに関する調査・分析をするとともに、メタバースを活用したビジネスの立ち上げ・展開をサポートする各種ソリューションを提供。

 

メタバースにおけるビジネスを拡大し、企業の課題解決はもちろん、ユーザーへの新たな体験を提供することで、Web3時代の新たな文化を創成している。

 

「GMOメタバース ラボ」が提供するサービス


・メタバース空間上でのプロモーション企画

・メタバース空間の制作の企画・デザイン・ディレクション

・NFTを活用した企業・クリエイターへの支援活動

・店舗ビジネス向けのメタバースEC構築支援

・イベント企画事業者、地方自治体向けのメタバース空間を活用したマーケティング商品の開発

 

「GMOメタバース ラボ」今後の展望


「GMOメタバース ラボ」では、企業・自治体の課題解決をするとともに、消費者に新たなユーザー体験を提供し続けるため、順次ソリューションサービスをローンチし、世界における代表的なメタバースビジネス支援企業になるよう挑戦していく。

 

また、GMOインターネットグループが提供するWeb3関連サービスとの連携を視野に入れ、サービスメニューの拡充も随時行なっていく。

 

GMO NIKKO株式会社について


GMO NIKKOは、デジタルマーケティングを強みとする総合インターネット広告会社。

 

お客様のユーザーを徹底研究し、ユーザーの心を動かすアイディアを考える。最適なコミュニケーション設計とテクノロジーを駆使することで、時代の一歩先を行く『Surprising Partner』としてお客様の課題解決につながる最高のマーケティングサービスを提供。

 

また、「TRUE」という統一ブランドのもと、マーケティングソリューションサービスをシリーズ展開している。

 

【関連記事】

GMOコイン、BTC・ETH・XRPの1年間の価格推移と取引金額を発表

22年6月の仮想通貨取引ランキングを発表:GMOコイン

GMOコイン、7月6日にドージコイン(DOGE)取扱開始

GMO、Web3に特化したハンズオン型CVCを立ち上げ