イーロン・マスクCEO、ツイッター社を買収したい理由を説明

04/15/2022著者: c, dora

イーロン・マスクCEO、ツイッター社を買収したい理由を説明

イーロン・マスクCEO、ツイッター社を買収する意図


テスラ社のイーロン・マスクCEOは、414億ドルでツイッター社を買収することを発表した数時間後、14日に行われた「TED」でその理由を説明した。

 

イーロン・マスクCEOは、ツイッターが言論の自由のため、あらゆる人々を受け入れる場であるべきだと述べた。「私の強い直感的な感覚では、最大限に信頼され、広く包括的な公共プラットフォームを持つことは、文明の未来にとって極めて重要だと思う。パブリックプラットフォームとしてのツイッターへの信頼性を高めることができればできるほど、文明のリスクは減少する」と語った。

 

マスク氏は、自分の意図はツイッターを「独占」することではないとしながらも、ソーシャルメディア企業を買収する資金があることを明らかにした。同氏は「技術的には余裕がある。しかし、これはお金を稼ぐための手段ではない。(中略)経済的なことは全く気にしていない」と付け加えた。

 

同氏は、「裏工作」のようなものを避けるために、ツイッターのアルゴリズムをオープンソースにすべきだと主張した。

 

マスク氏のビジョンには、編集ボタンの追加(場合によってはツイート後の時間限定)や、ツイッター上のスパムや詐欺のボットの排除も含まれている。「暗号資産詐欺を見るたびにドージコイン(DOGE)があったら(略) 」と、笑いの合間に言った。

 

関連:日本交換業者BTCBOX、初めてドージコインをローンチ

 

米証券取引委員会(SEC)への提出書類で、マスク氏が、もし自分の申し出が受け入れられなかったら、「株主としての(自分の)立場を考える必要がある 」と述べている。マスク氏は最近、ツイッター社の9.2%の株式を購入してから数日後、彼は取締役就任を辞退したことが明らかになった。

 

関連:イーロン・マスク氏、ツイッターの取締役への就任決定を撤回

 

参考:the block

 

【他のニュース】

Web3.0スタートアップContext、1950万ドルを資金調達へ

米ブラックロックCEO、暗号資産分野を深く研究

ウィキメディア貢献者、財団に暗号資産寄付の禁止を要請

イーサリアム、PoSへの移行に向け初めての大規模テストに成功

DeFi関連企業「BloXroute」、ソフトバンク主導で7000万ドル調達

米Robinhood、ソラナなど暗号資産4銘柄を新規上場