米Robinhood、ソラナなど暗号資産4銘柄を新規上場

04/13/2022著者: c, dora

Robinhood、暗号資産ソラナなどを新規上場

Robinhood、暗号資産ソラナなどを新規上場


米大手投資アプリのRobinhoodは12日、4銘柄の主要暗号資産(仮想通貨)の新規上場をウェブサイトで発表した。新規上場の対象は、シバイヌ(SHIB)、ソラナ(SOL)、コンパウンド(COMP)、ポリゴン(MATIC)だ。

 

暗号資産取引所は、4銘柄の暗号資産はそれぞれについて特定のページを追加し、見込みのあるトレーダーがそれぞれの暗号資産を売買するためにサインアップできることをメッセージで伝えている。Robinhoodのブログ記事によると、暗号資産の売買が可能になったという。

 

Robinhoodとコインベースは、ミームコイン(MEME)に関してちょっとした競争を繰り広げている。Robinhoodは、イーロン・マスクのサポートで急上昇したドージコイン(DOGE)を早い段階で上場し、2021年第2四半期の四半期暗号資産収益の62%を占めている。2021年6月にドージコイン(DOGE)を上場したばかりのコインベースは、シバイヌ(SHIB)の引き当てがはるかに早かった。コインベースは2021年9月にシバイヌ(SHIB)を追加し、これはシバイヌが人気を博し始めてからわずか数カ月後のことだった。その直後、シバイヌ(SHIB)は0.00002ドルから0.00008ドルへと価格が大きく跳ね上がった。

 

シバイヌ、ソラナ、ポリゴンなどの暗号資産


今度は、7ヶ月遅れではあるが、Robinhoodがシバイヌ(SHIB)に新規上場をした。

 

シバイヌ(SHIB)は2020年8月に発売されたが、柴犬のようなミームコイン(MEME)が流行り始めるまで、ハイプを得ることはなかった。シバイヌ(SHIB)は同様に柴犬という犬種をテーマにしていたが、トークンの総供給量がはるかに多かった。しかし、このプロジェクトは、トークン供給の半分が焼失したと主張している。これは通常、トークンがアクセスできないアドレスに送られるプロセスを指す。しかし、このケースでは、トークンはイーサリアムETHの共同創設者であるVitalik Buterin氏に送られ、彼はトークンのブロックを売却し、その収益を慈善事業に寄付することにした。

 

ソラナ(SOL)は、低速で高速な取引を実現する「プルーフオブステーク(PoS)」型ブロックチェーンだ。ソラナの状況によると、最近パフォーマンスの低下に直面しており、トランザクションの処理に時間がかかることがあることを意味する。

 

ポリゴン(MATIC)は、イーサリアムのサイドチェーンとして見られることが多いブロックチェーンで、同様に高いパフォーマンスを重視している。しかし、そのブロックチェーンの長い文字列が遡及的に変更されるディープ・トランザクション・リオルグに苦戦している。

 

DeFi Pulseによると、Compoundはイーサリアムブロックチェーン上で6番目に大きなDeFi(分散型金融)プロトコルだ。現在、63億ドルの資産を運営・管理している。