グレイスケール、ビットコインETFの申請却下のためSECを提訴

07/01/2022著者: c, dora

グレイスケール、SECを提訴


米国に拠点を置く暗号資産(仮想通貨)投資大手のグレイスケール・インベストメンツ(Grayscale Investments)は、SEC(米証券取引委員会)が世界最大のビットコイン(BTC)ファンド「グレイスケール・ビットコイン・トラスト」(GBTC)の現物上場投資信託(ETF)への変更の申請を拒否した後、SECを訴えた。

 

SECを訴えた理由として、同社は「SECの恣意的で気まぐれな行動で、発行者への差別的な待遇で、GBTCと投資家の利害のために、本件を法廷に持ち込む必要がある」と述べた。

 

グレイスケール・インベストメンツによると、SECは「グレイスケール・ビットコイン・トラスト」(GBTC)の現物ETFへの変更申請を拒否したが、いくつかのビットコイン(BTC)先物ETFを許可したことが証拠として、市場監視機関はビットコイン投資手段に対する一貫性のある処置を取ることができていない。

 

また、同社は「規制当局が同資産のデリバティブを保有するETFを受け入れるなら、論理的に同じ資産を保有するETFも受け入れるべきだ」と付け加えた。

 

一方SECは、「グレイスケール・ビットコイン・トラスト」(GBTC)の変更は詐欺や操作活動を阻止することはなく、業務は投資家や公益を保護しないと主張している。

 

現在、「グレイスケール・ビットコイン・トラスト」(GBTC)は129億ドル相当のBTCを保有している。グレイスケールによれば、6月29日時点で、GBTCの株は純資産価値の約30%の割引額で取引されていて、約80億ドルの未回収の株主価値を表している。

 

【他の記事】

米ウィズダムツリー、欧州で仮想通貨ETPをローンチ

【相場分析】ビットコイン、年初来高値を更新、4.8万ドル挑戦へ

NFTゲーム「Decentraland」がメタバースLAND取扱い開始

【相場分析】ビットコインはもみ合いで推移、上値重いが続くか

ロシア財務省、ビットコインマイニングをサポートする準備へ

欧州議会、暗号資産の自己管理型ウォレットを監視対象に