米ウィズダムツリー、欧州で仮想通貨ETPをローンチ

03/30/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

米ウィズダムツリー、欧州で仮想通貨ETPをローンチ -BTCC

ニューヨークを拠点とする資産運用会社ウィズダムツリー(WisdomTree)は、上場取引型金融商品である暗号資産(仮想通貨)ETPを欧州でローンチしたことを発表した。

 

新しくローンチされた仮想通貨ETPは、ソラナ(SOL)、エイダ(ADA)、ポルカドット(DOT)などの現物に連動するETPで、29日にスイスのSIXととドイツのBorse Xetraに上場した。プレスリリースによると、パリとアムステルダムのユーロネクスト(Euronext)取引所には、月末までにローンチする予定だ。

 

ETPは、現物のステーキングによる利回りが投資家に提供される。規制の枠組みが仮想通貨をサポートしてきたヨーロッパ市場ではかなり有名となっている。WisdomTreeやVanEck、21Sharesなどの企業は、ビットコイン (BTC)イーサリアム(ETH) のようなシンプルで基本的な仮想通貨よりはるかに先に、ヨーロッパで仮想通貨ETPを発足させることができた。

 

最近、スイスの仮想通貨投資会社であるValourは、エイダ(ADA)とポルカドット(DOT)という仮想通貨をローンチした。

 

【最近のニュース】

1.岸田首相、暗号資産による制裁回避を防ぐ

2.英国、仮想通貨規制に関する新たな計画を近々発表

3.メタマスク、Apple Payで仮想通貨の購入に対応