『キャプテン翼』ボールはともだちNFTプロジェクト開始

07/11/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

ブロックチェーン技術を用いたアプリケーション開発を行うdouble jump.tokyo株式会社は、株式会社TSUBASAと共同で、『キャプテン翼』ボールはともだちNFT(非代替性トークン)プロジェクトを始動することを発表した。『キャプテン翼』の世界中のファンと一緒にプロジェクトを盛り上げていくNFTならではの企画を開始。

 

『キャプテン翼』ボールはともだちNFTプロジェクト


『キャプテン翼』は1981年に連載以来、国内はもちろん、世界中のサッカー少年たちに大きな影響を与え続けてきた高橋陽一先生が手がける世界的なサッカー漫画。ヨーロッパや南米を中心に約20の国や出版、アニメ放送がされ、世界中で愛されるグローバルIPとなっている。本作に影響を受けたと公言するトップ選手も少なくない。

「ボールはともだち」が信条の大空翼のどこまでも直向きな姿勢、個性豊かな仲間やライバルたち、ワクワクする必殺技の数々。本作の漫画原画は人々を魅了し続ける力がある。

 

今回、そうした漫画原画の数々の名シーンをふんだんに活用したNFTプロジェクトを始動。また世界中の『キャプテン翼』ファンと一緒にプロジェクトを盛り上げていくNFTならではの企画も展開していく。一人一人の心に『キャプテン翼』の思い出があり、世界中でファンコミュニティが点在している。そんなファンをボールはともだちNFTを起点に繋ぎ、コミュニティを盛り上げている。

また、7月10日より7月12日の3日間、『キャプテン翼』ボールはともだちNFTプロジェクト始動のお披露目として、渋谷スクランブル交差点の大型ビジョンに登場しています。

『キャプテン翼』について


『キャプテン翼』(集英社)は、「ボールがともだち」が信条の大空翼を主人公とするサッカー漫画。1981年に「週刊少年ジャンプ」で連載が開始され、1983年にはアニメ化。

現在、「キャプテン翼マガジン」にて『キャプテン翼 ライジングサン』を連載中。

2017年6月にはシリーズ通巻100巻を達成、2018年にはアニメ最新作の放送が開始され、海外でも順次放送されている。

double jump.tokyo株式会社について


double jump.tokyo株式会社は、NFT・ブロックチェーンゲーム専業開発会社として、2018年4⽉3⽇に設⽴。

「My Crypto Heroes」「BRAVE FRONTIER HEROES」「My Crypto Saga」などのブロ ックチェーンゲームの開発や、⼤⼿コンテンツホルダー向けにNFTの発⾏販売やゲーム、メタバース連携を⽀援するNFT事業⽀援サービス「NFTPLUS」を提供。

複数人で秘密鍵を管理できるビジネス向けNFT管理サービス「N Suite」の提供・開発を⾏っている。