MET AMS、6月14日からメタバースとNFT祭典を開催

05/20/2022著者: c, dora

MET AMS、ヨーロッパを代表するメタバースとNFTの祭典を開催

MET AMS、6月14日からメタバースとNFT祭典を開催


MET AMSは、6月14日から17日までアムステルダムでヨーロッパ有数のメタバースNFT(非代替性トークン)祭典を開催します。

 

この4日間のイベントでは、基調講演、パネルディスカッション、トークセッション、ワークショップに加え、この分野をリードする100名以上のアーティストやブランドによる没入型体験やインスタレーションが予定されています。

 

同イベントでは、NFTやメタバースがアートや音楽、ファッション、ゲームなどあらゆる産業にどのような影響を与えているか、メタバース文化のさまざまな側面を探求するとともに、多様性、包括性、持続可能性といった重要なトピックも取り上げます。

 

同イベントでは、メタバースやテクノロジーについて特別な形で紹介され、これまでで最も没入感のあるカンファレンスとなるでしょう。

 

一般入場料:269ユーロ(NFTドロップイン、オープニングイベントへの参加、2日間のセッション、Art RoutesとExperience Centreへのアクセス、クロージングパーティーへのアクセス)

 

【他の記事】

VereNFTで独自のNFTマーケットプレイスを構築

「DDCentral Conference」をテーマとしたWeb3.0イベントが開催

NFTギャラリー、秋葉原で「メイドカフェ」イベントを初開催

CogX第6回イベント開催、AI・ブロックチェーン技術などを紹介

「ブロックチェーンと持続可能な経済成長」を開催

Web3 Summer、6月9日からオースティンに四日連続開催