LUNCは80%以上上昇、バイナンスがLUNC手数料バーンシステム導入

09/27/2022著者: c, dora

取引高で世界最大の仮想通貨取引所バイナンスの最高経営責任者であるChangpeng Zhao氏は、デザー(USDT)とバイナンスUSD(BUSD)との取引ペアからLUNCのすべての手数料をバーンすることを発表した。

バイナンスLUNC手数料をバーンするシステム導入


バイナンスのLUNC手数料バーンシステムの導入に対して、Zhao氏は「バイナンスのLUNC/BUSDとLUNC/USDTのスポット取引と信用取引のペアで徴収したすべての取引手数料をバーンすると決定した。手数料はLUNCに変換された後、バーンアドレスに送られる。このLUNCバーンは、ユーザーの費用ではなく、バイナンスの費用で行われる。このようにして、当社はすべてのユーザーに対して公平であることができる。取引体験と流動性は変わらず、当社はコミュニティが望んでいるLUNCの供給減少に貢献することができる」と述べている。

 

当初、Zhao氏はこの仕組みに「参加する」ボタンを追加したいと述べていたが、コミュニティからのフィードバックを受けて考えを改めた。

 

LUNCは80%以上急騰


バイナンスがLUNC手数料バーンを発表後、LUNCは数時間で0.000181ドル(約0.0258円)から0.00033ドル(約0.0473円)まで上昇し、80%以上の上昇を記録している。

 

24時間の取引量から見ると、ソラナ(SOL)やバイナンスコイン(BNB)など他の上位仮想通貨より、LUNCは23億ドル(約3300億円)とかなり大きい。

 

しかし、LUNCは史上最高値の119ドル(約17000円)から実質的に100%下落している。

 

また、創業者のDo Kwon氏はTerraエコシステムの崩壊に関与したとして韓国当局から指名手配を受け、現在インターポールに追われている。

関連:LUNC・LUNA下落、テラ創設者Do Kwon氏への逮捕状の発行を受け

 

Terraの開発会社であるTerraform Labsは、特にUSTステーブルコインに関して、プロジェクトがねずみ講のように運営されていたとするユーザーからの訴訟にも見舞われている。

 


LUNCや仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

バイナンス、LUNCとUSTCをコンバートに追加 LUNCは200%以上急騰

ルナクラシック(LUNC)は20%暴落、テラ(LUNA)は 40%激減

Apollo DAO、ルナクラシック(LUNC)の保管庫を閉鎖へ

LUNC今週15%上昇、FOMCを控え様子見【価格予想】

Crypto.com、LUNCの「1.2%税額バーン(1.2% Tax Burn)」をサポートへ