渡辺創太氏、Astar Networkの上場記念で日経新聞に広告を掲載

09/27/2022著者: c, dora

日本で誕生したパブリックブロックチェーンAstar Network(ASTR)のファウンダー渡辺創太氏は26日、ASTRの上場を記念して日経新聞に広告を掲載したことをTwitterで発表した。

 

渡辺創太氏、日経新聞に広告を掲載


渡辺創太氏は日本発のパブリックブロックチェーンAstar Networkが本日、日経新聞に広告を掲載したと発表した。この広告はASTRの上場を記念して掲載されたものとなっており、Astarの想いに共感した総勢329の国内のWeb3関連プロジェクトや企業のロゴも掲載された。

 

渡辺創太氏は日経新聞一面Astar広告に込めた想いをまとめて、「 Web3で日本がどう世界のリーダーシップを取れるかというのは大きなテーマであり、一個人としても引き続き日本に貢献できるように頑張っていきたいと思います。前進しよう。新しい時代を創るために」と語っている。

 

今後、こういった活動から優秀な開発者が集まり、AstarNetworkのようなより良いプロジェクトが登場することを期待している。

 

なお、日経新聞が掲載されたこの広告ではQRコードが付属されており、記念のNFTが獲得できるようになっている。

 

渡辺創太について


渡辺創太はWeb3起業家、ステイクテクノロジーズCEO、Astar Networkファウンダー。

 

創業3年目にして、開発を主導するパブリックブロックチェーン「Astar Network」の独自トークン「ASTR」の時価総額が一時2000億円を超えたステイクテクノロジーズ。

 

日本を代表するWeb3起業家として、渡辺創太が「3年後に会社を清算することが目標」とWeb3業界の最先端で奮闘していく。


Astar Network(ASTR)やほかの仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

カルビー、「Astar Farm」で自社初のNFTを無料で限定配布

「Astar Farm」、ステーキングの上限を開放しβ版をリリース

Pi Network(パイネットワーク)とは?仕組みや特徴、マイニングを解説

「The Merge」とは?イーサリアム(ETH)PoS移行(マージ)を徹底解説

日本におけるビットコイン先物取引【初心者ガイド】

Pi Network(パイネットワーク)の今後の見通し・価格予想を徹底解説