UniswapUniswap 価格UNI

$6.66,276,817+4.06%(24h)

市場統計

時価総額$5.08B
24時間出来高$180.68M
発行数$1.00B
価格変更(1時間)+1.05%
価格変更(24時間)+4.06%
価格変更(7日)+1.82%

ユニスワップ(UNI)について

ユニスワップ(Uniswap)は2018年11月に、現Uniswap Labs CEOのHayden Adams氏によって開設された、イーサリアム上に構築された分散型取引所(DEX)だ。取引所内に暗号資産をプールすると、その対価として独自トークンのUNIを受け取ることが可能。

ユニスワップ取引所はスマートコントラクトを活用しており、取引所内で通貨の自動取引を実現するプロトコルとして機能している。このような取引所は、自動流動性プロトコルとも呼ばれ、取引を行うためのオーダーブックや中央管理者を必要とせず、オープンソースソフトウェアによる高い分散性と検閲耐性を備えていることが特徴。

 

UNIトークン

UNIトークンはユニスワップ取引所が発行される独自の暗号資産だ。ユニスワップ取引所内に暗号資産をプールすると、その対価としてUNIトークンを受け取ることが可能。

DEX取引を活発にするためには、流動性プール内に通貨をたくさん預けてもらう必要がある。プールに通貨が供給されていなければ通貨取引を行うことができないことから、通貨を預けるだけで、対価としてUNIトークンを受け取れるようになっている。

ユニスワップでは、CEXのような暗号資産の上場審査がないことから、どのような通貨でも上場させることが可能。

 

AMM(自動マーケットメーカー)取引所

ユニスワップはAMM(自動マーケットメーカー)取引所として、トレーダー同士の通貨のやり取りではなく、スマートコントラクトを通して直接通貨のやり取りを行う仕組みとなる。スマートコントラクトでは、取引所に預けられている通貨量に応じて価格を決定し、トレーダーとやり取りを行う役割を持つ。これによって仲介者は必要なく、取引時間が早くなり、手数料も削減できるといった利点がある。

AMMでは、取引所内にプールされている通貨の量から、自動的に計算された価格に応じてスマートコントラクト取引ができる。

これに対し、従来の中央集権型取引所(CEX)では、メイカー(Maker)が注文板に価格を提示し、テイカー(Taker)が提示された価格で取引を行う「オーダーブック&オーダーマッチング」形式で取引を行う。AMMでは価格が瞬時に決定されるため、オーダーブックやオーダーマッチング形式よりも注文スピードが早いことが特徴。

 

book ホワイトペーパー web 公式サイト