HeliumHelium 価格HNT

$4.99,398,114-5.34%(24h)

市場統計

時価総額$635.19M
24時間出来高$38.18M
発行数$223.00M
価格変更(1時間)-0.59%
価格変更(24時間)-5.34%
価格変更(7日)+6.84%

ヘリウム(HNT)について

ヘリウム(Helium/HNT)は、IoTデバイスに向けて構築された世界初のワイヤレスでのP2Pワイヤレスネットワークを提供するプロジェクトである。

ヘリウム(HNT)は独自のルーターによって、ネットワークの分散化が可能になり、コストの削減とセキュリティリスク低減の両面をクリアする。

ヘリウム(HNT)のネットワーク網を広げる手伝いをした人に報酬として暗号資産(仮想通貨)HNTトークンが支払われる。

ホットスポットがさらに広がり、ヘリウム(HNT)が取引可能な通貨としてさらに取引所への上場が続いたとしたら、ヘリウム(HNT)の注目度は高まっていくはず。

 

特徴

1.ホットスポットでヘリウムネットワークが広がる

ヘリウム(HNT)最大の特徴はヘリウム・ホットスポットと呼ばれるハードウェアルーターによって構築される、ヘリウムのネットワークである。ユーザーはヘリウム(HNT)のルーターを設置することで、近くのホットスポットと接続された時に、ブロックチェーン技術によって包括的な接続を行う。

ホットスポット一つにつき周囲最大26キロ圏内をカバーできるので、ホットスポットへのホスティングに投資する人が増えれば増えるほど、ヘリウムネットワークが広がる。

 

2.ホットスポット内の作業によって得られるトークンの量が変わる

ユーザーや企業はホットスポットでネットワークを構築することで、独自トークンのヘリウム(HNT)を獲得できる。このトークン獲得量は、ネットワーク量と価値に基づいて決められる。

ホットスポットが実行する作業の種類によって、得られる報酬額は変わってくる。

ネットワークデータ転送、カバレッジの証明、カバレッジの承認になる、コンセンサスグループ、メッセージの暗号化などの作業によって、ホットスポットで作成する作業圏内のネットワークの質に応じて報酬が決まる。

 

3.コインベースへの上場候補として上がっている

ヘリウム(HNT)は現在、米国の株式市場にも上場を果たしている大手暗号資産取引所コンベースの情報候補として名前が上がっている。

上場候補として名前が上がるだけでも注目度が高まるが、いざ本当にコインベースへ上場を果たすと注目度は跳ね上がる。

 

book ホワイトペーパー web 公式サイト