「ドージデイ」、4月20日にドージコイン誕生の祝いを

04/24/2022著者: c, dora

「ドージデイ」、4月20日にドージコイン誕生の祝いを

毎年のように、4月20日に、暗号資産(仮想通貨)の世界は「ドージデイ」というドージコイン(DOGEの日を祝います。ドージコインのあまり深刻でない起源を思い出させるために、コミュニティは420ミームに敬意を表してこの日を選びました。しかし、ドージコインで楽しむのにハイになる必要はありません。では、2022年の「ドージデイ」は何を期待できるのでしょうか?

 

ドージコインの発明者は下記のように述べた。

 

あまり明るい話には聞こえませんね。しかし、「ドージデイ2021」以降、ドージコインは残酷な12ヶ月を過ごしてきたというのが真実です。「ドージデイ」の直後、価格は史上最高値を記録しましたが、その後、その価値の80%を失っています。ご自分の目で確かめてみてください。

 

なぜそんなことになったのですか?


まずは、ドージコインのマスコットであるイーロン・マスク氏が、ツイッター社を買収しようとするなど、他のことで忙しくなってしまったことです。ですので、マスク氏はドージコインに割く時間や興味が少なくなってしまったのです。しかし、それ以前にも、マスク氏は価格を吊り上げる魔法をかなり失っています。

 

第二に、ドージコインはメメコインの魅力を大きく失ってしまったのです。2021年の驚異的なランの後、多くの模倣品が登場し、資金は他の暗号資産に流れ始めました。最も有名なのは、もちろん柴犬コイン(SHIB)だ。SHIBはドージコインのかつてのファンを多く引き込んだため、本家が前に出るのは難しくなっています。また、SHIBも史上最高値から大きく値を下げたとはいえ、ドージコインに比べればまだマシな状態です。

 

最後に、ドージコインは革新的でないだけです。柴犬(SHIB)がステーブルコインShibaやShiba DEX、さらにはレイヤー2といった新しいプロダクトを打ち出しているのに対し、ドージコインにはそれに匹敵するものがないのです。その創設者はドージコインに次のような提案をしています。

 

ドージコインは原点に立ち返って、イノベーションが必要なのかもしれません。しかし、狂ったように速い暗号資産の世界で関連性を保つためには、間違いなく何かをする必要があります。

 

ですので、腰を据えてドージコインのために祈りましょう。ミームが今年も私たちを笑いの渦に巻き込み、願わくばすべてのドージコインホルダーにとってより良い未来が訪れますように。

 

【他の記事】

Fintech World Summit第9回の開催について(ワシントン)

Global DeFi Conferenceの開催について

Thailand Crypto Expo 2022の開催について

Crypto Forum Africa 2022の開催について

ブロックチェーンフェスト2022、6月2日にシンガポールで開催

暗号資産(仮想通貨)のイベントカレンダー(4月22日更新)