LUNC、「1.2% tax burn」を実装 これから上昇し続けるか?

2022/09/23著者: c, dora

待望のTerra Classic(LUNC)「1.2% tax burn(1.2%税額バーン)」プロトコルが実装され、9月21日に9,475,200のブロック高で実装に成功した。

これは、長期的にLUNCの価格を高めることにつながるため、LUNCのエコシステムにおいて大きな進展となる。当初の計画では、「1.2% tax burn」は、LUNCの総供給量が100億に達するまで継続される予定。

 

これだけでなく、ルナクラシック(LUNC)は複数の仮想通貨取引プラットフォームから絶大な支持を受け続けている。コミュニティにおけるこれらのすべての開発により、我々は今後数日間、LUNCの価格上昇を期待できるか?

KuCoin「1.2% tax burn」をサポート


有名な仮想通貨取引所であるKuCoinは最近、「1.2% tax burn」をサポートし、LUNCメインネットの引き出しサービスをオープンすると発表した。メインネットのLUNCトークン出金サービスが利用できるようになると、KuCoinで税金が有効になる。興味深いことに、LUNCとUSTCトークンをKuCoinに入金するユーザーには手数料がかからない。

 

公式声明の中で、KuCoinは「2022年9月21日(UTC)13:00:00にメインネットでLUNCの引き出しサービスを開始します」と言及している。

 

さらに、別の仮想通貨取引プラットフォームであるeToroも、バーンプロトコルをサポートする予定であることを明らかにし、コミュニティ内の興奮を呼び起こした。

LUNC前途多難な道のり


LUNCをめぐる動きは非常に有望に見えるが、かつての地位を取り戻すまでには長い道のりがある。しかし、LUNCは間違いなくいくつかの短期的なマイルストーンを越えており、投資家にこのトークンの明るい未来への希望を与えている。

 

Lunar Crushによると、先月に大きな利益を記録した以外に、LUNCは最近、9月21日に話題のトップ10コインのリストにも入った。

しかし、このような好材料にもかかわらず、LUNCの価格は24時間マイナス成長を記録したため、すぐには対応できなかった。

 

本稿執筆時点では、LUNCは0.0002831ドルで取引され、時価総額は1,741,334,410ドルだ。したがって、「1.2% tax burn」が実際に何をもたらすかは、時間だけが答えられるだろう。

 


LUNCやほかの仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

バイナンス、LUNCとUSTCをコンバートに追加 LUNCは200%以上急騰

ルナクラシック(LUNC)は20%暴落、テラ(LUNA)は 40%激減

Apollo DAO、ルナクラシック(LUNC)の保管庫を閉鎖へ

LUNC・LUNA下落、テラ創設者Do Kwon氏への逮捕状の発行を受け

LUNC今週15%上昇、FOMCを控え様子見【価格予想】

Crypto.com、LUNCの「1.2%税額バーン(1.2% Tax Burn)」をサポートへ

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード