JIP中心の企業連合、東芝買収の総額引き下げを検討

2022/11/24著者: c, dora

東芝買収の第一交渉権を得た日本の投資ファンド、日本産業パートナーズ(JIP)を中心とする企業連合は、これまで最大約2.4兆円とされていた東芝買収の総額の引き下げを検討しているという。

 

【関連記事】

ローム、東芝買収案の参画を検討 最大3000億円を投資

東芝の業績不振で、JIPが買収総額の引き下げを検討


関係筋によると、「東芝買収の総額の引き下げはまだ検討段階なので、決定していない」とのこと。 東芝は最近の業績が芳しくなく、11月11日に2023年3月決算期の営業利益予想を従来の1700億円から1250億円へ引き下げた。

 

そのため、JIP主導の企業連合のメンバーは、これまでの企業価値評価が適切であったとは考えていないと主張した。

 

また、銀行と企業連合の間で、東芝を買収するための融資に関する諸条件について交渉が続いているという。

 

ブルームバーグの16日の報道によると、JIPが準備している東芝買収提案に対して、日本の事業会社や機関投資家など計20社程度が出資を検討していると報じた。ローム、中部電力、スズキ、岩谷産業などの事業会社に加え、オリックス、生損保も参加する予定だ。

関連:ローム、東芝買収案の参画を検討 最大3000億円を投資

 


株式や仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

メタ社、13%の人員削減で超11,000人を解雇

関東財務局、FTXジャパンに行政処分 交換業を停止要請

経産省、LSTCと半導体メーカー「Rapidus」二本柱を立ち上げへ

ローム、東芝買収案の参画を検討 最大3000億円を投資

Twitter終了危機?!イーロンから大量解雇による「大量離職」か

BEEM炎上?!TikTokコンサル会社が無断掲載で批判に

会員登録して仮想通貨投資を始めよう

AppleストアまたはGoogleプレイでBTCCアプリをダウンロード

BTCCの公式SNSをフォロー

QRコードを読み取りアプリをダウンロード