FITトークンの買い方と購入場所を徹底解説!【初心者向け】

07/18/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

FITトークンは現在、分散型取引所のPancakeSwap(パンケーキスワップ)でしか取引できない暗号資産(仮想通貨)です。そのため、FITトークン(仮想通貨)の買い方と購入場所についてのこの初心者向けガイドを作成しました。この記事では、FITトークン(仮想通貨)の買い方を説明し、取引/投資の始め方を解説していきます。

 

目次

FITトークンとは?

FITトークンの買い方は?

ステップ1:コインベースに登録する

ステップ2:USDTを法定通貨で購入する

ステップ3:USDTをアルトコイン取引所に送金する

ステップ4:BinanceでUSDTをBNBに交換する

ステップ5:自分のウォレットにBNBを送金する

ステップ6:MetaMaskとPancakeSwapを接続する

ステップ7: BNBからFITに交換する

 

FITトークンとは?


FITトークンとは、Calo Metaverseのシングルモードまたはチャレンジモードで体を動かすことで報酬として無限に手に入れることができる暗号資産(仮想通貨)です。

 

Calo Metaverseは、GameFiとSocialFiの要素を持つ健康ライフスタイルプラットフォームで、人々がより多く動き、ムーブメントを起こすことを支援します。

 

FITトークンの詳細については下記のサイトへご覧ください。

仮想通貨FITとは?CaloRunにおけるFITとCALOの違いも解説

 

FITトークンは、以下の方法でバースされます。

  • 靴磨き
  • 修理
  • スニーカーのレベルアップ
  • 石のアップグレード
  • スペースのアンロック

 

FITトークンの買い方は?


FITトークンをクレジットカードで購入するのは簡単です。まずは、クレジットカードでBTC/ETH/USDTを購入することです。その後、FITトークンに交換することができます。BTC/ETH/USDTをFITトークンを取り扱っている暗号資産(仮想通貨)取引所に送金します。最後に、FITトークンに交換します。FITトークンの買い方については、以下の手順に従ってお進みください。

 

大手仮想通貨取引所のCoinbaseでは、すでにBCH、ETH、LTCの取引が可能になっています。FITトークンの買い方はこちら!

 

ステップ1:コインベースに登録する


まず必要なのは、コインベースなどのような法定通貨を使って仮想通貨を購入することができる仮想通貨取引所を選択してください。たとえば、コインベースでは米ドルを使ってイーサリアム(ETH)ビットコイン(BTC)ライトコイン(LTC)を購入することが可能です。

この場合、コインベースからUSDT(米ドルで)を購入する必要があります。

コインベースに登録するには、公式サイトに「サインアップ 」をクリックすることで行うことができます。名前とメールアドレスを入力し、パスワードを作成し、メールアドレスを確認する必要があります。

 

  • 本人確認を行う

アカウント作成後、KYC(本人確認)プロセスを経ることが要求されます。KYCの手続きでは、身分証明書や居住証明書の提出も必要です。

KYCの手続きでは、政府発行の身分証明書をかざした写真と、運転免許証やパスポートをかざした写真を追加する必要がある場合があります。これが完了すれば、暗号資産を購入できるようになるはずです。

 

ステップ2:法定通貨でUSDTを購入する


USDTを選択し、使用する金額/購入するコインの枚数を入力します。これが完了したら、購入ボタンをクリックします。ここで、購入を確認する必要があります。Confirm purchase(購入の確認)ボタンを押します。これでUSDTを所有することができました。しかし、このページはまた後で使いますので、閉じないでください。

※コインベースでクレジットカードを使用すると、手数料が高くなりますが、購入はすぐに完了します。銀行振込を利用すると手数料は安くなりますが、時間がかかります 。場合によってはコインを受け取るまでに1週間かかることもあります。支払いの詳細が確認されたら、上部メニューの「購入/販売」ボタンをクリックします。

 

ステップ3:USDTをアルトコイン取引所に送金する


USDTを使用して、市場に出回っているほとんどのコインやトークンを購入することができます。FITトークンを購入する最も早い方法は、USDTをバイナンス(Binance)に転送し、USDTをBNBに交換し、Binanceスマートチェーン経由で自分のウォレットに送り、BNBをPancakeSwapでFITに交換する方法です。

 

あとは、USDTを入金してFITトークンと交換できる取引所を探す必要があります。FITトークンは現在PancakeSwapに掲載されているため、プラットフォーム上でUSDTを交換する方法をご案内します。

 

今回はBinanceを使用しますが、ByBit、KuCoin、Kraken、Gate.io、MEXCなど、アルトコインを提供する他の取引所も数多くあります。

 

ステップ4:BinanceでUSDTをBNBに変換する


次に、Binanceで口座開設をします。5分もかからない超簡単なプロセスです。

Binanceで設定したら、そろそろUSDTをBNBに交換します。これは、「Funds」、「Deposits & Withdrawals 」の順に進むと、Binanceで取り扱われている異なるトークンの一覧が表示されます。 リストの中にUSDTが見つかるまでスクロールダウンし、その入金ボタンをクリックします。

Binance は、コインを送るための固有のアドレスを与えます。このアドレスをコピーしてコインベースのウォレットに貼り付けます(次のようになります:bbq3dgjm…)。

BinanceにUSDTを送金したら、資金が取引できるようになるまで10~15分ほどかかります。利用可能になったら、USDTをBinance Coin(BNB)に交換しましょう。

 

ステップ5:BNBを自分のウォレットに送金する


さて、ここが一番やっかいなところですね。BNBとFITトークンの両方を保有するために、自分のウォレットを作成する必要があります。

 

まず、PancakeSwapにアクセスして、右上の黄色いボタンをクリックして、アカウントを登録します。 ここでFITトークンを保管し、さまざまな新機能にアクセスすることができます。

サインアップが完了したら、「Connect Wallet」ボタンをクリックします。すると、BNBトークンをPancakeSwapに送金するためのブラウザプラグイン「MetaMask」が開きます。

 

すでにMetamaskのアカウントをお持ちの方は、次のステップに進んでください。そうでない場合は、MetaMask.ioにアクセスし、「Get Chrome Extension」をクリックして、インストールしてください。

初めてMetaMaskに接続する場合、Binance Smart ChainネットワークをMetaMaskに追加するかどうかすぐに尋ねられるはずですが、正しいネットワークを介してBNBを送ることを確認することが非常に重要ですので、このステップを進めてください。

 

次にBinanceにアクセスし、画面上部にある「Wallet」タブをクリックします。

「Withdraw(出金)」をクリックし、「BNB」を検索します。BNBを引き出すための受取人アドレスというオプションが表示されているところに自分のウォレットアドレスを貼り付けます。次に送金ネットワークで、Binance Smart Chain (BSC) または BEP20 (BSC) を選択したことを確認します。

 

「Submit」をクリックし、その後、認証の手順に従ってください。BNBの引き出しに成功したら、まもなくあなたのMetamaskウォレットに到着するはずです。

これでFITトークンを購入する準備が整いました。

 

ステップ6:MetaMaskとPancakeSwapを接続する


Metamaskの準備ができたら、PancakeSwapにアクセスして、上部の「Connect Wallet」をクリックし、Metamaskを選択します。

以下、PancakeSwapに接続し、MetaMaskを使ったトークンのスワップを開始する方法です。

1. MetaMaskのアカウントにログインします。

2. ブラウザ拡張機能の左上にある「設定」→「詳細設定」をクリックし、詳細設定の一番下にある「カスタムネットワークに接続する」をクリックします。

3. 「Connect to custom network 」をクリックすると、PancakeSwapのRPC URLとチェーンIDを尋ねるポップアップウィンドウが表示されます。

4. 新しいカスタムRPCを追加します。

5. 「Save(保存)」をクリックし、MetaMaskでネットワーク名をクリックすると表示されるネットワーク一覧からPancakeSwapを選択します。

 

ステップ7:BNBをFITトークンに交換する


左サイドバーの「取引」→「交換」を選択します。

一番上のフィールドに、FITトークンと交換したい BNB の金額を入力します。この数値は、「スワップ(交換)」を実行する前にいつでも変更することができます。

次に、他のフィールドをクリックし、リストからFITトークンを選択します。対応するFITトークンの数がすぐに表示されるはずです。確認後、「スワップ(交換)」を実行します。

MetaMaskがポップアップし、PancakeSwapがBNBトークンの使用を許可するかどうか聞いてくるので、確認をクリックします。確認ポップアップに「Transaction Submitted」と表示されるまで待ちます。

 

MetaMaskウォレットにFITトークンが表示されます。ついにFITトークンを購入しましたね!