ペイパルCEO、デジタルウォレットへの取組み強化を強調

04/28/2022著者: c, dora

ペイパルCEO、デジタルウォレットへの取組み強化を強調

ペイパルCEO、デジタルウォレットへの取組み強化を強調


米決済大手ペイパルの最高経営責任者(CEO)は27日、同社の四半期決算説明会で、デジタルウォレットがデジタル決済会社の今後の成長において重要な役割を果たすと強調した。

 

ペイパルのCEOであるDan Schulman氏は、「我々はデジタルウォレットをより強化する必要がある。暗号資産ウォレットが業界の未来、またはペイパルの未来でと信じている」と電話会議で述べた。

 

Schulman氏はその根拠としていくつかの統計を挙げている。ペイパルの利用者の50%以上が同社のデジタルウォレットを使用しており、デジタルウォレットを使用する顧客は使用しない方に比べてチェックアウト時に25%多く取引を行い、BNPL(Buy Now Pay Later)ユーザーの70%以上が同社のデジタルウォレットを通じて取引を行ったという。

 

また、Schulman氏によると、デジタルウォレットの解約率(顧客があるサービスの利用をやめる率)は、ペイパルの他の顧客ベースより25%低いという。「ペイパルとヴェンモの両方において、我々はデジタルウォレットが消費者の日々の金融生活の中心になるよう努力している」とSchulman氏は述べた。

 

今年1月、ペイパルlは、ステーブルコイン、つまり米ドルのような国の通貨に固定された暗号資産(仮想通貨)も積極的に検討していることを確認した。

 

デジタルウォレットの利用状況に関するデータと並行して、ペイパルは27日に、2022年第1四半期に65億ドルの純収入を獲得し、2.4件の新規アカウントを追加したと発表した。

 

 

【他の記事】

【2022年】暗号資産(仮想通貨)ビットコインの将来性について

【2022年4月版】採用が進んでいる暗号資産会社5選を紹介

ERC721Rとは?最も安全なNFTプロトコルについて

TETイベント、 サンディエゴで「DeFi Retreat 2022」を開催

ネオスケープ社、「デザインをメタバースへ」イベントを開催

仮想通貨取引プラットフォームRobinhood、従業員の解雇を発表