仮想通貨取引プラットフォームRobinhood、従業員の解雇を発表

04/27/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

仮想通貨取引プラットフォームRobinhood、従業員の解雇を発表

仮想通貨取引プラットフォームRobinhood、従業員の解雇を発表


米大手暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームRobinhoodが、従業員の約9%を解雇したと、同社CEOのVlad Tenev氏が26日にブログに投稿した。解雇の理由として、Tenev氏は同投稿で、大幅な人員増加の時期があったため、いくつかの役割や職能が重複し、最適とされるよりも多くの層と複雑さが生じたことを挙げている。

 

同氏は「これらのすべての要因を慎重に検討した結果、Robinhoodのスタッフを削減することは、効率を改善して速度を上げ、変化する顧客のニーズに確実に対応するための正しい決定であると判断した 」とブログで書いている。

 

この動きは、28日に行われるRobinhoodの2022年第1四半期の業績発表に先立って行われた。1月、同社が2021年第4四半期決算を発表した際、2021年第1四半期と比較して純収益の合計が減少すると予測した。

 

仮想通貨取引を行うRobinhoodは、2022年の第1四半期について、総純収益が3億4000万ドル未満になると予想しており、これは、取引量がこれまでのものに対していくらか増加することを想定している。 Robinhoodは当時、「トップエンドでは、これは、特に特定のミーム株式に関連する取引活動の高まりにより、収益実績が突出していた2021年の第1四半期と比較して、前年比35%の収益減少を意味する」と説明した。

 

Tenev氏は26日ブログ投稿で、Robinhoodがまだ「2022年まで我々の製品の勢いを加速することを計画しており、委託売買、暗号資産、および支出・貯蓄にわたって主要な新製品を導入する予定だ 」と述べた。

 

今月初め、Robinhoodは、暗号資産スタートアップ「Ziglu」を買収する計画を発表し、マイアミのビットコイン2022イベントで、ウォレットサービスのより広い展開とライトニングネットワーク決済をサポートする計画を発表した。

関連:米Robinhood、暗号資産ウォレット企業「Ziglu」を買収へ

関連:ビットコイン2022、4月6日にマイアミで開催へ

 

Robinhood暗号資産部門の担当、最高執行責任者であるChristine Brown氏は、3月下旬にRobinhoodを退社した。

 

 

【他の記事】

暗号資産レバレッジ取引とは?おすすめ取引所も紹介!

マスク氏、暗号資産専門部門「Twitter Crypto」の可能性を語る

今週メタバースでの動き(4月25日まで)|注目ニュースまとめ

オンライン教育大手IEBS、「メタバースの日」を開催

IEEE、ブロックチェーン・暗号資産の国際会議を中国で開催

NFT音楽会、28日からニューヨークで開催予定