東京web3ハッカソン、10月22日(土)〜11月6日(日)開催

09/23/2022著者: c, dora

「東京web3ハッカソン(Tokyo web3 Hackathon)」は、2022年10月22日(土)〜11月6日(日)にリアルとオンラインのハイブリッド開催を行う予定です。

「東京web3ハッカソン(Tokyo web3 Hackathon)」とは


「東京web3ハッカソン(Tokyo web3 Hackathon)」とは、web3プロジェクトのためのHackathon platformであるAKINDOを開発運営するスタートアップ企業であるtrevary株式会社が主催する「web2からweb3へのトランジション」をコンセプトにしたイベントです。

 

世界を見ると様々なweb3プロジェクトが立ち上げられ、多くの優秀なエンジニアがweb3領域に活躍の場を移しています。一方日本国内では、まだweb3デベロッパーは多いとは言えず、優秀なエンジニアがweb3に参画するきっかけが少ない状況です。

 

GameFiの開発を行うcocone connectは、日本国内のエンジニアがweb3の技術に触れ実装まで行える最初のきっかけを創出するという同ハッカソンの趣旨に賛同し、スポンサーとして参画します。

 

10/22(土)のKICK OFFリアルイベントでは代表冨田が「web3トランジションへの挑戦。ココネグループが手掛けるブロックチェーンエコシステムの紹介」というテーマで登壇を予定しています。

 

web3領域に興味のあるエンジニアの皆さんはぜひ「Tokyo web3 Hackathon」にエントリーください。

 

東京web3ハッカソン開催概要


■参加方法

公式サイトより誰でもエントリーが可能です。

https://tokyo.akindo.io

応募締め切り:10/21(金)23:59

応募状況によっては途中で締め切る場合がございます。

 

■参加条件

誰でもエントリーが可能です。1人でも参加が可能で、最大4名までのチームとしてプロダクトの提出ができます。

 

■賞金総額

500万円

 

■開催日時

ハッカソン期間

2022/10/22(土)〜11/6(日)

※リアルとオンラインのハイブリッド開催

 

DEMO DAY日時

11/12(土)

 

■リアルイベント日時

1.KICK OFF session (約200名)

10/22(土)12:30-20:00

@六本木 合同会社DMM.com本社

 

2.UPDATE session (約150名)

10/29(土)12:30-20:00

@WeWork 城山トラストタワー21階

両方のセッションでは各スポンサー/パートナーの所属エンジニアによるKeynote、参加者によるチームビルドピッチ、懇親会などのコンテンツを予定しています。※オンライン配信あり

 

==11/6(日)23:59プロダクト提出締め切り==

 

3.DEMO DAY

11/12(土)12:30-20:00

@WeWork 城山トラストタワー21階

最終選考に残った15チームのみがWeWork 城山トラストタワー会場にてプレゼンテーションを行い、審査員から直接フィードバックを頂けます。DEMO DAYの様子はオンラインで配信予定です。

 

■開発テーマ


1.DAO

DAOは分散型自律組織の略で、中央管理者がいなくともプロトコルやトークンを

通して事業やプロジェクトを推進できる組織を指します。今回のハッカソンではコミュニティをより活性化できるDAOツールがサブテーマとなります。その他事例はカテゴリエントリー画面からご覧ください。

 

2.NFT

NFTは代替不可能なトークン(Non-Fungible Token)の略であり、偽造不可な鑑定書・所有証明書付きのデジタルデータのことを指します。今回のハッカソンではNFTを会員証として使うような、新しい付加価値を付けるNFTがサブテーマとなります。その他事例はカテゴリエントリー画面からご覧ください。

 

3.Security

オープンなブロックチェーン上でトークンを扱うweb3において、セキュリティは非常に重要な要素となっています。今回のハッカソンでは不審なトランザクション検知のためのオンチェーンデータ分析、NFT認証、安全なウォレットなど、ハッキングを未然に防ぐためのセキュリティプロダクトサブテーマとなります。その他事例はカテゴリエントリー画面からご覧ください。

 

4.DeFi

DeFiは分散型金融の略であり、ブロックチェーン上で機能するプログラム、スマートコントラクトで自動化された金融サービスです。今回のハッカソンでは一般の人にも使える、よりわかりやすく使いやすいDeFiがサブテーマとなります。その他事例はカテゴリエントリー画面からご覧ください。

 

5.GameFi

GameFiは、ゲームを通してトークン(暗号通貨)を獲得することで、プレイヤーが収益を上げることができるweb3ネイティブなゲームジャンルです。今回のハッカソンではサステナブルで楽しいゲームとなるGamiFiがサブテーマとなります。その他事例はカテゴリエントリー画面からご覧ください。

 

※ハッカソン期間外に開発されたプロダクトは審査対象外となります。

※開発に使用するチェーンに制限はありません

 

■開催

主催:trevary株式会社

共同主催:合同会社DMM.com

 


DAOやNFT、DeFiなどに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

ブロックチェーンとは?技術の仕組みを分かりやすく解説

DeFi (分散型金融)とは?分かりやすく解説

暗号資産(仮想通貨)とは?初心者にも分かりやすく解説

【初心者向け】NFTとは?その買い方から保管方法まで分かりやすく解説!