サザビーズ、18日からNFTオークションを開催予定

04/14/2022著者: c, dora

イベント:NFTオークション(サザビーズ)

開催時間:2022年4月18日(月)~2022年4月24日(日)

サザビーズ、18日からNFTオークションを開催予定

NFTオークション、18日から開催予定


老舗オークションハウスのサザビーズは13日、NFT(非代替性トークン)のみを対象としたオークションを4月18日から24日にかけて開催する予定と発表した。

 

今回のNFTオークションは、1960年代から現代までのジェネレーティブアートの歴史を網羅する作品を出品する予定。

 

NFTオークションでは、ヴェラ・モルナール(Vera Molnár )、チャック・チュリ(Chuck Csuri )、ローマン・ヴェロストコ(Roman Verostko)という1960年代に活躍した前衛的なジェネレイティブ・アーティストの作品が初めてNFTとして出品される予定。 また、現代のジェネレイティブ・アーティストも、NFTとフィジカル作品をミックスしてNFTオークションに出品する予定。

 

関連:イーサリアム先物やオプションでNFTをヘッジする方法

 

NFTオークション開催者のサザビーズ


「CryptoPunksやBAYC(Bored Ape Yacht Club)などのNFTプロジェクトは、過去1年間に世界中で話題を集めましたが、これらのNFTが20世紀の芸術運動の歴史とどのように結びついているかを理解している人は少ないかもしれません。コンピュータアートへの道を開いた初期のジェネレーティブアーティストや現代の多くのNFTプロジェクトのインスピレーションとなっているアルゴリズムベースのアートなどです」とサザビーズのマイケル・バハンナ(Michael Bouhanna)副社長は声明を発表した。

 

今回のNFTオークションは、21世紀におけるこの遺産を構築し、拡大することを意図していると同氏は述べている。

 

ジェネレーティブ・アートでは、「自律的なシステム」、通常はコンピュータが、特定の要素を無作為化するプログラムなどを通じて、最終的なアート作品全体に何らかの役割を果たすことになるのです。BAYC(Bored Ape Yacht Club)は、ジェネレーティブNFTプロジェクトの一例です。

 

サザビーズもNFTアート・プロジェクトを販売しています。この老舗オークションハウスは2021年にCryptoPunksとBAYCの両方のNFTを販売しましたが、今年2月に100点以上のCryptoPunksのオークションの前に「険しい」状態になっています。

 

関連:NFTに関する米国の規制を解説

 

【他のイベント】

イーサリアムイベントETH Amsterdam、4月22日からアムステルダムで開催へ

Spaghett ETH、5月3日からミラノで3日連続開催へ

Blockchain Fest 2022の開催について

Quant Strats 2022 投資の祭典がニューヨークで開催

Meta Ventures、5月7日からプーケットで3日連続開催へ

Blockchain Smart Solutionsの開催について