カルダノ「Vasil」アップグレード、ADAハードフォーク24時間以内に実施

09/22/2022著者: c, dora

待望のカルダノ「エイダ(ADA)」のVasilアップグレードを開始するために必要な3つの指標はすべて満たされたため、Vasilアップグレードは24時間以内に実施する予定。

エイダ(ADA)「Vasil」アップグレードの準備が完了


カルダノを運営するInput Output Hong Kong(IOHK)はTwitterで、過去48時間の間に13社の仮想通貨通貨取引所がエイダ(ADA)ハードフォークの準備ができたことを確認し、エイダ(ADA)の流動性の87%以上に相当することを発表した。

 

今回、IOHKはVasilアップグレードの基準が満たされたと説明した。

 

「Vasil」アップグレードとは


Vasilアップグレードではネットワーク処理性能の大幅な更新、dApps開発者向けのPlutusスマートコントラクト言語の改善、そしてノード間でのブロック伝送効率の向上などが見込まれている。

 

アップグレードを左右する3つの重要な指標があり、1)最終的なVasilノード候補によってメインネットブロックの75%が作成される必要があること、2)取引量の大部分を占める約25の仮想通貨取引所が、アップグレード前にv1.35.3を統合すること、3)カルダノ上位10のdApps(分散型アプリケーション)がv1.35.3にアップグレードすること。IOHKは3つの指標が順調に推移しているとしている。

 

コインベース、「Vasil」アップグレードに対応


IOHKのエコシステム準備ページによると、ADA流動性の上位取引所のうち、ハードフォーク状況について「進行中」と記載されている取引所はコインベースのみだ。

 

しかし、最近のコインベースのTwitterでは、「エイダ(ADA)Vasilハードフォーク」の整備のためにADAの取引が停止されるとし、ハードフォークに対応することを示唆している。

 

本来のカルダノ「エイダ(ADA)」のVasilアップグレードの実施予定日は6月だったが、これまでテスト環境で技術的なバグなどが検出されたため、メインネット実施日が9月22日に確定された。

 


カルダノ(ADA)や仮想通貨相場などに関してもっと知りたい方は、BTCCのホームページをご参考ください。

 

BTCC取引所は、イギリスに設立された暗号資産デリバティブ取引所です。「信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できる」ことをモットーに、11年以上サービスを提供しています。ロンドンに本部を置くBTCCは現在日本での登録者数が徐々に増加しており、またSNSを通じて日本限定のキャンペーンも度々開催されています。

 

【あわせて読みたい】

カルダノ(ADA)に弱気、Tamadoge(TAMA)に強気となる理由

ADA(エイダ/カルダノ)ハードフォーク、9月22日より始動

イーサリアム(ETH)とカルダノ(ADA)上昇、ETHマージを控え

エイダコイン(ADA/カルダノ)とは?特徴・価格・将来性を解説

ADAをBTCCに送金する方法|BTCC初心者ガイド

BTCCでカルダノ(ADA)先物取引のやり方【初心者向け】

カルダノ(ADA)とは?概要から価格までわかりやすく解説