OpenSea、ディスコードがハッキング被害 詐欺NFTリンクへ誘導

05/07/2022著者: c, dora

OpenSea、ディスコードがハッキング被害 詐欺NFTリンクへ誘導

OpenSea、ディスコードがハッキング被害 詐欺NFTリンクへ誘導


大手NFTマーケットプレイス「OpenSea」の通話ツール「ディスコード」サーバーが6日、一時ハッキングされ、ユーザーを詐欺的なNFT(非代替性トークン)販売リンクへ誘導することが明らかになった。

 

OpenSeaは6日にツイッターで「現在、ディスコードに潜在的な脆弱性を調査しています。ディスコード内のリンクはクリックしないでください」と注意を促した。

 

詐欺的なNFTリンクは、YouTubeとのコラボレーションを謳うNFTミント(発行)パス。セキュリティ企業PeckShieldは、このリンクがフィッシング詐欺と認定した。この詐欺リンクは、お知らせチャンネルで共有されていた。このチャンネルは現在、ユーザーから隠されている。

 

今回のハッキングで、OpenSeaは、10以下のウォレットが影響され、いくつかのアイテムが盗まれ、合計で10ETH(約27,000ドル)未満の損失を確認した。

 

最近、NFTにおける同様のハッキング攻撃に続くもので、ディスコードサーバーはハッキングされることが多発している。Bored Ape Yacht Club(BAYC)のディスコードサーバーも4月1日にハッキングされ、BAYCのインスタグラムの公式アカウントが4月25日にハッキングされた。これらのハッキング被害によっては、ユーザーから合計280万ドル以上ののNFTを盗んでいたと報じられた。

関連:ハッキングされたTrezorウォレット、フィッシング攻撃詐欺メールにご注意

関連:メタマスク、ハッキング防止でiCloudバックアップ無効を要請

関連:DeFiハッキング被害が発見、損失合計16億円超