仮想通貨XCN、APIエラーで90%以上の瞬間暴落が発生

06/16/2022著者: c, dora

閲覧数: 0

仮想通貨XCN、APIエラーで90%以上の瞬間暴落が発生

仮想通貨XCN、瞬間暴落が発生


暗号資産(仮想通貨)のChain(XCN)が14日に一瞬で暴落して90%以上の価値を失い、その日のうちに損失のほとんどを回復したとわかった。仮想通貨のChain(XCN)はクラウド・ブロックチェーンのインフラを提供しているChain.comの独自トークンである。

 

Chain.comが発表した事後分析では、SGT午後1時(UCT午前5時)にマーケットメーカーとAPIのエラーが発生し、仮想通貨XCNが大きく下落し始めたと述べた。その結果、対応する入札がAPI注文経由で動かなくなり、流動性の低さとマージンコール(投資家に不足の証拠金を求めること)により、さらに下落圧力がかかることになった。

 

しかし、SGT午後3時頃(UCT午前7時頃)には、Chain.comの開発者が仮想通貨取引所や市場参加者と交渉し、今回の暴落はセキュリティ侵害ではなく、APIの技術的な問題が原因で売りが殺到したと判断したため、XCNトークンの価格は回復に向かった。

 

Crypto.comのCEOであるDeepak.eth氏によると、大規模なマージンコールがフラッシュクラッシュ(価格が瞬間暴落になること)を悪化させたようだ。レバレッジをかけて購入した5億XCN(4224万ドル相当)ものトークンが短期間で清算された。

 

仮想通貨の価格は、需要と供給の変化と必ずしも比例するわけではない。短期間に1回の大きな取引や一連の大規模な売買注文は、特に流動性が低い場合、仮想通貨の価格に不釣り合いな影響を与えることがある。

 

例えば、仮想通貨愛好家のdev.eth氏が先月初めて指摘したように、暗号プロジェクトCopeの開発者が、仮想通貨の厳しい時期を乗り越えてdevを維持するために、独自の仮想通貨COPE(トークン)を売る必要があると主張した。その後、仮想通貨COPEの価格が77%下落した。それは、流動性不足のため、開発者は発行済みのCOPEトークンのわずか10%を売却しただけで、大幅な下落を引き起こしたのだ。